ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「基準」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「基準」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

熟練者が行動基準とする「意図」をAIでモデル化 同レベルの高度な「意思決定」を支援――NECの新AI技術
NECは、熟練者の行動履歴データから行動基準となる「意図」を学習してモデル化し、熟練者が行っている高度な意思決定を模倣した推論ができるAI技術を開発。非熟練者でも意思決定を伴う高度なスキルが要求される業務に対応できるようになり、業務の負荷軽減や効率化が可能になる。(2019/7/19)

「絵心のある/ない」を分けるのは「立体感」? 仮説示すイラストに意見百出
平面的でもうまい絵はありますし、絵心と技巧は別の話ではないかといった意見もありますが、1つの基準にはなりそうです。(2019/7/1)

CAD:
意匠設計時に耐震等級を検討できる新機能、福井コンの住宅建築CADがアップデート
建築CGパースやプレゼン機能をはじめ、意匠から、構造、申請、積算までの住宅・建築設計を支援する3D-CADソフト「ARCHITREND ZERO」がバージョンアップした。Ver.6では、近年関心の高い住宅の耐震性に関する新機能を追加し、意匠検討段階で、耐震基準を満たす無理のない間取りを考案でき、手戻り削減につながる。(2019/6/25)

IIJmioが中古iPhoneを7月4日に販売開始 iPhone XSやXRなど5機種
個人向けSIMロックフリースマートフォンの販売サービス「IIJmioサプライサービス」は、7月4日から中古iPhoneを販売開始。取り扱いは「iPhone XS」「iPhone XR」など5機種・12種類で、リユースモバイルガイドライン評価基準の「A」以上の端末としている。価格はiPhone SE(16GB)の一括払いが2万4800円(税別、以下同)、24回払いが月1050円から。(2019/6/24)

「チバニアン」審査中断 反対者が地層隣接地の賃借権取得
千葉県市原市の地層を約77万〜12万6000年前の地質年代の基準地と認定し、年代名を「チバニアン」(千葉時代)とするための審査手続きが中断していることが分かった。反対者が地層に隣接した土地の賃借権を取得し、基準地の条件である自由な立ち入りが保証できなくなったためという。(2019/6/7)

ソフトバンク、基地局を活用した誤差数センチの測位サービスを11月に開始
ソフトバンクは、11月末から法人向けに誤差数センチで測位が可能なサービスを提供開始。自社の基地局の設置場所を活用し、RTK測位に必要となる独自基準点(固定局)を全国3300カ所以上に設置する。提供開始に先駆け、ヤンマーアグリ、鹿島建設、SBドライブと連携し、各産業での実用化に向けた共同実証を7月から順次行う。(2019/6/3)

見落としがちなクラウドサービスのポイント
複数のクラウドサービスを利用して分かったサービスごとのメリット/デメリット
既存システムのクラウド化を考えるとき、どのような基準でクラウドサービスを選ぶべきなのだろうか。クラウドごとの機能や特徴に大きな差がなくなった今、シェアだけではないクラウド選定の新基準を考える。(2019/6/5)

iPhone XS/X用「クリアケース」おすすめ5選 透明でしっかり頑丈
スマートフォン本体のデザインを楽しめる、透明な「クリアケース」。どのような基準で選べばいいのでしょうか。この記事では、iPhone XS/X用のクリアケースを選ぶ基準を示しつつ、おすすめのケースもご紹介します。(2019/5/23)

違法な長時間労働、アニメ制作会社「マッドハウス」に是正勧告
 アニメ制作会社「マッドハウス」(東京都中野区)が社員に違法な長時間労働をさせたなどとして、新宿労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが17日、分かった。勧告は4月17日付。(2019/5/20)

ヤフー広告、アフィリエイトサイトなど“成果型報酬サイト”の広告配信を原則不可に 広告配信基準の厳格化で
アフィリエイトサイトがヤフーの広告を使い、自分のサイトに誘導する広告は今後配信不可能になります。【※訂正あり】(2019/5/8)

iPhoneの最新おすすめ機種は? 目的と価格で選ぶ(2019年版)
日本で大きなシェアを占めるスマートフォンといえば「iPhone」。最新モデルに加えて廉価な旧モデルも併売されていることが特徴です。何を基準に選べばいいのか、ポイントを示しつつオススメ機種をご紹介します。(2019/4/23)

IoTエッジインフラの導入で選ばれるベンダーとは? 選定基準は「IoTの技術力」「業務の理解度」――IDC調べ
IDC Japanによると、IoTエッジインフラの導入、活用を検討する国内企業・団体は、ベンダー選定で「IoTの技術力」と「ユーザー業務の理解度」を重視することが分かった。今後、IoTエッジ製品の利用拡大が予測される中、ベンダーにとって、ニーズを踏まえたIoTインフラビジネスの展開が急務となる。(2019/4/22)

脆弱性を調べる人材が不足:
9割の組織にサイバー被害があるものの、5割以上は「業務コスト」を把握していない――Tenableの調査
Tenable Network Security Japanが発表した「業務遂行上のサイバーリスク計測と管理に関する報告書」によると、過去24カ月間で1回以上のサイバー被害に遭っている組織の割合は全世界で91%に上った。しかし、適切な業務コストの見積もりができておらず、判断基準が不足していることが分かった。(2019/4/12)

企業警戒:
東証再編で「降格」「退場」も…… 選別基準は?
日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所の市場構造改革をめぐる議論が近く本格化する。東証は3月、株式市場を4つから3つに再編する案を示した。最大の注目点は上場企業の選別だが、具体的な基準や実現時期は見えないままだ。「東証1部」に安住していた企業でも“降格”や“退場”になることが想定されるため、企業も投資家も警戒を強めている。(2019/4/10)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
復活した「iPad mini」がスマホ選びの新基準になり得る理由
3年半ぶりに復活した「iPad mini」。新しい第5世代のiPad miniは、そのサイズ感の程よさから「都市生活向けタブレット」として使いやすいだけではなく、今後のスマートフォン選びにも影響する、そんな製品になるのかもしれない。(2019/4/10)

大成建設が施工した信用組合本店でエネ削減率61%「ZEB Ready」達成、都心部の高層ビルで金融機関初
大成建設が施工を手掛けた近畿産業信用組合の本店が竣工した。本店は「伝統×革新」をコンセプトに設計された最先端の省エネルギー建物。都心部の高層ビルでは、実現が難しいとされていた経済産業省が定める省エネビル基準「ZEB Ready」に相当するエネルギー削減率を達成した。(2019/4/9)

「ヒットメーカーは『普通』の基準が高い」 漫画編集者の体験談に大きな反響
漫画に限らず何事も、積み上げた地力が大事というお話。(2019/4/4)

i-Construction:
CIM発注は「土工」「橋梁」「岸壁」などの設計領域に拡大、国交省は2019年度の方針を策定
国土交通省は、2019年度以降に“i-Construction”を貫徹させるための要領、基準類を改定および策定した。2019年度のCIM/BIM発注は、道路/河川では地質調査業務、土工、橋梁、トンネル、ダム、河川構造物などの“概略設計”と“予備設計”、港湾では「岸壁(桟橋構造)」の設計業務で積極的な活用を進める。(2019/4/3)

FacebookのザッカーバーグCEO、「ネット規制強化は政府が主導すべき」
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOがWashington Postに寄稿し、安全なプラットフォームを持続するためには、政府による規制の基準とガイドラインが必要だと主張した。(2019/4/1)

国内初“西武池袋線が貫く”外観がダイヤグラムの20階オフィスビル、「池袋に巨木を植える」をモチーフに設計
西武グループが開発を進めてきた線路が低層階を通り抜ける大規模オフィスビル「ダイヤゲート池袋」は2019年3月25日、竣工式を執り行い、ビルの特徴となっている線路上空にあたるデッキの供用を開始した。プロジェクト費用は約380億円で、池袋エリア最大規模となる基準階貸室約2100m2のハイグレードオフィスを供給する。(2019/3/27)

「重い」「セキュリティが心配」を解決
クラウド時代に「使えるネットワーク基盤」の新基準とは?
コスト削減や柔軟な働き方を可能にするクラウドシフトは良いことずくめのように思える。しかし、「ネットワークが重くて使えない」「セキュリティが不安だ」といった新たな課題も浮上した。それをまとめて解決するにはどうすればいいのだろうか。(2019/3/25)

NTTドコモでのクラウドの使い方、教えます:
PR:ユーザー企業から学ぶ、厳格なセキュリティ基準をクリアしつつ、クラウド活用で組織を加速させる方法
クラウドの活用が進む中、ベストプラクティスをどう実践するか、ノウハウをどう共有し統制やコスト管理を図っていくかが新たな課題にありつつある。そこで参考にできるのがクラウドを先進的に利用してきたユーザー企業の経験やノウハウだ。研究段階を含めると2009年からAWSを活用してきたNTTドコモ。同社の経験とノウハウを自社に取り入れるには、どうしたらいいのだろうか。(2019/3/18)

中古携帯電話業者が「買い取り・販売ガイドライン」を策定 その背景は?
中古携帯電話業者と携帯電話修理業者の有志が、中古携帯電話の買い取りや販売に関わるガイドライン(自主基準)を策定した。その背景には何があるのだろうか。(2019/3/8)

日本企業の“欲しい”をそろえたクラウドインフラ
事例:薬剤師のためのクラウド版電子薬歴サービス、インフラ選定のポイントとは
自社のサービスをSaaS化する際に、インフラとしてパブリッククラウドサービスを選ぶ企業は多い。しかし、どのような基準で自社のサービスに本当にマッチしたものを選択するのか。成功事例から学ぶ。(2019/3/1)

Twitterの「児童の性的搾取」規制に困惑の声 「妄想」も禁止
Twitterの「児童の性的搾取に関するポリシー」がネット上で話題。一部のユーザーからは「NGの基準が曖昧」「思想の自由を侵害していそう」など困惑する声も。(2019/2/25)

無印良品の「天然水」「炭酸水」自主回収 発がん性疑われる物質が基準値超えて検出
発がん性が疑われている臭素酸が食品衛生法の基準値を超えて検出されたとしています。(2019/2/22)

MVNOの深イイ話:
格安SIMでも18歳未満は「フィルタリング」必須 有効化の基準は?
インターネット上では、青少年の健全な育成を阻害するような有害情報が存在します。そのため、青少年がインターネット上の特定情報のアクセスを防止することを義務付ける法律が存在します。今回は、青少年保護とMVNOの関わりについてお話しします。(2019/2/15)

PR:海外子会社のIFRS16適用を! 会計基準をグローバル統一する“最短”手法とは
ついにIFRS16の適用年度となる2019年が到来した。残された期間がわずかな中、作業が山場を迎える企業も多いことだろう。だが、たとえ対応作業を完了しても次の課題が待ち受けている。それが、海外子会社も含めた会計処理のIFRS16への統一だ。(2019/2/14)

元号の商標登録は不可 特許庁、基準で明確化
特許庁が、商標審査基準を改訂。新旧の元号を商標登録できないことを明記した。(2019/1/30)

IT監査とログ管理【第1回】
監査視点から見たログ管理 取り扱いの違いを知る
IT監査を監査人として多数実施している筆者の経験から、IT監査に資するログ管理の在り方を解説する。第1回はIT監査の目的と監査基準に触れる。(2019/2/7)

通訳デバイス「ポケトークW」、技術基準に不適合 総務省が厳重注意
総務省が、ソースネクストを厳重注意。通訳デバイス「ポケトークW」が、電波法に規定される技術基準に適合していなかったという。(2019/1/25)

あらゆる“シールドトンネル”の「坑内測量」を高い精度で自動化、大林組
大林組は、シールド工法によるトンネル工事を自動化する「大林インテリジェントシールド(OGENTS)」の開発を進める。第一弾として、坑内基準点・水準点・セグメント・マシン測量の全てに対応するシールド坑内自動測量システム「OGENTS/SURVEY」を発表した。タブレット端末による遠隔操作で測量可能とし、作業時間を3割短縮するなど、一層の生産性向上と技能労働者不足への対応が図られている。(2019/1/24)

「もっと悪役みたいな紫ないですか?」 オタ結婚式の無茶振りに応えたドレスショップの本気 「店員さんナイスすぎ」と絶賛
オタク、何か選ぶときはだいたい推しカラーが基準になるとこある。(2019/1/12)

新iPad Pro、ちょっと曲がってない?→指摘にAppleが見解表明 「湾曲は0.4ミリ以下を基準に検査している」
前世代モデルよりも精度は高いとしています。(2019/1/7)

求める要件によってはカスタマイズも
SIEM製品選定をシンプルにする7つの評価項目 自社に合った要件は?
SIEM製品を適切に選定するには、評価基準を設定し、自社のビジネスへの適合度合いを考慮することが大切だ。この記事では、評価項目の設定に必要な観点を紹介する。(2018/12/27)

エンドポイント監視の最前線
徹底解説、パフォーマンス監視の新機軸「EUE」は一体何が違うのか?
アプリケーションで何か問題が起きているようだ――その原因をエンドポイントから可視化するツールが多く登場している。どのような製品があり、自社に合ったものを選ぶ基準は何か。エバンジェリストが詳細に語る。(2018/12/21)

自然エネルギー:
洋上風力発電の導入を円滑化、設備の維持管理基準を策定へ
経済産業省と国土交通省は洋上風力発電導入の円滑化に向け、設備の維持管理技術に関するワーキンググループを立ち上げる。洋上風力発電設備の維持管理に関する議論を行い、年度内に維持管理に関する基準を策定する方針だ。(2018/12/18)

建築物の省エネ対策強化で、“延べ300m2以上”の物件を基準適合義務化へ
国土交通省は、「今後の住宅・建築物の省エネルギー対策の在り方について(第2次報告案)」で、意見公募の手続きに入った。これまで、延べ床面積で2000m2(平方メートル)以上を対象としてきた省エネ基準への適合義務化を住宅を除く“300m2以上”の中規模物件にまで広げる構えだ。(2018/12/18)

中国大使館は「強烈な反対」:
政府調達、「悪意ある機器」の回避が重要=官房長官
菅義偉官房長官は、政府調達における政府統一基準の改訂を行ったことについて、各省での防護するシステムとその調達の手続きを定めたもので、特定の機器を排除することを目的にしたものではない、と説明した。(2018/12/10)

FAニュース:
教示作業なしで不良品データを高精度に分類する深層学習技術を開発
東芝は、事前の教示作業なしで不良品データを高精度に分類できる深層学習「深層クラスタリング技術」を開発した。従来技術に独自の学習基準を導入して、少量の不良品データ群が他の良品データに混入するのを抑制し、分類制度を98.4%に高めた。(2018/12/7)

ロック中の「Siri」機能オフなどを推奨
iPhone、iPadのセキュリティ設定を採点、CISベンチマークとは
「iOS」端末のセキュリティはユーザーの使い方に左右される。企業で使用するiOS端末のセキュリティを定める基準として、CISベンチマークを導入すればセキュリティ強化に役立つ。(2018/11/29)

組み込み開発ニュース:
小型安価はそのままに性能アップ、ラズパイAシリーズに新モデル登場
英国Raspberry Pi(ラズベリーパイ)財団は2018年11月15日(現地時間)、シングルボードコンピュータの新製品「Raspberry Pi 3 Model A+」を発表した。日本では「電波法に基づく技術基準適合証明(技適)の取得が完了次第」(ケイエスワイ担当者)の販売となる。メーカー標準価格は25米ドル。(2018/11/16)

AIで保育所割り当てを自動化 最大限に希望に沿う結果を数秒で――富士通、自体向け保育所割り当て支援ソフトを発表
富士通は、自治体向けの保育所入所選考業務支援ソフトウェア「MICJET MISALIO 保育所AI入所選考」の提供を開始。ゲーム理論を応用した独自のAI技術により、申請者の多様な入所要望や自治体の選考基準を基に、最大限に希望に沿う入所選考割り当てを数秒で導き出す。(2018/11/13)

PR:金融機関が認めるデータライブの「IT機器の適正処理サービス」は、なぜ厳しいセキュリティ基準をクリアできたのか
データライブが第三者保守用の部品調達を目的にサービスを開始した「IT機器の適正処理サービス」。厳しいセキュリティ基準で知られる金融機関に認められ、サービスを請け負うようになった背景には、データ消去技術の最新動向を踏まえた処理体制があった。(2018/11/5)

経産省・業界団体が指針発表:
飲食店「無断キャンセル」の損害額は年間2000億円 どうすれば防げる?
飲食店における無断キャンセルの被害額は年間2000億円であることが経済産業省と業界団の調査で判明。両者はこれを受けて防止策を公表した。明確な基準で算定したキャンセル料の請求、IT活用、事前決済の導入などがカギになるという。(2018/11/2)

BIMの可能性「BIM×確認申請」:
構造部門で初の“BIMによる確認申請”、大和ハウス工業が実現できた2つのポイント
BIM(Building Information Modeling)元年から2018年で11年が経過し、国内でもBIMによる確認申請が一部で始まっている。大和ハウス工業は、社内で構造BIMの作業フローの統一的な基準を定め、構造部門で初の試みとなるBIMによる確認申請を行った。構造BIMで確認申請するためのカギや構造BIMで何が変わるのか、大和ハウス工業の講演から読み解く。(2018/10/25)

RPAで始める業務自動化のススメ(6):
RPAを試しに使ってみたい……けど、結局どのツールを選べばいいの?
RPAを試したい、と思った人がほとんどつまずく「一体、どのツールを使えばいいのか」という問題。今回はRPA導入プロジェクトの進め方として、PoC用のツール選定の基準から、適用する業務の選び方までを解説していきます。(2018/10/25)

太陽光:
立入検査でFIT認定取り消しも、低圧太陽光の安全規制を強化
経済産業省 資源エネルギー庁は、50kW未満の低圧太陽光発電に対する安全規制を強化する方針を示した。電気事業法に基づく技術基準に適合していないと思われる案件については、立入検査などを実施する方針だ。(2018/10/24)

Twitter、APIへのアクセス回数を制限 ツイートとリツイートは3時間で300件まで
米Twitterは、サードパーティー製のアプリがTwitter APIにアクセスできる回数を制限する基準を導入。「ツイートとリツイートは3時間で300件まで」など条件を厳しくした。(2018/10/23)

CEATEC JAPAN 2018:
アルプス電気、静電容量技術で自動操舵を支援
アルプス電気は、「CEATEC JAPAN 2018」で、自社の最新デバイス技術を搭載し、自動操舵機能に関する国際基準「R79」に適合するコックピットを想定したデモ展示などを行った。(2018/10/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。