ニュース
» 2009年12月15日 11時32分 UPDATE

年末年始から注意すべきオンライン詐欺

年末年始にサイバー犯罪者の活動が活発になることから、マカフィーは新年に向けてユーザーが注意すべきオンライン詐欺の特徴を紹介している。

[ITmedia]

 マカフィーは12月15日、新年に向けてコンピュータ利用者が特に注意すべきオンライン詐欺の特徴について発表した。年末年始はサイバー攻撃者の活動が活発になると警鐘を鳴らしている。

 McAfee Labsの担当者によれば、サイバー攻撃者は季節に関連したWebサイトや、慎重なユーザーをもだます説得力のある電子メールなどの手段で、ユーザーから金銭やクレジットカード情報、個人情報などを盗み出そうとする。

 ユーザーをだます内容では、宅配事業者を装った架空の請求書や、金融機関をかたって口座情報を通知させようとするもの、慈善団体を名乗る寄付の呼び掛け、高額商品を格安で販売するといったものがある。

 また、SNSなどを通じて送信される出会い系サービスのメールやグリーティングカード、仕事の紹介などをうたった勧誘による手段も横行するという。このほかにも、フリーソフト検索での悪質サイトへの誘導、ホットスポットやインターネットカフェなどの公共施設での盗聴の危険もある。

 こうした攻撃に遭えば、ユーザーの重要な情報が盗まれてしまうばかりか、不正なプログラムをインストールされ、さらなる情報盗難やファイルなどを人質にとるランサムウェアによる脅迫など、別の被害が発生しかねない。

 McAfeeは、電子メールのリンクをクリックせずに安心できる方法でサイトにアクセスする、最新のセキュリティ製品を利用する、安全なネットワークでショッピングやバンキングのサービスを利用する、異なるパスワードを使い分ける――といった対策を紹介。一見して「すばらしい」と感じられる誘いや商品などの取引にはサイバー犯罪者が関与している可能性が高く、常識を働かせてほしいと呼び掛けている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

McAfee(マカフィー)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ