ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ファミリーマート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ファミリーマート」に関する情報が集まったページです。

ファミマがタッチ決済対応でコンビニ3社利用可能に アメックスが20%還元キャンペーン
アメリカン・エキスプレス(アメックス)は4月13日から、全国のファミリーマートにて「タッチ決済」を利用した支払いに20%をキャッシュバックするキャンペーンを開始した。(2021/4/14)

正しくは「239円(税込258円)」:
ファミマ、ミックスサンドの価格を“1円”安く記載で謝罪
ファミリーマートは、山崎製パンが製造した「ミックスサンド」の一部で商品パッケージに記載した商品価格に誤りがあったと発表した。(2021/4/13)

緊急需要じゃない:
ファミマのコスメは半年で30万本超の売り上げ セブンやローソンはどう対抗? コンビニが化粧品売り場に力を入れる理由
コンビニの化粧品売り場に異変が……緊急需要を満たす商品から新しいニーズに対応する商品へと変化している。なぜ化粧品売り場に力を入れるのか(2021/4/13)

PayPayが高還元率のキャンペーンを継続 スマホ決済4月のキャンペーンまとめ
2021年4月のスマホ決済キャンペーンは、還元率が高いPayPayが目立つ。「たぬきの大恩返しキャンペーン」が3月で終了したこともあり、au PAYのキャンペーンが少ない。メルペイ、LINE Pay、楽天ペイなどのキャンペーンも見逃せない。(2021/4/12)

「代替肉」 未来の食肉 海外依存度を低減
新型コロナウイルス感染拡大による健康志向の高まりを背景にスーパーなどでの取り扱いが増加しているほか、安定的な食品供給の重要性が再認識される中で、ベンチャー企業による商品開発も相次ぐ。(2021/4/9)

全国のファミマで「タッチ決済(非接触IC)」「Smart Code」「Alipay+」を導入
ファミリーマートは、クレジットカードなどのタッチ決済(非接触IC)、スマホ決済スキーム「Smart Code」、アリペイが提供するクロスボーダー決済ソリューション「Alipay+」を導入。全国約1万6600店が対象となる。(2021/4/6)

マーケティング強化:
ファミマ、新たな「メロンパン」と「カレーパン」が販売から2週間で400万食突破 「類をみない異例のスピード」
ファミマのメロンパンとカレーパンが売れている。販売開始から2週間で400万食を突破。「類をみない異例のスピード」だという。(2021/4/5)

非接触の買い物:
ファミマ、無人決済の店舗をオープン 天井で“密”になっているカメラの役割とは
ファミリーマートは無人決済の店舗をオープンした。店にあるカメラとセンサーで、お客が手に取った商品をリアルタイムで確認する。入店してから店を出るまで、店員と接触することはない。(2021/3/31)

ファミマ 無人決済システムの実用化一号店を報道公開
ファミリーマートは今後、無人決済システムの導入で、人件費負担で収益を上げるのが難しかった小規模店舗の出店を加速させたい考えだ。(2021/3/31)

ブラックサンダーの公式ライバル「ブロックサンダー」誕生!? ファミリーマートが突然のライバル宣言
公式ライバルとは……?(2021/3/24)

ファミマ限定のコスメ「sopo」の2021年春夏新商品 1本でトレンドメイクが完成する「パウダー&ライナー」で、くすみカラーに気軽にチャレンジ
ミニサイズなのもうれしいポイント。(2021/3/22)

ファミマの「クリスピーチキン」、販売好調で品切れ
ファミリーマートは、3月2日に発売した「クリスピーチキン」(プレーン・ハバネロホット、税込で145円)の発売を休止している。(2021/3/12)

コンビニ進化、デジタル化で「生活インフラ」に磨き
 東日本大震災から10年、コンビニエンスストアは、大規模災害時の生活インフラとしての存在感を高めてきた。大手各社はデジタル化で情報共有を強化するなどし、被災時にも早期の営業再開を実現する仕組みづくりに磨きをかけている。一方、コンビニを取り巻く環境とともに、社会的役割のあり方も変化している。(2021/3/12)

コンビニ進化、デジタル化で「生活インフラ」に磨き
大手各社はデジタル化で情報共有を強化するなどし、被災時にも早期の営業再開を実現する仕組みづくりに磨きをかけている。(2021/3/12)

コンビニ進化、デジタル化で生活インフラとして磨き
東日本大震災から10年、コンビニエンスストアは、大規模災害時の生活インフラとしての存在感を高めてきた。大手各社はデジタル化で情報共有を強化するなどし、被災時にも早期の営業再開を実現する仕組みづくりに磨きをかけている。(2021/3/12)

デジタル化の現実的な課題:
無人レジとロボットの導入は、ファミリーマートの店舗をどう変えるのか? 責任者に聞いた
ファミリーマートは人手不足の解決策として、無人レジの導入やロボットを使った陳列作業などを実施することによって省力化に舵(かじ)を切っている。無人レジとロボットの導入でファミリーマートはどう変わるのか。同社執行役員の狩野智宏ライン・法人室長に、狙いと今後の店舗展開を聞いた。(2021/3/11)

20〜30%還元の大型施策がめじろ押し スマホ決済3月のキャンペーンまとめ
2021年3月はPayPayやd払いで開催する飲食店やスーパーなどを対象としたキャンペーンが目立つ。特に最大30%還元や全額還元の「超PayPay祭」は見逃せない。今回もPayPay、au PAY、d払いを中心に2021年3月開催のキャンペーンをまとめた。(2021/3/8)

ファミリーマートが生理用品を2%割引の「応援価格」で販売 「生活に必要なものは少しでもお求めやすい価格に」
期間は3月9日から12月31日まで。(2021/3/8)

返金対応を行う:
「中粒」だと思ったら中身は「極小粒」 ファミマ、納豆の“中身違い”を謝罪
ファミマが販売している中粒納豆の一部に、中身違いが発生した。別商品である極小粒納豆が封入されていた。ファミマは返金対応を行う。(2021/3/5)

PR:クチコミ付き! 幅広い業種の経営者・個人事業主がおすすめする「法人ビジネスカード」5選!
法人ビジネスカードのメリットと選び方を、口コミを併せて紹介します。(2021/3/19)

有名デザイナーと共同開発:
ファミマ、新開発のTシャツやキャミソールを発売 「緊急用」のニーズではなく普段使いを目指す
ファミマが新しい機能性インナーを発売する。これまでの商品は緊急的に購入されることを前提にしていた。機能性を訴求し、普段使いのニーズを開拓する。(2021/3/1)

ファミマから「クリスピーチキン」登場 “ファミチキ越えの問題児”うたう新商品
ファミマ創立40周年を記念した商品。(2021/3/1)

飲食店を科学する:
スシロー、成長戦略のカギは「キャンペーン」と「特大エビフライ」!? コロナ後を見据えた布石とは
コロナ禍で、今後の成長戦略をどう描くか悩む経営者は多い。筆者はスシローにそのヒントがあると考える。「業態と商圏」「既存と新規」という軸で見ていくと……。(2021/2/26)

ファミリーマートの店内放送でおなじみ「帝京平成大学」新CMに大塚明夫さんを起用 あの声で「帝京魂!」が聞けるのか……
2021年3月から1年間にわたって放送予定。(2021/2/22)

PR:ファミマで使うなら「ファミペイ」が絶対おトク! 今だけもらえる500円分のFamiPayボーナスで実際に買い物してみた
クーポンやポイント利用もこれ1つでOK。今なら新規会員登録で500円分のFamiPayボーナスがもらえます。(2021/2/22)

ファミペイ、残高不足でも後払い&ローン機能を今夏以降提供
バーコード決済「FamiPay」にて、今夏以降に残高不足時にも後払いで利用できる「FamiPay翌月払い」と、借入れサービス「FamiPayローン」が利用可能になる。(2021/2/17)

今夏開始:
ファミマ、消費者金融事業に参入 「FamiPayローン」と「翌月払い」発表、サービスの中身は?
ファミマが、電子マネーの残高不足時に後払いができる「FamiPay翌月払い」と、借り入れができる「FamiPayローン」を、2021年夏以降に始める。(2021/2/17)

ファミリーマートから「塔の上のラプンツェル」スイーツが登場! ラプンツェルの大好物「ヘーゼルナッツ」を使った4種類の焼き菓子
ナッツ好きにはたまらない。(2021/2/12)

d払い、au PAY、PayPay以外でも10〜20%還元 スマホ決済2月のキャンペーンまとめ
2021年2月はPayPayやdカードのキャンペーンが1月よりも少なくなる一方、三井住友カードやモバイルSuicaのキャンペーンも見逃せない。今回もPayPay、au PAY、d払いを中心に2021年2月開催のキャンペーンをまとめた。(2021/2/9)

発売中止の予定だった:
“スペルミス”を強調してビール発売 サッポロとファミマの騒動とは何だったのか
サッポロビールは全国のファミリーマートで「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」を発売した。スペルミスが発覚したため、当初は発売中止を決定していた。一連の騒動を振り返る。(2021/2/2)

三井住友が「ナンバーレスカード」を発行 タッチ決済で最大5%を還元、20%還元キャンペーンも
三井住友カードは2月1日、新しいクレジットカードとして券面にカード番号が一切ない「ナンバーレスカード」を発行する。タッチ決済の利用をさらに促進するために、主要コンビニエンスストア、マクドナルドでの利用でのポイント還元を増量する。バーチャルカードが発行できるので、Apple PayやGoogle Payに登録すれば即時利用できる。(2021/2/1)

ファミリーマートから新たな炭水化物の刺客「焼きそばまん」登場 中華まんの生地に焼きそばをIN
炭水化物しかねえ!(2021/2/1)

三井住友カード、完全番号レスに進化 年会費無料、コンビニ常時5%還元も
三井住友カードは2月1日から、「三井住友カード」を変更し、表面だけでなく裏面にもカード番号を記載しない完全番号レスのクレジットカードを提供する。また、ポイントプログラムVポイントでは、Visaのタッチ決済やiD決済での使用を可能にする。(2021/2/1)

24時間営業、垂直統合をどう変える:
日本が「世界の下請け工場」になる日――2021年、「曲がり角」に立つ2つの産業とは?
2021年、曲がり角に立つコンビニと自動車産業。コロナ禍の影響もあるが、長らく続く伝統的なビジネスモデルの歪な構造が明らかになり、刷新する必要性が出てきている。両産業にはどんな課題があり、どう立ち向かうのか。(2021/1/29)

ファミペイ、一部復旧もファミマ以外での決済停止続く アクセス集中でサーバに不具合
決済アプリ「ファミペイ」のサービスが1月27日から一時停止中だ。1日経過した28日現在も、復旧のめどは立っていない。アクセス集中によるサーバの不具合が原因。(2021/1/28)

ファミリーマートやローソンで利用可能 ドコモが「d払い」ユーザーに毎週クーポンをプレゼント 2月中
NTTドコモが、2月に毎週「d払い」の割引クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施する。ファミリーマート、ローソン、エディオン、マツモトキヨシなどで利用できる。(2021/1/27)

日本トレンドリサーチ調べ:
「スペルミス」のビールが話題 パッケージに誤表記あっても「購入する」と考える人の割合は?
パッケージの商品名などに誤表記があった場合、購入する人はどのくらいいるのだろうか。誤表記があった場合でも「他の付加価値があれば購入する」と答えた人が54.8%にのぼったことが日本トレンドリサーチの調査で分かった。(2021/1/26)

サプライチェーン改革:
破れたバーコードもAIが正確に読み取り、物流検品業務を省力化する「Scandit」
スイスを拠点とするスタートアップ、ScanditのAIバーコードスキャンソリューションは高速かつ複数のバーコード認識を特徴とする。独自開発のAIで、破れたバーコードなども正確に読み取る。Scanditの導入で物流業務はどう変わるか。Scanditの国内販売代理店である、日立ソリューションズの担当者に話を聞いた。(2021/2/1)

リーマンショックに次ぐ水準:
上場企業「早期・希望退職」募集、20年は2.6倍に急増 コロナ禍で赤字リストラ目立つ
東京商工リサーチによると、2020年に早期・希望退職を募集した上場企業は93社だった。前年と比べて2.6倍に急増。新型コロナウイルスの影響で業績が悪化したことで、“赤字リストラ”に踏み切る企業が増えている実態が明らかになった。(2021/1/21)

一定の役割を果たした:
ファミマがフィットネス事業を売却 1号店オープンから3年で
ファミマは2018年からフィットネス事業を展開している。現在、5店舗が存在する。他社に事業を売却することになった。(2021/1/20)

ファミマ、再生待ったなし 細見次期社長「か・け・ふ」に注力
消費者起点のビジネスモデルである「マーケットイン」を掲げる伊藤忠商事としては、ファミリーマートが持つ直接的な顧客情報を活用しての事業改革が喫緊の課題だ。(2021/1/19)

ローソン、ミニストップで「ロト6」などの宝くじ6種類が購入可能に コンビニでの全国展開は初
既にファミリマートの一部店舗では導入されていましたが、全国展開は初めてです。(2021/1/18)

20%や50%還元、抽選で1万円相当の還元も スマホ決済1月のキャンペーンまとめ
PayPay、d払い、au PAYを中心に2021年1月開催のキャンペーンをまとめた。1月はPayPayのキャンペーンが2020年末よりも少なくなる一方、dカードやdポイント、au PAYに関するキャンペーンが多い。メルペイスマート払いを使った人の中から抽選で、3万人に1万ポイントをプレゼントするキャンペーンも見逃せない。(2021/1/15)

「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
ほんとよくある。(2021/1/15)

発売延期から一転、「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」ラベル誤表記のまま発売へ 「むしろ買う」と歓迎の声が多数
サッポロビールとファミリーマートは、ラベルに誤表記が見つかり販売を延期していた「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」について、修正せずに発売すると発表した。(2021/1/13)

共同開発:
「スペルミス」のビール、「やっぱり発売します」 ファミマとサッポロビール
サッポロビールとファミリーマートが、スペルミスが原因で発売を中止するとしていたビールがある。しかし、一転して発売することを決めた。(2021/1/13)

スペルミスで発売中止の缶ビール、一転発売へ 発売を切望する声などを受けて
「LAGER」が「LAGAR」と間違っていたことを理由に、発売中止になっていました。(2021/1/13)

偏見助長:
ファミマ「お母さん食堂」が大論争! 「私作る人、僕食べる人」と同じ構造
コンビニ大手ファミリーマートの総菜ブランド「お母さん食堂」をめぐり、高校生3人が名称変更を求める署名活動を行った。女性に対する偏見を助長するという主張だが、ネット上では賛否両論だ。(2021/1/12)

買い物需要を喚起:
モバイルTカードでポイントが2倍に Tポイント・ジャパンがコロナ禍の買い物需要を喚起
Tポイント・ジャパンは1月12日、全国の対象店舗で、モバイルTカードを提示して買い物をすると、ポイントが2倍になるキャンペーンを実施すると発表した。コロナ禍で人との接触を控えた買い物が求められる中、キャンペーンを実施し加入者増を狙う。(2021/1/12)

サッポロビール新商品、ラベル誤表記で発売延期 「×LAGAR」「○LAGER」
12日にファミマで発売予定だったビール新商品「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」のラベルデザインにスペルミスがあり、発売延期に。LAGERをLAGARと書いていた。(2021/1/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。