ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「基準」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「基準」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Innovative Tech:
ピアノコンクール合格者の特徴とは? 参加者のMIDIデータと審査員の合否基準を解析 東大とピティナなどが発表
東京大学大学院、ピティナ音楽研究所、高知工科大学、京都大学大学院に所属する研究者らは、ピアノコンクールにおける参加者のピアノ演奏をMIDIデータとして取得し、複数の審査員による合否基準とどのような結び付きがあるかを分析した研究報告を発表した。(2024/2/29)

ChatGPTを“企業のセキュリティ基準”で運用できるサービス 利用状況の監視機能も
ソフトクリエイトが企業向け生成AIサービス「Safe AI Gateway」をリリースした。「Azure OpenAI Service」ベースの専用環境を構築でき、企業が求めるセキュリティ基準に準拠したChatGPT運用ができるとしている。(2024/2/28)

Amazonの「送料無料」条件が2000円から3500円に 背景にある“2024年問題”
Amazonが、2024年3月29日から通常配送が無料になる基準を2000円から3500円に引き上げます。今回の配送無料基準の引き上げは、ヘルプページの更新という形で行われています。いわゆる「2024年問題」を見据えてのことと考えられます。(2024/2/26)

Amazonの「送料無料」は3500円以上に 3月29日から通常配送の基準引き上げ
Amazon.co.jpは、3月29日から通常配送の送料を無料にする基準を3500円に引き上げる。これまでは2000円以上の買い物で送料無料となっていた。(2024/2/26)

Amazon、配送料無料の基準を引き上げ 注文金額3500円に
3月29日から適用。(2024/2/26)

業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
YouTubeなどで取り上げられる人気商品でした。(2024/2/21)

続く価格上昇:
不動産会社、顧客が重視するポイント 「実績」「人柄」を超えたのは?
人々はどのような基準で不動産会社を選ぶのか。Speee(東京都港区)の運営する「すまいステップ」が調査を実施した。(2024/2/15)

キーサイトがデモを披露:
V字モデルの「評価フェーズ」で車両サイバーセキュリティテストが可能に
キーサイト・テクノロジーは2024年1月に開催された「第16回 オートモーティブ ワールド」で、車両サイバーセキュリティの脆弱性を早期に特定するテストソリューション「Automotive Cybersecurity Test Platform」のデモを行った。車両サイバーセキュリティの国際基準である「UN-R155」のレポートを作成できるテスト管理ソフトウェアと連携することで、自動車のサイバーセキュリティテストを包括的にサポートする。(2024/2/13)

日刊MONOist火曜版 編集後記:
リチウム電池爆発問題を解決する、日本発の検査技術への期待
日本発の新たな検査基準や標準化などに期待です。(2024/2/13)

関西電力株式会社提供Webキャスト:
PR:脱炭素セミナーで学ぶ、気候変動対応を取り巻く世界情勢と日本企業の取り組み
温室効果ガス削減への取り組みが活発化する中、国内でも、国際的な基準であるGHGプロトコルによる温室効果ガス排出量の算定が進んでいる。関西電力のセミナーより、気候変動対応を取り巻く情勢や日本企業における環境目標などを紹介する。(2024/2/14)

体重105キロの吉本芸人、“基準値オーバー”だらけの健診結果さらし「この世に未練ない」 前回より大幅悪化に「病気のデパート」「生きて」
まずは痩せよう。(2024/2/9)

Dynabook、10.1型デタッチャブルPC「dynabook K2」を発表 GIGAスクール端末の基準にも合致
Dynabookが、10.1型の2in1デタッチャブルPC「dynabook K2」を2月16日に発売する。GIGAスクール端末の要件に合致することが特徴で、想定価格は9万円台後半(税込み)となっている。(2024/2/7)

500人に聞いた:
「デジタルマーケは外注」7割超 外注先の選定基準は?
デジタルマーケティングを実施する企業の73.3%が、外部ベンダーやパートナーを利用していると回答したことが、ナイル(東京都品川区)による調査で明らかとなった。外注先の選定基準とは。(2024/2/7)

今日のリサーチ:
デジタルマーケティング外注利用の選定基準1位は「価格の安さ」でもリプレイスの理由1位は……?――ナイル調査
企業がデジタルマーケティングを実施する際の外注先の選定基準や満足度に関する調査の結果です。(2024/2/6)

ユーザーの利便性を落とさず、内部不正や情報漏えいを防ぐには?:
PR:セキュリティの新基準、Webブラウザから始めるセキュリティ強化のカギ
従業員のほとんどが最も使っているにもかかわらず、企業が望む形でセキュリティが保たれていないアプリケーションがある。それはWebブラウザだ。市場では企業向けに再構築されたWebブラウザを“エンタープライズブラウザ”と呼び注目され始めている。本記事では、エンタープライズブラウザが提供する、従来のセキュリティソリューションでは対応しきれなかった課題や解決策について紹介していく。(2024/2/5)

Core Ultraの“新しさ”とは【後編】
次世代ノートPCは「安いほど損をする」が“うそ”じゃない本当の理由
IntelがAI関連のタスクを処理することを前提にしたプロセッサを正式発表するなど、ノートPCの分野に新たな風が吹いている。これからノートPCとプロセッサを選ぶ際は、何を基準にすればいいのか。(2024/2/4)

Cybersecurity Dive:
サイバー関連の資金調達とM&Aが減少傾向も、ベンダーたちが楽観視しているワケ
Pinpointによると、ベンチャーキャピタルは2023年、潜在的な損失を最小限に抑えるために投資の基準を引き締める戦略へと移行した。その背景には何があるのだろうか。(2024/2/3)

NEC系列会社社員の過労死を労災認定 直前1カ月で国内出張3回
NECのグループ会社「NECマネジメントパートナー」に勤務していた男性が2021年に脳幹出血で死亡したのは、過重な業務負担が原因だったとして、川崎北労働基準監督署(川崎市)が労災認定していたことが1月31日、分かった。(2024/2/1)

製造マネジメントニュース:
ダイハツの型式不正、追加でミライースなど10車種の出荷停止解除
ダイハツ工業は国土交通省で10車種が道路運送車両法の基準適合性を確認されたと発表した。これにより、該当車種の出荷停止が解除される。(2024/1/31)

サステナビリティ規制「ISSB」が変える、企業の財務情報開示 日本企業はどう備える
2023年6月に発表された「ISSB基準」によって、企業の財務情報開示はどう変わっていくのでしょうか? TCFDとの違いや、対応が迫られる日本企業がやるべきことを解説します。(2024/1/31)

株式会社AIoTクラウド提供ホワイトペーパー:
PR:検知器だけは不十分? アルコールチェック義務化で見落としがちなポイント
2023年12月1日より検知器を用いたアルコールチェックが義務化された。背後責任への徹底捜査などの法改正の要点や、検知器の選定基準、検知結果の管理方法など、今すぐ取り組むべき準備のポイントについて分かりやすく解説する。(2024/1/29)

消費者から「酸っぱい」と指摘、体調不良者も…… 冷凍鍋から“社内基準超える微生物”検出、約7600個回収へ
下痢の症状も報告されたとしています。(2024/1/22)

建設キャリアアップ:
CCUSに「計装工事技能者」追加 2月1日から能力評価を開始
建設キャリアアップシステムの能力評価基準に、「計装工事技能者」が新たに追加された。(2024/1/22)

CIO Dive:
OpenAIの独走は続く? 「ユーザーが選ぶLLMのコンテスト」の結果から考察
LLMが多く登場する中で、最も優れたものは何か? ユーザー参加型のコンテストの結果から、「最も優れたLLM」の条件と、企業の選定基準を考察した。(2024/1/22)

AGVによる製薬工場の搬送自動化:
PR:夜間の自動搬送で負担激減 “三人四脚”で製薬工場にAGVを導入
品質管理基準が一段と厳しい製薬工場へのAGV導入はこれまで難しいとされてきた。その中で夜間の自動搬送を実現し、作業効率を向上させたのがダイトだ。三菱電機システムサービス、三菱電機ビルソリューションズと共同で挑んだ先進的な事例の内容と製薬工場ならではの導入ポイントを紹介する。(2024/2/19)

「お菓子の家キット」で高層ビルを建造 建築基準法や免震まで配慮したお菓子作りが冗談のようでためになる
お菓子作りで学べる建築基準法。(2024/1/12)

859人に聞いた:
不動産会社、住まい購入者が重視したのは 「物件写真が多い」上回る1位は……
物件購入者はどのような基準で不動産会社を選び、購入しているのか。アットホーム(東京都大田区)が調査を実施した。(2024/1/5)

2023年は買う基準が激変!? 試して分かった思わず口コミしたくなるアイテムはこれだ!
PCやIT業界はAIや新しいCPUの登場でさまざまなキーワードが出回っているが、日々の生活に役立つのは何もPCだけではない。ここでは、2023年に試して分かった気になるアイテムの魅力をまとめた。(2023/12/30)

領海外でも「Starlink」を使えるように――総務省が船舶/航空機に搭載する衛星通信システムの審査基準を改正へ パブリックコメント募集
総務省が、船舶や航空機に搭載する非静止衛星通信システムの「携帯移動地球局」(移動局)の通信可能範囲を改定するための手続きを始めた。パブリックコメントの募集後、告示が改正されると日本の領海外でも「Starlink」や「OneWeb」での通信が可能となる。(2023/12/25)

その他規制の見直しも:
「IEEE 802.11be(Wi-Fi 7)」「320MHz幅」での通信が解禁に――総務省が技術基準を改正 即日施行
総務省が、IEEE 802.11be規格の無線LAN通信と、同規格に定める320MHz幅での通信を合法化した。合わせて、6GHz帯無線LANで利用できる「LPIモード」による子機同士の通信も合法化される他、5.2GHz帯の自動車内無線LANに関する規制緩和も行われる。(2023/12/22)

磯部孝のアパレル最前線:
三陽商会「バーバリーショック」から復活? 7期ぶり黒字の裏側
三陽商会の2023年2月期連結業績は、売上高が582億円(会計基準変更前の前期は386億円)、営業損益が22億円の黒字(同10億円の赤字)、純損益が21億円の黒字(同6億6100万円の黒字)となった。本業のもうけ=営業損益が黒字になるのは7期ぶりで、「バーバリー」のライセンス事業を失って以来初となる。(2023/12/22)

株式会社クレディセゾン提供ホワイトペーパー:
PR:金融機関から融資が下りない? もしもの時でも慌てないための資金繰り改善策
会社設立の立ち上げ期に必要な資金を調達する方法として、金融機関の融資を検討する人は多いだろう。しかし、融資の基準は公表されていないため、融資が受けられない可能性も考えられる。そこで本資料では、資金繰りの改善策を紹介する。(2023/12/21)

強制適用のタイミングは2026〜27年か:
PR:「新リース会計基準」で変わる経理システムの要件、対応に必要な機能とは?
経理業務の担当者にとって法改正は悩ましい。近く国際会計報告基準との整合性を図るため、2026〜27年には新リース会計基準が適用される見込みだ。すでに公開された草案をもとに、システム対応のポイントを探る。(2023/12/1)

水素・アンモニアサプライチェーンの構築支援策:
水素と化石燃料の差額を支援する「値差支援制度」、価格面などの詳細案が明らかに
水素やアンモニアなどのサプライチェーン構築の促進に向けて、化石燃料の価格差分を支援する「値差支援制度」の導入を検討している。このほど同制度の具体化に向けて、基準価格などの考え方について詳細な方針が示された。(2023/11/24)

【借手視点で徹底解説】新リース会計基準が「借手の会計処理」に与える影響
2023年5月に新リース会計基準案が公表され、現行の会計基準における借手のオペレーティング・リースについてもオンバランスさせることが提案されています。多くの企業はリース取引の「借手」になり得ます。今回は、各企業の資産・負債の金額に重要な影響を与える可能性のある借手の会計処理と表示を中心に解説します。(2023/11/20)

Cybersecurity Dive:
「サイバー攻撃でいくら損する?」を試算できる待望のフレームワークが誕生
The FAIR Instituteはランサムウェアをはじめとした重大なサイバー攻撃に関連するコストを試算し、関係者がより適切にリスクを算定するための基準を作ろうとしている。(2023/11/19)

1.4兆円の赤字:
ソフトバンクG、「AIへの戦略投資」へ アーム上場で手元流動性は高水準
ソフトバンクグループは、2023年9月中間決算(国際会計基準)の純損益が1兆4087億円の赤字だったと発表した。後藤芳光CFOは「AIへの戦略投資」を実現していくとした。(2023/11/16)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
オリンパスの技術力を受け継ぐ「エビデント」 “産業用胃カメラ”で構造物内部を可視化
オリンパスの技術力を受け継ぐエビデントは、医療基準で進歩させてきた技術をインフラ構造物の非破壊検査に応用し、工業用ビデオスコープや蛍光X線分析計、超音波の各機能で、多様なニーズに応える非破壊検査機器を展開している。(2023/11/14)

TeamsとSharePointの連携方法【中編】
「SharePoint」サイトは「Teams」に移すべき? 判断基準と移行方法
「Microsoft SharePoint」で作成したWebサイトは、「Microsoft Teams」を活用することで利便性の向上が見込める。SharePointサイトの複雑さを考慮して、より良い連携方法を選ぶためのヒントを紹介する。(2023/11/9)

企業に求められる「新リース会計基準」への適応 WAPが試算ツールを無償提供
新リース会計基準への適応に向けて、企業は「新基準による影響額の試算」に取り組む必要がある。一方でノウハウがない企業には困難なのも事実だ。このような企業を支援する無料ツールが登場した。(2023/11/7)

2026年にも適用か:
【経理必見】新リース会計基準「4つの実務課題」と対応策
新リース会計基準案が導入されると、さまざまな適用上の課題があると言われています。実務上の課題にはどのようなものが想定されるのでしょうか。ここでは、そのうちの主な4点について解説します。(2023/11/7)

【2026年にも適用か】新リース会計基準で何が変わる? ポイントを解説
2023年5月に企業会計基準公開草案第73号「リースに関する会計基準(案)」および企業会計基準適用指針公開草案第73号「リースに関する会計基準の適用指針(案)」が公表されました。国際的な会計基準との整合性を図るため、オペレーティング・リースを含む借手の全てのリースについて資産および負債をオンバランスさせることが提案されています。今回は、この新リース会計基準案の概要を中心に解説します。(2023/11/1)

スーパー「ベルク」が従業員の身だしなみ基準緩和で話題 ネイルやピアスもOKにした理由は?
SNSを中心に「いい取り組み!」と話題に。(2023/11/5)

バイデン米大統領、AIの安全性に関する大統領令に署名
ジョー・バイデン米大統領は、AIの安全性とセキュリティに関する基準確立を目指す大統領を発令した。大手AI企業から7月に確保した自主的な約束に基づいている。(2023/10/31)

Q&A これって違法ですか?:
「転勤を断らない社員」だけを採用したい これって問題?
当社では事業の拡大に伴い、遠方への事業所開設を予定しています。そのため今後は「転勤を受け入れてくれそうな人材」を中心に採用したいのですが、このような採用基準は問題でしょうか?(2023/10/30)

スマート化:
日本初上陸の住宅用気密測定器、減圧/加圧で建物の隙間風を診断する「300X」
ハイシマ工業は、Retrotec製の住宅用気密測定器「300X」を発売した。ISOやJISの測定基準にも適合し、ファンの前後を入れ替えるだけで減圧/加圧が切り替えられる。(2023/10/25)

ワークプレース:
日建設計の築20年大阪オフィスで、オーナーとテナントが一体で47%のエネ削減
日建設計は、大阪オフィスで進めてきた脱炭素推進やワークスタイル変革に向けた実証実験の結果を公表した。成果として、オフィスビル義務基準比で、47%のエネルギー消費量削減を実現している。(2023/10/25)

ハイブリッドワークに適したPCの選定基準を考える
未来を見据えて考え直したい「テレワークを快適にするPC」の選定基準
ハイブリッドワークが続くことを見越して、ノートPCの選定基準を再考する必要がある。ユーザーの生産性を引き上げるだけではなく、システム管理者が納得できるセキュリティや管理性も備えたノートPCとは。製品選びのポイントを探る。(2023/10/24)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「選定基準・課題は何ですか? PC選定・管理」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/10/3)

遠隔臨場を当たり前の業務にアップデート:
PR:大手ゼネコンの建設現場に多数導入 進化を遂げた遠隔臨場カメラの魅力
国土交通省が遠隔臨場を本格施行したことを受け、基準に適合するデバイスの需要が高まっている。数あるデバイスの中で、大手ゼネコンが全国の建設現場に採用したウェアラブルクラウドカメラの魅力を探った。(2023/9/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。