ニュース
» 2009年11月12日 14時36分 UPDATE

レッドハット、「JBoss Enterprise Application Platform 5.0」を発表

レッドハットはアプリケーションサーバの最新版「JBoss Enterprise Application Platform 5.0」を発表した。EJB3とJSFの連携をPOJOとアノテーションをベースに統合することが可能になった。

[ITmedia]

 レッドハットは11月12日、アプリケーションサーバの最新版「JBoss Enterprise Application Platform 5.0」を発表した。

  同製品は、Java EE 5に完全準拠したアプリケーションサーバ製品。RESTful Webサービス(JAX-RS)にも対応した。次期Java EE 6の標準フレームワークとして採用が予定されているJSR-299(Java Contexts and Dependency Injection:旧Web Beans)のベースとなるJBoss Seamも統合されており、EJB3とJSFの連携をPOJOとアノテーションをベースに統合することが可能になった。開発フレームワークとしては、このほかにApache Struts、Spring Framework、Google Web Toolkit、RichFacesなどにかかわる技術サポートが提供される。

 サービス指向アーキテクチャを踏襲したJBoss Microcontainerアーキテクチャを提供。JMXインタフェースを持つサービスコンポーネントだけでなく、OSGiフレームワーク対応コンポーネント、POJOで記述されたコンポーネントを透過的にJBoss Microcontainerに統合可能となった。

 運用管理面では、日本語に対応したWeb管理コンソールが提供されたほか、サポート期間を刷新。これまで製品がリリースされてからフルサポート3年、メインテナンスサポート2年の5年サポートを提供してきたところを、フルサポート4年、トランジションサポート1年、メンテナンスサポート2年の合計7年間とするという。

関連キーワード

JBoss | Red Hat | アプリケーションサーバ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -