ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Netezza(ネティーザ)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Netezza(ネティーザ)」に関する情報が集まったページです。

Common SQL Engineを更新して多様なデータソースに対応:
IBM、最新DB「Db2 V11.5」でAIやデータサイエンスへの対応を強化
IBMは、RDBMSのメジャーアップグレード版「Db2 V11.5」を発表した。企業がAIやデータサイエンスをデータベース管理プロセスに導入し、AIをより容易にアプリケーションに組み込み、データからより大きな洞察を引き出せるように設計した製品。新たに製品系列を3つのエディションに整理した。(2019/6/6)

脱Accessで作業速度が5倍――ネット専業「じぶん銀行」のデータ活用法とは?
スマートフォンでATMを利用できるようにするなど、インターネット銀行ならではの施策を次々と打ち出している「じぶん銀行」。同行が今、目指しているのはDWHを活用した「1to1マーケティング」だという。(2017/6/13)

Database Watch(2017年2月版):
OSSデータベースの「スーツ」と「ギーク」はどっち?──MySQLとPostgreSQLのエコシステムをあらためて考える
商用データベースから、OSSデータベース「MySQL」か「PostgreSQL」に切り替える企業が増えています。「MySQL」か「PostgreSQL」のどちらがよいのか。両者はエコシステムの観点でうまくバランスが取れているようです。今回はあらためて、両者の違いとそのエコシステムを支えているパートナー企業を確認しましょう。(2017/2/23)

PythonコードからFPGAを生成、深層学習したDNNをハードウェアに:
PR:機械学習/Deep Learningの仕事が増える2017年、ソフトウェアエンジニアがFPGAを学ぶべき理由
ソフトウェアエンジニアがFPGAを使うハードルがさらに下がってきている。ソフトウェア開発者の立場でFPGAに取り組むイベント「FPGAエクストリーム・コンピューティング」を主宰する佐藤一憲氏、FPGAの高位合成によるディープラーニングについて研究している東京工業大学の中原啓貴氏、そしてFPGAベンダーであるザイリンクスの神保直弘氏が、急激に常識が変わりつつあるFPGAの動向を語り合った。(2017/1/30)

Database Watch(2016年6月版):
データベースから「データ」に目を向け始めたIBM
「IBM DB2」最新版のリリースと前後し、最近、IBMの主眼がデータベース製品から「データそのもの」に軸足を移してきている。今回はこの重要な“変化”に目を向けて、その動きや狙いを確認する。(2016/6/28)

Computer Weekly製品導入ガイド
自社に合ったビッグデータアプライアンスの選定
ビッグデータ分析の分野はまだ比較的成熟度が低い。支出に見合った価値を保証するため、ビッグデータアプライアンスは慎重に選ぶ必要がある。(2016/1/27)

IoT時代に不可欠な、データの在りかを問わない分析環境の作り方:
PR:常に流れ込んでくるデータ、ハイブリッド環境に散在するデータをどう蓄積・分析するか?
IoTが本格化しつつある中で、センサーなどを使って「現実世界からデータを収集する」ことがフォーカスされがちな側面もあるが、本当に大切なのは「収集した後」だ。フォーマットがバラバラなデータが間断なく流れ込んでくる中で、どうすればデータを無駄にせず有効活用できるのだろうか? IoT時代の分析環境の作り方を、日本アイ・ビー・エム ソフトウエア アナリティクス事業部の土屋敦氏に聞いた。(2016/1/14)

Computer Weekly製品導入ガイド
誇大宣伝を越えたアプライアンスの普及
アプライアンスはそのシンプル性とビッグデータの流行によって普及が促進され、サプライヤーはクラウドサービスの統合に力を入れている。(2016/1/25)

「インサイトエコノミーの時代」そこにデータを資産とする思想はあるか?:
PR:企業価値向上につながるインサイトをIT技術者はどう提供していけるか
クラウドインフラの活用や企業活動データの蓄積が当たり前となったいま、データをどう使い、どう生かすかが問われる時代になった。企業価値向上につながるインサイト(洞察)を提供するプラットフォームは、データに対する思想抜きに選択することはできない。(2015/9/28)

Database Expert基礎用語解説(2):
フラッシュストレージの差別化ポイントとDBAがチェックしておきたい機能
データベースを格納するフラッシュストレージ製品の選定では、「ファームウエア」の機能がストレージの性能と同じほど重要な要素になる場合があります。その理由と関連する機能を見ていきましょう。(2015/4/21)

PR:「まるで友だちのように」── 顧客起点、社員起点で「らしさ」を失わないZOZOTOWN
元プロミュージシャンの創業者が自らの感性を信じ、愚直に続けてきたZOZOTOWNが、この12月には10周年を祝う。日本最大級のファッションショッピングサイトに成長したZOZOTOWNだが、「まるで友だちのように」一人ひとりの顧客に向き合う「らしさ」は今も失われていない。同社の強みと、それを支える「カスタマー・フレンドシップ・マネジメント」やユニークな組織マネジメントについて話を聞いた。(2014/12/8)

日本IBMがニューマシン、ビッグデータ分析のボトルネックを改善
Netezzaで知られたデータ分析アプライアンス「PureData System for Analytics」の新モデルを発表した。ハードウェアの強化で、分析にかかる時間を大幅に短縮させるという。(2014/10/24)

IBM Enterprise 2014 Report:
進化し続けるメインフレーム、将来は人の脳を真似たチップも搭載?
ラスベガスで開催中の「IBM Enterprise 2014」では、モバイルやアナリティクスの機能が強化されたIBM System zを活用し、デジタル時代に備える企業の事例が数多く紹介された。振り返れば、IBMは常に最先端の技術をメインフレームに投入してきており、さらに人の脳を真似た次世代プロセッサにも多額の研究開発投資を行っている。(2014/10/8)

製造ITニュース:
日立ソリューションズ東日本、ビッグデータ対応の在庫可視化システム提供開始
バッチ・画面描画アルゴリズムを最適化することで、計算処理に必要な時間を大幅に短縮。約9万件のSKUを用いた計算処理では、現在の15倍以上に性能が向上した。(2014/9/26)

Database Watch(2014年5月版):
実装のひと工夫で高速化する技術
データ分析の大半は時系列データが対象。ならば、データの持ち方や処理の方法、使い方にひと工夫を。今回は工夫をした2製品をウォッチ。(2014/5/28)

Database Watch(2014年4月版):
「PureData for Analytics」はどこまでデータ分析環境を用意している?
DWHで多数の実績を持つNetezzaのコアを受け次ぐPureData for Analytics。周辺ツールとの連携を含めて取材した。(2014/4/30)

ビッグデータ分析基盤の構築をより早く、日本IBMが新モデル投入
日本IBMはデータ分析基盤システム「PureData」シリーズの新モデルとして、エントリー向けとHadoop対応の2製品を発表した。ビッグデータ活用をすぐにしたいという企業ニーズに対応したものという。(2013/10/15)

製品動向:
Hadoop環境を即立ち上げ、BigInsightsが使えるPureData Systemが登場
SQLクエリが使えるHadoop環境を即立ち上げできるPureData System製品が登場。統合管理ツールと併せてチューニング済みの状態で提供する。(2013/10/15)

メインフレームのビッグデータ活用を効率化するDB最新版を提供、日本IBM
日本IBMは、メインフレーム「IBM System z」シリーズでのビッグデータ活用をサポートするデータベースソフトウェアの最新版を発表した。(2013/10/8)

PR:手になじむツールを自在に選択可能、目的を達成するためのデータ分析環境とは?
ビッグデータの利用機運が本格的な盛り上がりを見せている。ただし、ビッグデータにより成果を上げる企業がある一方で、利用に戸惑い、活用が進まぬ企業も少なくない。では、こうした差が生まれる理由はどこにあるのか。また、状況を打開するために何が求められているのか。ビッグデータ活用に向けたポイントと、企業導入が進んでいる日本IBMの関連ソリューションを紹介する。(2013/9/12)

日本市場に本格参入:
Tableau、BIツールの最新版「Tableau 8.0」を国内提供
Tableau 8.0は、「Excelユーザーなら誰でも使えるツール」をコンセプトとし、マウス操作だけでデータ分析に関するほとんどの操作を直感的に行うことのできるBIツールだ。(2013/5/28)

データレプリケーションの最新版、デル・ソフトウェアがリリース
デル・ソフトウェアは、構造化/非構造化データベースに対応したデータレプリケーション製品の最新バージョン「SharePlex 8.0」を発売した。(2013/5/23)

Database Watch(2013年4月版):
「データ」をめぐって聞こえてきた2つの新しいメッセージ
今回はデータプラットフォームについて、直近で製品発表のあった2社のトレンドをウォッチ。いずれも“データ”の扱い方について、新しいメッセージを示すものとなりました。(2013/5/10)

Databaseテクノロジレポート:
IBMのCTO自らが語る「データ活用時代に必要なDBアーキテクチャ」とは?
生活の半分は技術ディスカッション、残りはラボ。IBMの技術フェローがデザインした「データ活用時代」のDBアーキテクチャと技術を深掘りしてみた。(2013/4/26)

ホワイトペーパー:
他社DWHユーザーがNetezzaへ移行するわけ
DWHアプライアンスの代表格、TeradataとNetezzaを徹底比較。現在の分析担当者の行動を考えれば、ビッグデータ時代に必要なDWHの姿が見えてくる。(2013/3/26)

ホワイトペーパー:
真のデータウェアハウス用途に適した製品はどっちだ?
クエリパフォーマンス、運用簡易性の観点から「Oracle Exadata」と「IBM Netezza」を徹底的に比較。大量データの照会・分析という真のDWH用途に適したアプライアンスはどちらだろうか?(2013/3/26)

はっきりした目的を持ってデータ活用に取り組め
ビッグデータ活用に成功している企業とそうでない企業の差異はどこにあるのか。日本IBMのビッグデータ&DWH製品営業部トップに話を聞いた。(2013/3/12)

Database Watch(2013年2月版):
PureData3兄弟、誰が誰の子?/SQL2016策定の動向は? 芝野先生に聞いた
いろいろ出てきたPureSystems製品群のうち、PureDataラインアップの特徴を整理しよう。後半はSQL標準策定の動向を識者に突撃取材。(2013/2/26)

PureSystemsが生まれたワケ:
第3回 新たなパラダイムを生むPureApplication System、パターンで企業の情報システムを変革
続々と新たなモデルが追加されるPureSystemsファミリー、それはハイブリッド化されたzEnterpriseメインフレームと同じ思想で開発され、オープン系分散型システムの混沌を解決しようと生み出された。短期連載の最後は、パターンで情報システムを劇的に変えるPureApplication Systemを中心に見ていこう。(2013/2/15)

中規模企業も視野に 日本IBMがPureSystemsの新モデルを発表
日本IBMは、アプリケーションプラットフォームやデータアプライアンスなどから成るシステム統合基盤シリーズ「PureSystems」に新たな製品ラインアップを追加した。(2013/2/14)

PureSystemsが生まれたワケ:
第2回 メインフレーム譲りの包容力と仮想化のベストプラクティスが自慢のPureSystems
PureSystemsが生まれた背景を探る短期連載の第2回は、「Fabric-based Architecture」を採り入れ、zEnterprise譲りの包容力と仮想化環境のベストプラクティスが盛り込まれたIaaS基盤の「PureFlex System」を中心に見ていこう。(2012/12/25)

PureSystemsが生まれたワケ:
第1回 「恐竜」の再発明? データセンターを丸ごと1つのコンピュータに集約するzEnterprise
IBM PureSystemsは、テクノロジーの進化に伴って登場したアーキテクチャー、「Fabric-based Architecture」を採り入れてデザインされた全く新しいコンピュータ。先ずは2010年に同じアーキテクチャーによって生まれ変わったzEnterpriseメインフレームを見ていこう。(2012/12/17)

“第3のPureSystems”――日本IBM、ビッグデータ処理向け「PureData System」発売
日本IBMがデータ処理製品群「IBM PureData System」の3機種を発売した。同社が提唱する「エキスパート・インテグレーテッド・システム」構想に基づきハードウェアとソフトウェアを高度に統合したことで、ビッグデータの処理を高速化するという。(2012/10/10)

PureSystemsファミリーのデータ分析アプライアンス:
ビッグデータ処理に特化した「IBM PureData System」
日本アイ・ビー・エムは、ビッグデータ処理・分析に特化した新製品群を発表した。SIコストが掛からない「パターン」による早期立ち上げが強みだ(2012/10/10)

IBM InterConnect 2012 Report:
新興国の時代? ビッグデータに最適化されたPureData Systemがアジアから世界デビュー
IBMは10月9日、シンガポールで開催中の「InterConnect 2012」カンファレンスでPureSystemsファミリーの新製品「PureData System」を披露した。新たなテクノロジーの活用は、意外にも新興国が長けているのかもしれない。(2012/10/10)

IBMがPowerシリーズなど8製品をリリース、クラウド・データ・セキュリティを柱に
日本IBMは、クラウドやデータ、セキュリティを特徴として打ち出すITインフラ向けの新製品群を発表した。(2012/10/4)

日本IBM、「業界最速」のメインフレームを発売
日本IBMはメインフレーム製品「System z」の最新モデルとなる「IBM zEnterprise EC12」を発表した。(2012/8/29)

ビッグデータいろはの「い」:
経験や勘では勝てない、「マネーボール」が物語る洞察のチカラ
かつてオークランドアスレチックスは膨大な過去のデータを活用して文字通り戦い方を変えて成功した。今やビッグデータがエネルギー、医療、証券など、さまざまなビジネスやサービスを変革しようとしている。(2012/6/27)

ビッグデータいろはの「い」:
「おむつとビール」よりも大切なものがある
ビッグデータのバンドワゴンに今すぐ乗るかどうかは別として、われわれは企業の既存の情報システムが柔軟性を欠いていることを改めて思い知らされる。加えて、突拍子もないインサイトを得るよりもデータを中心に事業を運営していく企業文化の方が大切であることに気づくだろう。(2012/6/20)

望遠鏡や顕微鏡のようなパラダイムシフト
【技術動向】韓国LGのCTOが語るビッグデータ分析ツールの4つの特徴
ビッグデータという言葉の流行に伴って、分析ツールも目覚ましい進化を遂げている。ビッグデータ時代に求められる分析ツールはかつてのBIやDWHと何が違うのか。韓国LG CNSのCTO、キム・テグ氏が語る。(2012/6/12)

クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【後編】
パブリッククラウドのHadoop対応状況を比較する──IBM、Microsoftの場合
最も自動化が進んだクラウドベースのHadoopビッグデータ分析サービスを提供するベンダーはどこか。前編に続いて、IBM、MicrosoftのHadoop対応を見ていこう。(2012/5/30)

ホワイトペーパー:
DWHアプライアンスの真実 Oracle Exadata と IBM Netezza 1000(TwinFin) の比較
Oracle ExadataとIBM Netezza 1000(TwinFin)の基本部分から詳細まで、具体的な事例を取り上げて徹底比較。(2012/5/21)

ホワイトペーパー:
マーケティングDBをIBM Netezzaで構築 メール開封率を5倍、CVRを10倍に向上
日本最大級のファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」の株式会社スタートトゥデイがIBM Netezza DWH アプライアンスを選定したワケは?!(2012/5/18)

ホワイトペーパー:
MicroAd 広告配信システムに IBM Netezza DWH アプライアンスを採用
IBM Netezza DWH アプライアンスで広告効果分析システムを構築。業務改善の意識改革を実現。(2012/5/17)

専門家が集う「チーム・ビッグデータ」を新設 日本IBM
企業のビッグデータ活用とそれにまつわる課題解決を支援するため、日本IBMは専任組織を立ち上げて、関連ソリューションを提供していく。(2012/5/10)

ホワイトペーパー:
IBM Netezza DWH アプライアンスで自動販売機の販売・在庫データを一元化、業務効率向上を実現
ネオス株式会社 IBM Netezza DWH アプライアンス導入事例(2012/5/9)

情報系アプリケーション投資動向2012【DWH編】
高まるDWHへの投資意欲、「砂金探し」のビッグデータ活用を成功させるには
ビッグデータ活用の流れに乗ってDWHへの投資意欲が増している。しかし「データ分析システムを単独で構築するだけでは、ビジネス上の実効性はない」とアナリストは指摘する。(2012/4/11)

DWH製品紹介:サイベース
Sybase IQ導入企業がDWH環境を段階的に拡大させていくわけ
カラムインデックス機能でデータ量の圧縮と超高速検索を両立する「Sybase IQ」。ユーザー企業がアプライアンスでなくソフトウェアソリューションのSybase IQを選ぶ理由とは。(2012/4/4)

ビッグデータが変える企業の分析基盤
注目を集める「ビッグデータ」。ビッグデータを活用してビジネスに生かすためには、自社における分析環境の再考が必要になるだろう。ビッグデータ活用にフォーカスしたコンテンツを集めた。(2012/3/1)

データウェアハウス(DWH)製品紹介
企業内外データの分析のためのコアとなるデータウェアハウス(DWH)。主要DWHベンダーへの取材を基に、各製品のコンセプトやテクノロジー、特徴を紹介する。(2012/2/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。