ニュース
» 2009年11月02日 13時00分 UPDATE

IPA、暗号モジュールの試験・認証制度を改定

IPAは、暗号モジュールの試験・認証制度「JCMVP」での試験項目の変更と、保証継続の制度を新たに導入した。

[ITmedia]

 情報処理推進機構(IPA)は11月2日、暗号モジュールの試験・認証制度「Japan Cryptographic Module Validation Program」(JCMVP)の試験項目で使用する基準の変更と、保証継続制度の導入を発表した。

 JCMVPは、暗号モジュールに暗号アルゴリズムが適切に実装されているか、また、暗号鍵やパスワードなどのセキュリティが確保されているかを試験および認証する。2007年から運用されている。

 試験で使用する基準は、同日付で従来の「JIS X5091」から「JIS X 24759」になる。変更はISO/IEC 24759の国際一致規格としてJIS X 24759が10月20日に発行されたことを受けたもの。なお、2010年3月末日までは移行期間として、JIS X5091とJIS X19790の組み合わせに基づいた認証申請を受け付ける。FIPS140-2ベースの規格に基づく暗号モジュール試験も同時期まで受け付ける。

 新たに導入する保証継続制度は、認証済み暗号モジュールにバージョンアップなどで変更を加えても、その変更が暗号モジュールのセキュリティに影響を与えないことを申請者が認証機関へ証明すれば、認証を継続できる。

 これにより、申請者は簡易な方法で暗号モジュールの認証状態を維持できるといい、IPAはJCMVPの普及にもつなげたいと説明している。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -