ニュース
» 2009年11月02日 19時49分 UPDATE

ライフコーポレーション、Windowsベースの新基幹システムを本格稼働

食品スーパー運営のライフコーポレーションはWindowsベースの基幹システムを新たに構築し、10月末にすべての業務の本番稼働を開始した。

[ITmedia]

 食品スーパー運営のライフコーポレーションはWindowsベースの基幹システムを新たに構築し、10月末にすべての業務の本番稼働を開始した。システム構築を手掛けた日本ユニシスが10月2日に発表した。

 新システムは、商品マスタ/特売・企画/本部や店舗の発注/仕入や支払いの管理、売り上げ精算などの業務を担うもので、発注から会計までのデータが連動する。日本ユニシスのチェーン店向けソリューション「OpenCentral」を基盤に据え、ミッションクリティカルな業務に適したWindowsベースのサーバ「Unisys Enterprise Server ES7000」を統合。2台のホストコンピュータで稼働させていた首都圏および近畿圏の基幹業務を統合するオープン環境として構築した。

 首都圏を中心に200以上の店舗を持つライフコーポレーションは、システムの自動運用ができる管理ソフトウェアを導入。専任のオペレーターが複数人必要だったホスト環境を刷新し、人件費の削減につなげた。また、すでに稼働している情報系システムの強化を狙い、データの高速検索に適したデータウェアハウス専用のアプライアンスサーバ「Netezza」も導入。情報系システムに集まったデータを高速に検索できるようにした。

 5月中旬に発注業務システムの稼働を開始。10月末には管理系業務を含むすべての業務システムを稼働させた。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

Windows Server | ミッションクリティカル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -