ニュース
» 2009年09月28日 17時17分 UPDATE

米TippingPoint、中規模システム向けIPSを発売

米TippingPointの日本支社は、中規模システム向けIPS「TippingPoint 110」とマネージドサービス事業者向けの「同330」を発売した。

[ITmedia]

 米セキュリティサービスのTippingPointの日本支社は9月28日、中規模システム向けIPS(不正侵入防止)アプライアンスの新製品「TippingPoint 110」と、マネージドサービス事業者向けの「同330」を発売した。

 TippingPoint 110は、中堅企業の情報システム向けに検知時のスループットを最大100Mbpsとしたもの。同330は最大330Mbpsとなる。同社では独自開発のシグネチャを週1回程度配信しており、両製品は自動的にシグネチャをアップデートするほか、複数のIPSを一元管理する管理ツールも提供される。

 価格は195万円からとなっている。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

IPS | 不正アクセス | アプライアンス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -