ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「協業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「協業」に関する情報が集まったページです。

即配事業「Yahoo!マート by ASKUL」開始 最短15分で商品受け取り
ヤフー、アスクル、出前館が協業し、「出前館」サービス上で食料品や日用品を配達するサービスを開始した。2021年7月から実験していた「PayPayダイレクト」を本格展開するもので、まずは都内23区の拡大を見込んでいる。(2022/1/26)

デジタルキャビンの実用化目指す:
クアルコムとアルプスアルパインが車載用で協業
Qualcomm Technologies(クアルコムテクノロジーズ)とアルプスアルパインは、次世代の車室内空間を想定した「デジタルキャビン」の実用化に向け、協業していくことを発表した。(2022/1/24)

デジタル人材20万人育成へ Modisと日本マイクロソフトが協業開始
日本マイクロソフトとModisは、デジタル人材育成に向けた協業を開始する。DX推進を担うデジタル人材を2025年までに20万人育成することを目標とする。(2022/1/21)

NECと日本IBMが老朽インフラ保全ソリューション開発に向けて協業 AIやローカル5Gを活用
NECと日本IBMは、新たなインフラ保全ソリューションの開発に向けた協業を開始する。老朽化するインフラの保全業務における課題解決を図る。(2022/1/19)

ロボット:
インフラ設備点検にハイボットの革新的なロボット技術を活用
RaaS事業を展開するハイボットは、ベルギーの検査・認証団体Vincotteと協業関係を結んだことを発表した。Vincotteが行う点検業務に、ハイボットの最先端ロボット技術を導入する。(2022/1/17)

船も「CASE」:
“船長の技”のクラウド共有で、海のデジタルトランスフォーメーションを実現する
日本気象協会とアイディアが2021年9月27日、「海事デジタルトランスフォーメーション」を推進するパートナーとして協業することを発表した。(2021/12/24)

NTTデータとAWSが協業強化 デジタル人材育成とR&D推進
NTTデータはAWSとクラウドを活用したデジタルビジネス推進を目的とした戦略的協業を2022年1月1日に開始する。顧客のDX推進体制の強化や、AWSを活用した新サービスの開発、人材育成や研究開発に取り組む。(2021/12/17)

Neonodeの光学式非接触タッチセンサー:
グローバル電子など3社、完全非接触ソリューション提供で協業
グローバル電子は2021年12月15日、スウェーデンのNeonodeが開発、製造する光学式非接触タッチセンサーを用いたソリューションの提供、ソフトウェア開発などのサービス、サポート強化のため、パリティ・イノベーションやメタテクノと協業すると発表した。(2021/12/16)

電気自動車:
EVスタートアップのREEが日立と戦略的協業に合意、商用車の電動化を加速
日立製作所の米国法人Hitachi Americaと、REE Automotiveは2021年12月15日、EV(電気自動車)の導入促進に向けて戦略的協業に合意したと発表した。EVの製造や商用車向けの充電インフラ、エネルギー管理、EV向けのデジタルフリートマネジメントなど、バリューチェーン全体で協力する。(2021/12/16)

医療機器ニュース:
内視鏡用クラウドサービス向けの画像送信端末装置を発売
オリンパスとコニカミノルタは協業を開始し、オリンパスの内視鏡用クラウドサービス「Vivoly+」への画像送信端末装置として、コニカミノルタの医療用画像連携装置「BLUE Gate」を発売した。(2021/12/16)

NECとALBERTがDX支援サービスで協業 データサイエンティストによる伴走型支援とは?
NECとALBERTはAIを活用したDX支援サービスで協業する。DXが定着する。ソフトウェア提供とデータサイエンスによる伴走型支援で、顧客企業のDX人材育成とデータドリブン経営の定着を図る。(2021/12/13)

「うんこ体温ドリル」公開 コロナ対策で重要な体温の基礎、うんこ交えて分かりやすく
文響社は10日、オムロンヘルスケアとの協業でコロナ禍で注目の高まった体温の基礎知識を解説する「うんこ体温ドリル」を公開した。Web版は無料公開している。(2021/12/10)

2022年1月から:
「トイレしたにゃ〜」 NEC、猫の健康状態を“LINE”で知らせるサービス提供へ
NECが、ねこヘルスチェックサービス「Toletta(トレッタ)」を手掛けるトレッタキャッツと協業し、猫のトイレタイミングをLINEで飼い主に知らせるサービスを2022年1月から提供する。(2021/12/9)

モバイル決済で店舗改革:
ドコモに聞く「d払い」の店舗向け戦略 カギを握る「決済手数料」と「メルペイ」
NTTドコモのd払いの戦略について、同社ウォレットビジネス部長の田原務氏に話を聞いた。ドコモは9月1日以降に加盟した場合は13カ月間、手数料を無料にする施策を打ち出した。加盟店が急拡大している背景の1つとして、メルペイとの共同展開が挙げられる。(2021/12/9)

経費精算、承認レスで320時間→23時間に コンカーが不正検知機能強化
大企業向け経費精算システム大手のコンカーは12月7日、新たに日本IBMおよびデロイト トーマツとの協業を発表した。目指すのは、「経費精算がなくても仕事が回る世界」(コンカーの三村真宗社長)だ。(2021/12/7)

スマートリテール:
ローソンとマイクロソフトが協業、AIとカメラ活用で小売業のDXを推進
日本マイクロソフトは2021年12月2日、小売店舗のDX推進を目的とした取り組みにおいてローソンと協業することを発表した。神奈川県内の4店舗で「店舗運営支援 AI」などを用いた実証実験を、同年11月から2022年3月の期間で実施する。(2021/12/7)

材料技術:
ガラス瓶の軽量化に向けたコーティング技術のバーチャル試験を開始
ダッソー・システムズとArdagh Group、EXXERGYは、ガラス業界における持続可能なソリューション提供に向けた協業を発表した。ガラス瓶を軽量化するコーティング技術を開発するため、バーチャル試験を開始する。(2021/12/7)

小売業界×DX:
ローソンが店舗におけるDX推進でマイクロソフトと協業 AIを活用した「売れる店舗」作り
マイクロソフトとローソンが店舗のDXの取り組みで協業する。AIが分析したデータを参考に顧客が買いやすい売場を作り、利益向上を図る。(2021/12/6)

IoTセキュリティ:
ブロックチェーンの耐改ざん性を活用したIoTセキュリティサービスを提供開始
インターネットイニシアティブは2021年11月30日、アイビーシーと協業して、ブロックチェーン技術を活用したPKIシステムを利用する「IoTトラストサービス」を提供開始すると発表した。ブロックチェーンの耐改ざん性によって、コストとセキュリティに関するPKIの課題を解消したIoTセキュリティサービスを実現している。(2021/12/3)

産業動向:
Wi-Fi・机・ハンモックを設けた空間で渋谷を活性化、来街者の回遊性を高める実験
渋谷未来デザインは、日建設計と協業し、東京都渋谷区の地域活性化と混雑緩和を目的とした実証実験を2021年11月10〜13日に行った。(2021/11/29)

伊藤忠、E Inkと協業 製品の世界展開で協力 DX化ニーズにも対応へ
伊藤忠が、電子ペーパーの世界最大手・E Ink Holdingsと協業。電子ペーパーを活用した製品群の世界展開を進める。(2021/11/24)

IBMとAWS、エネルギー業界向けにデータプラットフォームを提供
IBMとAWSは、エネルギー業界向けのOSDUデータプラットフォームの提供で協業する。データレジデンシー要件に準拠しつつ、アプリケーション開発やデータ活用のためのデータ活用基盤をAWS上で利用できる。(2021/11/25)

BIM:
日本設計とAutodeskがBIM本格普及に向け包括契約、BIMプロセス確立や設計BIMの省エネ検討などで協業
日本設計と米Autodeskは、国内のBIM本格普及に向けた3度目となる包括契約を更新した。両社の協業では、次の段階として、BIMワークフローの確立、高品質化・高性能化に寄与するBIMの構築、ビッグデータ活用の3本柱を掲げる。(2021/11/24)

TOYOTA Walletとドコモ・バイクシェア、初回30分無料や最大1000円が当たるキャンペーン
キャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」と、シェアサイクル「ドコモ・バイクシェア」が11月22日から協業記念キャンペーンを開催。初回30分の利用料キャッシュバックや最大1000円分の残高が当たる運試しを行う。(2021/11/22)

CAEニュース:
TSMCと協業し、マルチダイ設計に対する包括的な熱解析ソリューションを開発
Ansysは、TSMCと協業し、TSMC 3DFabricを用いたマルチダイ設計に対する包括的な熱解析ソリューションを開発した。綿密な熱解析により、オーバーヒートによるシステムの故障を防ぎ、使用期間中の信頼性を向上する。(2021/11/19)

「docomo Open House’22」がオンラインで開催 2022年1月17日〜19日
NTTドコモは、展示イベント「docomo Open House’22」を2022年1月17日〜19日にオンラインで開催。情報通信の分野で培った最新技術やソリューション、プロジェクト、協業パートナーとの取り組みなど230を超える展示を行う。(2021/11/17)

メルカリ、みずほ銀行と提携 ATMコーナーにメルカリポスト
みずほ銀行とメルカリは11月17日、提携を行い協業を検討すると発表した。みずほ銀行のATMコーナーにメルカリの無人投函ボックス「メルカリポスト」を設置する実証実験を行うほか、みずほ銀行店舗で「メルカリ教室」の開催、相互の顧客送客などに取り組む。(2021/11/17)

製造ITニュース:
SAP S/4HANAへの迅速かつ効率的な移行を支援、日立製作所とcbsが協業開始
日立製作所は2021年11月8日、ドイツのcbsコーポレートビジネスソリューションズとビジネスパートナー契約を締結し、国内企業向けに既存の基幹システムからSAP S/4HANAへと移行する際のサポートに関する協業を開始した。(2021/11/17)

JOINT2に参画、2024年量産目指す:
DNP、次世代ICパッケージ用インターポーザを開発
大日本印刷(DNP)は、次世代ICパッケージに向けた「インターポーザ」を開発した。今後、次世代ICパッケージの実装/評価技術を開発するコンソーシアム「JOINT2」に参画する企業と協業し、2024年の量産化を目指す。(2021/11/16)

製造業IoT:
シーメンスヘルスケアが医療基盤「teamplay」で国内3社と協業、AIアプリを拡充
シーメンスヘルスケアが国内で医療機器向けのAIアプリケーションを手掛けるAIメディカルサービス、エルピクセル、Splinkと提携すると発表。今後、これら3社のAIアプリケーションが、シーメンスヘルスケアの医療プラットフォーム「teamplay digital health platform」で利用できるようになる。(2021/11/15)

「DXクリニック」とは何か? RidgelinezとProbSpaceがアナリティクス人材の確保で協業
富士通グループのRidgelinezと、データ分析プラットフォームを提供するProbSpaceはDX人材のマッチングサービスで協業する。両社のサービスを組み合わせることで、企業が求めるDX人材の確保を支援する。(2021/11/12)

yup、第一生命保険と協業 フリーランス向け「所得保障保険」
 第一生命保険とフリーランス向け報酬即日払いサービス「先払い」を提供するyupは11月4日、業務提携したと発表した。また、「先払い」に登録のフリーランス向けに第一生命保険より「所得保障保険」の提供を開始する。(2021/11/5)

NECと日本オラクル、クラウド事業で協業強化 3つの注力施策とは
NECと日本オラクルは、クラウド領域で協業を強化する。企業や公共機関のDXに向け、Oracle Cloudやデータベースに関連した3つの施策に注力する。(2021/10/29)

NECと日本オラクル、基幹システムのクラウド移行支援に向け協業強化 設計時間を半減、移行時間を3割減
NECと日本オラクルが、基幹システムをクラウド移行するサービスの拡充に向け、協業を強化した。オンプレミス上で運用されているデータベースを以前より安全・高速にクラウド基盤に移行する技術を共同開発。この技術を活用したサービスを提供するという。(2021/10/28)

基幹システムを担う共通の文化が生む価値
意識せずにAI技術を使う――HPEと日本IBMの協業が変える企業ITの“未来”とは?
システムのモダナイゼーションが進み、働き方も多様化する中、企業はDXをどう実現していくかが問われている。そうした中、長らくしのぎを削ってきたHPEと日本IBMが協業を表明した。AIやコンテナの活用により、企業ITの姿はどう変わるのか。(2021/11/5)

ドコモ「携帯依存」脱却、NTT再編、6G主導で復権狙う
NTTドコモがNTTコミュニケーションズ(コム)とNTTコムウェアの子会社化を25日、発表した。NTTが3社を統合してグループの再編を急ぐのは、通信技術の役割が大きく変わってきたためだ。電話や電子メールなど通信ができればよかった時代は終わり、通信を使って「何ができるか」というサービス競争の段階に移った。次々と新しいサービスが生まれるIT業界では他業種との柔軟な協業が欠かせず、法人部門に弱みを抱えたままでは生き残れないという危機感の表れといえる。(高木克聡)(2021/10/26)

組み込み採用事例:
日本市場向けの5Gデータ通信機器開発で協業
NECプラットフォームズは、MediaTekと日本市場向けの5Gデータ通信機器開発で協業した。MediaTek製の5Gチップセット「T750」のライセンス契約を締結しており、T750を用いた5Gモバイルルーターの販売を開始する。(2021/10/26)

ハイブリッドにも対応:
COBOLだって怖くない クラウド環境でIBMメインフレーム活用を支援、SCSKの新サービス
SCSKは、日本IBMと「IBM Z」の再販契約を締結し、両社の協業を拡充する。同社は、ITインフラの将来構想策定から提供、設計、構築、モダナイゼーション、運用管理までをワンストップで支援するサービス「MF+」の提供を開始した。(2021/10/26)

遠隔操作アバターを人材派遣 パソナ、ベンチャーと協業
パソナグループが、遠隔地から自らの分身のようにCGやロボットを動かす「アバター」技術を生かした新たなサービスを始める。11月中に兵庫・淡路島に人材育成・教育施設を開設。年内には接客販売を行うアバターを「人材派遣」する。(2021/10/21)

CAEニュース:
AnsysとAppleが協業し、MagSafeモジュール開発者向けソリューションを提供
AnsysはAppleと協業し、Made For iPhone(MFi)プログラムに基づきMagSafeモジュールを開発するサードパーティー向けに、クラウドベースのRF安全性試験シミュレーションソリューションを新たに開発した。(2021/10/20)

JR東と千趣会が協業:
東京駅にベルメゾンのディズニーグッズ専門店 専用アプリでECサイトと連動
千趣会(大阪市)が、JR東日本との協業サービスの一環として、ベルメゾンが展開するディズニーグッズ専門の常設店舗を10月29日にオープンする。(2021/10/19)

製造マネジメントニュース:
富士通とトレンドマイクロが自動車向けセキュリティサービス創出目指し協業
富士通は2021年10月13日、コネクテッドカーのセキュリティ対策強化を目指したトレンドマイクロとの協業締結に合意したことを発表した。協業により、車両の動作データとクラウドインフラのセキュリティログを統合的に検知、収集できるサービス開発を目指す。(2021/10/18)

CAEニュース:
「Fusion 360」のPCB機能拡張に向けてAnsysとAutodeskが協業
AnsysとAutodeskは、クラウドベースの統合設計開発プラットフォーム「Autodesk Fusion 360」初となるサードパーティーによるPCB(プリント基板)機能拡張を、両社の協業によって実現したことを発表した。(2021/10/13)

互換製品を両社で開発、生産へ:
フジクラ、MMC/MDC光コネクターで米社と協業
フジクラと米国US Conecは、次世代型の超小型フォームファクター(VSFF)「MMC多心光コネクター」と「MDCデュプレックス光コネクター」に関する協業について合意したと発表した。互換性ある製品の開発や生産、供給を両社で行っていく。(2021/10/1)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタによる高レベルなモノづくりを目指す協業プロジェクトが発足
JMC、八十島プロシード、原田車両設計は、3Dプリンタのさらなる市場開拓に向けて協業する。3Dプリンタを活用した、高レベルなモノづくりを目指す協業プロジェクト「3D innovation Hub」を3社協業体制で発足する。(2021/9/28)

製造マネジメントニュース:
400年続く老舗綿布商が物流業務をIoT化、DXを推進する戦略的協業開始
ラトナは、綿布商の永楽屋と、在庫管理やサプライチェーンなどのDX推進を目的とした戦略的協業を開始する。永楽屋の発注から入荷検収業務、在庫管理などのさまざまな業務をデジタル化、IoT化する。(2021/9/27)

医療機器ニュース:
腸を温めて睡眠の質を高めるインナーウェアの商品化に向けて協業
AuBとメタジェンは、ヘルスケア分野の商品開発において協業を開始した。腸を温めることで睡眠の質を改善するなど、健康課題を解決するインナーウェアを開発し、2022年2月をめどに商品化を予定している。(2021/9/27)

ICT:
飛島建設とJCBが協業、「e-Stand」で資材通販の各業者への支払いを一本化
飛島建設とジェーシービーは、建設現場の統合プラットフォーム「e-Stand」を用いた協業を開始した。今後は、e-Standを利用する事業者に対して、JCBが法人向けパーチェシングカードを発行することで、資材購入に関する業者への支払いを一本化し、精算業務の効率化を目指す。(2021/9/16)

中小企業の会計業務効率化を推進 ソリマチとJCBがFinTechで提携
ソリマチとJCBは、中小企業や小規模事業者の経営、会計課題の解決に向けて協業を検討する。FinTechアプリを提供するソリマチと、中小企業向けクレジットカードの会員基盤の拡大を目指すJCBの方針が一致したかたちだ。(2021/9/13)

Supply Chain Dive:
企業秘密レベルの集荷、配送技術をクラウドで 超大手スーパー、Adobeと共創する新ビジネス
WalmartはAdobeと協業し、小売事業者向けにオンラインと実店舗の両方を使って商品をスムーズに配送できるサービス群を提供すると発表した。開始時期は2022年を予定している。クラウドを通して使え、Walmartの配送ノウハウとAdobeの技術を生かしたという内容とは。(2021/9/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。