ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「経営」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

組織の生産性を上げる「楽しさ」の作り方:
ビジネスパーソンに必要なのは「没頭力」 仕事にのめり込むための工夫は?
これからのビジネスにおいて、「創造性」が最も重要な経営資源であることを考えると、「没頭」できる環境をつくることは重要な課題です。(2019/11/22)

勘とイメージ頼みの人事戦略:
「給与を上げれば退職者は減る」は本当か 経営層の考える「退職対策」と現場の乖離(かいり)が明らかに
「給与を上げれば退職者が減る」と考える会社役員は多い。しかし、給与の上昇は本当に退職率を下げる効果はあるのだろうか。トランスの行った調査で役員層と従業員の意識の違いが明らかになった。(2019/11/21)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
ヤフー×LINE、経営統合でこれから決済業界に起こること
ヤフーとLINEの経営統合で気になるのが、2社が提供しているモバイル決済の動きだ。PayPayとLINE Payが今回の事業統合で1つにまとまることはないだろう――というのが筆者の考えだ。こう考える理由の1つに、両者の統合後の姿が原時点で全く想像できない点が挙げられる。(2019/11/21)

「IBMに買収されたが、これからも独立した立場だ」――Red Hat幹部、ブレない戦略語る
米Red Hatの経営陣が、都内で方針説明会を開催。「IBMに買収されたが、これからも独立した立場だ」とブレない姿勢を示した。今後も「オープン・ハイブリッドクラウド戦略」に注力する方針だ。(2019/11/20)

【トップ直撃】飲食店業界に革命! 来店10分前でも予約できる「超直前予約アプリ」を展開 トレタ・中村仁代表取締役
 忘年会シーズンに向けて知っておいて損はない会社とアプリだ。飲食店向けの予約・顧客台帳をデジタル化するサービスを手がける企業が、一般ユーザー向けに来店10分前でも店を予約できる超直前予約アプリ「トレタnow(ナウ)」を展開している。家電業界から広告代理店、飲食店経営を経て起業したトップは、飲食店業界の予約システムに革命を起こそうとしている。(中田達也)(2019/11/20)

クラウド移行の是非を問う【前編】
「クラウド信者は優遇、オンプレミス支持者は孤独」な現状は本当に健全か?
クラウドに移行すべきかどうかを判断するのは簡単ではない。コスト試算で経営層はクラウドに関心を示す可能性があるが、それがクラウド化で検討すべきポイントの全てではない。何を検討すればいいのだろうか。(2019/11/21)

経営統合を正式発表の翌日……ヤフー親会社の株価が大幅安 統合報道前の水準に戻る
気が早かったか。(2019/11/19)

今後1年間の変化にも言及:
ヤフーとLINEが経営統合 その“切実な動機”と法人向けサービスへの影響は?
ZホールディングスとLINEは、2019年12月をめどに、法的拘束力のある資本提携に関する最終契約の締結を目指す。マーケティング事業や集客、新規事業開発などで、経営統合による相乗効果を図るというが、競合関係にあるサービスや、多数の自治体や企業に展開するサービスの行方はどうなるのか。(2019/11/19)

ヤフーとLINE、統合の裏に「GAFAに負けっぱなし」への危機感 世界で勝つ戦略とは?
ヤフー親会社のZホールディングスとLINEが経営統合について基本合意した。両社は11月18日に記者会見を開き、川邊・出澤両社長が詳細を説明した。経営統合には、「GAFA」「BAT」と呼ばれる米中のIT大手が発展し続け、日本企業が後塵を拝している状況を変える狙いがあるという。(2019/11/19)

Windows Phoneを諦めたMicrosoft、なぜライバル企業のAndroidでスマホに再参入するのか
米Microsoftは10月に、Android OS搭載の折りたたみスマートフォン「Surface Duo」を発表した。自社製OSではなく競合他社製OSを採用したのはなぜなのか。Windows OSの収益を核とする経営モデルから脱したサティア・ナデラCEOの成長戦略が背景にあるのではないか。(2019/11/19)

SAPが経営陣を刷新、戦略への影響は【前編】
「SAP ECC」から「SAP S/4HANA」への移行が進まない理由
SAPは2019年に経営陣を刷新した。新しい経営陣は同社の提唱する「インテリジェントエンタープライズ」を推し進め、ユーザー企業の「SAP S/4HANA」への移行を促進する必要がある。だが、その道のりは険しい。(2019/11/19)

ヤフーとLINEはなぜ提携したのか? 2トップの川邊氏と出澤氏が語る
既報の通り、11月18日に、ヤフーを子会社に持つZホールディングス(ZHD)とLINEが経営統合の基本合意を発表した。統合の背景には、強力な海外勢に対する強い危機感があった。お互いの弱い分野を補うことで、世界をリードする“AIテックカンパニー”を目指す。(2019/11/18)

「第三極」になれるか:
【一問一答】ヤフーとLINE、米中IT巨大化への危機感 スマホ決済サービスはどうなる?
ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)とLINEが経営統合を発表。11月18日、ZHDの川邊健太郎社長とLINEの出澤剛社長が経営統合に至った経緯や今後の方針について語った。(2019/11/18)

ヤフーとLINE、経営統合へ 記者会見の一問一答まとめ
ZホールディングスとLINEが、経営統合について基本合意。記者会見の質疑応答の模様をリアルタイムでお伝えする。(2019/11/18)

ヤフーとLINEが統合すると? 両社の事業規模まとめ
ZホールディングスとLINEが、経営統合について基本合意したと発表。経営統合が実現すると、国内ネット業界の勢力図を大きく変えそうだ。両社と競合が展開する各サービスの規模をまとめた。(2019/11/18)

ヤフーとLINEの経営統合が正式発表 「世界をリードするAIテックカンパニー」目指す
11月18日、ヤフーの親会社であるZホールディングスとLINEが経営統合することを正式に発表した。マーケティング事業、集客、Fintech事業、新規事業におけるシナジー効果を両社は期待する。「日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニー」を目指すとしている。(2019/11/18)

LINEとヤフーが経営統合正式合意 午後に会見
 検索サービス「ヤフー」を展開するZホールディングス(HD)と無料通信アプリを提供するLINEは18日、経営統合することで基本合意したと発表した。同日午後5時から東京都内で、両社の社長が記者会見する。検索やSNS(交流サイト)、通販、金融などさまざまなネットサービスを一手に担い、利用者が1億人規模にのぼる国内最大のプラットフォーマーが誕生する。(2019/11/18)

ヤフーとLINE、経営統合で合意
2019年12月をめどに最終契約を締結することを目指しているとしています。(2019/11/18)

ヤフーとLINE、経営統合で基本合意 正式発表
ヤフーの親会社ZホールディングスとLINEが、経営統合について基本合意したと発表した。(2019/11/18)

ヤフー・LINE経営統合、相乗効果への期待と落とし穴
 ヤフーを展開するZホールディングス(HD)と無料通信アプリのLINE(ライン)は14日、両社の経営統合について「協議を行っていることは事実」と発表した。LINEは人工知能(AI)に巨額の投資を続けている。ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長はAIに傾倒しており、資金力にモノを言わせた拡大路線という“お家芸”に打って出た。ただ、相乗効果は未知数で、巨大IT企業への規制強化という落とし穴も待ち構えている。(2019/11/18)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
それでも日本企業が「内部留保」をため込む理由――「保身」に走る経営者たち
気鋭の「硬派経済ジャーナリスト」が、日本企業が生産性を向上させ、生き残るために必要な施策を提言する。2018年、内部留保の額は過去最大を更新し続け463兆円に達した。その裏には、再投資せずに「保身」続ける経営者の姿がある――。(2019/11/18)

人事ジャーナリスト・溝上憲文の「経営者に告ぐ」:
同一労働・同一賃金の衝撃 大企業は本当に「非正規社員を救う」のか
ベテラン人事ジャーナリストの溝上憲文が、人事に関する「経営者が対応すべき施策」を提言する。今回は施行までいよいよ半年を切った「パートタイム・有期雇用労働法」について。同法は、同一労働同一賃金の規定を盛り込んでいるが、正社員と非正社員の待遇差を解消しようとすれば、これまで低い賃金で使ってきた非正社員の賃金を上げざるを得ない。ということは、経営者は空前の「コスト増」に苦しむことになるが……。(2019/11/18)

名古屋めしビジネス「勝ち」の理由:
人気なのに「地元から出ない」名古屋めしの名店 共通点は“売り上げ構造”
名古屋圏以外に出店しない、地元密着を貫く名古屋めし企業の共通点とは何か。新しいものを取り入れながらも、「地に足を着けた経営」を続けている。「ここでしか食べられない」という価値だけでなく、まずは地元の人に愛されることが基本のようだ。(2019/11/18)

ドコモなど5社、ゴルフ場の経営改善に向けた5G実証実験に成功 満足度向上で地方創生に貢献
NTTドコモなど5社が協同で、ゴルフ場の経営改善を実現すべく5G実証試験を実施。プレー回転率やユーザビリティの向上を解決し、地方創生の貢献を目指していく。(2019/11/15)

ヤフー親会社とLINE、「経営統合」報道にコメント 「協議を行っていることは事実」
ヤフー親会社のZホールディングスとLINEが経営統合に向けて検討に入ったと、日本経済新聞などが報道。これに対し両社は、「協議を行っていることは事実だが、決定した事実はない」とコメント。(2019/11/14)

ヤフーとLINEが「経営統合検討」との報道 「決定している事実はない」とコメント
11月13日の夜、「ヤフーとLINEが経営統合を検討している」という旨の報道が複数あった。翌14日、ソフトバンクとZホールディングス(ヤフーの親会社)とLINEがそれぞれステートメントを発表。「提携に向けた検討」は事実としつつも、「決まったことはない」としている。(2019/11/14)

ネットビジネスで覇権 米中巨大ITに対抗
 ソフトバンクグループ傘下のヤフーと無料通信アプリのLINEが経営統合に向けて最終調整するのは、インターネットサービスの顧客基盤を拡大し、国内のネットビジネスで覇権を握る狙いがある。(2019/11/14)

「ヤフーとLINEが経営統合」報道に両社がコメント 「協議は事実だが決定の事実はない」
「ヤフーとLINEが経営統合」報道。両社がコメントを出した。今後の行方は?(2019/11/14)

Yahoo! JAPANのZホールディングスとLINEの経営統合 「協議を行っていることは事実」
実現すれば売上高首位となる巨大プラットフォーマーが誕生する。(2019/11/14)

製造マネジメント インタビュー:
急速な合従連衡と混迷極まる地政学的リスク、自動車業界のゆくえを聞く
自動車業界の再編が加速している。直近の動きを振り返ると、2019年10月30日には日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業が経営統合を発表。続く同月31日にはFCAとGroupe PSAが、さらに続く11月1日にはアイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュが経営統合に向けて基本合意したことを相次ぎ発表した。(2019/11/14)

連載「パラリンピックで日本が変わる」:
鈴木大地スポーツ庁長官を直撃――東京五輪後も障害者スポーツの火を絶やさぬために
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催が近づいてきた一方、パラスポーツに関しては組織力、経営力、競技の環境などで課題も多い。スポーツ庁の鈴木長官にインタビューし、東京2020成功のために必要なものや大会後のビジョンについて聞いた。(2019/11/14)

ヤフー親会社とLINEが経営統合か 一部報道
ヤフーを傘下に持つZホールディングスとLINEが経営統合に向けて検討に入ったと、一部メディアが報道。現在は詳細を詰めている段階で、月内の基本合意を目指しているという。実現した場合は、国内IT業界の勢力図が大きく変わることが想定される。(2019/11/13)

SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2019:
プラットフォーム思考へと舵を切る「SOLIDWORKS」――3DEXPERIENCE.WORKS戦略がもたらす価値とは
SOLIDWORKSブランド 最高経営責任者(CEO)のジャン・パオロ・バッシ氏が3年ぶりに来日。年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2019 東京」の主催者講演で「無限の可能性がここにある〜 Where Possibility Takes Form」をテーマに、SOLIDWORKSのこれからの方向性について語った。(2019/11/12)

連載「病と仕事」:
「がん離職」を防ぐために100万円支給――「社員の病気=経営課題」に会社はどう向き合ったか
2017年にがんにより死亡した人は37万3334人に上る。働き盛りの年齢でがんを発症する可能性もゼロではない。精神面、経済面、仕事面のケアが求められる従業員の病に対して、職場はどういったサポートができるのだろうか。がんに罹患した社員に対する基金を創設したガデリウスグループの経営統括本部本部長に創設の経緯などを取材した。(2019/11/11)

店舗や物流の現場を効率化できる:
PR:「カン」に頼った小売オペレーションからは卒業! SASが提唱する“Analytics経営”の全貌に迫る
近年、AIやIoTをはじめとした次世代技術の進化により、精度の高い「需要予測」が可能になってきた。これまでは「品切れ防止」や「過剰な在庫防止」を目的とした発注業務での活用が主流だったが、予測精度の向上によって「物流費高騰」「労働力不足」「フードロス削減」といった、流通業界を取り巻くさまざまな課題解決に向けて「需要予測」を幅広く活用しようとする企業が増えてきている。(2019/11/11)

KPMGの調査結果から探る
AIは経営層のプライドをズタズタにする? AIが普及しない3つの原因
AI技術の本格的な導入がそれほど進んでいないことが、このほど実施された実態調査で分かった。その原因は1つではなく、そして根深い。(2019/11/10)

エグゼクティブ層に聞く、QRコード決済を使い始めた、使っていない理由
管理職以上のエグゼクティブ層は、キャッシュレス決済をどのくらい使っているのだろうか。利用頻度のほかに、QRコード決済を使い始めた理由などを聞いた。経営者JP総研調べ。(2019/11/7)

「技術の日産」の魂は、死んでいない アライアンスの行方は?
日産自動車経営陣の新体制が固まった。3頭体制への期待は高いが、その周囲の役員の間にはさまざまな思惑がうごめいているという情報もある。日本とフランスの国策企業というプライドが、足を引っ張りあっていくなら、良いクルマやサービスも生まれない。(2019/11/7)

経営面から3つの気付き:
日本MSが「週休3日制」の社内調査を発表 「顧客は営業日なのに自分だけ休むのは……」へのフォローは?
日本マイクロソフト(日本MS)は10月31日、「週休3日」などが軸となった取り組み「ワークライフチョイス チャレンジ2019夏」の成果報告会を行った。同会では、社員からのフィードバックや経営視点から得られた気付きなどが発表された。(2019/11/5)

セキュリティ人材不足にどう立ち向かうか【後編】
「優れたセキュリティ担当者」の条件とは? キャリアアップの道筋
企業のIT化が進むにつれ、セキュリティの重要性が増している。セキュリティ担当者と経営層がそれぞれの役割を遂行するだけでは、セキュリティ対策は万全にできない。なぜなのか。(2019/11/5)

睡眠不足のニッポン:
「経営者はまず1週間、従業員を眠らせるべき」 “睡眠負債”の第一人者が語る睡眠と仕事の関係
日本では睡眠不足によって、年間約15兆6000億円の経済損失があるらしい。(2019/11/1)

製造マネジメントニュース:
アイシン精機とアイシンAWが経営統合、トヨタも合意済み
アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュは2019年10月31日、経営統合することに基本合意したと発表した。トヨタ自動車が保有するアイシン・エィ・ダブリュ株式全数を自己株式取得した後、アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュが合併する。(2019/11/1)

RPA化のその前に、今日からはじめる業務可視化:
ナナメ読みしている資料に数百万円―ーその業務コスト、分かっていますか?
あなたが普段ナナメ読みしている週次レポートや経営報告資料の作成には、実に数百万円のコストがかかっているかもしれません。しかし、今の業務フローを可視化して整理する時間も手段もないからと、改善に踏み切れないケースが多いのも事実。一方、某企業はある方法を実践し、業務プロセスを変えただけで5000時間の業務時間を削減しました。その方法とは。(2019/11/1)

製造業のデジタルトランスフォーメーション:
PR:第4次産業革命を理解していない日本の製造業、データ活用で現場力を強化せよ
IoTやAIなどのデジタル技術の急速な進展は、製造業におけるものづくりの在り方に劇的な変化をもたらしている。だが一方で、そうしたデジタル技術のみに注目しているだけでは真の変革は実現できない。スマートなものづくりを経営課題として捉え、全社的なデジタルトランスフォーメーション(DX)にアプローチすることでこそ、日本の製造業は新たな時代の優位性を確保し、持続的成長を成し遂げることができる。(2019/11/1)

製造マネジメントニュース:
「電動化ナンバーワン」のメガサプライヤー誕生、日立AMSとホンダ系3社で
日立製作所と日立オートモティブシステムズ、ホンダ、ケーヒン、ショーワ、日信工業は2019年10月30日、東京都内で会見を開き、サプライヤー4社を経営統合すると発表した。経営統合により、自動車の電動化や自動運転技術の分野で競争力の高いソリューションを提供すべく、リソースを確保する。(2019/10/31)

堀江貴文の『捨て本』【後編】:
ホリエモンが語る「修業期間」を真っ先に捨てるべき、これだけの理由――職人ではなく「経営者」になれ
本当にそれは必要ですか? 経営者としての「ホリエモン流」人生哲学。ビジネスにまつわる「捨てる」ことの意義を、3回に分けて紹介していく。後編は修業期間というものがいかに無意味かに加えて、経営者視点に立つことの重要性をお伝えする。(2019/10/28)

EE Exclusive:
Huaweiを手放せなかったArm
ArmとArm China、HiSilicon(Huaweiの半導体チップ部門)の経営幹部たちが、2019年9月25日(現地時間)の朝、中国・深センのインターコンチネンタルホテルにおいて、秘密裏に会合を開いたという。2019年5月には、ArmがHuaweiとの取引を禁止すると報道されたが、両社はそれを一蹴するようなコメントを出している。(2019/10/31)

2019年春入社の新入社員、初任給はいくら?
2019年春入社の新入社員は、初任給をどのくらいもらっているのだろうか。経団連または東京経営者協会に加盟している企業に聞いたところ……。(2019/10/30)

気が変わった、お金ない……「代引き」で受け取り拒否のトラブル相次ぐ サービス中止の企業も
商品の配達時に代金と引き換える「代引き」サービスをめぐるトラブルが目立っている。注文した利用者が、商品が届いたのに「気が変わった」と受け取りを拒否する悪質なケースもあり、店側の経営を圧迫している。(2019/10/30)

ドコモ、「FOMA」「iモード」を2026年3月に終了へ 吉澤社長「スマホに受け継がれ、生き続ける」
NTTドコモが「FOMA」「iモード」を2026年3月31日に終了すると発表。3Gの黎明期に爆発的な人気を誇ったが、近年は契約数が減少していた。今後は5Gに経営資源を集中する。(2019/10/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。