ニュース
» 2009年10月20日 12時39分 UPDATE

Linux攻撃の急先鋒:SCO、マクブライドCEOを解雇――再建計画の一環

UNIX製品の著作権をめぐる訴訟でLinux攻撃の“顔”だったダール・マクブライド氏がSCOを解雇された。

[ITmedia]

 2007年に破産保護申請をした米SCO Groupは10月19日、再建計画の一環として、同社CEO兼社長を務めていたダール・マクブライド氏を解雇したことを発表した。

 後継CEOは立てず、ジェフ・ハンセイカーCOO(最高運営責任者)、ケン・ニールセンCFO(最高財務責任者)、法務責任者のライアン・ティビッツ氏が共同で同社再建に当たる。同社は増資と主流以外の資産の売却、人員削減によって事業を立て直し、IBMやNovellとの訴訟を継続し、UNIX顧客のサポートを続けるとしている。

 2003年に同社が起こしたUNIXの著作権をめぐる一連の訴訟では、8月に米控訴裁がSCOを支持する判決を下している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

SCO | 訴訟 | UNIX | 著作権 | 再建 | 破産 | CEO | 解雇 | IBM | 資産売却 | 人員削減


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ