ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファミリーマート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ファミリーマート」に関する情報が集まったページです。

お湯をかけて1分混ぜるだけ「じゃがりこdeポテトサラダ」発売 ファミリーマートで
じゃがりこに“ポテトサラダのもと”が入ってよりポテトサラダの味わいに。(2019/10/11)

小売・流通アナリストの視点:
食品ロス削減推進法スタート 食品ロスは減らせるのか?
2019年10月から食品流通業界では注目の法律である「食品ロス削減推進法」が施行された。業界の取り組みは奏功するのだろうか?(2019/10/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新登場の“あんぱん“はサブウェイを救う? 苦戦が続く原因から読み解く
サブウェイがあんこを挟んだサンドイッチで巻き返しを狙う。日本市場で苦戦している背景にはコンビニや外食チェーンの“野菜強化”がある。じわじわ増えているサラダボウル専門店も新たな脅威になりそうだ。(2019/10/1)

スマート農業:
70代がドローンで田んぼをチェック ファミマも参加する岡山県のドローン実験が目指す未来とは?
岡山県の和気町で実施するドローン実験にファミリーマートが参加。同実験では商品の配送以外にも、林業・農業へのドローン活用を目指す。主催者の行うドローンスクールには70代の受講生もいるという。(2019/9/30)

セブン、再エネ100%店舗の実証実験開始 まずは神奈川県内の10店で
 セブン−イレブン・ジャパンは26日、自社の一部店舗で、運営に必要な電力の全量を再生可能エネルギーから調達する実証実験を順次始めると発表した。店舗に設置した太陽光パネルと蓄電池などを組み合わせ、必要な電力量をまかなう。二酸化炭素(CO2)の排出量削減により、持続可能なコンビニ運営を目指す。(2019/9/27)

ファミリーマートがAfternoon Tea監修の紅茶スイーツ4種を発売 ティータイムにロールケーキやフィナンシェはいかが?
東日本では10月1日、西日本では10月8日から発売です。(2019/9/27)

セブン、再エネ100%店舗の実証実験開始 まずは神奈川県内の10店で
店舗に設置した太陽光パネルと蓄電池などを組み合わせ、必要な電力量をまかなう。(2019/9/27)

モバイル決済の裏側を聞く:
愚直に“便利とお得”を追求 ファミリーマートが「FamiPay」を始めた理由
「ファミペイ」アプリが、開始1カ月で300万ダウンロードを突破するなど好調だ。ファミリーマートは既に他社の決済サービスを提供しているが、なぜ自社で新たな決済サービスを提供することにしたのか。競合他社のキャンペーン施策にはどのように対抗していくのか。(2019/9/27)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
1分で伝える力
話し手の1分は聞き手の3分。実質的に1分で終わらせたいなら、15秒で話を切り上げよう。(2019/9/26)

小さめ商品が増加:
令和のクリスマスパーティーは「短時間」&「少食」? イオンが2019年度クリスマス商品を発表
イオンが2019年度のクリスマス商品を発表した。最近のトレンドは「短時間化」「少食化」。世帯員数の減少や共働き世帯の増加、消費増税などでパーティーも縮小傾向になると見込み、小さめサイズのケーキやハーフサイズの惣菜などに注力。予約の強化や材料の見直しなどで食品ロスの問題にも取り組む。(2019/9/25)

駅やコンビニで荷物受け取り 再配達解消へ アマゾンが小田急などと提携
駅やコンビニで配送された荷物を受け取る大型のロッカーと、提携企業の店舗の店員による荷物の受け渡しができる拠点を東京、神奈川の各地に開設する。(2019/9/19)

Amazonの新宅配システム「Amazon Hub」発表 提携企業のロッカーやカウンターで注文品を受け取れる
ロッカーはファミリーマートや小田急電鉄、カウンターは荷物預かりサービスのEcboやマッサージの「りらく」などで展開。(2019/9/18)

岐阜県多治見市で:
なくせるか再配達 Amazonが「置き配」の標準化に向け実験開始 自社ロッカーも展開へ
Amazonが2019年10月から「置き配」の標準化に向けて実験を開始する。岐阜県多治見市が対象。置き配は既に都市部を中心に実施している。気になるのはセキュリティーだが、現時点では盗難などは1件も起こっていないという。同社はロッカーの設置も進めており。物流の大きな転換点となる可能性がある。(2019/9/18)

アマゾン、独自の宅配ロッカー発表 対人のカウンターも 年内に約200カ所設置へ
アマゾンジャパンが、駅やコンビニなどに商品を届ける配送サービス「Amazon Hub」を発表。「Amazon Hub ロッカー」と、スタッフが荷物を受け渡す「Amazon Hub カウンター」を展開する。(2019/9/18)

独自の説明文を掲載する店も:
セブンの「支払い額が増える」問題 店舗にある告知文が分かりにくかった
セブン-イレブンが消費税の計算方法を変更した。買い物の方法によっては支払総額が増えるケースもある。事前の告知が十分でなかったと広報担当者は反省の弁を述べた。(2019/9/18)

味を損なわない工夫も:
ファミマが普通の「ソース焼きそば」を“健康強化枠”に 開発の狙いとは?
ファミマが2019年度下期に強化する商品群を発表。一見すると普通のソース焼きそばが「健康」カテゴリーに。どういった点で「健康」に気を使っているのか。(2019/9/14)

ガッツリ系を攻略:
ファミマが“満腹需要”にロックオン! 健康志向が強まる中で、なぜ?
ファミマがガッツリ系の弁当やラーメンを強化する。「がっつり」「大盛り」「にんにく」というキーワードが並ぶ。健康志向が強まる中で、どんな狙いがあるのか。(2019/9/12)

ヤマト運輸、消費税増税で運賃・料金値上げ 現金よりだいたい安い「キャッシュレス決済運賃」を新設定
現金運賃は10円単位、キャッシュレス運賃は1円単位。(2019/9/4)

クロネコメンバーズ向けに:
ヤマト運輸、スマホで発送手続きを完結 1件につき200円の割引も 「送る」サービス強化へ
ヤマト運輸がスマホで発送手続きを完結できるサービスを開始。9月3日から。クロネコメンバーズの会員が対象だが、一部サービスは非会員でも受けられる。これを機に「送る」サービスの充実を図る。(2019/9/4)

宅急便の発送手続がスマホで完結 ヤマトが新サービス
ヤマト運輸は、9月3日に宅急便の発送手続きをスマートフォンで完結できる新サービスをスタート。専用サイトで住所など必要事項を入力し、ヤマト運輸直営店に持ち込めば発送できるようになる。(2019/9/3)

ヤマト「宅急便をスマホで送る」開始 送り状作成から決済までワンストップ、コンビニ発送も
ヤマト運輸は、宅急便の送り状作成から配送料の決済までスマートフォンで完結できる新サービス「宅急便をスマホで送る」を9月3日にスタートした。まずヤマト直営店で受け付け、今後、全国のセブン-イレブンやファミリーマート店頭にサービスを拡大していく予定だ。(2019/9/3)

ファミリーマートの「フローズンスイーツ ガトーショコラ」がリニューアルして再登場! 濃厚チョコのケーキみたいなアイスです
前回からチョコの量が10パーセント増えているとのこと。(2019/9/1)

「ルマンドアイス モンブラン」ファミマ限定で発売 「ミニルマンドマロン」入り
マロンアイスをモナカで包み、真ん中にはミニルマンドマロンが。(2019/8/27)

FamiPayユーザーにポケチキの無料クーポン配布 8月30日限定
ファミリーマートは8月30日、FamiPayで会計したユーザー全員に無料クーポンをプレゼントする。200円のポケチキ(プレーン、チーズ、ホット)からいずれか1つを選べる。クーポンの配信は9月6日以降を予定している。(2019/8/26)

変わる?夜のコンビニ ローソンは無人営業、ファミマは時短
 コンビニエンスストア大手で24時間営業の見直しが加速している。ローソンは深夜時間帯の売り場の無人営業実験を始め、ファミリーマートは時短営業実験への参加を呼び掛ける説明会を開催した。深刻化する人手不足で加盟店の店舗運営は限界に近づいており、24時間営業という「コンビニの原則」が変わりつつあるようだ。(日野稚子)(2019/8/26)

変わる? 夜のコンビニ ローソンは無人営業、ファミマは時短
コンビニエンスストア大手で24時間営業の見直しが加速している。ローソンは深夜時間帯の売り場の無人営業実験を始め、ファミリーマートは時短営業実験への参加を呼び掛ける説明会を開催した。深刻化する人手不足で加盟店の店舗運営は限界に……(2019/8/24)

「ファミチキ無料」と偽告知 ソフトバンク「SUPER FRIDAY」かたる迷惑メールに注意喚起
ソフトバンクのユーザー向け特典キャンペーン「SUPER FRIDAY」告知を装い、「ファミチキ」無料クーポンなどを贈呈するとうたう迷惑メールが出回っているとし、ファミリーマートがWebサイトで注意を呼び掛けた。(2019/8/22)

「VTuberチップス」登場 VTuberのオリジナルカード付き
人気VTuberのオリジナルカードが付いたポテトチップス「VTuberチップス」が登場する。10月中旬をめどにファミリーマートなどで発売。「ミライアカリ」「月ノ美兎」「富士葵」など16組のVTuberが参加する。(2019/8/21)

ファミリーマート、土用の丑の日で利益約7割増 予約制で廃棄金額が8割減に
すばらしい。(2019/8/16)

人気1位は?:
具材人気トップ5発表 ファミマ新作おでんは「つゆ」がおいしい
ファミリーマートが2019年度のおでんを発売する。今年はつゆを刷新。後味にこだわり。具材の「つゆ染み」にも改良を加えた。また、店舗の負担軽減や食品ロスにも踏み込んだ。(2019/8/16)

乱立する「○○ペイ」 今さら聞けないスマホ決済の疑問
QRコード決済を使った「○○ペイ」が乱立している。本記事では、スマホ決済に関する今さら聞けない疑問をまとめた。(2019/8/15)

8月20日から:
ファミマ新作中華まん発表 人気の「チーズ肉まん」は値下げしてリニューアル
ファミリーマートが2019年度の中華まんを発売する。8月20日から。今年は既存商品のブラッシュアップと新たな定番商品の確立がテーマ。今人気のあの食材に注目した。(2019/8/9)

夏組メンバーが猫ににゃる!? 「MANKAI STAGE『A3!』〜SUMMER 2019〜」公開ゲネプロレポート
「にぼしを巡る冒険」「抜錨!スカイ海賊団」が上演されました。(2019/8/9)

店内で走り回るネズミの動画 ファミマが謝罪、当該店舗は営業休止に
営業再開の可否を検討。(2019/8/6)

マウスコンピューターが沖縄でPC組み立てやプログラミング講座を開催する理由
マウスコンピューターは、8月3日〜4日にかけて沖縄コンベンションセンターで開催された、小中学生対象の体験イベント「夏休みこども自由研究in沖縄コンベンションセンター2019」に出展。組み立て教室などを実施した。(2019/8/6)

PayPay、サービス開始10カ月で980万ユーザーを突破 “利用習慣の定着”が奏功
ソフトバンクの宮内謙社長が、8月5日の決算説明会で、決済サービス「PayPay」の進捗(しんちょく)について語った。PayPayの累計登録者数は、2019年8月5日時点で980万人を突破した。累計決済回数は1億回を突破。いずれもサービス開始10カ月での記録となった。(2019/8/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
タピオカバブルは崩壊間近? 有力チェーン「ゴンチャ」が荒波を乗り越える条件
雨後のタケノコのように増殖し続けるタピオカ店。筆者はタピオカバブルの崩壊は近いと予想する。人気ナンバー1の「ゴンチャ」はスタバのように“文化”を創出できるか。(2019/8/6)

パナソニック関口昭如氏が語る:
B2BデジタルマーケティングにおけるWebアクセス解析の極意10カ条
パナソニック コネクティッドソリューションズ社の関口昭如氏がB2B視点のWebアクセス解析で心掛けたいポイントを紹介した。(2019/8/6)

全国のファミリーマートで8月6日発売:
「ガリガリ君」新作登場 あの人気スイーツを再現
人気アイス「ガリガリ君」の新商品「ガリガリ君スペシャーレ抹茶ティラミス」が8月6日から全国のファミリーマートで発売される。北海道産マスカルポーネを使用するなど人気スイーツ「抹茶ティラミス」の再現にこだわった商品。「当たり」が出ればオリジナルタオルも入手できる。(2019/8/2)

開発変更がアダに nanaco成功体験が生んだ過信 7pay
失敗に終わった「7pay(セブンペイ)」は、セブン&アイ・ホールディングス(HD)が、デジタル戦略の要として期待を寄せたスマホ決済アプリの開発だったが、ずさんなセキュリティー対策を露呈し、大企業病の根深さを浮き彫りにした格好となった。(2019/8/2)

開発変更がアダ:
ナナコ成功体験が生んだ過信 セブンペイ
失敗に終わった「7pay(セブンペイ)」は、セブン&アイ・ホールディングス(HD)が、デジタル戦略の要として期待を寄せたスマホ決済アプリの開発だったが、ずさんなセキュリティー対策を露呈し、大企業病の根深さを浮き彫りにした格好となった。(2019/8/2)

「d払い」の20%還元キャンペーン、8月はコンビニが対象 13日から
NTTドコモは、8月13日から全国の対象コンビニエンスストアにて「d払い」20%還元キャンペーンを行う。キャンペーンサイトからエントリーすると、通常の還元ポイントに加え上限5000円分相当を期間・用途限定ポイントとして還元する。(2019/8/1)

大手コンビニやマクドナルド、吉野家でも:
メルペイ、支払い金額の最大70%をポイント還元するキャンペーンを実施
メルペイが8月1日から11日まで、最大で支払い額の70%相当をポイント還元するキャンペーンを行う。メルペイは利用時にチャージが不要といった手軽さから導入店舗数が増えている。(2019/8/1)

牛丼並盛が実質114円:
メルペイの70%還元スタート 吉野家は「若い女性を取り込みたい」と意欲
メルペイで支払うと、最大70%のポイントを還元するキャンペーンが開始。iDまたはコード決済で「メルペイあと払い」を利用する必要がある。新たにキャンペーン対象となった吉野家は、新たなユーザー層の獲得に期待を寄せる。(2019/8/1)

メルペイ、後払いすると「70%ポイント還元」 吉野家、マクドナルド、大手コンビニで開始
メルペイが、「メルペイあと払い」を一部加盟店で利用した顧客に対し、購入額の70%相当のポイントを還元するキャンペーンを開始。期間は8月1〜11日で、還元額の上限は1500ポイント。18歳未満は対象外。(2019/8/1)

メルペイが最大70%還元キャンペーン マクドナルドや吉野家も70%対象店に
70%還元店が拡大しています。(2019/8/1)

「ファミペイ」1カ月で300万ダウンロード突破
「ファミペイ」アプリのダウンロード数が、7月31日に315万に。開始から1日で100万ダウンロードを超え、1カ月で300万ダウンロードを超えた。(2019/8/1)

コンビニのコード決済はどこがお得? 独自サービスやキャンペーンまとめ
スマートフォンのコード決済は、コンビニエンスストアでの採用が増えている。独自のコード決済サービスを提供するところも出てきた。現在実施しているキャンペーンも含め、どこがお得なのかを見ていこう。(2019/7/19)

親子3人でシフト:
飲み屋街で24時間営業の本屋さん、支持される理由とは
沖縄で昭和の街並みが残る飲み屋街、那覇市栄町。日付が変わる午前0時ごろ、飲食店が次々と店を閉め始めても、明かりがともり続ける店がある。街の本屋「ブックスおおみね」だ。約30年、家族4人で沖縄の書店で唯一24時間営業を続けている。(2019/7/17)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年6月版:
オリンピックに便乗した攻撃が始まった
2019年6月のセキュリティクラスタは、「オリンピックのチケット抽選と攻撃」「サークルKサンクスのドメインを対象とした高額オークション」「政府の『e-Gov』Webサイトのhttps対応」の他、「入力をサーバに送信するIME」が話題となりました。(2019/7/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。