ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「協業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「協業」に関する情報が集まったページです。

富士通とパロアルトネットワークス、ゼロトラストネットワークで協業 SASE活用の安全なテレワーク環境を提供
ゼロトラストネットワーク事業で協業した富士通とパロアルトネットワークスは、SASEを活用したセキュアなネットワークサービス「Zero Trust Network powered by Prisma Access from Palo Alto Networks」を提供する。国内外の拠点やモバイルユーザーなどをシームレスに接続し、安全なテレワーク環境の整備を支援する。(2021/4/9)

VRニュース:
トヨタグループのリアルタイム3D技術活用をUnityとトヨタシステムズが推進
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンとトヨタシステムズはパートナーシップ契約を締結し、トヨタグループにおけるモノづくりのデジタル化およびリアルタイム3D技術の活用に向けて、「Unity」製品の調達、導入・運用支援において協業を行うと発表した。(2021/4/7)

Private MEC(プライベートMEC)とは? AWSがOutpostsを使ったサービス提供を開始、採用事例も
米国で5Gインフラの整備と併せてPrivate MEC(Multi-access Edge Computing)の取り組みが進む。エッジからクラウドへのデータスループット向上に注目が集まる中、米国ではAWSがVerisonとMECで協業し、Outpostsに5Gの高速無線ネットワークを統合して、プライベートMECを提供する。(2021/4/6)

「うんこ交通安全ドリル」登場 交通安全協会推薦 スマホで学べるWebサイトも
「うんこドリル」を出版している文響社は、トヨタ・モビリティ基金と協業して小学生の交通事故削減のための冊子「うんこ交通安全ドリル」を発表した。(2021/4/6)

製造マネジメント インタビュー:
きっかけは朝のニュース、コロナ禍が結んだコニカミノルタとタムラテコの協業
コロナ禍は多くの企業に苦しみをもたらしているが、厳しい環境だからこその新たな出会いにつながったケースもある。コロナ禍をきっかけに包括的協業に進んだコニカミノルタとタムラテコの経緯と今後の取り組みについて話を聞いた。(2021/3/31)

製造マネジメントニュース:
IBMとシーメンス、レッドハットがIIoTデータ活用に向け協業
IBMは、産業用IoTデータを有効活用するためのハイブリッドクラウドに関して、SiemensおよびRedHadと協業する。SiemensのIIoTプラットフォーム「MindSphere」に「Red Hat OpenShift」を採用し、柔軟性を高める。(2021/3/26)

モビリティサービス:
トヨタのバックアップでいすゞと日野が協力、「3社だからこそできる商用車の課題解決を」
いすゞ自動車と日野自動車、トヨタ自動車は2021年3月24日、商用車のCASE対応で協業するため新会社を設立すると発表した。また、いすゞとトヨタは資本提携に合意し、428億円を相互に出資する。(2021/3/25)

製造マネジメントニュース:
凸版印刷とTISがローカル5Gで協業、新規ビジネス創出に向け検証拠点を整備
凸版印刷とTISは2021年3月19日、ローカル5Gでの技術連携を開始すると発表した。両社の知見を組み合わせ、大規模な工場やインフラ監視などの用途に向けた現実的な用途開発に取り組んでいく。(2021/3/22)

VRニュース:
x gardenがNTTドコモと協業、ニトリのショールーム向けにMRアプリを開発
x gardenはNTTドコモと協業し、ニトリのショールーム向けにMRグラス「Magic Leap 1」で体験できるMRアプリケーションを開発した。同アプリの導入により、ユーザーはカラーや素材、サイズなど多様な商品パターンをその場で試すことができる。(2021/3/15)

日本郵政と楽天、資本業務提携で協業を全面強化 楽天に1500億円出資 多方面で相互サポート
日本郵政と日本郵便、楽天が資本業務提携を結び、あらゆる分野で広く協業を深めると発表した。日本郵政は楽天に1500億円を出資。物流の分野では、日本郵政グループの資源をベースに楽天とデジタル化を進め、新会社設立も視野に事業展開を進める。(2021/3/12)

日本郵政が楽天に1500億円出資し提携強化 郵便局で楽天モバイル申込みも
日本郵政と楽天は3月12日、資本業務提携を行うと発表した。日本郵政が1500億円を楽天に出資し、出資比率は8.32%となる。2020年12月に発表した物流面での戦略提携に加え、モバイル分野、郵政グループのDX推進でも提携する。さらに、金融、ECの分野でも協業を進める。(2021/3/12)

Red Hat OpenShiftを活用:
製造現場のIoTソリューションをハイブリッドクラウド展開 SiemensがIBMと協業で新製品
Red Hat OpenShiftを活用し、同社のIoTソリューション「MindSphere」をハイブリッドクラウドやオンプレミス、プライベートクラウド環境で展開できるようにした。Siemens傘下のソフトウェア企業幹部は「製造現場の効率性を新たなレベルへ」と話し、そのメリットを語った。(2021/3/12)

大規模なAI処理を仮想化 NVIDIAがVMwareと協業で「NVIDIA AI Enterprise」発表
NVIDIAは「NVIDIA AI Enterprise」を発表した。1つのGPUを最大7つのインスタンスに分割し、複数の仮想マシンで稼働するAIアプリケーションで同時に利用可能にする。vSphere上でAIアプリケーションがスケールアウト可能になる。(2021/3/11)

製造マネジメントニュース:
村田製作所とACCESS、企業DX支援ソリューション開発で協業
村田製作所とACCESSは、さまざまな業界でのDXを支援するソリューション開発および市場展開に関して協業し、製造業向けのスマートものづくり支援ツール「JIGlet」を共同開発した。(2021/3/10)

製造IT導入事例:
月探査用宇宙船開発にも活用、NECの異常検知AIをロッキード・マーティンが採用
NECと米国のロッキード・マーティンは2021年3月2日、衛星・宇宙航空分野でのAI技術活用に関する2017年からの協業の成果として、宇宙船開発においてNECのAI技術「インバリアント分析技術」を本格導入することで合意した。NASAの月探査計画「Artemis(アルテミス)」向けにロッキード・マーティンが開発している有人宇宙船「Orion(オリオン)」などの開発で採用される予定だという。(2021/3/4)

レファレンスデザインを開発:
日本ガイシとルネサス、二次電池+マイコンで協業
日本ガイシとルネサス エレクトロニクスは、メンテナンスフリーIoTデバイスのさらなる普及を目指して協業を行う。第一弾として、日本ガイシ製リチウムイオン二次電池と、ルネサス製マイコンを組み合わせた、ワイヤレス空気質センシングシステムのレファレンスデザインを開発した。(2021/3/4)

医療機器ニュース:
線虫を使ったがん検査サービスの普及に向けて協業
横河電機とHIROTSUバイオサイエンスは、線虫を用いて尿から15種類のがんを一次スクリニーングするがん検査サービス「N-NOSE」の普及に向けて、協業に同意した。(2021/3/3)

電動化:
欧州でもEVバイクの交換式バッテリーを標準化へ、ホンダとヤマ発など4社が協業
ホンダ、ヤマハ発動機、オーストリアのKTM、イタリアのピアッジオ(Piaggio & C)の二輪車メーカー4社は、電動二輪車(EVバイク)や、欧州連合(EU)のUNECE規格に基づく車両区分でLカテゴリーに属する小型電動モビリティの普及を目的とした交換式バッテリーコンソーシアムの創設に合意した。(2021/3/2)

製造マネジメントニュース:
独自の量子ビット間結合技術による量子アニーリングマシン開発に向けて協業
NECは、量子コンピュータの実現方式の1つである量子アニーリング分野で、Parity Quantum Computingと協業する。両社の技術を組み合わせることで、量子アニーリングマシンの演算能力向上が期待できる。(2021/2/26)

AppleのEV開発、協業先探しが難航? 日産も交渉不調か
米Appleが開発を目指す自動運転EVを巡り、協業先メーカーに注目が集まっている。しかし、韓国現代自動車は協議の停止を発表。日産自動車との交渉も不調に終わったと報じられた。Appleとの提携には期待と不安の両面があるようだ。(2021/2/25)

現代自など協業停止:
アップルカーの“相乗り”は難しい、日産も交渉不調?
米アップルが開発を目指す自動運転の電気自動車(EV)をめぐり、協業先メーカーに注目が集まっている。韓国の現代(ヒュンダイ)自動車と傘下の起亜自動車は、協議の停止を発表。日産自動車との交渉も不調に終わったと報じられた。(2021/2/24)

車載ソフトウェア:
VWとマイクロソフトが自動運転開発でも協業、コネクテッドカー基盤との連携も
フォルクスワーゲン(VW)は2021年2月11日(現地時間)、グループ会社のCar.Software Organisationが自動運転機能の開発でマイクロソフト(Microsoft)との協業を強化すると発表した。(2021/2/19)

SoftBank on LINEの正式名称は「LINEMO(ラインモ)」 3月17日にサービス開始 通話準定額抜きで2480円から
ソフトバンクがLINEと協業して提供するオンライン専用通信サービスの名称が「LINEMO(ラインモ)」に決まった。通話準定額をオプション化することで、当初予定と比べて月額料金は500円値下げされる。サービスは3月17日に開始する。(2021/2/18)

サプライチェーン改革:
在庫過剰を解消し、サプライチェーンの強靭化を促すAIソリューション
NTTデータ グローバルソリューションズは2021年2月17日、AIを活用した在庫管理ソリューションを展開する米国スタートアップVerusenとの協業開始を発表した。クラウドベースのAI在庫データ管理ソリューションを通じて、企業が過剰に在庫を抱える状況を防ぎ、コストを低減する。(2021/2/18)

西鉄とLINE福岡、DX推進などで提携協定
LINEグループが民間企業と同種の協定を結ぶのは初めて。両社は、協業の第1弾としてLINEのアプリで予約して定期券を販売所で並ばずに購入できるシステムを3月1日に導入する。(2021/2/16)

Microsoft Focus:
MSの「顧客の内製化」路線は、パートナーと並走する――クラウド戦略が示す新しい“協業”の形
クラウドネイティブな開発を掲げるMSが、顧客支援で新たな戦略を打ち出した。そのキーワードは顧客企業による「内製化」と、パートナーによる支援を続ける「並走」だ。この2つをどう両立させるのか。新たな協業の形を聞いた。(2021/2/12)

アップルEV協業、日本勢に打診か 現代自が中断発表
 ロイター通信によると韓国の現代自動車と傘下の起亜自動車が8日、「自動運転車の開発に関し米アップルと協議していない」と発表した。自動運転の電気自動車(EV)を起亜自が生産する協議を停止したとみられる。一部の韓国メディアは、協議の「中断」であり、再開の可能性もあると伝えている。アップルは日本勢も含む複数の自動車メーカーに協業を水面下で打診しているとみられる。メーカー側は「下請け」となる事態にもなりかねず、難しい判断を迫られそうだ。(2021/2/10)

製造マネジメントニュース:
COVID-19対策に有効なオゾン除菌装置の生産拡充に向けて協業
コニカミノルタとタムラテコは、新型コロナウイルス感染症対策製品の生産拡充などを目的とした包括的協業に合意した。コニカミノルタはタムラテコのオゾン関連製品について、重要な部品の調達や、部品調達先の開拓などを支援する。(2021/2/10)

金融DXを推進するマイクロソフト、カギを握るのは「ループ」とFinTech企業との協業
日本マイクロソフトが金融業界のDX支援の提案を本格化させている。スタートアップなどの外部のTech企業と共同で金融改革の機運に乗る考えだ。提案のポイントはUXの再構築とカイゼンサイクルの仕組み化作りにあるようだ。(2021/2/9)

ドコモがオープンRANや5Gソリューションを海外展開 柔軟で拡張性の高いネットワークを
NTTドコモは、オープンRANの海外展開を目的とした「5GオープンRANエコシステム」の構築を発表。NVIDIA、Qualcomm、NEC、富士通などと協業する。海外拠点を持つ法人に5Gソリューションを提供することを目的とした「海外法人5Gソリューションコンソーシアム」も設立する。(2021/2/4)

NISTの行動計画を意識:
NECとシスコ、アラクサラが協業 「日本の主要インフラ」に提供したいネットワークセキュリティの中身は
金融やエネルギー、情報通信といった「日本の重要な社会インフラ」に、強固なセキュリティを提供したい――。そんな目標を掲げ、ネットワーク事業者の3社が協業を発表した。社会全体でデータ量が増加する中、3社はどのようなセキュリティを提供しようというのか。(2021/2/3)

FAニュース:
雪国まいたけが、まいたけのカットから包装までを自動化するライン開発に着手
雪国まいたけは2021年1月27日、ロビットと協業し、まいたけカット工程の自動化技術の開発に成功し、次世代型パッケージングラインを開発すると発表した。(2021/2/3)

パナソニックの太陽電池生産終了 国内各社に逆風 システム開発で活路
パナソニックが太陽電池の生産から撤退する。2017年に太陽電池事業が赤字転落。20年に米Teslaとの太陽電池生産の協業を解消し、工場売却案も頓挫した。関係者は「シェアを拡大してきた中国メーカーの勢いを止められなかった」と振り返る。(2021/2/2)

組み込み開発ニュース:
STマイクロの32ビットマイコンの開発で「Azure RTOS」が使用可能に
STMicroelectronics(STマイクロ)は、IoT機器の開発を進めるため、Microsoftと協業した。マイクロコントローラー「STM32」を用いた開発に「Microsoft Azure RTOS」を活用することで、すぐに使用できるアプリケーション管理用サービスの提供が可能になる。(2021/2/2)

組み込み採用事例:
ソシオネクストが5nm SoCの提供に向けてシノプシスと協業範囲を拡大
ソシオネクストは、シノプシスとの協業範囲を拡大する。AIおよび高性能コンピューティング向けSoCにおいてメモリの処理能力を最大化するため、Synopsysの「DesignWare HBM2E IP」を採用する。(2021/1/29)

LINE WORKSとクラウド車両管理が連携、リアルタイム位置情報で何を目指すのか
スマートドライブとワークスモバイルジャパンは、クラウド車両管理サービス「SmartDrive Fleet」とビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」のAPI連携による協業ソリューションを提供する。(2021/1/28)

「アイリスロボティクス」設立 法人向けロボット事業でソフトバンクとアイリスオーヤマが協業
アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループが合弁企業「アイリスロボティクス」を設立。除菌清掃ロボットなど法人向ロボット事業を手掛ける。(2021/1/27)

「SoftBank on LINE」の先行エントリーがスタート 3000円分の「PayPayボーナス」をプレゼント
ソフトバンクがLINEとの協業で提供するオンライン専用ブランド「SoftBank on LINE」の先行エントリーがスタートした。先行エントリーした上で新規契約すると、もれなく3000円分の「PayPayボーナス」をプレゼントするキャンペーンも実施する。(2021/1/27)

組み込み開発ニュース:
キーレスエントリーへのBLE応用測距システムの導入で協業
アルプスアルパインとブロードコムは、BLEを応用した測距システムにおける協業を発表した。キーレスエントリーシステム向けに、高精度位置測位システムとスマートフォン用Bluetooth/Wi-Fiコンボチップが統合する。(2021/1/25)

待ち時間の軽減目指す:
阪神電鉄、甲子園球場で顔認証の実証実験 入場管理を非接触で
阪神電気鉄道は、鍵システム開発のビットキーと協業し、阪神甲子園球場で顔認証を使った入場管理の実証実験を行うと発表した。検証は球場関係者を対象に実施し、入場管理の簡素化と、待ち時間の軽減などを目指す。(2021/1/21)

ドコモ、家族型ロボット「LOVOT」開発のGROOVE Xと資本・業務提携
NTTドコモは、家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」を開発・販売するGROOVE Xと資本・業務提携契約を締結。コミュニケーションサービスの創出や、ヘルスケア・メディカルケア分野での協業などを目的としている。(2021/1/20)

医療機器ニュース:
超音波内視鏡システムの長期協業契約に合意
日立製作所とオリンパスは、超音波内視鏡システムに関する長期協業契約に合意した。超音波内視鏡システムを共同で開発するほか、超音波診断装置や関連製品を日立製作所が今後5年間継続して供給する。(2021/1/20)

電池交換不要を目指したボードを開発:
日本ガイシとローム協業、半固体電池+電源を提案へ
日本ガイシとロームは2021年1月20日、電池交換不要のメンテナンスフリー機器実現に向けて協業すると発表した。(2021/1/20)

ルネサス、コネクテッドカー開発でMicrosoftと協業
ルネサスがコネクテッドカー開発でMicrosoftと協業。ルネサスの車載用SoC「R-Car」を搭載した開発ツール「R-Carスタータキット」が、MSのモビリティプラットフォーム「MCVP」の開発環境として利用できるように。(2021/1/13)

トレックス・セミコンダクター 代表取締役社長 芝宮孝司氏:
PR:“アナログの泥臭さ”が生きる低電圧出力が勝負どころに、設計力を底上げしタイムリーな製品投入を狙う
小型・低消費電力の電源ICに強みを持つトレックス・セミコンダクター。新しい中期経営計画の初年度となる2021年度は、主力製品のラインアップ拡充を図る他、資本提携したインドのアナログICメーカーとの協業による設計力の底上げと、半導体受託製造を手掛ける子会社フェニテックセミコンダクターの工場移管による高収益体制の確立を目指す。同社社長の芝宮孝司氏に、事業戦略を聞いた。(2021/1/13)

スマートリテール:
米国AIレジレス企業と組んだ富士通、生体認証技術をリテールにどう生かすか
2020年12月、富士通がAIレジレスソリューションを展開する米国のZippinとの本格的な協業開始を発表した。ZippinのAIソリューションが持つ強みとは何か、また、富士通はレジレス分野でどのような市場展開を構想しているのか。富士通の担当者に話を聞いた。(2021/1/6)

キーレスエントリーシステム向け:
アルプスアルパインとBroadcomがBLE測距技術で協業
アルプスアルパインとBroadcomは2021年1月5日、両社がBLE(Bluetooth Low Energy)を応用したセキュアかつ高精度な測距システムで協業すると発表した。アルプスアルパインの広報担当によれば、具体的には、スマートフォンとBLEを活用した、自動車向けのキーレスエントリーシステムについて共同でマーケティングを行っていくという。(2021/1/5)

「Xi Frame」と「Citrix Managed Desktops」を比較【後編】
CitrixのDaaSは「エコシステム」と「Microsoftとの協業」が強みか
「Citrix Managed Desktops」(「Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure」)は関連製品の幅広さが特徴のDaaSだ。その概要を整理し、NutanixのDaaS「Xi Frame」と比較する。(2021/1/5)

ソフトバンクがLINEモバイルの完全子会社化と吸収合併を検討
傘下のMVNOであるLINEモバイルの完全子会社化と吸収合併に向けて、ソフトバンクがLINEとの協議を開始した。「SoftBank on LINE(仮称)」の提供に伴う、ソフトバンクとLINEとの協業強化が狙いだ。(2020/12/22)

協働ロボット:
ヤマハ発動機が協働ロボットの試作機を公開、高精度力センサーを全軸に組み込み
ヤマハ発動機は、開発中の協働ロボットの試作機を公開した。同社は早稲田大学発のロボット開発スタートアップである東京ロボティクスと協業しており、2021年内の一部ユーザーへの導入、2022年内の本格発売に向けて、両社の技術を融合した協働ロボットの開発を進めている。(2020/12/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。