ニュース
» 2010年01月05日 14時47分 UPDATE

Android、“将来欲しいスマートフォン”でiPhoneに迫る――米ChangeWave調べ

スマートフォンの満足度では、iPhoneが1位で77%、Androidが72%で、BlackBerryやWindows Mobileを引き離した。

[ITmedia]

 向こう3カ月のうちに購入したいスマートフォンとして、5人に1人がAndroid搭載機を挙げた――。米調査会社ChangeWave Researchが1月4日、スマートフォンに関するこんな調査結果を発表した。

 同調査は、2009年12月9〜14日の期間に、4068人のコンシューマーを対象に行われた。対象者のうち、スマートフォン所有者(対象者の42%)の4%がAndroid搭載機のユーザーで、9月の調査時点から3ポイント増加した。また、向こう3カ月のうちにスマートフォンを購入する予定である回答者の21%がAndroid搭載機を選ぶと答えた。9月時点から15ポイントの増加だった。

android1 向こう3カ月のうちにAndroid携帯を購入するとした回答者比率(資料:ChangeWave Research)

 購入予定プラットフォーム別では、米AppleのiPhone(Mac OS X)が9月の32%から4ポイント下げつつも1位で、Androidは9月に2位だったBlackBerry(RIM OS)、3位のWindows Mobileを抜いて2位に躍り出た格好だ。10月にMotorolaが発売したAndroid搭載機「DROID」の影響が大きいとChangeWaveはみている。

android2 プラットフォーム別購入予定スマートフォン(資料:ChangeWave Research)

 スマートフォンユーザーの満足度では、1位がiPhoneで77%、Androidが72%で、BlackBerry(41%)、Palm(33%)、Windows Mobile(25%)を引き離した。Palm OSでは、Palm Preに搭載のwebOSの満足度は58%だったが、旧版のOSの満足度が29%だった。

android3 プラットフォーム別満足度(資料:ChangeWave Research)

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ