ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「経営」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

人工知能ニュース:
KPIを予測し対応シナリオを自動提示、アクセンチュアの業務適用型AIサービス
アクセンチュアは2020年10月21日、AIエンジン基盤「AI HUB プラットフォーム」をベースに開発した、業務別に最適化されたAIが使える「AI Powered サービス」に6つの新規サービスを追加したことを発表した。AIがKPIの着地地点を自動予測し、取るべきシナリオを自動提示して経営意思決定を補助する「マネジメントコックピット」などが新たに利用可能となった。(2020/10/23)

重要性増す経営陣との距離感:
なぜ、社長の指示は「突然」降ってくるのか 人事が知るべき経営者のホンネとは?
人事と経営陣の距離感は重要だ。変化する事業環境に対応するため、時として、人事は経営陣の代弁者となったり、アドバイザーになったりする必要がある。では、どんなことを人事は心掛ければよいのか。(2020/10/23)

多くの関係者は疑問視:
伊藤忠、商社流経営で“負け組”ファミマを再生できるか
伊藤忠商事などによる全株式の取得が決まり、ファミリーマートは、伊藤忠主導の経営に移行する。今後の焦点は、令和2年8月中間決算で、コンビニ大手で唯一の最終赤字に転落した“負け組”のファミマを、3年3月期の業績予想で最終利益が初めて総合商社首位に躍り出た伊藤忠が再生できるかに移る。(2020/10/22)

CEATEC2020:
テレワーク環境を変革した“夢のシステム”は、なぜ2週間で完成したのか 天才プログラマーが語る理由
自宅のパソコンからオフィスのパソコンを簡単・安全に使える、無償のシンクライアント型VPN「シン・テレワークシステム」。NTT東日本の登大遊さんは、このシステムをわずか2週間で開発した。テレワークの導入を検討している経営者やIT部門にとって夢のようなシステムを2週間で開発した背景について、「CEATEC 2020」の講演で語った。(2020/10/22)

製造マネジメントニュース:
高付加価値PCBの国内市場トップを狙うOKI、子会社2社を合併し新会社を設立
OKIは2020年10月19日、プリント配線板関連事業を展開するOKIサーキットテクノロジー(以下、OCT)とOKIプリンテッドサーキットを経営統合して新会社を設立すると発表した。新会社の設立日は2021年4月1日を予定。合併によって、高付加価値プリント配線板の国内市場トップシェアの獲得を狙う。(2020/10/21)

高付加価値市場でトップを目指す:
OKI、プリント配線板の子会社2社を経営統合
OKIは、プリント配線板事業を展開する子会社2社を経営統合する。両社の強みを生かし、高付加価値プリント配線板市場でトップシェアを狙う。(2020/10/21)

最大で年額6万円増額:
身体年齢が若い社員は、年金の掛け金を増額! 健康経営のユニークな企業事例
病気になってから治療に通うのではなく、普段から健康管理に気を付けようというのが近年の潮流である。健康意識を高めるために、ユニークな方法を取り入れた企業の事例を紹介する。(2020/10/21)

期間中は使い放題:
松屋が牛めし、焼肉定食を最大で70円値引きする「0円定期券」を配布 狙いは?
松屋フーズは、自社が運営する松屋全店で、牛めしなどを値引きする「MATSUCA 0円定期券」を配布する。配布期間は10月20日の午前10時から11月17日。その経営的な狙いは?(2020/10/20)

製造マネジメントニュース:
日立AMSとホンダ系3社は「日立アステモ」に、経営統合は2020年度中に完了
日立オートモティブシステムズとケーヒン、ショーワ、日信工業は2020年10月19日、経営統合して2020年度中に発足する新会社の商号を「日立Astemo(アステモ)」とすると発表した。(2020/10/20)

新規参入が続々:
出前館、コロナ禍で増収も41億円の最終赤字 激化するフードデリバリーの覇権争い
出前館の2020年8月期の連結決算、先行投資が膨らみ純利益は41億1200万円の赤字となった。また新たな中期経営計画を発表。22年中に加盟店舗数を10万店舗まで拡大を目指し、最終年度の23年8月期には連結売上高970億円、営業利益120億円の黒字を目指す。(2020/10/19)

当事者と労務担当者の対処法:
在宅勤務中、慣れないイスで腰痛に……労災おりる? 社労士に聞いてみた
慣れないテレワークで腰や肩を痛めてしまった――そのような時、従業員はどのように対応したらいいのだろうか。また、従業員に相談されたときに労務担当者が気を付けるべき点は何だろうか。約500社のクライアントを抱える社労士事務所、大槻経営労務管理事務所の大槻智之代表に話を聞いた。(2020/10/16)

通勤したら上司から「偉い!」 会社に来ただけでほめられてご褒美がもらえる漫画に反響多数
どこかにこんな会社を経営している社長はいませんかー!?(2020/10/16)

日本企業におけるグループ経営:
無自覚なグループ経営は、もはや続けられない 転換点で、人事が果たすべき役割は?
「日本企業のグループ経営は独特」と、グループ経営について研究する東京都立大学教授の松田千恵子氏は指摘する。この独特のグループ経営は、どのように育まれてきたのか。(2020/10/16)

サプライチェーン管理の一元化へ OracleのクラウドERP採用の決め手は
住友ベークライトは、主力事業の海外4拠点の経営基盤を「Oracle Fusion Cloud ERP」で刷新した。経営資源の一元化による迅速な意思決定や、サプライチェーンから会計に至る業務の最適化、内部統制の強化を目指す。(2020/10/15)

武田総務相インタビュー詳報「流れができれば携帯電話の乗り換え競争始まる」
武田良太総務相が、携帯電話料金の値下げについて、大手携帯各社に「諸外国に対して遜色ない水準」の実現を求めたことを明らかにした。具体的な引き下げ率は明示せず、市場競争を行う中で経営者が判断するべきとしている。(2020/10/15)

帝国データバンク調査:
2020年度上半期の飲食店倒産数392件、過去最多に――酒場、中華料理店など深刻
コロナ禍で飲食店の経営環境が悪化。2020年度上半期は392件で過去最多。このままでは年度でも最多更新する可能性が。(2020/10/14)

自動車技術会秋季大会 特別座談会:
PR:どうなる!? with CORONA社会のモビリティ技術
オンラインでの開催となった自動車技術会の2020年秋季大会では、トヨタ自動車や日産自動車、本田技術研究所の技術系トップが語り合う特別座談会の動画を公開する。現在は経営に携わる三氏が、技術者としてどのような思いや考え方を持っているのかを知ることができる貴重な機会となりそうだ。(2020/10/14)

小学館集英社プロダクション、「Oracle Fusion Cloud EPM」で予実管理を効率化、事業部別収益の横断管理を実現
小学館集英社プロダクションは、Oracleの経営管理ソリューション「Oracle Fusion Cloud EPM」を導入して、属人的かつ煩雑になっていた予算・実績管理業務を刷新。事業部別収益の横断管理を実現した。予実管理業務の標準化、効率化を図り、担当者の生産性向上や残業時間の短縮にもつながった。(2020/10/12)

間接部門から開発部門へ:
これからの人事担当者は、経営・テクノロジーも理解する「デジタルHRプロデューサー」になるべき
HRテクノロジーに詳しい、慶應義塾大学の岩本隆氏(大学院経営管理研究科 特任教授)は「これからの人事は管理業務を行う部署ではなく、経営者目線で戦略人事を行わなくてはならない」と提言する。どういうことかというと……?(2020/10/12)

石野純也のMobile Eye:
完全子会社化で変わる前提 ドコモが“大容量プランの値下げ”に踏み切ると考える理由
NTTがドコモを完全子会社化する効果がすぐに出るわけではないが、経営体制が強化されるメリットが大きい。ユーザーから短期的に期待されているのは、ドコモの料金値下げだ。筆者は大容量プランの値下げが有力だと考える。12月に社長が交代するタイミングで何らかの動きがあるかもしれない。(2020/10/10)

「仕事上のストレスや不安は上司よりもロボットに話したい」が68% 企業のメンタルヘルス対策が課題に
オラクル・コーポレーションと、Workplace Intelligenceは11カ国1万2347人(うち日本は1000人)を対象に、職場でのメンタルヘルスについて経営層と従業員の行動を調査。その結果、2020年は史上最もストレスが多い年となっていて、人々がロボットに支援を求める傾向が明らかになった。(2020/10/9)

製造IT導入事例:
鉄鋼メーカーが事業継続性からDXを選択、経営管理業務の自動化を推進
日本オラクルは2020年10月6日、鉄鋼関連事業を展開する濱田重工が新規事業立ち上げに向けた経営の迅速な意思決定や社内人材の活用ができるように、クラウドERP「Oracle Fusion Cloud ERP」とクラウド経営管理ソリューション「Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)」を導入し、2020年8月に稼働を開始したことを発表した。(2020/10/9)

東京商工リサーチ調査:
コロナ関連の経営破綻600件に――資金繰り支援効果薄れ
新型コロナ関連の経営破綻が600件に。東京商工リサーチ調査。飲食、アパレル、宿泊業が特に深刻。(2020/10/8)

製造マネジメントニュース:
「DXはマイクロソフトの戦略そのもの」、日本MSが経営方針を説明
日本マイクロソフトは、オンラインで会見を開き、同社 社長の吉田仁志氏が2024年度までの中計経営戦略を説明した。新型コロナウイルス感染症の影響もあって社会全体で機運が高まりつつあるDX(デジタルトランスフォーメーション)を、政府・自治体向けと、物流、製造業、小売、中堅中小などの企業向けを軸に推進していく方針を明らかにした。(2020/10/8)

成長の鍵はAI:
PwCが提唱する「AI経営」 マーケティングにはどう関わってくる?
予測不能な時代のマーケティングに単純なデータ分析は通用しない。だからこそAIの活用が必要だ。PwCが提唱する「AI経営」について、マーケティング領域での考え方を聞いた。(2020/10/8)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる ウーバーイーツがけん引する、「流通」政策の今
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/10/8)

日本MS、打倒AWSに意欲 行政クラウド事業を強化 吉田社長「ナンバーワン目指す」
日本マイクロソフトが2021年度(20年7月〜21年6月)の経営戦略を発表。競合のAWSが先行する中、行政クラウド事業を強化する。吉田仁志社長は「ナンバーワンを目指す」と意気込む。(2020/10/7)

政府と自治体、教育分野のデジタルトランスフォーメーションに注力 日本マイクロソフトが中期経営戦略を発表
2020年10月7日、日本マイクロソフトが2024年度までの中期経営戦略を発表した。(2020/10/7)

製造マネジメントニュース:
富士通は「フジトラ」でDXを断行、「One Fujitsuプログラム」による標準化も
富士通は2020年10月5日、同社が全社的に取り組むDXプロジェクト「フジトラ」の全体概要を紹介するオンライン説明会を開催した。プロジェクトの一環として経営、業務プロセスの標準化を通じて、データドリブン経営を加速する「One Fujitsuプログラム」などを順次展開する予定。(2020/10/7)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
収益は前年同期比15%増 コロナ禍でも増収増益の米Tinder幹部を直撃
コロナ禍で各社が経営戦略の見直しを迫られる中、あえてオンラインによるコミュニケーションに商機を見いだし、ビジネスの機会を生み出そうとしているソーシャル系マッチングアプリ 「Tinder」。米Tinder本社の役員ジェニー・マケイブCCOにコロナ禍を含めたビジネス展開などについて話を聞いた。(2020/10/8)

担当者必見、データマネジメント最前線:
PR:最適なデータ保護を実現するために、認識しておくべき3つの要点
データは今や企業経営に欠かせないものとなり、いかに保護して事業継続性を確保するかが重要だ。万が一の事態に備えて復元できるようデータを保護することは大切だが、その前に認識しておくべき3つのポイントを解説する。(2020/10/6)

半数以上の飲食店が「コロナの影響でテークアウトを開始」 忘年会シーズンへの取り組みは?
飲食店の経営者・店長931人を対象に、飲食店の年末の営業と採用に関するインターネット調査を実施。その結果、テークアウトを実施していると回答した店舗は68.5%に及び、そのうち54.7%が新型コロナウイルスの影響で始めたことが分かった。(2020/10/6)

Jリーグの“経営ランキング”発表 3位ヴィッセル神戸、2位川崎フロンターレ……1位は?
デロイト・トーマツ・グループのスポーツビジネスグループは、Jリーグに所属するJ1、J2、J3全クラブを対象に、経営面から分析した「Jリーグマネジメントカップ 2019」を発表した。(2020/10/6)

データ分析の効果を上げられる? NECが「因果分析ソリューション」を開発
NECは、さまざまなデータから物事の因果関係を探索・分析するサービス「causal analysis」の提供を開始する。先行してマーケットリサーチ業界に向けて提供し、今後は製品開発や顧客リレーション強化、人財管理、経営管理、公共政策などの分野に拡大する。(2020/10/5)

ホンダ、F1撤退へ 「研究開発に経営資源を重点的に投入するため」
ホンダがF1への参戦を2021年シーズンで終了する。F1撤退の理由は「パワーユニットやエネルギー領域の研究開発に経営資源を重点的に投入していくため」としている。(2020/10/2)

起業支援の米CIC、東京・虎ノ門にアジア初拠点開設
国内外から100社のベンチャー企業経営者や起業家を誘致。投資家や研究者、弁護士、税理士といった専門家と連携し、新しい技術やビジネスアイデアの実用化を後押しする。(2020/10/2)

「既存の体制を変える必要はあるのか」といった疑問に答える:
サイバーセキュリティの体制構築や人材確保の方法を解説 経済産業省が手引きを公開
経済産業省は、「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」をWebサイトで公開した。サイバーセキュリティ経営ガイドラインに示された人材確保などについて、具体的に検討する際の参考になる。(2020/10/2)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(6):
協業先からの思わぬ情報漏えいを防ぐ、秘密保持契約書の作り方と留意点
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略構築を目指すモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を、基礎から解説する。今回は、他社との取引時に自社の秘密情報を保護する上で重要なNDAを取り上げて、盛り込むべき条項や内容を解説する。(2020/10/2)

機会損失の可能性:
現場社員の9割が「オンライン商談だと、顧客データを活用できない」 経営層と認識にズレ
オンライン商談で、顧客データを問題なく管理・活用できている現場社員は10.8%。しかし経営層の46.5%は自社の社員が、それらができていると考えている――名刺管理システムを提供するSansanが、そんな調査結果を発表した。また、新規商談や月間の名刺交換枚数も減少しており、機会損失を懸念する声が上がっている。(2020/10/1)

SAP S/4HANAに基幹システムを刷新 NECが最短距離で基盤構築できた理由
NECは、自社グループの基幹システムを「SAP S/4HANA」に刷新し「SAP HANA」を活用したデジタル経営基盤を構築した。従来の個別最適化されたシステムを見直して、統合的なデジタル基盤を構築しDXを推進する。(2020/10/1)

非住宅分野でもIAQ「室内空気質」が重要な理由:
PR:換気で省エネと健康を両立、パナソニックが提案する“withコロナ=ニューノーマル時代”の暑熱対策
新型コロナ感染症の拡大を受けて、企業間で空気の質、いわゆる“空質”に対する関心が着実に高まりを見せている。そうした中、製造業を中心に課題となっているのが、近年の猛暑を受けた工場内での暑熱対策だ。暑熱対策として既存の空調方式は、いくつかあるが、実はそのいずれもが高い経済性と環境負荷の低減など、経営視点での要求を高いレベルで満たすことは難しい。しかし、そうした中、パナソニックが提案する次世代の換気とも呼べるスマートウェルネス換気と室内空気質(IAQ)の考え方、それを実現する空調設備などの製品群が多くの工場などに採用され、高い評価を受けている。(2020/10/8)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
「集まって議論する」が当然だったPayPay いつどこでも仕事をしていい働き方に振り切れた訳
PayPayが進める新しい働き方「Work From Anywhere at Anytime(WFA)」一部の業務を除いて原則在宅勤務とし、パフォーマンスが発揮できる環境であれば国内の好きな場所、時間に仕事をしていいという。新制度導入と併せて、WeWork Japanと共同設計した新オフィスへの移転を決めた。PayPayが目指す新しい働き方とは――。 CFOの走出雅紀氏と、経営推進本部人事部部長の仙田厚毅氏に真意を聞いた。(2020/9/29)

設備更新に莫大コスト:
収入激減! ラジオAM放送 維持か移行か
ラジオ局が苦戦している。テレビやネットメディアの台頭で広告収入が激減、老朽化した設備の維持費も経営を圧迫している。(2020/9/28)

製造IT導入事例:
グローバルのマテハン企業が人材マネジメント基盤を導入、経営効率を改善
電通国際情報サービスは、同社の統合型HCMパッケージ「POSITIVE」を活用し、ダイフクの人材マネジメント、人事給与管理、就業管理を統合するシステム基盤を構築した。(2020/9/25)

「日本のシズラーは大丈夫なのね」「安心しました」 米レストラン「シズラー」経営破綻、日本のシズラーには「影響なし」
サラダバーが魅力のグリルレストランです。(2020/9/24)

決算書を比較:
完全無借金だったサイゼリヤがコロナ禍で下した決断 すかいらーくとの違いとは
飲食業界の2大企業であるすかいらーくHDとサイゼリヤ。両社の経営スタイルにはどんな違いがあるのか。決算書を分析。(2020/9/24)

「ITは自動化や生産性向上だけではない」:
PR:「景気失速するかしないかの瀬戸際」で崔 真淑が薦める“IT活用の在り方”とは
変化の激しい激動の時代に、中小企業が成長を続けていくためには何が必要なのか。エコノミストの崔 真淑氏は、「IT活用による生産性の向上、ガバナンスを効かせた経営の透明性の確保、インセンティブ設計の3つが必要になる」と語る。(2020/10/8)

専門家のイロメガネ:
アフターコロナで問われる「雇用と外注の境界」、海外雇用の時代到来か
コロナ禍を受けた緊急事態宣言以降、働き方は大きく変化変した。リモートワークの急拡大による通勤不要を好意的に捉えた従業員も多いだろう。だが「働き方の変化」は、経営者側から見れば「雇い方の変化」となる。アフターコロナで雇用はどう変わるのか?(2020/9/23)

スピン経済の歩き方:
「日本の宝・中小企業」をイジメる菅総理は、「悪」なのか
「秋田初の総理大臣」「実はシャイでパンケーキ好き」――。菅総理は好感度の高いキャラで高い支持率を得ているようだが、中小企業の経営者などからブーイングが出ている。どういうことかというと……。(2020/9/22)

専門家のイロメガネ:
大戸屋買収の渦中に、コロワイドが「場外乱闘」に巻き込まれた理由
大戸屋ホールディングス(以下、「大戸屋」)への敵対的TOBを成功させ、ほとんどの経営陣を入れ替えると公表した外食大手コロワイドが場外乱闘に巻き込まれている。デイリー新潮が7月に公開した「コロワイドは債務超過に陥りかねない」という記事が原因だ。(2020/9/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。