ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Web Toolkit」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Web Toolkit」に関する情報が集まったページです。

連載:「○○してみた」日記:
C#→JavaScriptコード変換ってどうよ? DuoCodeを試してみた
C#コードをJavaScriptに変換してくれるDuoCode。まだベータ版ではあるが、サンプルコードを基にその能力を調べてみた。(2015/2/13)

HTML5とかtopi(6):
モバイルアプリ開発はHTML5が主流に
モバイルアプリ開発者のHTML5採用が加速している。ネイティブコードとWeb Viewを組み合わせたハイブリッドアプリケーションの開発を検討しているらしい(2012/4/5)

Googleの開発者会議「Google I/O 2011」、チケットが1時間で完売
4回目となるGoogleの開発者向け年次カンファレンスは5月11日、12日にサンフランシスコのモスコーニセンターで開催。450ドルのチケットは完売している。(2011/2/8)

Javaから見た.NET(2):
設計者/SEが覚えておきたいJavaと.NETの違い
システム開発がますます複雑化していく中、エンジニアには、テクノロジを理解して、さまざまな場面に適した選択が求められます。本連載では、Javaと.NETの基本的な仕組みから最新の傾向や技術などについて、数回に分けて紹介します(2010/7/6)

TERASOLUNAでAjaxもラクラク開発(後編):
EclipseでJavaScript削減Ajax開発 − マスカットとは
(2010/6/7)

オルタナブログ通信:
短縮リンククリック数、急減の原因と結果
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、約250人のブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信している。今週はその中から「iPad」「Twitter」「スマートフォン」「Google」をテーマに紹介しよう。(2010/6/4)

Google、企業向け「App Engine」とVMwareとの提携を発表
Googleは、開発者向けホスティングサービスを企業向けに強化するとともに、VMwareとの提携を発表し、エンタープライズ市場に注力する姿勢を鮮明にした。(2010/5/20)

Google開発者が「Quake II」をHTML5に移植 ブラウザでプレイ可能に
GoogleのエンジニアがQuake IIのゲームエンジンをHTML5に移植し、ブラウザでプレイできるようにした。(2010/4/6)

TERASOLUNAでAjaxもラクラク開発(前編):
業務システムでAjaxを使う際の「JavaScript問題」とは
(2009/12/14)

Google、Webアプリの性能分析ツール「Speed Tracer」を公開
“Web高速化”に取り組むGoogleが、開発者向けにWebアプリの高速化を支援するツールをGoogle Chromeの拡張機能として公開した。(2009/12/10)

レッドハット、「JBoss Enterprise Application Platform 5.0」を発表
レッドハットはアプリケーションサーバの最新版「JBoss Enterprise Application Platform 5.0」を発表した。EJB3とJSFの連携をPOJOとアノテーションをベースに統合することが可能になった。(2009/11/12)

Webアプリの常識をJSPとStrutsで身につける(終):
JavaScript/Ajaxで知るWebアプリとスクリプトの常識
本連載は、JSP/サーブレット+StrutsのWebアプリケーション開発を通じて、Java言語以外(PHPやASP.NET、Ruby on Railsなど)の開発にも通用するWebアプリケーション全般の広い知識・常識を身に付けるための連載です(2009/10/21)

インタビュー特集:Google直伝!(4):
Google App Engineの3つの「簡単」コンセプトとは
発表から一年。バージョンアップされたGoogle App Engineでは、どんなアプリケーションが作れるのか?GAEの新たな可能性を聞いた(2009/6/4)

リアルタイムのコンテンツ共有:
Google、リアルタイムコラボレーションツール「Google Wave」を発表
「Google Wave」は、手紙や書類を模すのではなく、インターネットの機能を生かしたコミュニケーションツールを目指す。(2009/5/29)

Google App Engineで手軽に試すJavaクラウド(1):
EclipseでJava版App Engineを始めるための基礎知識
(2009/5/11)

Google、開発者向けイベントを6月に開催
グーグルが、開発者向けイベント「Google Developer Day 2009」を6月9日に日本で開催。基調講演にはミクシィ代表取締役社長の笠原健治氏が登場する。(2009/4/13)

Eclipseプラグインも提供:
Google App EngineがJavaをサポート
Googleのクラウドで稼働するWebアプリケーションプラットフォーム「Google App Engine」が立ち上げから1年、Pythonに加えJavaをサポートした。(2009/4/9)

米Red Hat、JBossでAjax開発ツール「Google Web Toolkit」をサポートへ
Red HatとGoogleは、Google Web Kitの開発と運用環境サポートの拡大において業務提携した。JBossのWebフレームワークとGWTの統合も実現する予定だ。(2008/12/15)

海外ダイジェスト(9月9日)
Best BuyがiPhone販売開始、YouTubeがソニーとIntel協賛でビデオニュースコンテストを開催、など。(2008/9/9)

Google、Java 5対応のAjaxアプリ開発ツール「GWT 1.5」をリリース
Google Web Toolkitの正式版リリースから1年。初めてのアップデートになる1.5が登場した。(2008/9/9)

Google App Engineを一般公開、料金プランも明らかに
5月28日に、Google版クラウドであるGoogle App Engineの登録制限が解除される。(2008/5/28)

GoogleのAdobe買収はあり得るか
GoogleがMicrosoftのSilverlightに対抗する目的で、Adobeを買収することはあり得るだろうか。(2008/3/17)

Programing Bible:
GWT――Web構築に新機軸をもたらす開発ツール
Googleが提供しているようなユーザーフレンドリな諸機能を備えたWebサイトを自分で作成してみたいが、必要なプログラミング作業を考えると気が滅入るという心理状態の方がおられたら、Google Web Toolkitの利用を検討してみてはいかがだろう。(2008/1/24)

GoogleのAjax開発ツールにXSSの脆弱性
オープンソースのAjax開発ツール「Google Web Toolkit」(GWT)にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が見つかった。(2007/12/18)

Google、GWTでiPhone向けRSSリーダーを開発
Google Web Toolkitを使ったiPhone向けアプリとして、「GWT Feed Reader」を発表した。(2007/9/28)

Google Web Toolkitの正式版、GWT 1.4がリリース
JavaでAjaxアプリケーションを作成できるGWTが、β版から正式版になった。(2007/8/30)

Google幹部ディボナ氏が語る「Googleとオープンソース」
米Googleでオープンソースマネジャーのクリス・ディボナ氏は、eWEEKの取材に対し、GPLv3登場のインパクト、Microsoftへの強硬姿勢などを含め多くの見解を語った。(2007/5/21)

Google、Ajaxアプリ開発ツールをオープンソース化
(2006/12/13)

GoogleのAjaxアプリ開発ツールがMac OS Xに対応
「Google Web Toolkit 1.2」ではMac OS Xでも開発とデバッグができるようになった。(2006/11/17)

Google、Ajaxアプリ開発ツールのβ版公開
Google Web ToolkitではJavaを使ってGoogle MapsやGmailのようなAjaxアプリケーションを開発し、GWTコンパイラでJavaScriptとHTMLに変換できる。(2006/5/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。