ニュース
» 2009年09月18日 14時45分 UPDATE

Googleの開発者によるJavaVM向けの新言語「Noop」公開

Javaに似たソースを持ち、依存性の設定やテストを言語レベルで統合するJavaVM向けの新言語「Noop」がGoogle Code上で公開された。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 Googleの開発者らが中心となって開発を進める、Java仮想マシンで動く新しい言語「Noop」が、Google Code上で公開された。新・旧の開発言語の良い点をブレンドし、可読性の高いコードが書きやすい文法を備えているという。

 Noop は、Googleの開発者を中心に有志が集まって開始したプロジェクト。当初は、Java仮想マシンを対象とする。Google Codeのプロジェクトページでは、Spring、Guiceなどのコンテナがアプリケーション開発に大きなメリットをもたらしていること、Unit Testingなどの自動テストの重要性が高くなっていることなどから、言語レベルでこれらの特長を備える必要がある、と開発の背景を説明している。

 Javaに似たソースを持ち、依存性の設定やテストを言語レベルで統合する。最初からこれらの特長を持たせることで、サードパーティーのライブラリが不要になる。このほか、コードの読みやすさを重視し、デフォルトでの不変性、プロパティ、実行可能なドキュメンテーションなどの特徴も盛り込む。

 開発者らは現在、Noopのソースファイル利用として、Javaソースを生成するJava翻訳、Noopコードの解読や評価が可能となる変換、Javaバイトコードへのコンパイラの3つを計画しているという。

 NoopはApache License 2.0の下で公開されており、ソースコードはMecurialを利用して取得できる。

関連キーワード

Java | Google | 開発者 | Google Code


Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -