ニュース
» 2010年04月05日 13時42分 UPDATE

リコー、The Linux Foundationに参画

リコーは、The Linux Foundationへの参画を発表した。OpenPrintingの分野におけるコミットメントとリーダーシップが期待される。

[西尾泰三,ITmedia]

 The Linux Foundationは4月5日、リコーが新メンバーとしてThe Linux Foundationに参加したことを発表した。同社はこれまで、The Linux Foundationの下部組織であるOpenPrintingで主に活動してきたが、今回の参画でLinuxに対する強いコミットメントを示したといえる。

 OpenPrintingは、LinuxやUnixライクなOSの印刷に関する標準化活動を展開している。幾つかのプロジェクトがあるが、すべてのアプリケーションとユーティリティで共通の印刷ユーザーインタフェースを提供する「Common Printing Dialog」や、PostScript依存のプリントシナリオをPDFベースに再構築する「PDF Print Path」などに注目が集まっている。

 The Linux Foundationジャパンディレクタの福安徳晃氏はリコーの参画について、「Linuxの分野では、ユーザーによる利用や標準化の活動などはこれまでサーバ分野が先行して進められてきました。ただ今後は、とりわけ今モバイルの分野で顕著になっているように、クライアント側でのLinuxの利用が加速的に進んでいくものと考えます。その中にあって印刷機能、ユーザビリティの強化は必要不可欠で、今後のリコー様のOpenPrintingへのコミットメントとリーダーシップに期待しています」とコメントしている。

関連キーワード

リコー | Linux Foundation | 標準化




Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ