ニュース
» 2009年12月03日 15時50分 UPDATE

Microsoft、Windows AzureをRuby on Rails対応に

MicrosoftのWeb OS「Windows Azure」上で、Webアプリケーション開発フレームワークの「Ruby on Rails」を動かせるようになった。

[ITmedia]

 米MicrosoftのWeb OS「Windows Azure」上でWebアプリケーション開発フレームワーク「Ruby on Rails」が稼働するようになった。Microsoftのアーキテクトエバンジェリスト、サイモン・ダビエス氏が12月2日、自身のブログで明らかにした。

 Windows AzureはHTTP、SOAP、REST、XMLなどの標準プロトコルをサポートしており、Eclipse、Ruby、PHP、Pythonなどの言語やツールにも対応する。

 ダビエス氏によると、ここ数カ月、顧客やパートナー企業からWindows AzureのRuby on Rails対応に関する質問が多かったという。11月にリリースしたSDKで「Worker Role」が直接Azure外部にエンドポイントを持てるようになったため、Windows Azure上でのRuby on Railsの稼働が可能になった。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -