ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「勧誘」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「勧誘」に関する情報が集まったページです。

五輪に便乗した詐欺サイト、5つの手口 「チケット払い戻し」やIOC偽サイトなど Kasperskyが注意喚起
Kasperskyが、東京五輪に便乗したフィッシング詐欺の手口を同社の公式サイトで紹介した。被害に遭わないよう、サイトURLの確認や公式サービスを使うよう注意を促した。(2021/7/29)

“Twitterトレンドでありがちなこと”を描いたイラストに共感の声 「トレンド入りの理由を誰も知らない」「開いたら診断メーカー」
「何だこれ」と思って開いたら結局「何だったんこれ」で終わる。(2021/7/26)

心霊現象で入居者ゼロのマンション→いっそ幽霊を住まわせよう オーナーの開き直りが楽しいホラーコメディ漫画
度胸満点でアフターサービスまで完璧な有能オーナー。(2021/7/23)

約9兆円の取引総額:
中国、独身の日に並ぶ「618」商戦 日本企業の口コミ数は「ユニクロ」や「資生堂」が上位 戦略は?
中国のセールといえば11月11日の独身の日(W11)が有名だが、それと並ぶのが6月18日の「618」だ。中国・星図データによると、今年の「618」の流通取引総額は5784億8000万元(約9兆8720億円)だった。(2021/7/16)

「親父がいない方がいいんじゃないか」 市川海老蔵、母親不在の家庭で育つ我が子への思いを語る
海老蔵さん「母親の愛とか温もり」「麻央は与えたかった人」(2021/7/14)

ネット契約を分かりやすく 違約金上限は1カ月分 総務省が報告書
総務省が、携帯電話やインターネットの回線契約で消費者を保護する取り組みを議論する有識者会議を開き、報告書案をとりまとめた。契約の更新期間以外での契約変更で発生する違約金は料金1カ月分を上限とするよう求めた。(2021/7/14)

ネット契約を分かりやすく 違約金上限は1カ月分 総務省が報告書
総務省は12日、携帯電話やインターネットの回線契約で消費者を保護する取り組みを議論する有識者会議を開き、報告書案をとりまとめた。契約の更新期間以外での契約変更で発生する違約金は料金1カ月分を上限とするよう求めた。インターネットの重要性が高まる中で、契約を結んだり解約したりする手続きが分かりやすくなるよう、省令を改正し、制度を見直す。(2021/7/13)

携帯料金、値下げ効果はいくら? 総務省など調査
総務省と消費者庁は29日、携帯電話料金の引き下げに向けてそれぞれの大臣をトップとした会合を開き、政府主導の値下げによる国民負担の軽減効果を公表した。(2021/6/29)

マッチングアプリでその気にさせる投資詐欺
マッチングアプリを通じて知り合った相手から仮想通貨などの投資を持ちかけられ、トラブルにつながるケースが相次いでいる。甘い言葉をささやかれ多額の資金を投入するも、急に相手と連絡が取れなくなり、数千万円もの損失を被った人も少なくないという。(2021/6/29)

携帯ショップがスマホ教室 地域のデジタル拠点へ
携帯大手3社が、携帯電話ショップを利用した携帯電話ショップでのスマホ講習会を本格化させている。総務省の事業の一環で、マイナンバーカードの申請といったスマートフォンを使った行政手続きが学べる。携帯各社には、コロナ禍で来客数が落ち込む携帯ショップを地域のデジタル化の拠点に転換して再構築する狙いもある。(2021/6/11)

上司に直してほしい点:
改善されない“リモハラ” 在宅勤務で上司との「ストレス」は?
リモートワークを始めて、1年が経った人も多いのでは。上司とのコミュニケーションをどのように感じているのだろうか。リモートワークをしているビジネスパーソンに聞いたところ……。(2021/6/10)

蓄電・発電機器:
家庭用蓄電池の販売トラブルが急増、国民生活センターが注意喚起
国民生活センターは2021年6月3日、家庭用蓄電池の訪問販売におけるトラブルが急増しているとして注意喚起を行った。家庭用蓄電池の購入に関する相談件数が増加しているという。(2021/6/10)

ワイヤレスジャパン 2021:
「分離プラン」と「新型コロナ」で逆風 携帯ショップのあるべき姿とは?
キャリアショップのビジネスモデルは、総務省が推し進める「通信と端末の完全分離」の方針によって打ち砕かれた。さらに、新型コロナウイルス感染症の流行により、店舗への来店客が減少している。キャリアショップは大きな業界構造の転換を迫られている。(2021/6/9)

コロナ禍で若者の孤独感につけ込むカルト SNSで勧誘行為
コロナ禍で自粛生活が長引く中、孤独感を抱える若者を狙い、カルトがSNS上で勧誘に動いている。オンラインでの授業が続き、孤立しがちな大学生が狙われやすくなっており、専門家は「カルトの危険性を改めて周知していく必要がある」と警鐘を鳴らしている。(2021/6/1)

「高額プランに誘導しないで」 総務省、携帯3社らに不適切行為の指導要請
総務省はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯3社と全国携帯電話販売代理店協会に対し、利用者への十分な説明なく高額プランへ誘導したり、回線契約ない客に端末販売を拒否したりするなどの不適切な行為をしないよう各代理店への指導を要請した。(2021/5/25)

総務省、キャリア販売代理店へ適正な業務指導を要請
総務省は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、全国携帯電話販売代理店協会へ、携帯電話の販売代理店の業務の適正性確保に向けて指導するよう要請した。(2021/5/25)

社労士が解説:
希望退職、退職勧奨の違いは? 経営者・人事が知っておくべき「チェックリスト」
コロナ禍で業績が悪化した会社が数多く出ています。会社存続のために打つべき手として、希望退職、退職勧奨があります。両者の違いは何でしょうか。(2021/5/21)

コールセンターにおける「文字起こし機能」の価値【後編】
コールセンター関連会社が「高精度文字起こし」で実現した「ロボコール」撃退術
深層学習などのAI(人工知能)技術を活用し、コールセンター向けクラウドサービスの自動文字起こし機能を改善したSharpen Technologies。ユーザー企業は文字起こし機能をどう使っているか。(2021/5/13)

甘い大学生のSNS管理 「リスク考えて」
大学生が利用するSNSを巡り、一部学生の個人情報管理が不十分だとして、各大学が注意を呼び掛けている。コロナ禍でオンライン授業が増え、学生がSNS上のつながりを求める傾向が強まる中、専門家は「警戒しながらSNSを使うべきだ」と訴えている。(2021/5/12)

スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?
たしかに納得してしまう。(2021/5/7)

石野純也のMobile Eye:
ドコモが“ahamoの有償サポート”を提供する背景 浮き彫りになる携帯ショップの課題
大手キャリアのオンライン専用プランは、安さだけが伝わってしまった結果、オンラインで手続きができないユーザーがショップに訪れるというミスマッチが起きているようだ。こうした中、ahamoを提供するドコモは、4月22日にドコモショップでのサポートを開始した。契約や料金プラン変更を手伝う「ahamo WEBお申込みサポート」と、契約後の手続きを助ける「ahamo WEBお手続きサポート」の2本立てで、いずれも料金は3300円。(2021/5/1)

小売・流通アナリストの視点:
加盟か、独立か? 波乱のスーパー業界、今後は「卸売業」こそがカギを握ると思えるワケ
コロナ禍で好調のスーパー業界だが、今後は卸売業がその行く先を担うと筆者は主張する。その理由とは(2021/4/28)

大手キャリア販売店における端末の“単品販売” 実態は?
大手キャリアの端末は、回線契約とひも付けずに購入できる……はずが、それが断られるケースも少なくない。一体なぜなのだろうか。(2021/4/26)

架空の利用料請求で5億円超詐取か 通信事業会社元社長ら逮捕
通信事業会社「あくびコミュニケーションズ」の顧客から架空の通信利用料計約2億8500万円をだまし取ったとして、元社長と元事業部長が逮捕。延べ約1万2000人の口座から計5億円超を詐取し、会社の運転資金などに充てていたとみられる。(2021/4/16)

Twitch、プラットフォーム外でのユーザーへの嫌がらせにも対処するポリシー強化
Amazon傘下のオンライン実況サービスTwitchがポリシーを強化し、Twitchユーザーに対する嫌がらせは、それがTwitchの外でのことであっても厳しく対処すると発表した。証拠があれば、外部で問題行為をしたユーザーのTwitchアカウントに対し、最大で無期限停止処分のペナルティ措置を適用する。(2021/4/8)

失敗例に学ぶ優れたUI(終):
しつこいポップアップ、早過ぎるサインイン要求はNG――主導権をユーザーに渡し「愛されるUI」になるデザインとは?
デザインを専門的に勉強したわけではないけれど、Webデザインも手掛けるエンジニアに向けて「よく見る」失敗例から改善案を提案する本連載。最終回となる今回は「ユーザーの行動を操ろうとし、目的地へたどり着かせない」UIと、それに対する解決案を解説します。(2021/4/6)

通わず家で習い事 オンライン受講、海外からも
コロナ禍による外出自粛で多くの人にとってオンライン参加が身近になったことに加え、移動の必要がないため地域を選ばず国内外から受講できる点などが好評で、新たに参入する事業者も増加。(2021/4/5)

通わず家で習い事 オンライン受講、海外からも
新型コロナウイルスの影響で広がったオンラインでの習い事が定着しつつある。移動不要で地域を選ばず受講できる点などが好評で、新規参入する事業者も増加。1月時点で登録されたオンラインレッスン数は20年同月に比べて2.4倍に増えた。(2021/4/5)

3月31日「クローズアップ現代+」は“オンラインサロン”に潜入取材 コロナ禍でハマる人たちの内実に迫る
有名人も多く主催する「オンラインサロン」の内実に迫ります。(2021/3/30)

中国政府は音声データにアクセスか:
「Clubhouse」離れのナゼ 会話の内容が外部へ拡散
1月末ごろからiPhoneユーザーの間で急速に盛り上がった米国発の音声SNS「Clubhouse」。“意識の高い”著名人らがこぞって参加、一時は招待枠が高額で売買されるほどだったが、最近は流行も落ち着いてきたようだ。(2021/3/21)

仲里依紗、ドレスアップで決めた7歳息子と2ショット モザイク越しでも伝わる美男ぶりに反響「イケメン炸裂しまくってる」「顔面国宝感」
これからが楽しみ〜。(2021/3/18)

なぜ地場証券がIFAへ業態転換? 進む金融の水平分業
証券会社の中には「地場証券」と呼ばれる存在がある。従業員は十数人から多くても50人。地域に密着して資産運用と営むパートナーというべき存在だ。しかし、地銀同様にその経営環境は悪化してきており、再編の動きが始まっている。(2021/3/17)

モバクソ畑でつかまえて:
タイトル発表から実に5年、遅れに遅れてやってきた本命馬「ウマ娘 プリティーダービー」そのクオリティーは?
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回は話題沸騰中の「ウマ娘」について。果たして待たされただけの価値はあったのか?(2021/3/3)

専門家のイロメガネ:
映画「えんとつ町のプペル」を大ヒットに導いたオンラインサロンは信者ビジネスなのか?
映画「えんとつ町のプぺル」がヒットした背景には、西野氏が率いる「オンラインサロン」がある。7万人以上が参加するオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」は映画のヒットにも寄与したといわれているが、サロンを活用した集客・マーケティングは賛否も呼んだ。このオンラインサロンの実態とは?(2021/2/18)

インターフォンを鳴らす不気味な女性 まさかの正体描くオカルト漫画が人気に
世知辛い世の中です。(2021/2/12)

政府CIO補佐官が説く「デジタル改革」の具体像(3):
デジタル庁が「行政の縦割り」「神Excel」問題を解決?――霞が関が注目する「ベースレジストリ」とは
2021年秋に始動するデジタル庁創設など、政府のデジタル改革に注目が集まっています。デジタル改革の実現でどのような課題解決が期待されているのか。また、霞が関で注目されている「ベースレジストリ」を解説します。(2021/2/9)

SNSで個人情報探る「特定代行屋」 犯罪のリスクも
SNSに公開された情報を手掛かりに第三者の住所などを特定し、報酬を受け取る「特定代行屋」と呼ばれる人たちがいる。自粛生活が続くコロナ禍では、これまで以上に個人情報が特定されやすくなっているといい、SNSユーザーは一層の注意が必要だ。(2021/2/5)

混雑可視化で「3密」対策:
“広すぎる”売り場、アプリで案内時間を40%削減──カインズ流、IT変革の全貌を“デジタルアレルギー”だった旗振り役に聞く
2020年4月、緊急事態宣言の発令によりホームセンターのカインズにはマスクやトイレットペーパーを求める買い物客が殺到した。特に混雑が目立った浦和美園店にて、店内の混雑状況を店頭のデジタルサイネージとスマホアプリでリアルタイムに表示するIoT実証実験を開始。その他にも専用アプリから決済して店頭やロッカーで商品を受け取る仕組みを展開するなど、カインズではさまざまなデジタルソリューションを通して、感染対策と顧客体験の向上を図っている。デジタル化施策の方針や、“お客さま・従業員ファースト”でITを活用しているという店舗づくりについて話を聞いた。(2021/1/13)

「ahamo」のインパクトに勝てず“炎上”――KDDIが「分かりにくい割引」をやめなかった理由
KDDIが12月9日に発表したauの新料金プラン。ネット上では発表直後から「結局条件付きの割引か」「期待外れ」などの批判が続出した。ドコモの「ahamo」発表でシンプルな料金設定に注目が集まる中、なぜKDDIは複雑な割引をやめなかったのか。(2020/12/16)

総務省がソフトバンクに行政指導 販売代理店が適切な届け出なしに勧誘活動
総務省が、「Softbank Air」を取り扱う販売代理店で電気通信事業法違反があったとして、ソフトバンクに行政指導したと発表した。販売代理店は業務を行う上で必要な届け出を適切に行っていなかった。(2020/12/11)

NTT東西、AIで特殊詐欺電話を防止するサービスを発表
NTT東日本と西日本は、AI(人工知能)が通話内容を解析して特殊詐欺を防止するサービスの提供を始めた。利用料は月額440円(税込、以下同)。(2020/12/6)

PayPayがジャパンネット銀行の勧誘強化 口座開設などの媒介開始
PayPayとジャパンネット銀行は12月1日、銀行代理業務に関して業務提携すると発表した。ジャパンネット銀行の口座開設は、既に3割程度がPayPay経由となっており、さらに加速する狙いだ。(2020/12/1)

AIで通話内容を解析し特殊詐欺電話を検出 NTT東西が固定電話向けサービスを開始
NTT東日本とNTT西日本は、特殊詐欺被害の防止策として、家庭用固定電話利用者向けの「特殊詐欺対策サービス」を開始する。専用アダプターで録音した通話内容をAIで解析し、特殊詐欺の検知と被害の未然防止を支援する。(2020/11/30)

TikTok、「いいね」や「フォロー」を行うアルバイトに注意喚起 「このような行為は一切実施、推奨しておりません」
募集している企業や代理店とTikTokは一切関係がないと明言。(2020/11/7)

怒涛の「推しプレゼン」を受けた人は沼に落ちるのか? フォロワーの勧誘を受けた人の漫画が悲しい結末を迎える
沼に引きずり込まれた側のエッセイ漫画です。(2020/10/20)

PR:素人が描いたキャラなのにファンサイトが誕生してしまった……! 手軽にファンビジネスができる時代がきてる話
“Fensi”っていうファンサイトをつくるサービスがあるのだー。(2020/10/16)

NTTなど大手装い光回線を販売 総務省が行政指導
総務省は、法人向けに光回線サービスを販売しているテレ・マーカーの販売代理店が大手通信事業者などを装ってサービスへの勧誘を行っていたとして行政指導を行った。(2020/10/15)

「持続化給付金を不正受給してしまった」相談相次ぐ 逮捕者は30人に
梶山経済産業相が、全国の国民生活センターに「持続化給付金の不正受給をしてしまったが返金したい」などとする相談が相次いでいると明らかにした。(2020/10/7)

「今の収入で満足?」「儲かる話、聞く?」 友人からマルチ商法に勧誘された体験漫画に心が痛む
その後、友人はどうなったのだろう……。(2020/9/30)

スピン経済の歩き方:
古典的な手口で「30億円」! なぜコロワイドの会長はコロッと騙されたのか
また、企業の経営者が詐欺にだまされてしまった――。外食チェーンを展開するコロワイドの蔵人金男会長である。詐欺の手口は「古典的」なものなのに、なぜだまされてしまったのか。その背景に迫ってみたところ……。(2020/7/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。