ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「データ消失」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「データ消失」に関する情報が集まったページです。

IaaS障害はどこでどうやって起きるのか? ユーザー企業が受けるサービスダウン以外の影響とは
日本では官民でIaaSの活用が進んでいるが、大手クラウドサービスの影響力が増した分、障害発生時の影響の大きさも目立ってきた。IaaS障害に対処するには、障害が発生する場所と原因、影響範囲を知り、冗長性確保や責任の明確化などを行うのが重要だ。(2021/7/16)

クラウドネイティブ時代のデータベース(3):
マルチクラウド環境で高可用性を実現するデータベースサービスとは
クラウドネイティブ時代に求められるデータベースを解説する本連載。第1回でデータベースの要件として求められる「アジリティ、可用性、拡張性」を解説し、第2回で具体例としてPostgreSQL on Kubernetesを紹介した。今回はマルチクラウドを目的としたデータベースサービスを概観する。(2021/7/6)

事業に支障を出さないために:
SaaSの新規契約で、法務がチェックすべき4つのポイント
業務上重要なデータを取り扱うために、クラウドサービス(SaaS)を利用する際、どんなことに気を付ければ良いのか──弁護士が解説する。(2021/6/30)

VMのスナップショットとバックアップの違い【前編】
仮想マシンを守る「スナップショット」の基礎 その仕組みと用途とは?
VMの貴重なデータを失わないためには、管理者はスナップショットとバックアップの違いを理解する必要がある。両者は何が違うのか。まずはスナップショットを理解しよう。(2021/6/25)

注意すべき「Microsoft 365」の標準機能【後編】
「Microsoft 365」データ保持の限界は? バックアップの購入は必要か?
「Microsoft 365」が備えるデータ保持の標準機能には一定の制約がある。サードパーティー製のバックアップソフトウェアを使えばデータ保護を強化できる。標準機能でできること、できないことを見極めるポイントは。(2021/6/23)

注意すべき「Microsoft 365」の標準機能【前編】
「Microsoft 365」データ保持の基礎知識 保持ポリシー、保持ラベルの違いは?
「Microsoft 365」のデータ保護においては、データ保持の機能とバックアップを適切に使い分けることが重要になる。まずはデータ保持で着目すべきポイントを紹介する。(2021/6/16)

「責任共有モデル」に沿って戦略を練る
「Microsoft 365」のデータ消失を避ける4つの独自ルールとは?
「Microsoft 365」の運用においては、バックアップの自社ルールを設定することが重要だ。4つの項目に沿って、Microsoft 365の適切なバックアップポリシーを策定しよう。(2021/6/9)

Microsoft 365のデータ消失に備える最適解
Microsoft 365のバックアップは必要ないのか? 調査で分かった「本音」とは
Microsoft 365で作成したデータのバックアップをユーザー任せにすると思わぬ落とし穴がある。クラウドサービスのデータ保護においては、データレジデンシーやプライバシー規制などさまざまな配慮が必要だ。注意すべきポイントは。(2021/6/1)

「約6割は現場に任せきり」に警鐘:
投資で分かれるセキュリティの明暗 クラウドやテレワークで被害を防ぐ「3つのポイント」は――IDC
クラウドやテレワーク導入でセキュリティIDCは国内の企業を対象にセキュリティ対策や被害の状況を調査したレポートの2021年版を公開した。IDCの専門家は、半数以上の企業がセキュリティの投資について明確に決められていない現実に警鐘を鳴らし、クラウドやテレワーク導入が進む中、適切なセキュリティ対策を展開し、被害を抑えるために必要なポイントを解説した。(2021/4/23)

「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【後編】
AWS「CloudEndure」「Azure Site Recovery」の保護対象、料金、サポートの違い
大手クラウドベンダーのAWSとMicrosoftは、それぞれ「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」というDRaaSを提供している。これらの保護対象と課金体系、サポート内容を比較する。(2021/4/9)

「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【中編】
AWS「CloudEndure」と「Azure Site Recovery」 2大DRaaSの似た機能、違う機能
AWSとMicrosoftはそれぞれ、災害対策用のインフラをクラウドサービスに構築できる「DRaaS」を提供している。それぞれのDRaaSはどのような機能があるのか。(2021/4/2)

株式会社日本HP、株式会社システナ提供ホワイトペーパー:
PC運用からMicrosoft Teamsの全社展開まで、テレワークの8大課題と解決策とは?
テレワークが急速に普及する一方で、クラウドサービスやPCの運用に悩みを抱える企業が増えている。生産性の維持やセキュリティ対策、管理/サポートの課題を解決するにはどうすればよいのか、8つの解決策を紹介する。(2021/3/19)

PR:映像スタジオの悩みも解決! QNAPのソリューションで大容量データの共有も快適に!
動画コンテンツはリッチ化が進んでいる。コンテンツと同様に制作環境もリッチになる訳だが、そうなると、スタッフ間のデータのやりとりが作業上のボトルネックとなりうる。データのやりとりに悩んでいるのなら、QNAPの映像スタジオ向けのソリューションをぜひチェックしてみてほしい。(2021/1/19)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
データ消失に対する不安を解消、バックアップの統合による効果とは?
仮想マシンの台数増加やクラウド利用が進む中、各システム個別最適で構築したバックアップシステムでは、データ喪失の際に全体像の把握が難しい。そこで注目したいのが、次世代バックアップアプライアンスによるバックアップ環境の統合だ。(2021/1/15)

デジタル遺品、もうキてる? まだキていない?:
コロナ禍はデジタル終活にどう作用するのか――「第4回 デジタル遺品を考えるシンポジウム」レポート
もし自分が突然この世から去った場合、スマートフォンやタブレット、PCの中身はどうなるのか。残された人たちはどうすればいいのか。今何ができるのか、何をしなければならないのかを考えるシンポジウムがオンラインで開かれた。その模様を振り返る。(2020/12/17)

FAニュース:
32軸/1ミリ秒で多軸同期制御ができるPLC、1Gbps通信に対応しデータ活用を強化
富士電機は、32軸1ミリ秒で多軸同期制御ができるプログラマブルコントローラー「MICREX-SX SPH5000M」を発売した。演算処理能力の向上により、同時制御軸数が倍増し、複雑な加工や加工の高速化に対応する。(2020/12/7)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(最終回):
古き悪しき伝統はワタシが正す!
イツワ銀行内で横行していた偽装請負は頭取の知るところとなり、事態は改善され行内の関係者は更迭された。もう一方の主犯格、サンリーブスの布川は逃げ切れるのか――。(2020/11/17)

半径300メートルのIT:
サービス提供側のミスで「サーバデータが完全に消失」 利用者にできることは
サーバデータ消失の原因が運用側のミスだった場合、サービス利用側はどのように対応するべきなのでしょうか。実際の事例から考えます。(2020/11/10)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(9):
ベンダー一揆を回避したいなら、この情報をうまく使ってください
偽装請負に苦しむ先輩を助けるために、白瀬が乗り込んだのはユーザー企業の法務部だった。そのころ江里口はある老人を訪ねていた――。(2020/11/10)

PR:テレワークで社内ファイルアクセスが不便に……悩めるIT管理者の強い味方、ファイルサーバを置き換える「DirectCloud-BOX」の実力
(2020/11/16)

【追記】サーバ管理会社の更新ミスで「ふくいナビ」の全データが消失 バックアップデータも消えて「復旧が不可能な状態」
サイトのシステムの全プログラムも完全に消失しました。(2020/11/9)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(8):
本社に支援を頼むから安心して!→だが、助けは来ず
契約外で行った作業のミスが元で地獄と化したプロジェクト現場。倒れるエンジニア、姿をくらます経営者。孤立無援のプロマネに救いの手は来るのか――?(2020/11/5)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(7):
死人が出てもかまわん、スケジュール厳守だ!
新興ベンダーが契約外作業で手伝ったシステムでデータが消失した。責任は誰が? 補填(ほてん)はどこが――?(2020/10/29)

進化し続けるバックアップ技術の裏側
“高すぎる”ほどの重複排除率の秘密は? いま選ぶべきデータ保護ストレージ
バックアップ/リストアの時間や運用/保管コストの削減など、企業がバックアップシステムに求める要件は多岐にわたる。そんな中、「ディスクが埋まらない」ほどの重複排除率を実現し、多様なニーズに応える製品が注目されているという。(2020/10/26)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(5):
お客さまは神様だもの、徹夜してでも手伝わなくちゃ
会社の方針で契約外作業も積極的に行っているベンダーのメンバーは、本業がピンチなのにサービスをやめようとしない。みんな「ゆでガエル」なんじゃない?(2020/10/22)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(4):
PJはワンチーム、会社の垣根を越えて助け合わないとねえ
イツワ銀行の勘定系システム刷新プロジェクトで、テストデータが消えた。その原因は……?(2020/10/20)

20年かけた原稿3万枚が紛失→「やり直してずっといいものできた」 仏教学者のエピソードを描いた漫画が勇気をくれる
壮大な年月をかけた偉業に圧倒されます。(2020/9/4)

半径300メートルのIT:
何度でもよみがえる「ランサムウェア攻撃」、だから何度でも振り返ろう
IPAがランサムウェアに関する注意喚起を発表しました。これを「またか」と思うのはちょっと危険です。有効な対策は日々変化しています。例えば「企業公式のSNSアカウントが企業と顧客を守る命綱になるかもしれない」としたら?(2020/8/25)

仮想サーバ17万台、物理サーバ9万台 「ヤフオク!」「Yahoo! JAPAN」を支えるヤフーのITインフラ運用術
「Yahoo! JAPAN」「ヤフオク!」などのWebサービスを運営するヤフー。大規模なトラフィックをさばくため、約17万台の仮想サーバ、約9万台の物理サーバを組み合わせ、独自のプライベートクラウド環境を構築・運用している。(2020/8/13)

キヤノンの写真クラウドで一部データ消失、ソフトの誤動作が原因
キヤノンが運営する写真保存用クラウドサービス「image.canon」で、ユーザーが保存した静止画・動画データの一部が消失した問題について、同社は8月7日、「ソフトの誤動作が原因だった」と明かした。失われたデータのうち動画は回復する手段がないという。(2020/8/11)

「テープ」復権へ【前編】
SSD全盛時代に「テープ」が復活した3つの理由
昔ながらの「磁気テープ」が復活しつつある。HDDやSSDがストレージ市場を席巻する中、テープが必要とされる理由とは。(2020/8/11)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
定番スマートリモコンの最新モデル「Nature Remo 3」は買いか? 進化点をチェックした
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、定番スマートリモコンの最新モデルを試した。(2020/7/29)

山市良のうぃんどうず日記(181:緊急特別編):
緊急! Windows 10 May 2020 Updateのアップグレードにちょっと待った!
Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)は、未解決の既知の問題を多数抱えたまま一般向けにリリースされました。2020年6月18日(米国時間)に新たに公開されたサポート情報は、対応を間違えるとユーザーデータを失うことになる重大な問題を伝えるものでした。アップグレードを開始する前に、使用中のPCが既知の問題の影響を受けないこと、既知の問題が許容できるものであることを確認することを強くお勧めします。(2020/6/23)

慣れないテレワークのさなかといっても……
後回しにしていたデータ保護 テレワークで起こり得る「致命的な問題」とは
テレワークを始めたものの、在宅業務でトラブルが発生したときにどうすればいいか不安に思う企業は少なくない。特に業務データについては、トラブルをそのまま放置するとデータに関する「致命的な問題」を抱える可能性がある。(2020/6/12)

クラウドが浮き彫りにするリスク【前編】
「クラウドサービス」は何が危険か? オンプレミスとの違いが生むリスク
IaaSやPaaSといったクラウドサービスは企業にメリットをもたらす一方、オンプレミスとの違いが新たなリスクを生む可能性がある。どのような点に気を付けるべきか、専門家に話を聞いた。(2020/5/15)

オンプレミスとクラウドで一貫した管理を
システムの計画外停止を防ぐ 災害に強いデータベースを構築する方法
データベースの災害対策は、企業システムの計画外停止の損失を小さくするための第一歩だ。災害が起きたときに企業システムの停止時間とデータの消失量を可能な限り抑えるためには、どうやってデータベースを構築すればいいのか。(2020/4/24)

データロスによる損失額は100万ドル超、デル テクノロジーズがデータ保護に関する調査結果を発表
デル テクノロジーズは、データ保護に関する調査結果を発表した。企業が管理している平均データ量は1年間で約40%増え、13.53PBに達した。ダウンタイムによって発生する平均損失額は81万18ドル。データロスによる平均損失額は101万3075ドルだった。(2020/3/23)

PR:サーバ障害から企業を救う”最後の砦”――IT企業の大型サーバ復旧の裏側に迫る
大切な企業データの入ったサーバが障害でアクセスできない――そんな一大事に、サーバの管理担当者はどのような行動を取るべきなのか。データ復旧において、累積で18万件超の相談を受け、最高復旧率95.2%(いずれも自社調べ)の実績を持つ「デジタルデータリカバリー」のエンジニアにサーバ復旧に関する意見を聞いてみた。(2020/3/23)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(155):
Microsoftの更新サービス、2020年も苦いスタートを切る
Microsoftが毎月、Windowsやその他の製品に対して提供する「品質更新プログラム」。ここ数年、品質更新プログラムが“品質を向上する更新”ではなく、“品質を低下させる更新”なんじゃないかという状況が続いているように感じます(個人の感想です)。2020年に入って2カ月、幾つかの品質更新プログラムがさまざまな問題を引き起こしているようですが、Microsoftが認識し、公表しているものをまとめてみました。なお、Microsoftから公表されていないものの、ユーザーフォーラムなどでは2020年2月のセキュリティ更新を原因とする他の深刻な問題(ユーザープロファイルやデータの消失、起動不能になるなど)も指摘されているようです。ご注意ください。(2020/3/4)

建設現場のバックアップ問題を一手に解決
管理者不在の建設現場でも効率的なバックアップ運用が低コストで実現可能なわけ
建設現場の事務所などにおいて苦労するのがデータ管理だ。本社と同じようなバックアップ設備もない。IT担当者も不在の環境で、効率的かつ安全にプロジェクトデータを守る方法はないものか。(2020/2/27)

PR:初めてのNASに最適! QNAPの新モデル「TS-251D」と「TS-230」で始める新生活
スマートフォンでいろいろ写真を撮っていると、知らずしらずのうちにストレージ不足に陥ることがあります。「バックアップを取って削除をすると、手元で写真を見られないしなぁ……」とお困りの人、QNAPの新型NAS「TS-251D」や「TS-230」を導入すれば悩みを解決できるかもしれません。(2020/3/2)

クラウド専門のバックアップ対策とは
Office 365の落とし穴「ユーザーデータの消失」 防ぐためには何が必要?
「Microsoft Office 365」などのクラウドサービスは非常に便利だが、ファイル共有や管理の仕方が従来と異なることで思わぬところでデータ消失の可能性がある。クラウド時代に必要な「しかるべきデータ保護の対策」とは何だろうか。(2020/1/14)

自治体IaaSの障害、全面復旧は週明けに 「データ全消失」のうわさは否定
自治体向けIaaS「Jip-Base」で障害が発生し、全国約50の自治体のシステムに影響が出ている件で、日本電子計算が「12月9日の全面復旧を目指す」と発表。(2019/12/6)

エレコム、データ復旧サービスを付属したUSBメモリ
エレコムは、データ復旧サービスを標準で付属したUSBメモリ「MF-DRU30」シリーズを発売する。(2019/12/3)

量子暗号と(k,n)しきい値秘密分散を利用:
量子暗号でサーバ室へも「顔パス」? 秘匿性の高い認証システムを開発
NICTとNECは高い秘匿性と可用性を持った顔認証システムを共同で開発した。「量子暗号」と「(k,n)しきい値秘密分散」を用いた。実証実験によって技術検証は完了したという。(2019/10/31)

スポーツ選手の電子カルテ管理にも活用へ:
不正アクセス防止へ 量子コンピュータでも破れないデータ秘匿技術が登場
NICTとNECは、顔認証などの生体認証データを「量子暗号」技術と「(k,n)閾値秘密分散」技術で伝送・保管する高秘匿・高可用なシステムを共同で開発。既に技術検証を完了し、ナショナルチームのスポーツ選手用電子カルテなどの管理で試験利用を開始した。(2019/10/30)

PR:鍵はOSにあり! これからのNASはクラウドとの親和性で選べ
クラウドストレージは普及が進む一方で、それに障害が発生した際の影響は計り知れない面がある。万が一に備えて、クラウドとの親和性の高いOSを備えたNASを用意すると、クラウドだけではなくローカルにもファイルを置けて便利だ。この記事ではQNAPのNASで利用できる最新OS「QTS 4.4.1」を紹介する。(2019/9/24)

半径300メートルのIT:
令和時代のセキュリティ対策、これからの「お金のかけどころ」は?
「ウイルス対策ソフトを入れればセキュリティ対策はOK」……という時代は過去のこと。現在は、既知の脅威や未知の脅威、あるいは故障によるデータ消失から守るなど、複数の安全対策が必要になっています。さらに未来はどうなっているのでしょうか?(2019/9/3)

Amazonギフト券が当たる「バックアップ入門」クイズ
「あ、しまった――」 痛恨のミスによるデータ消失で人生の窮地に立たされた“うっかり系”主人公「真人」。彼が“しっかり系”になるためには、何が足りなかったのか? クイズ形式で解説する。(2019/8/23)

Amazonギフト券が当たる「バックアップ入門」クイズ
「あ、しまった――」 痛恨のミスによるデータ消失で人生の窮地に立たされた“うっかり系”主人公「真人」。彼が“しっかり系”になるためには、何が足りなかったのか? クイズ形式で解説する。(2019/8/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。