ニュース
» 2009年09月15日 09時00分 UPDATE

データはユーザーのもの:Google、ユーザーデータの完全開放を目指すサイト「Data Liberation」立ち上げ

Googleが「ユーザーを縛らない」というポリシーの下、ユーザーが自分のデータを他サービスに移行するのを助けるサイトを立ち上げた。

[ITmedia]

 米Googleは9月14日、Googleサービス内のユーザーデータをデータ所有者が自由に扱うことをサポートするサイト「Data Liberation」を立ち上げた。

 同サイトを立ち上げたのは、Googleのシカゴオフィスの社員が2007年に結成した「Data Liberation Front」チーム。エリック・シュミットCEOが日ごろから語っている「われわれはユーザーを縛らない」というポリシーを具体化するため、同社のさまざまなサービス上のユーザーデータのインポート・エクスポート機能を充実させることに尽力しているという。

 これまでにBlogger、Gmail、App Engineなど、サービスの半分近くを“自由に”しており、向こう数カ月のうちにGoogle SitesとGoogle Docsも開放するとしている。Google Docsはバッチを使ったエクスポート機能を追加する見込みだ。

 サイトのトップページにはGoogleのサービス一覧が載っており、各サービスでのデータのインポート・エクスポート・削除・サービスからの退会などの方法へのリンクになっている。

google Picasa Web Albumsのデータ移行法の説明ページ

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -