ニュース
» 2010年04月08日 17時57分 UPDATE

C#でiPhoneアプリを開発できる「MonoTouch 2.0」リリース、iPadにも対応

C#および.NETを利用してiPhoneアプリを開発できる開発環境「MonoTouch 2.0」がリリースされた。.NET Frameworkを使ってiPhoneやiPad向けのアプリを開発できる。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 米Novellは米国時間の4月7日、C#および.NETを利用してiPhoneアプリケーションを開発できる開発環境「MonoTouch 2.0」を発表した。iPhone、iPod touchに加え、4月3日に発売されたiPad向けアプリケーションの開発にも対応する。

 MonoTouchはNovellが支援するMono Projectで開発が進んでいるプロジェクト。オープンソースの.NET Framework互換環境「Mono」をベースとし、コンパイラ、ライブラリ、各種ツールなどで構成される。

 iPhone向けアプリケーションの開発にはC、Object-Cなどの知識が必要だが、MonoTouchを使うことで.NET Frameworkを使ったアプリケーション開発が可能。MonoTouchではC#で記述したコードからネイティブコードを生成できるため、Appleのライセンス条件を満たすアプリケーションを作成できるという。

 MonoTouch 2.0ではiPad対応に加え、多数の新機能が追加されている。iPhone OS 3.2で導入されたiPad APIをフルサポートするほか、シミュレータおよび実機の両方で利用できるデバッガや、Appleが提供するパフォーマンス分析ツール「Instruments」および「Shark」を利用したプロファイリングもサポートした。そのほか著名な.NETライブラリの追加や起動時間の短縮、性能強化も行われている。

 MonoTouchにはPersonalとEnterpriseの2種類のエディションが用意されており、価格はPersonalが年間399ドルから。

 Novellによると、2009年9月にMonoTouchの提供を開始して以来1万6000人以上の開発者がMonoTouchを利用してiPhoneとiPod touch向けにアプリケーションを開発したという。



Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -