ニュース
» 2009年09月03日 16時54分 公開

8月のマルウェアは減少もGUMBLARが躍進、トレンドマイクロ調べ

トレンドマイクロによれば、8月の不正プログラム件数は減少したが、「MAL_OTORUN」や「DOWNAD」ワームが上位を占めた。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは9月3日、8月のインターネット脅威リポートを発表し、改ざんされたWebサイトなどを通じて感染する「JS_GUMBLAR」(別名JS-Redir、Geno)の被害が増加していると警告した。

 不正プログラム感染被害の総報告数は3576件で、前月の5097件から減少した。USBメモリなどで感染する「MAL_OTORUN」や、Windowsの脆弱性(MS08-067)を悪用する「WORM_DOWNAD」が引き続き上位を占めたが、改ざんされたWebサイトから悪意のあるサイトに閲覧者を誘導するJS_GUMBLAR圏外から3位に入った。

 また、8月後半にはプログラム開発環境「Delphi」のバージョン4.0、5.0、6.0、7.0に感染する「TROJ_INDUC」が確認され、感染報告数ランキングでも4位になった。TROJ_INDUCに感染している環境で開発されたアプリケーションも感染してしまい、国内でもフリーソフトの配信サイトなどで影響を受けたアプリケーションが見つかっている。

 同社ではDelphiのユーザーに対して、使用しているバージョンや感染の有無を早急に確認する必要があると指摘。感染が見つかった場合は、該当するアプリケーションの作者や配布サイトへ連絡するよう呼び掛けた。具体的な被害は確認されていないものの、セキュリティソフトを最新の状態に保ち、最新情報を入手するようアドバイスしている。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -