ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SharePoint」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「OneDrive同期できない」などMicrosoft 365で障害 トラフィック迂回で対処
「Microsoft 365」で障害が発生し、OneDriveのファイルが更新できなかったり、Teamsのステータスが変更できないなどの問題が出た。(2024/7/19)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
iOS/Andorid版「Winamp」が正式版リリース/Zoomに複数の脆弱性 最大深刻度は「High」
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、7月7日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/7/14)

「HUE」がMicrosoft Copilotと連携 “現場の負荷を軽減する”新機能の全貌を聞いた
ワークスアプリケーションズは2024年7月8日、同社が提供しているERP「HUE」とMicrosoftが提供しているAIアシスタント「Microsoft Copilot」の連携による新機能を、同年7月に開始したと発表した。(2024/7/10)

機能、セキュリティ、価格などを比較
「SharePoint」と「Box」は何が違う? “6つのポイント”で比較
「Microsoft SharePoint」と「Box」は、いずれもドキュメント管理機能とコラボレーション機能を搭載する。自社で利用する場合はどちらを選ぶとよいのか。それぞれの違いと使い分ける際のポイントを解説する。(2024/7/3)

PR:「悪意ない」クラウドの設定ミスで情報漏えい、防止策は 共有状況を可視化して守る自由とガバナンス
いまや欠かせないITインフラとなったクラウドサービス。しかし利用するクラウドサービスが増えるほど管理の目が行き届かず、従業員の悪意のない設定ミスにより情報漏えいにつながる事例も増えてきた。どうすればいいのか。(2024/6/28)

クラウドに潜む10大脆弱性【後編】
クラウド事故を招く「危険」の数々 ユーザーだけでは対策できない穴も……
クラウドサービスは、サイバー攻撃を受けたり停電や洪水などの要因で停止したりする可能性がある。数々の危険に対して、ユーザーが取り得る対策とは。(2024/6/20)

PR:Microsoft 365における情報漏えいをどう防ぐ? 外部共有レベルをマークせよ
コロナ禍を経て、SaaSを中心とした企業のクラウドサービス利用は拡大し続けている。ただ、これに比例するようにクラウドサービス利用に起因するセキュリティインシデントが増えている。どうすればこのような事態を防げるのか。(2024/6/17)

ユーザーを信じ込ませる手口も判明
「Microsoft Teams」に群がり“あれ”を狙う攻撃者たち 打つべき対策は?
「Microsoft Teams」の利用が広がるのと同時に、同ツールを狙った攻撃が盛んになっている。Microsoft Teamsのセキュリティを高めるために、ユーザー企業が真剣に考えるべき対策とは。(2024/6/14)

今からでも遅くない 「AIに最適なPC」の選び方:
PR:生成AI導入とWindows 11移行を「まるごと」支援するサービスとは?
生成AIをはじめとするAIを導入する企業が増えている。「導入したものの、従業員に使われていない」状況を避けるためにIT部門はどのような選択をすべきだろうか。Windows 10のサポート終了まで1年半を切った今、単なるPCリプレースではなく「AIを活用するための投資」にするためのポイントとは。(2024/6/11)

VMMやDPMなど全プロダクトを2025バージョンとしてリリース:
「System Center 2025」2024年秋に一般提供開始、セキュリティなど追加機能は?
Microsoftは「System Center」ファミリーの最新バージョン「System Center 2025」のリリース内容と提供開始時期を発表した。Windows Server 2025の管理サポートなどの機能が追加される。(2024/5/27)

業務効率を左右するものとは
Teams、Slackでは解消できない「駄目なテレワーク」の“5大要因”
テレワークではコラボレーションツールの活用が欠かせない。しかしコラボレーションツールを導入するだけではさまざまな問題が発生する可能性がある。その5大要因とは。(2024/5/24)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Googleがテキストから画像/動画/音楽を作成できるAIモデルを発表/MicrosoftがWindowsの月例のセキュリティ更新プログラムを公開
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、5月12日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/5/19)

PR:企業の「持続可能性」を高める、QNAPのバックアップソリューションをチェック!
リモートワークやハイブリッドワークの普及で、企業におけるデータのバックアップの重要性が増している。この記事では、企業をとりまく環境変化に適応しやすい、オンプレミスとクラウドのメリットを兼ね備えたQNAPのバックアップソリューションを紹介する。(2024/4/23)

セキュリティソリューション:
標的型メール訓練あるある「全然定着しない」をHENNGEはどう解消するのか?
HENNGEは標的型メール訓練サービス「Tadrill」とファイル管理および情報漏えい対策ソリューション「File DLP」を2024年夏に提供を開始する。“痒い所に手が届く”これらのソリューションの特徴とは。(2024/4/19)

セキュリティニュースアラート:
攻撃者が日本で最も悪用しているアプリは何か? 最新調査から見えた傾向
Netskope Japanは国内におけるサイバー脅威の調査結果を発表した。この調査は日本のクラウド利用とマルウェアの傾向を分析しており、日本で最も悪用されているアプリも明らかになった。(2024/4/18)

セキュリティニュースアラート:
SharePointのダウンロードイベントログを回避する2つの手法が見つかる
VaronisはSharePointのダウンロードイベントログを回避する2つの方法を発見した。これらの手法を使用することでサイバー攻撃者はセキュリティソリューションの検出を回避して大量のファイルをダウンロードできる可能性がある。(2024/4/15)

いまさら聞けない「Microsoft SharePoint」の基本【後編】
「オンプレミス版のSharePoint」をあえて選んだ方がいいのはどんな企業?
「Microsoft 365」を契約すれば「Microsoft SharePoint」が付いてくる。それでもあえて「SharePoint Server 2019」を選んだ方がいい、という状況はあるのか。クラウドサービス版とオンプレミス版の違いを探る。(2024/4/9)

Tech TIPS:
失敗しないMicrosoft Officeライセンスの買い方
Microsoft Officeは、仕事をする上では必須ともいえるアプリケーションだ。パッケージ版やプリインストール版、Microsoft 365とさまざまなライセンス形態があり、バージョンやプランなども複雑だ。意外と高価なアプリケーションなので、購入でミスは防ぎたいところだ。そこで、本Tech TIPSでは、それぞれのライセンスの違いや注意点などをまとめてみた。(2024/4/5)

いまさら聞けない「Microsoft SharePoint」の基本【前編】
まだSharePointを「イントラネット構築」だけに使っているの?
「Microsoft SharePoint」は、「Microsoft 365」に含まれるさまざまなアプリケーションと連携する“裏方”だ。社内ポータルサイト構築だけではない、SharePointの重要な役割とは。(2024/4/2)

ナレッジマネジメントの基本と主要ツール【後編】
SharePoint以外にもこれだけある 「ナレッジ」を蓄積できるツール5選
従業員が持っている知見や情報を業務改善に生かすに当たり、そのデータを集約し共有できる「ナレッジマネジメントツール」の導入は有効な手段の一つだ。主なナレッジマネジメントツール5個を紹介する。(2024/3/30)

セキュリティニュースアラート:
使っていたら狙われる? 金融業界狙いの攻撃者が好んで使うMicrosoftツール
Netskope Japanは、金融サービス業界がランサムウェアグループにとって主要なターゲットであること、Microsoftのクラウドアプリケーションがマルウェア感染経路として広く活用されていることを明らかにした。(2024/3/21)

ナレッジマネジメントの基本と主要ツール【前編】
昔は「ナレッジ共有」が当たり前じゃなかった? ChatGPT誕生までの進化とは
社内に散らばる知見や情報を業務に生かす「ナレッジマネジメント」。その仕組みは、生成AIが台頭する昨今に至るまでにどう変わってきたのか。ツール選定の前に押さえておくべきナレッジマネジメントの基本とは。(2024/3/19)

転ばぬ先の「プロのサービス」を知る
「Microsoft 365」ユーザー企業がハマりがちな4つの課題 解決の方法は?
ビジネスに欠かせない「Microsoft 365」には、運用管理の観点で課題も多い。安全で統制の取れた利用を実現するためにどうすればいいのか。課題と解決策をまとめた。(2024/3/8)

Cybersecurity Dive:
Microsoftの不備と怠慢を暴いた、非常にシンプルなサイバー攻撃とは?
セキュリティ専門家たちは、Microsoftの幹部の電子メールがハッキングされたインシデントについて、同社のセキュリティ不備と怠慢の結果だとして批判している。(2024/2/18)

「Microsoft 365 Backup」が登場【中編】
「Microsoft 365」にあえて“純正バックアップ”を使う理由と注意点は?
Microsoftのバックアップサービス「Microsoft 365 Backup」は、「Microsoft 365」の全てのアプリケーションが保護対象になるわけではない。同サービスの“守備範囲”や、使うべき理由とは。(2024/1/31)

各社の担当者が紹介:
今日から始められる「生成AI」活用――Microsoft、Google、AWSの最新サービスを整理する
システム運用をテーマにしたオンラインイベント「Ops Summit 2023」が開催された。大きな注目を集めた生成AIをテーマに、Microsoft、Google、AWSの担当者らが、どのような生成AIサービスを提供しているのか解説した。(2024/1/31)

Microsoftの「365」系サービス【第4回】
「Microsoft 365」「Office 365」は高い、安い? 月額をシナリオ別に計算
「Microsoft 365」や「Office 365」のどのプランでどれくらいの費用がかかるのか。これは実際に算出してみないと理解しにくい。組織規模別のシナリオを前提にして、6つのプランを例に選択肢とコストを解説する。(2024/1/7)

ついに「Copilot」が提供開始に【中編】
ローコードで使える「Copilot Studio」とは? AIアシスタントを独自作成
Microsoftは2023年11月のカンファレンスで、AI関連の新機能を発表した。その中には、企業のAI活用に欠かせない「Microsoft Copilot Studio」「SharePoint Premium」があった。何に役立つのか。(2024/1/3)

セキュリティニュースアラート:
SharePoint Serverにリモートコード実行を可能にする2つの脆弱性 PoCも公開済み
サイバーセキュリティの研究者がSharePoint Serverに存在する重大な脆弱性を2つ組み合わせて認証前リモートコード実行の可能性を示す概念実証を公開した。(2023/12/20)

「いつでも、どこでも、かんたんに」を実現:
PR:6製品を比較 新グループウェアに「Garoonとkintoneの組み合わせ」を選んだ理由
ITシステムの刷新時に、選定担当者は何に注意すべきだろうか。サイボウズ主催のイベント「Cybozu Days 2023」のセッション「DX推進担当が語る! Microsoft 365ではなくGaroon・kintoneを選んだワケ」で語られたポイントを紹介する。(2023/12/18)

マルウェア対策ツール選定ガイド【中編】
「マルウェア対策ツール」を入れるならどれ? “主要5製品”の長所と短所
マルウェア対策ツールを使うのであれば、できるだけ自社に適した製品を選定するようにしよう。どのような製品があるのか。5つのマルウェア対策ツールを紹介する。(2023/12/7)

明らかになった「MSA攻撃」の詳細【後編】
中国系犯罪グループが「Microsoftアカウント」に入り込めた本当の理由
サイバー犯罪集団「Storm-0558」はなぜ、「Microsoftアカウント」(MSA)への侵入に成功したのか。Microsoftの対策の弱点を見るとともに、セキュリティ専門家の見解を紹介する。(2023/11/22)

TeamsとSharePointの連携方法【後編】
「Teams」と「SharePoint」を連携させる3大テクニックとは?
「Microsoft Teams」と「Microsoft SharePoint」を連携させることは、コラボレーションやファイル共有などの観点から業務効率化につながる。連携時に利用可能な3つのテクニックを取り上げる。(2023/11/16)

TeamsとSharePointの連携方法【中編】
「SharePoint」サイトは「Teams」に移すべき? 判断基準と移行方法
「Microsoft SharePoint」で作成したWebサイトは、「Microsoft Teams」を活用することで利便性の向上が見込める。SharePointサイトの複雑さを考慮して、より良い連携方法を選ぶためのヒントを紹介する。(2023/11/9)

製造業×生成AI インタビュー:
技術文書を100文字要約、アサヒビールがR&Dプロセスに生成AIを導入した2つの狙い
アサヒビールは2023年10月、R&D部門を主な対象として、マイクロソフトの「Azure OpenAI Service」を活用した社内情報検索システムのPoCを開始した。社内情報検索システム導入の理由や、R&Dプロセスにおける生成AI活用の期待感を同社担当者に聞いた。(2023/11/8)

日本でも正式提供開始:
正式リリースのMicrosoft 365 Copilot、過大な期待は禁物な理由
2023年11月1日に一般提供開始(GA)となったMicrosoft 365 Copilot。自然言語でMicrosoft 365を利用し、日常業務を効率化できるという点で、期待は大きい。だが、利用できるユーザー組織がかなり限られ、使える機能にも制限があることには注意が必要だ。(2023/11/2)

TeamsとSharePointの連携方法【前編】
「Teams」と「SharePoint」で何ができる? コラボレーションで活躍する機能群
「Microsoft Teams」と「Microsoft SharePoint」は、どちらも「Microsoft 365」のアプリケーションだ。業務効率化に貢献するTeamsとSharePointの機能とは。両者の特徴や、連携機能を説明する。(2023/11/2)

既に悪用が確認されている脆弱性も:
「Microsoft Word」「Microsoft Stream Services」などが対象 JPCERT/CCがセキュリティ更新プログラムの適用を呼び掛け
JPCERTコーディネーションセンターは、Microsoftが公開したセキュリティ更新プログラムを早急に適用するよう促した。「Microsoftが提供する最新の情報を参考に、対策適用の検討を推奨する」としている。(2023/9/13)

Cybersecurity Dive:
Microsoftの顧客に起きたハッキング被害 「影響は広範にわたる」と調査報告書
Microsoftの顧客の電子メールアカウントでハッキング被害が起きた件について、セキュリティ企業のWizが公開した調査報告書はOutlook.com以外のデータにもアクセスできる恐れがあると警告した。(2023/8/26)

働き方改革時代の「ゼロトラスト」セキュリティ(25):
「ゼロトラスト」は従業員にとって何がメリットなのか――利用者視点におけるゼロトラスト導入時の変化と課題
デジタルトラストを実現するための新たな情報セキュリティの在り方についてお届けする連載。今回は、利用者視点におけるゼロトラスト導入時の変化と課題について解説する。(2023/8/24)

Microsoftが見解を公表 「AIは“現場仕事”をどう変えるか」
「AIは仕事をどう変えるのか」は、ホワイトカラーだけの問題ではない。AIの活用によって現場部門で働く担当者の仕事はどう変わるのか。Microsoftの見解を紹介する。(2023/8/16)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
GoogleがFitbitアプリのリニューアルを発表 今秋めど/7型のゲーミングPC「ONEXFLY」がIndiegogoに登場
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、7月30日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/8/6)

パートナーを支援する複数の発表:
Security Copilotとは? Microsoftが「Microsoft Inspire」で明らかにしたセキュリティ関連発表まとめ
Microsoftはパートナー向け年次イベント「Microsoft Inspire」の開幕に合わせ、パートナー支援などセキュリティに関する最新の取り組みを発表した。(2023/7/24)

VeeamとMicrosoftが提携を発表 Microsoft 365関連サービスのデータ紛失を防ぐ
VeeamとMicrosoftが提携を発表した。Microsoft 365関連のサービスにおけるデータ保護が強化されるようだ。(2023/7/22)

「Microsoft Teams」の“これから”を予測する【第1回】
ZoomでもWebexでもなく「Teams」こそ“完璧で究極のWeb会議ツール”になる予感
広く使われているWeb会議ツールの中に「Microsoft Teams」がある。「Zoom」「Cisco Webex」といった有力な競合ツールがある中で、Teamsはどのような特徴で差異化を図り、そして支持されているのか。(2023/7/21)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
米IntelがNUC事業の直接的投資を停止 事実上の撤退へ/全世界のPC出荷台数が6四半期連続で減少
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、7月9日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/7/16)

Teamsにマルウェアを送り込む手法をJUMPSECが発見 Microsoftは未対処
JUMPSECはMicrosoft Teamsの新たな脆弱性を報告した。これを悪用すると外部テナントから組織内にマルウェアを送り込むことが可能で、多数の組織が影響を受ける可能性がある。(2023/6/26)

Cybersecurity Dive:
ハッカーが新入社員になりすます 米国セキュリティ企業はどう被害を防いだか
セキュリティ企業のDragosは、新入社員になりすましたハッカーの標的になっていたことを公表した。同社はこの事態をどうやって鎮静化したのか。(2023/6/18)

Outlook.comでアクセス不具合が断続的に発生 ハクティビストが関与をほのめかす
Outlook.comでアクセス不具合が断続的に発生しており、全世界のOutlookユーザーが影響を受けている。Microsoftはこの原因について公式な見解を発表していないが、ハクティビストの関与が疑われている。(2023/6/8)

エーザイ、1.1万件の取引先情報が漏えいした可能性 グループ横断で使っていたクラウドに不正アクセス
エーザイが、同社グループの取引先情報約1万1000件が漏えいした可能性を発表。何者かが海外法人に勤める社員のアカウントに不正ログインし、グループ横断で使っていたクラウドサービスにアクセスしたという。(2023/5/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。