ニュース
» 2010年02月26日 14時25分 UPDATE

Facebook、「Credits」でのアプリ販売の3割徴収へ

仮想通貨「Facebook Credits」で購入されたアプリの代金のうち、3割を運営者であるFacebookが受け取る。App StoreやAndroid Marketと同じ割合だ。

[ITmedia]

 米Facebookは2月25日、サードパーティー製アプリが同社の仮想通貨「Facebook Credits」を使って購入された場合、収益の30%を徴収すると発表した。

 Creditsは、現在限られたユーザーと開発者の間でテストが行われている仮想通貨。ユーザーはこの通貨でゲームやアプリケーションなどの製品を購入でき、開発者はアプリを販売できる。決済には各種クレジットカードが使えるほか、18日にはPayPalの採用が発表されている。

 現在Facebook上には50万以上のアプリがある。FacebookはCreditsを提供することにより、有料アプリの販売を促進する。同社は開発者の収入を増やすため、ユーザー教育やマーケティングなどを展開し、Facebookアプリのエコシステムに投資していくとしている。

 AppleのApp StoreやGoogleのAndroid Marketなど、主なアプリストアでの配分も、開発者7割、運営者3割となっている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ