ニュース
» 2009年01月16日 18時00分 公開

性能が強化された「Mono 2.2」リリース

コード生成エンジンに「Linear IL」を採用した、.NETフレームワークのオープンソース実装環境「Mono 2.2」がリリースされた。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine
Monoの開発環境イメージ(出典:Mono)

 Mono Projectは1月13日、.NET Frameworkのオープンソース実装環境「Mono 2.2」をリリースした。プロジェクトのサイトからソースとバイナリパッケージをダウンロードできる。

 最新版では、バグ修正のほか、幾つかの機能が強化された。ランタイムでは、コード生成エンジンとして新たに「Linear IL」を採用。これまでのツリーベース表示と比べ、高度な最適化が可能になるという。このほか性能面では、「Generic sharing」を強化したほか、JITでSIMD命令セットをサポートした。モニタリングでは、最新のGUIツール「mperfmon」により、システムのパフォーマンスを監視できるようになった。

 C#レベルでは、「Mono.CSharp.Evaluator」を利用してC#コンパイラをアプリケーションに組み込めるようになった。また、インタラクティブシェル「csharp」コマンドが追加されたほか、GUIバージョン「gsharp」もツールパッケージに含まれているという。

 コード分析ツール「Gendarme」には、新しいフィルタリングオプションやルールが追加された。既存ルールの修正や強化も行ったという。

関連キーワード

C# | オープンソース | フレームワーク | .NET


Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -