ニュース
» 2009年10月20日 14時18分 公開

最終版は2010年3月:Microsoft、「Visual Studio 2010」「.NET Framework 4」のβ2リリース

Microsoftが次期統合開発環境の発売時期と価格を発表した。

[ITmedia]

 米Microsoftは10月19日、次期統合開発環境「Visual Studio 2010」とランタイム環境の「.NET Framework 4.0」のβ2をMSDN会員向けにリリースした。MSDNのサイトからダウンロードできる。一般向けには21日に公開する予定で、最終版は2010年の3月22日になる見込みだ。

 Visual Studio 2010の新機能としては、Windows 7およびSharePoint 2010用ビルトインツール、SilverlightとWindows Presentation Foundation(WPF)向けのドラッグ&ドロップによるバインド機能が追加され、ASP.NET MVCやUMLとの相互運用性が向上した。.NET Framework 4は前バージョンより81%軽量化され、インストールも操作も高速になったという。また、前バージョンである.NET Framework 3.5と併用できる。

 Visual Studio 2010の製品体系はこれまでより簡素化され、以下の4エディションになった。

  • Ultimate with MSDN:新規購入価格は1万1924ドル、アップグレードは3841ドル
  • Premium with MSDN:新規は5469ドル、アップグレードは2299ドル
  • Professional with MSDN:新規は1199ドル、アップグレードは799ドル
  • Professional without MSDN:799ドル

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -