ニュース
» 2009年10月28日 14時51分 公開

ネットエージェント、ネットワーク監視製品に仮想化対応版を追加

ネットエージェントは、ネットワーク通信の記録、保全を行うアプライアンス製品の解析機能を仮想化環境で利用するためのソフト「vPacketBlackHole」を発売した。

[ITmedia]

 ネットエージェントは10月28日、ネットワーク通信の記録、保全を行うアプライアンス製品「PacketBlackHole」の機能を仮想化環境で利用するソフト「vPacketBlackHole」を発売した。

 新製品は、PacketBlackHoleの解析機能を仮想環境で運用できるようにした。基本構成は情報を取得するアプライアンス、解析のソフト部、データを蓄積するストレージというもので、解析機能をアプライアンスから分離することで、アプライアンス単体よりも拡張性や障害対応などの点で運用の柔軟性が高まるという。

 対応プラットフォームはVMware vSphere(ESX/ESXi4.0以上が動作する環境)としている。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

ネットワーク監視


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -