ニュース
» 2009年10月21日 07時47分 UPDATE

Microsoft、T-Mobileの消失データ再提供開始を発表

被害に遭ったSidekickユーザーは、サービスサイトにアクセスすることで10月1日時点の連絡先データを復活できる。

[ITmedia]

 米Microsoftは10月20日、同社傘下のDangerのサービスでの障害により消失したT-MobileのSidekickユーザーのデータの再提供を開始したと発表した。

 被害に遭ったユーザーは、DangerのクラウドサービスのWebサイトに用意された復旧ツールを使って、まずは連絡先データを復活できる。復活できるのは10月1日までの連絡先データで、数クリックでSidekickにダウンロードできるという。10月1日以降にSidekick上に新たに連絡先データを作成している場合は、結合することも可能だ。

 MicrosoftとT-Mobileは現在、連絡先データ以外のユーザーデータについても復旧作業を継続している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ