ニュース
» 2009年09月07日 12時10分 公開

デルとMS、企業向けサービス4分野で提携拡大

デルとマイクロソフトは、「データセンター仮想化」「ユニファイドコミュニケーション」「デスクトップ最適化」「データベース」の4分野で提携を強化する。

[ITmedia]

 デルとマイクロソフトは9月7日、企業向けサービスとして、「データセンター仮想化」「ユニファイドコミュニケーション」「デスクトップ最適化」「データベース管理」の4分野で提携を強化すると発表した。

 データセンター仮想化では、デルのシステム管理製品「Dell OpenManage」のハードウェア管理機能を、マイクロソフトの運用管理製品「System center」に統合。製造業や金融、サービス業などの大企業を対象に仮想化環境における運用管理基盤の最適化と標準化を図ることで、ユーザーはプラットフォームからアプリケーションまでのインフラ管理を一元化できるという。

 ユニファイドコミュニケーションでは、Office Communications Server 2007 R2およびExchange Server 2007/2010について、デルがユーザーの環境に応じたシステムの一括設計と構築を行う。

 デスクトップ最適化では、Windows 7導入に伴うクライアントPCの運用上の課題解決や、生産性、利便性の向上を目的とした支援サービスをデルが提供する。Windows 7への移行について、社内環境の評価やハードウェアおよびアプリケーションの互換性検証などを行い、顧客企業にリポーティングする。

 データベース管理では、ERPやECサイトのデータベースにおけるUNIXからWindows環境への移行を支援する。また、ビジネスインテリジェンス(BI)プラットフォームにSQL Server 2008とデルのサーバ製品を組み合わせて提供するとともに、中小企業向けにはBIソリューションをメニュー化して提供するという。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -