ニュース
» 2010年03月18日 17時42分 UPDATE

富士ソフトとMS、「クラウド+自社運用」の事業を共同展開

富士ソフトとマイクロソフトが協業の強化を発表した。クラウドと自社運用を組み合わせた企業のシステム利用を支援する事業を新たに展開する。

[國谷武史,ITmedia]

 富士ソフトとマイクロソフトは3月18日、両社の協業関係を強化し、企業でのクラウドコンピューティングと自社運用型のシステム利用を支援する事業を新たに展開すると発表した。

 富士ソフトでは、マイクロソフト製品を担当する人員体制やサービスパックメニューの強化、セミナー開催、マイクロソフトの技術を紹介する「ソリューション&クラウドセンター」の開設などを行う。マイクロソフトは、富士ソフトのこれらの取り組みに必要な技術や人材、ノウハウなどのさまざまなリソースを提供する。

fsims02.jpg 協業を発表する富士ソフトの白石氏(右)とマイクロソフトの樋口氏

 協業強化の背景について富士ソフトの白石晴久社長は、顧客企業でクラウド型や自社運用型の双方のシステムを効率的に使いたいというニーズが高まっていると説明。マイクロソフトは「ソフトウェア+サービス(S+S)」というシステム利用モデルを以前から提唱しており、このモデルが富士ソフトの顧客ニーズに合致するためだという。

 富士ソフトの具体的な取り組みとして、4月1日に100人規模でマイクロソフト製品を専門で扱う全国組織「MSユニット」を発足するほか、ソリューション&クラウドセンターを同日に東京・秋葉原でオープンする。また、年間100件のセミナーを全国で開催するほか、マイクロソフト認定資格者を現在の約1000人から3年後に2000人へと倍増させる。

fsims01.jpg ソリューション&クラウドセンターの内部

 この取り組みにより、同社では2010年度に20億円、2012年度に70億円の売り上げを計画しているという。なお、クラウド関連のビジネスではグーグルとも協業しているが、今後も並行して展開していくとしている。

 マイクロソフトの樋口泰行社長は、「当社でのクラウドビジネスへの展開が遅れたこともあるが、この協業強化によって加速させたい。長期的に腰を据えて取り組み、国内企業のニーズに応えていく」と表明した。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -