ニュース
» 2010年04月15日 07時00分 UPDATE

任天堂、ゲーム機めぐる特許訴訟で逆転勝訴

任天堂の特許侵害を認め、損害賠償の支払いを命じた一審判決が覆された。

[ITmedia]

 任天堂が米企業から特許侵害で訴えられていた訴訟で、任天堂は特許を侵害していないとする判決が下された。

 米連邦控訴裁は4月13日、原告Anascapeの主張を退け、任天堂の特許侵害を認めた地裁判決を覆した。

 Anascapeは、WiiおよびGAMECUBEのコントローラーが同社の特許を侵害しているとして訴訟を起こした。米連邦地裁は2008年に、侵害があったとする陪審評決を下し、任天堂に侵害製品の販売停止と2100万ドルの損害賠償の支払いを命じた。

 任天堂米国法人は声明で「今日の判決で任天堂のコントローラーが特許を侵害していないことが確認された。当社の主張が認められたことをうれしく思う」と語っている。

 AnascapeはMicrosoftにも同様の訴訟を起こしていたが、2008年に和解している。

関連キーワード

任天堂 | 特許 | 特許侵害 | 賠償 | 裁判 | 判決 | Wii


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -