ニュース
» 2010年02月26日 15時21分 UPDATE

Microsoft、パナソニックに大容量ファイルシステム「exFAT」のライセンスを供与

Microsoftが、フラッシュドライブ向けの大容量ファイルシステム「exFAT」のライセンスをパナソニックに供与する。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月25日、パナソニックに同社のファイルシステム技術「Extended File Allocation Table(exFAT)」のライセンスを供与することで合意したと発表した。

 exFATはFATの後継システムとしてフラッシュドライブでの利用を前提に策定されたファイルシステムで、ファイルサイズ制限は約160億Gバイト。SDメモリーカードの上位規格「SDXC」にも採用されている。大容量ファイルを扱えるだけでなく、PCと家電製品間でのデータ移動を容易にするという。

 パナソニックはexFATとともに、FAT32のロングファイルネームに関するライセンスも取得した。

 exFATのライセンスはパナソニックのほか、三洋電機オリンパスなどが取得している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ