ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「基準」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「基準」に関する情報が集まったページです。

中傷対策、IT大手開示の法制化を 総務省会議
インターネット上の誹謗中傷などの違法有害情報対策を議論してきた総務省の有識者会議は、大手IT事業者がSNSなどで投稿を削除する際の透明性を確保するため、削除基準などについての法的枠組みの導入を求めることを柱とした報告書を取りまとめた。(2022/7/1)

3Dプリンタ:
国内初、大林組が3Dプリンタで国土交通大臣認定を取得した構造形式の建屋開発に着手
大林組は、東京都清瀬市の大林組技術研究所内で、セメント系の材料を使用し3Dプリンタにより、国内初の建築基準法に基づく国土交通大臣の認定を取得した構造形式を用いた「(仮称)3Dプリンタ実証棟」の建設を進めている。今後は、顧客の多様なニーズに応えるデジタルファブリケーション技術の1つとして、複雑なデザインや強度・耐久性を備えた構造物を実現できるセメント系材料を使用した3Dプリンタ建設の研究を進め、実用化を目指す。(2022/6/27)

顔認識サービスで「感情や年齢などを推論する機能」の提供を中止:
AIは「無制限に開発・構築してはならない」、Microsoftが「責任あるAI基準」公開 一部機能は中止へ
Microsoftは同社のAIシステムの構築方法を導くフレームワーク「Microsoft Responsible AI Standard v2」(責任あるAIの基準第2版)を公開した。さまざまな社会的な課題について、AIでどのように扱うのか、Microsoftの考えを示した。同時に社会的に悪影響を与えると考えられる同社のAIサービスの提供を中止した。(2022/6/24)

公表値より:
ホンダeの充電効率を検証 カタログスペックと比べて……?
電気自動車(EV)にとって大切な評価基準なのに、盲点のようになっているのが充電効率。パワーやハンドリング、あるいは燃費にあたる電費は、内燃車と共通だから理解しやすい。だけど燃料をどれだけ効率的に入れられるか、なんてあまり考えたことがないだろう。(2022/6/24)

プロジェクト:
「博多」駅至近で中規模のハイグレードオフィスビルが着工、鹿島建設
鹿島建設が、九州勧業とともに開発を進めているオフィスビル「(仮称)九勧博多駅前三丁目計画」が2021年12月に着工したことを公表した。九勧博多駅前三丁目計画は、JR「博多」駅の博多口から徒歩5分という好立地に、地上11階建ての賃貸オフィスビルを建設するもので、2023年4月に竣工予定だ。基準階の執務空間は天井高2.8メートルの無柱空間を実現し、共用部にはテナント専用の会議室や屋上テラスを設ける。(2022/6/24)

電子契約:
電子契約プラットフォームが建設工事の請負契約などで活用可能に
日鉄日立システムエンジニアリングの電子契約および電子取引プラットフォーム「DocYou」が、建設工事の請負契約などにおいて活用可能となった。国土交通省より、建設業法上の技術的基準を満たしている旨の回答を得ている。(2022/6/22)

プロジェクト:
富山県で延べ1.6万m2の複合テナントビルを開発、大和ハウス工業
大和ハウス工業は、富山県富山市で開発を進める複合テナントビル「(仮称)Dタワー富山」が着工したことを公表した。Dタワー富山は富山県最大の基準階面積を誇るという。(2022/6/22)

医療技術ニュース:
国内初の子どもの歩行基準値を作成、諸外国との歩き方の違いも判明
名古屋大学と愛知県三河青い鳥医療療育センターは、日本の小学校児童における歩行の基準値を初めて作成し、高学年は低学年よりも歩行がきれいであること、諸外国の子どもの歩行と動きが異なることを明らかにした。(2022/6/21)

総務省、“ふるさと納税で現金還元”を規制へ 「キャシュふる」騒動受け
金子恭之総務大臣は、ふるさと納税の返礼品の代わりに現金が受け取れる事業を規制する方針を示した。地方税法に基づく、寄付金の募集基準を定めた告示を来週にも改正するという。(2022/6/17)

契約審査プラットフォーム「LegalForce」アップデート 自社基準に沿った契約書審査をサポート
 契約審査プラットフォーム「LegalForce」を提供するLegalForceは6月14日、自社基準レビュー機能のアップデートを行った。ユーザーの契約書レビュー時の抜け漏れを防ぎ、業務の効率化と品質向上に貢献する。(2022/6/15)

組み込み開発ニュース:
工場におけるCBMの実現に向け、アナログ・デバイセズとマクニカが共同提案
アナログ・デバイセズは、「FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)」において、マクニカと共同で国内向けに展開しているCBM(状態基準保全)ソリューションを展示した。(2022/6/10)

法制度・規制:
太陽光発電を目的とした林地開発許可は厳格化へ、複数の基準を見直す方針に
国内で導入が広がった太陽光発電だが、森林地帯における開発などが防災や周辺環境に与える影響も懸念されている。今後、太陽光発電を目的とした林地開発許可は、厳格化される見通しだ。(2022/6/10)

Japan Drone2022:
後処理キネマティック測位対応国産ドローンを発売、エアロセンス
エアロセンスは、2周波GNSS受信機内蔵・後処理キネマティック測位対応ドローン「エアロボPPK(AS-MC03-PPK)」の受注をスタートした。エアロボPPKは、国産市販機として初めて後処理キネマティックに対応した測量専用ドローン。さらに、2周波GNSS受信機により算出した機体の位置情報と撮影時刻の情報を基に、飛行後に、ドローンで撮影した画像と統合処理することができる。これにより、一般的な写真測量に求められる対空標識の設置数を減らせ、精度の高い測位情報を得られる。その結果、i-Construction基準である±5センチ以内の測量精度を実現しながら、広域の写真測量では所要時間削減に役立つ。(2022/6/10)

セキュリティ分野でのAI技術のROI【前編】
「セキュリティのためのAI技術」は“推し”なのか? ROIで考える
十分なROIが見込めるかどうかは、IT投資において重要な判断基準だ。ROIを考えた場合に、セキュリティのためのAI技術への投資は是か非か。企業と投資家の答えは微妙に異なる。(2022/6/10)

見分けづらいケースが大半:
「パワハラ」と「厳しめの指導」の見分け方 3つの基準
パワハラの特徴に「注意、指導との境界線がはっきりしない」ことがあります。比較的要件がはっきりしているセクハラと異なり、パワハラは境が曖昧です。両者はどのように見分けられるでしょうか?(2022/6/10)

iOS「サイドロード」の実態と危険性【第3回】
iPhoneで“野良アプリ”を使ってはいけない理由と、それでも使うときの判断基準
iOSデバイスにApp Storeにないアプリケーションをインストールすることは、メリットがある半面リスクも伴う。どのような危険性があるのか。(2022/6/10)

ピクシブ、「過去作が多いユーザーほどアカウント停止されやすかった」と認め、謝罪 「直近で修正基準に変更はない」
ピクシブは、イラスト・小説投稿サービス「pixiv」上で、過去に作品を多く投稿していたユーザーほど、アカウントが停止されやすい状況になっていたと認め、謝罪した。(2022/6/7)

「Confluence」に“最高レベル”のゼロデイ脆弱性 遠隔地から任意のコードを実行される恐れ
豪Atlassianのコラボレーションツール「Confluence」に関する一部製品で、遠隔地から任意のコードを認証不要で実行できてしまう脆弱性が見つかった。深刻度は同社基準の最高値である「Critical」で、修正プログラムは未公開。(2022/6/3)

NHK国会中継はなぜ2カ月なかったのか? どういう基準で放送してるのか含め、NHKに聞いた
NHKが放送していない場合、Webサイトでも見ることができます。(2022/6/2)

医療機器ニュース:
医療機器を含む複数認証を取得した、組み込みハイパーバイザー製品を発売
BlackBerryは、リアルタイム組み込みハイパーバイザー製品の最新版「QNX Hypervisor for Safety 2.2」の提供を開始した。医療機器用ソフトウェアの最高機能安全基準など、複数の認証を取得している。(2022/6/1)

5年後に最大35%改善 エアコンの新しい省エネ基準、経産省が策定
経済産業省は31日、家庭用エアコンの冷房時エネルギー消費効率を2027年度までに現在より13.8%から34.7%改善させる新しい省エネ基準を公布した。(2022/5/31)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国テンセント、51%減益でも「ゲーム規制」及ばぬ海外投資に勝機
中国IT大手のテンセント(騰訊)が5月18日、2022年1-3月期の決算を発表した。純利益は234億元(約4500億円)で、国際会計基準での最終減益は10四半期ぶり。中国政府の各種規制が収益を圧迫し、新型コロナウイルスの再流行が追い打ちをかけた。しかしゲーム事業には好転の兆しが見える。(2022/5/26)

みんなの銀行、金利0.10%に引上げ プレミアムユーザーには0.30%
みんなの銀行は5月23日、貯蓄預金の基準金利を従来の0.03%から0.10%に引き上げると発表した。さらに有料のプレミアムサービス利用者には、0.20%を上乗せして0.30%とする。(2022/5/23)

和田憲一郎の電動化新時代!(45):
ステアリングのない自動運転車はどのような変化をもたらすのか
米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は2022年3月30日、官報に「自動運転システム搭載車の乗員保護について」と題する連邦自動車安全基準(FMVSS)最終規則を公表した。本件に関して、日本ではあまり報道されていないが、米国自動車関係者にとっては、インパクトの大きな規則制定だろう。ではどのような影響が考えられるのか、今後どのような変化をもたらすのか。筆者なりにひもとき、説明していく。(2022/5/23)

役員の改革が始まった:
「専務・常務の違いは?」 場を凍らせた社外取締役の問いかけの教訓
日本を代表するある大手企業で、社外取締役から「当社の執行役員には専務や常務がいるが、どう違うのか? 何か区別する基準があるのか?」と聞かれて、担当者が困ったという話がありました。この話の教訓とは……?(2022/5/17)

中計売上高目標は1年前倒し達成へ:
売上高、営業益で過去最高を更新、TDK22年3月期決算
TDKは2022年5月11日、2022年3月期通期業績(米国会計基準)を発表した。売上高は前年比28.6%増の1兆9021億2400万円、営業利益は同49.4%増の1666億6500万円と、前年に続いて売上高、営業利益ともに過去最高を更新した。(2022/5/11)

製造マネジメントニュース:
ソニーGが営業利益1兆円突破、イメージセンサーでは新たに2000億円の設備投資
ソニーグループは2022年5月10日、2022年3月期(2021年度)の連結業績を発表。会計基準を、2021年度から米国会計基準から国際財務報告基準(IFRS)に変更したため厳密な比較はできないが、売上高、営業利益ともに過去最高を記録する好業績となった。(2022/5/11)

売上高10兆円が目前:
ソニーG、営業利益が初の1兆円超え 映画・音楽が好調
ソニーグループは5月10日、2022年3月期通期の連結決算(国際会計基準)を発表。売上高は9兆9215億円(前期比10%増)、本業のもうけを示す営業利益は1兆2023億円(26%増)となり、いずれも過去最高を更新した。(2022/5/10)

アウトソースされたSOC:
仮想セキュリティオペレーションセンター(vSOC)とは何か
比較サイトComparitech.comは、仮想セキュリティオペレーションセンター(vSOC)の特徴、セキュリティ構成、契約、評価基準、主要プロバイダーについて概説した記事を公開した。(2022/4/27)

BIM:
建築確認で用いたBIMデータなどを生かしたリモート中間検査システムを開発、清水建設
清水建設は、建築確認で利用したBIMデータやAR技術、リアルタイム映像伝送技術を生かしたリモート中間検査システムを、積木製作の協力を得て開発した。システム開発では、日本建築センターと推進している、BIMデータを活用した建築確認申請業務の効率化を目指すとともに、建築基準法で定められている現場での目視検査や工事監理状況といった書類検査の効率化と確実化を目標に掲げた。(2022/4/26)

8年ぶり現役復帰のG.G.佐藤、「野球経験はちょっとあります!」と自己紹介 ファンからは期待の声とツッコミ
「ちょっと」の基準がとても高いような……。(2022/4/25)

品質不正問題:
三菱電機の「骨太の方針」に暗雲、変圧器でも品質不正が判明し全社調査も延長
三菱電機は、系統変電システム製作所の赤穂工場が製造する特別高圧以上の一部の変圧器において、顧客から求められた規格に準拠しない受入試験の実施や試験成績書へ不適切な記載、一部製品での社内基準などと異なる設計を行っていたことが判明したと発表。22製作所などにおける品質不正の全社調査も、当初目標としていた2022年4月からさらに時間を要することも明らかになった。(2022/4/22)

マルチクラウド運用を最適化して情シスの負担を減らすには? 日立が支援サービスを提供
マルチクラウドを活用する中で、クラウドベンダー間の運用基準やセキュリティポリシーの違いが発生し、情報システム部門における業務負担の増大を招いている。日立はこの解消に向けて「マルチクラウド運用管理サービス」を提供開始した。(2022/4/20)

横浜DeNA、ファンクラブ特典のスマートウォッチを回収 “技適”未取得のため
横浜DeNAベイスターズが、ファンクラブの会員特典グッズであるスマートウォッチを自主回収する。スマートウォッチの技術基準適合証明の認証(いわゆる技適マーク)が得られていなかった。(2022/4/4)

防衛産業のサイバー基準強化 5年度以降の受注契約
防衛装備庁は1日、防衛産業に求めるサイバーセキュリティー基準を大幅に強化すると発表した。サイバー攻撃から防衛産業を守るため、米国並みに基準を強化する。(2022/4/4)

自動運転技術:
PR:高解像度、広視野角とコスト低減を同時実現する「自動車用イメージングレーダー」
インキャビンセンシングと先進運転支援システム(ADAS)の両方の用途に対応する次世代型イメージングレーダーは、信頼性と経済性に優れたテクノロジーです。しかし、選定に当たってはコスト効率や実用性、信頼性が重要な基準となります。この最優先の基準に加えて、導入時に必要となる隠れたコストや労力、リソースについても考慮する必要があります。(2022/4/1)

キャリアニュース:
「パワハラ対策」実態調査、対策上の課題は「管理職や経営層の理解の低さ」
人事向け総合情報サイト「人事のミカタ」が、「パワハラ対策」についての調査結果を発表した。「パワハラ防止法」の認知度が前回調査から上昇しており、パワハラ対策上の課題として「管理職や経営層の理解の低さ」「基準が曖昧」が挙がった。(2022/3/31)

RTK-GNSSで現場の生産性向上を後押し:
PR:3300カ所以上に独自基準点を有する高精度測位サービスで建設現場はどう変革するか?
ここ数年は、国土交通省が推進する「i-Construction」で制度面での整備が進むなかで発注工事数が増え、土工を中心にICT化の波が浸透しつつある。建設現場でICTを導入する際に不可欠となるのが“高精度な位置情報”の利活用だ。(2022/3/30)

面積だけじゃないデータセンターの「サイズ」選び【前編】
レガシーシステムなら「小規模」が正解? データセンターの“理想的な大きさ”とは
企業はデータセンターのサイズをどのように決めればよいのか。その際に基準とすべきなのは物理的な面積だけではない。もう一つ重要な要素とは何か。(2022/3/25)

多様な顧客接点を一元管理し、市場の変化に合わせた戦略を立てる
マーケティングツール選定の新基準「コンポーザブル」とは
消費行動のデジタル化に伴い顧客接点の多様化が進みつつある。より良い顧客体験を最適なタイミングで届けることはマーケターの最重要課題。そのために理解すべきキーワードが「コンポーザブル」だ。(2022/3/16)

組み込み開発ニュース:
BLE対応の小面積、低消費電力RFトランシーバー技術を開発
ルネサス エレクトロニクスは、Bluetooth Low Energyに対応した、2.4GHzのRFトランシーバー技術を発表した。広範囲にインピーダンスを変更できる整合回路技術と、キャリブレーション回路を不要にした基準信号自己補正回路技術を開発している。(2022/3/15)

パンデミック後のCX【前編】
“待てない消費者”をどう満足させるか 「CX」の勝ち組企業になる条件
顧客エンゲージメントを高めるためには、消費者が企業に何を求めているのかを知ることが近道だ。調査結果からは、消費者の厳しい評価基準が見えてきた。(2022/3/4)

eスポーツ先進都市目指せ 中学での部活も推奨 大阪・大東市が本腰
大阪府大東市がeスポーツの拠点都市を目指している。活動拠点となるジムを公民連携で開設・運営し、中学校でのeスポーツ部設立も視野に入れる。市は「eスポーツを通して子供たちが世界基準に触れ、市民が恩恵を受けられるデジタル先進都市を目指したい」としている。(2022/3/2)

昇格、降格人事を考える:
昇格はどんなプロセスで決まるのか 将来性をどう判定するのか
昇格はどのようなプロセスで決まるのでしょうか。昇格にあたって最低限満たしていなくてはならない要件(昇格エントリー基準)は2つあります。(2022/3/2)

製品動向:
NEXCOの剥落防止性能の基準を満たした有機系剥落防止材を開発、宇部興産
宇部興産は、東日本高速道路や中日本高速道路、西日本高速道路が推奨する構造物施工管理要領における剥落防止性能の基準を満たしたコンクリート構造物用の有機系剥落防止材「U-レジストクリアガード Y仕様」を開発した。U-レジストクリアガード Y仕様は、同社グループにおける建材事業の中核会社で、土木・建築用材料を販売する宇部興産建材が2022年1月に発売した。(2022/2/24)

ロボット開発ニュース:
8社参加のロボットデリバリー協会が発足、自動配送ロボットの公道走行基準策定へ
川崎重工業、ZMP、TIS、ティアフォー、日本郵便、パナソニック、ホンダ、楽天グループの8社は「一般社団法人ロボットデリバリー協会」を発足したと発表した。(2022/2/21)

価格やスペック以外で重要なポイントとは
テレワークで困らない、絶対に失敗しないための新たなノートPC選定基準を探る
テレワーク環境の整備が叫ばれる昨今、PCを調達する際「テレワークにも対応できるノートPC」という基準で選ぶことも増えている。テレワークに適したPCを選ぶ際には価格やスペック以外に、どのような点を考慮すべきなのだろうか。(2022/2/18)

PR:ハイブリッドワーク時代にマッチしたモバイルPC「HP Elite Dragonfly G2」のアドバンテージとは何か
法人向けPCの選定基準が大きく変わっている。ハイブリッドワークの環境に適合するのはもちろんだが、PCの選定が実は企業の採用にまで影響を及ぼすようになっている。そのようにデバイス選定の重要性が増している中で、注目の1台をピックアップした。(2022/2/17)

管理会計Q&A:
本社共通費の配賦基準に「納得がいかない!」 経理の答えは……?
本社共通費の配賦基準に納得がいきません。経理からは「ずっと使い続けている基準なので、変える理由はない」といわれました。納得ができる説明がほしいです──。不満に対し、プロの回答は?(2022/2/21)

基準への準拠を確認する作業負荷を軽減:
NTTデータ、無償で「『AWS FISC安全対策基準対応リファレンス』参考文書」を公開
NTTデータは、「『AWS FISC安全対策基準対応リファレンス』参考文書」を無償で公開した。AWSに構築したシステムが、FISC安全対策基準に準拠していることを判断するための参考情報。金融機関が実施すべき対策を具体的に示した。(2022/2/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。