ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「仮想通貨」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「仮想通貨」に関する情報が集まったページです。

FXと同じ税制の仮想通貨投資、イーサリアムレバレッジトラッカーが追加
SBI証券は3月中旬をめどに、新商品「イーサリアムレバレッジトラッカー」の提供を開始する。2月15日に提供を開始した「ビットコインレバレッジトラッカー」のイーサリアム版となる。(2021/2/26)

ビットコイン用マイニングマシンの運用サービス、仮想通貨交換業者がスタート
ディーカレットが、ビットコイン用のマイニングマシンを、先着40台限定で発売する。価格は90万7500円。機器の設置、運用、保守はディーカレットが行う。(2021/2/25)

ディーカレット、仮想通貨マイニングマシンの販売運用サービス開始
仮想通貨取引所を営むディーカレット(東京都千代田区)は、仮想通貨マイニングマシンの販売および運用サービスを開始する。3月15日から受け付けを始め、マイニングマシンの販売、設置、運用、保守までを行う。(2021/2/25)

楽天ペイ、ビットコイン決済に対応
楽天ペイメントと楽天ウォレットは2月24日、ビットコインなどの仮想通貨を使った決済に対応すると発表した。仮想通貨を楽天ペイや楽天ポイントカードアプリに、楽天キャッシュとしてチャージし、楽天ペイ、楽天ポイント加盟店で支払いに利用できる。(2021/2/24)

ビットコイン、600万円から480万円まで急落
仮想通貨のビットコインの値動きが激しい。2月22日に初めて600万円を超えたビットコインだが、夕方から急落。23日の夜には480万円まで下落し、24時間で約20%の暴落となった。(2021/2/24)

仮想通貨、米有力企業で受け入れ拡大 ビットコイン急上昇、5万ドル台に
 【ワシントン=塩原永久】米有力企業で、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を支払いに認めたり、関連サービスを提供したりする計画が相次いで浮上した。仮想通貨への信頼感が高まったと受け止められ、ビットコインの価格が急上昇している。ただ、投機性の高さなどを問題視する金融当局による規制強化を促している側面もある。(2021/2/18)

ビットコインで日本円が借りられる 仮想通貨金融が発展の兆し
米国では相次いで企業が購入するなど、新たな資産クラスとしての認知が広がってきたビットコイン。しかし、国内ではまだ投機の対象と見られることが多く、資産としての取り扱いはまだ少ない。そんななか、ビットコインを担保として日本円を貸し出すサービスがスタートしている。(2021/2/18)

マスターカードが仮想通貨取り扱い発表 ビットコインは500万円突破
ビットコイン価格がさらに上昇し、507万円の過去最高値をつけた。米国時間2月10日に、大手カードブランドのマスターカードが仮想通貨の取り扱いを行うことを発表したことが好感された。(2021/2/12)

米国で高まる仮想通貨熱 76%がポジティブ、日本は22%にとどまる
仮想通貨の価格が2020年末から急上昇したが、この原動力は米国にあるのかもしれない。日米欧で仮想通貨取引所を営むbitFlyerが、日米で行った調査によると、仮想通貨に対して持っているイメージは、米国では78%がポジティブだったのに対し、日本は22%にとどまった。(2021/2/4)

仮想通貨リップルで市場混乱 1日で70%高騰、47%下落
1月30日から2月1日にかけて実に168%上昇した後、暴落。背景にはネットでの「Pump」があったとされる。(2021/2/2)

仮想通貨取引所Coinbaseの上場はダイレクトリスティングに
米仮想通貨取引所大手のCoinbaseが直接上場(ダイレクトリスティング)を発表した。上場先や時期はまだ公表されていない。(2021/1/29)

bitFlyer、仮想通貨取引証拠金のレバレッジを4倍から2倍に
仮想通貨取引所を営むbitFlyerは、金融商品取引法の改正に基づき、仮想通貨の証拠金取引のレバレッジ倍率を、従来の4倍から2倍に引き下げる。(2021/1/29)

bitFlyerの預かり資産残高がバブル期超え 2892億円突破
仮想通貨取引所を営むbitFlyerは12月時点で預かり資産残高が2892億円を突破し、過去最大を記録したと発表した。バブル期の2017年12月の記録を更新した形だ。(2021/1/28)

ビットコイン価格を押し上げた機関投資家 日本の状況は?
2020年年末から年初にかけて、ビットコイン価格は200万円台から400万円超まで上昇し、過去最高値を付けた。これをけん引したといわれるのが、米国の上場企業や機関投資家による購入だ。では国内の上場企業や機関投資家の仮想通貨に対する動きはどうなのか。(2021/1/14)

“事件”以来3年ぶり コインチェック、テレビCM再開
コインチェックがテレビCMを再開。2018年、顧客から預かっていた仮想通貨「NEM」が不正アクセスで流出する「コインチェック事件」が発生し、CMも止めていた。(2021/1/13)

世界の投資マネーが「日本に集まる」理由 マネックスグループ社長・松本大
 コロナ禍で世界経済が歴史的な落ち込みを記録した2020年だったが、株式市場では日経平均株価はバブル後の最高値を更新、米国のダウ工業株30種平均も初の3万ドル超えを果たした。コロナとともに迎える21年の市場はどうなるのか。マネックスグループの松本大(おおき)会長兼代表執行役社長CEO(57)は、海外の機関投資家による「日本買い」が市場を支えるとみる。そして気になる暗号資産(仮想通貨)のビットコインの買い方についても語った。(聞き手・中田達也)(2021/1/6)

仮想通貨取引所Coinbaseが上場へ
米Coinbaseが株式公開に必要な申請書類「S-1」を米証券取引委員会に提出した。上場の詳細は明らかにしていない。(2020/12/18)

ビットコイン価格、3年ぶりに200万円を突破 ドル建てでは過去最高
ビットコイン価格がほぼ3年ぶりに200万円を超えた。仮想通貨バブルといわれた2017年末以来の価格となる。ドル建てでは、17年末の最高値19783ドルを超え、過去最高値となった。(2020/12/1)

“いま”が分かるビジネス塾:
ビットコインが「このタイミングで」再高騰した真の理由
仮想通貨・ビットコインの価格が再び上昇。なぜこのタイミングで高騰しているのか。その本来的な価値から筆者が考察。(2020/11/10)

ポイント代わりに仮想通貨プレゼント LINE Pay、クレカ発行で
クレジットカード新規発行時のインセンティブとなるキャンペーンでは、現金やポイントなどをもらえる場合が多かったが、暗号資産(仮想通貨)のプレゼントが登場した。(2020/10/16)

別名「ransom DDoS」:
「仮想通貨を支払わなければDDoS攻撃を実行する」と脅す“DDoS脅迫”に注意 JPCERT/CC
JPCERT/CCは、DDoS脅迫について注意を喚起した。DDoS攻撃の影響を受ける恐れのあるシステムの特定とリスク評価、攻撃の検知と防御などの対策状況の確認を推奨している。(2020/9/9)

米国、欧州でも暗号資産取引ユーザーは20代中心に bitFlyer
若者の間で暗号資産(仮想通貨)に関する関心が高まっているようだ。暗号資産取引所大手のbitFlyer(東京都港区)が行った調査によると、日本だけでなく、米国、欧州でも、新規口座開設者の年代で、最も多かったのは20代だった。(2020/9/7)

仮想通貨の喪は明けたのか? テレビCM再開のbitFlyerに聞く
仮想通貨流出意見から2年半。金融庁の指導のもとに、各仮想通貨交換所は信頼回復のための対応を進めてきた。そしてこの5月、bitFlyerはついにテレビCMを再開した。6月には乃木坂46の齋藤飛鳥さんをイメージキャラクターに迎え、新たなテレビCMも放映開始。再びアクセルを踏み始めたかに見える。(2020/9/2)

暗号資産取引は20代がメインへ bitFlyer利用者
国内の暗号資産(仮想通貨)取引所のトップシェアを持つbitFlyerが8月21日に発表した資料によると、暗号資産取引を行う年齢層の若年化が進んでいる。従来は、30〜40代男性による取引が多くを占めていたが、この7月の年齢比率は20代が34%を占めた。(2020/8/21)

AWSの認証情報を盗む仮想通貨採掘ワーム、初の発見か 攻撃者もクラウドへ移行
このワームはAmazon Web Services(AWS)の認証情報を盗んで仮想通貨の「Monero」を採掘する。設定ミスのあるDockerプラットフォームを探してインターネットをスキャンする機能も搭載していた。(2020/8/19)

法規制変更で仮想通貨ビジネスはどう変わる? GMOコイン社長に聞く
改正資金決済法と改正金融商品取引法(金商法)が5月1日から施行された。法律上、仮想通貨から暗号資産に呼び名が変わるほか、レバレッジをかけた差金決済取引(CFD)などのデリバティブ取引が規制され、第一種金融商品取引業者としての登録が必要になる。こうした法規制は仮想通貨取引所のビジネスにどう影響するのか。いち早く第一種金融商品取引業者として登録を済ませたGMOコインの石村富隆社長に聞いた。(2020/8/13)

LINEの暗号資産「LINK」、日本でも取り扱い開始
LINE傘下のLVCが、独自の暗号資産(仮想通貨)「LINK」の取り扱いを日本でも始めた。暗号資産取引所「BITMAX」で取引を行う。(2020/8/6)

仮想通貨はネット広告を変えるか? Webを見るだけで仮想通貨をもらえるブラウザ Brave
Webブラウザ、Braveが日本国内でも本格展開を始める。ユーザーのプライバシーを尊重し、ユーザーの行動データを外部に出さない独自の広告を配信。広告を見たユーザーには独自のトークンを配布する。(2020/7/31)

期待する仮想通貨は、リップルからビットコインへ GMOコイン調査
国内における人気の仮想通貨(暗合資産)が移り変わっているようだ。仮想通貨取引所を営むGMOコインの調査によると、2019年に「一番価格上昇に期待してる通貨」はリップルだったが、20年4月の調査では、ビットコインに入れ替わった。(2020/6/8)

3メガバンクやKDDI、JR デジタル通貨決済の勉強会開始
みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行といった3メガバンク、そしてKDDI、セブン銀行、NTT、JR東日本など、日本を代表する企業が集まり、デジタル通貨決済の勉強会を開始する。主催であり事務局を務めるのは、インターネットイニシアティブのグループ企業で、仮想通貨交換業を営むディーカレットだ。(2020/6/3)

デジタル通貨を使った決済インフラ、民間事業者で検討加速 「技術力がある人の議論を促したい」
仮想通貨交換業者ディーカレットが、デジタル通貨を使った国内の決済インフラ整備を検討する勉強会を設置すると発表した。大手メガバンクや通信事業者などが参加し、民間企業の議論と連携を促す。(2020/6/3)

コインチェックを標的にまた攻撃 個人情報漏えいの可能性
暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するコインチェックは6月2日夜、「お名前.com」の同社アカウントで不正アクセスが確認されたと発表した。暗号資産の流出はないが、ユーザーからのメールが一部不正に取得された可能性があるという。(2020/6/3)

クラウドネイティブ環境にも危険あり:
コンテナを標的にしたマルウェア、Aqua Security Softwareが攻撃手法を解説
Aqua Security Softwareは、コンテナ環境を標的にした「kinsing」マルウェア攻撃の脅威について、レポートを発表した。Docker APIポートの設定ミスにつけ込み、多数のコンテナに感染しながら、仮想通貨の発掘を試みる攻撃だ。クラウドネイティブ環境では何に気を付ければよいのかもまとめている。(2020/4/15)

仮想通貨の価格変動率、19年はイーサリアムが月間83%もの変動
仮想通貨は価格の変動率が高いことで知られる。GMOコインがまとめた2019年の月間価格変動率によると、イーサリアムは月間で83%もの価格変動があった。(2020/4/10)

Gartner Insights Pickup(152):
Gartnerの「2020年以降に向けた重要な戦略的展望」に見る「人、テクノロジー、ビジネス」の今後
AIから仮想通貨、オンラインショッピングまで、技術はわれわれの生活やビジネスの在り方、そして人間とその能力に対する捉え方を変えつつある。CIO(最高情報責任者)やITリーダーは、この変化する世界への自社の対応をサポートする必要がある。(2020/4/3)

GMOコイン、BraveブラウザのBATトークン取り扱い開始
GMOコインは、新たな仮想通貨としてベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱いを開始した。BATはChromiumをベースにした「Brave」上で使われるトークンだ。(2020/3/19)

コロナで休校中の子ども向けに「おうちでキッザニア」始動 家のお手伝いに認定証、お給料の支給も
お給料は、キッザニア入場時に専用通貨「キッゾ」として支給されます。(2020/3/13)

ビットコイン急落、83万円から一時44万円に 「デジタル・ゴールド」も世界的な金融市場の混乱に耐えられず
仮想通貨取引所bitFlyerのビットコイン相場は、3月12日の午前中まで83万円台で推移していたが、午後7時に63万円台まで下落。13日に入ってさらに下げ、午前11時には44万1900円の安値を付けた。(2020/3/13)

コインチェック、新規仮想通貨Qtumを3月12日から取り扱い開始
コインチェックは新たな仮想通貨としてQtum(クアンタム)の取り扱いを3月12日から始める。国内の取引所としては初めて。これにより、同社の取り扱い仮想通貨は12種類となる。(2020/3/6)

今日のリサーチ:
国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で3133億円になる見込みです。(2020/2/18)

ディーカレット、電子マネー扱いのステーブルコイン「プログラマブルマネー」 KDDIと実証実験
円建てのステーブルコインの開発を進めてきたディーカレットが、価格が円と連動したデジタル通貨の実証実験をKDDIと実施する。いわゆるステーブルコインは、現在の国内の法律では仮想通貨には当たらず、どんな取り扱いになるのか不透明な状態だ。ディーカレットは、今回資金移動型の電子マネーという扱いを取り、発行を可能にする。名称は「プログラマブルマネー」とした。(2020/2/18)

GMOコインが「貸仮想通貨」 最大年率5%
仮想通貨交換業のGMOコインは2月12日から、貸仮想通貨サービスをリニューアルする。同社で取り扱うすべての仮想通貨を貸し出すことができ、最大年率5%の貸借料を受け取れる。(2020/2/7)

KAMIYAMA Reports:
仮想通貨とデジタル通貨
ビットコインなどの仮想通貨は投資対象として考えてよいだろうか。各仮想通貨はそれぞれ性格が異なるので一言では言いにくいが、ビットコインへの投資は金投資と似ている。(2020/2/6)

仮想通貨送金に個人情報要求 FATFが求めるトラベルルールの課題
2019年6月、マネーロンダリング対策を推進するFATF(金融活動作業部会)は仮想通貨に関する勧告を公開した。この中の一つが、送金者と受取人の情報を、それぞれの仮想通貨交換業者で交換する、いわゆるトラベルルールだ。プライバシーの問題や技術的な難易度もあり、簡単には対応が難しい。(2020/1/31)

LINEの仮想通貨「LINK」、日本でも取り扱い開始へ 4月以降に
LINE傘下のLVCが、独自の仮想通貨「LINK」の取り扱いを日本でも始めると発表した。4月以降、仮想通貨取引所「BITMAX」に上場させる予定。(2020/1/30)

仮想通貨Liskを持っているだけで報酬がもらえる コインチェック、ステーキングの提供開始
コインチェックは1月9日、仮想通貨Liskのステーキングサービスを提供すると発表した。平均10Lisk以上保有しているアカウントに対し、保有量に応じて報酬を付与する。付与は毎週水曜日に行われる。報酬額は確定していないが、年率にして数パーセントの見込み。(2020/1/9)

楽天スーパーポイント、仮想通貨へ交換可能に ビットコインやイーサリアムなど3種
楽天ウォレットが、「楽天スーパーポイント」を仮想通貨に交換するサービスを開始。交換可能な仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ。1ポイント1円相当で、100ポイント以上1ポイント単位で交換できる。(2019/12/24)

楽天スーパーポイントでビットコインなどが購入可能に
楽天子会社で仮想通貨交換業を営む楽天ウォレットは、12月24日から楽天スーパーポイントを使って仮想通貨を購入できるサービスを開始した。100ポイント以上から、1ポイント1円相当として交換できる。(2019/12/24)

たまった楽天ポイントを仮想通貨に交換できる 楽天ウォレットが新サービス開始
気軽に仮想通貨の運用ができる?(2019/12/24)

そもそもブロックチェーンとは何か?(後編):
ブロックチェーンは何に使えるのか ビジネスに広がる実活用
ブロックチェーンは仮想通貨の管理システムから生まれ、「正確な情報」が求められるビジネスの世界で活用されています。ネット時代における新しい信頼性の技術は今後、われわれの社会をどのように変えていくでしょうか。(2020/1/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。