ニュース
» 2010年04月15日 18時30分 UPDATE

レッドハット、「JBoss Enterprise SOA Platform 5.0」を提供開始

レッドハットは、「JBoss Enterprise SOA Platform 5.0」と「JBoss Developer Studio 3.0」の提供を開始した。各種クラウドサービスとの連携が容易に行えるようになっている。

[ITmedia]

 レッドハットは4月15日、SOAミドルウェア「JBoss Enterprise SOA Platform 5.0」と統合開発環境「JBoss Developer Studio 3.0」をリリースした。

 JBoss Enterprise SOA Platformは、J2EEアプリケーションサーバ「JBoss Enterprise Application Platform」を基盤とし、エンタープライズサービスバス(ESB)の機能を提供する「JBoss ESB」、ビジネスプロセス管理エンジン「JBoss jBPM」、ビジネスルールを管理/実行する「JBoss Rules」を組み合わせたもの。

 最新版では、UDDI v3.0に準拠したレジストリ機能が追加され、各種クラウドサービスとの連携が容易になったほか、新しい管理コンソールによってサービスモニタリングの機能が強化されている。ビジネスルール管理ツール「JBoss Enterprise BRMS 5.0」との連携も強化された。

 JBoss Developer Studio 3.0は、Eclipseをベースに同社のミドルウェア技術やツールを追加した統合開発環境。最新版では、サービス定義のためのウィザード、データ変換のマッピングツール、ビジネスルール定義ツールなどのプラグインが用意された。

 JBoss Enterprise SOA Platform 5.0はオープンソースソフトウェアとして提供されているため、ライセンス費用は発生しないが、テクニカルサポートや製品アップグレード、修正プログラムなどが提供されるサブスクリプションの価格は、4CPU当たり年額263万8000円から。JBoss Developer Studio 3.0は、1サブスクリプション当たり2万円。

関連キーワード

JBoss | Red Hat | SOA | J2EE




Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -