ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

「J2EE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Java Solution − @IT

Red Hatのリッチ・シャープルズ氏に聞いた:
PR:Javaエンジニアは何を考え、どう行動すべきか? 急速に変化するエンタープライズJavaの世界
Java EEの開発、Oracle JDKの提供方針変更など、Javaの世界は大きく変化している。一方で、マイクロサービスアーキテクチャへの移行が提唱されている。Java開発者が今、本当にやるべきことは何か。長年Javaの開発に携わり、開発者への的確なアドバイスで知られるRed Hatのプロダクトマネジメント担当シニアディレクター、リッチ・シャープルズ氏に、率直に聞いた。(2018/3/1)

「JavaOne 2017」で学ぶ開発ツールの利用方法
Java開発の現在と将来――Javaはレガシーアプリにデジタル変革を起こせるのか
コンテナへの対応、モジュール化、Java EEの「MicroProfile」など、Java開発ツールのさまざまな強化点について、エンタープライズアーキテクトと開発者が解説する。(2017/11/14)

約3年半ぶりのメジャーアップグレード:
「Java SE 9」「Java EE 8」、一般提供を開始
Oracleが「Java SE 9」「Java EE 8」「Java EE 8 SDK」の正式版を公開。Java SE 9は3年半ぶりのメジャーアップグレードで150以上の新機能を提供。Java EE 8ではクラウドやマイクロサービスへの対応が進められた。(2017/9/26)

特集:IoT、FinTech時代、「求められるエンジニア」になるためには(2):
Java EE 8/9はマイクロサービス、リアクティブに向かう――MVCは生き残れるのか
デジタルトランスフォーメーション時代に生き残れるエンジニアに求められるものとは何か。長らく、日本のJavaコミュニティで存在感を示し続け、現在は日本マイクロソフトでJavaエバンジェリストとして活動する寺田佳央氏に聞いた。(2016/10/31)

Oracle OpenWorld 2016 Report:
Javaのこれからは? Oracleが開発への継続的参加を訴求
Oracle OpenWorldと併催されている「JavaOne」もスタート。JDKのDocker対応やJava EE 8/9の状況などが紹介された。(2016/9/19)

3つのフレームワークで学ぶエンタープライズJava開発入門(3):
いまさら聞けないRESTの基礎知識、JAX-RSを使ったREST APIの作り方と使い方
新規のエンタープライズJava開発において現在有力視される3つのフレームの違いについて解説する連載。前回から複数回に分けて、MVCのViewとControllerにフォーカスして各要素を紹介しています。今回はJava EEのJAX-RSについて。JAX-RSの基本的な設計方針であるRESTについて解説し、Struts 1、JSFとの違いやJAX-RSの使いどころを紹介します。(2016/4/18)

3つのフレームワークで学ぶエンタープライズJava開発入門(1):
Strutsを使い続けることの問題点&現在有力なJava EE、Spring、Play Frameworkの基礎知識とアーキテクチャ
新規のエンタープライズJava開発において現在有力視される3つのフレームの違いについて解説する連載。初回は、Strutsを使い続けることの問題点と3つの概要、アーキテクチャ、使い分けについて。(2015/7/2)

オラクルがJavaの更新調査サービス、4割のユーザーにサポート切れのリスクも
Java SEやJava EEで開発されたアプリなどのバージョンアップを前提に、修正内容や影響などの調査や分析を行う。(2015/4/8)

Struts後時代のJava EE/Javaモダン開発はどうあるべきか〜JJUG CCC 2014 Springまとめリポート(前編)
Java EEにおいてJava 8はどこまで利用できるのか、Java開発でGit、CI、継続的デリバリは、どこまで有効なのか、Struts後時代のJava EE開発における有効なフレームワークなどをお伝えする。(2014/8/26)

WebSocketやREST APIのサポート強化:
Java 8&Java EE 7に対応した「Spring Framework 4.0」正式版リリース
米Pivotalは2013年12月12日、オープンソースのJavaアプリケーションフレームワーク「Spring Framework 4.0」の正式版をリリースした。(2013/12/13)

開発動向:
「Eclipse 4.3」リリース、Java EE 7やBPMに対応
Keplerがリリースされた。Mavenの統合、BPMツール「Eclipse Stardust 1.0」などが含まれる。(2013/7/5)

ホワイトペーパー:
クラウドと融合するJavaベースのアプリケーション実行基盤
企業システムの要として、重要な役割を担うアプリケーションサーバ。「Java EE 6」に完全準拠し、エンタープライズクラウドのハイレベルな要件を満たす最新のアプリケーション実行基盤が注目を集めている。(2013/7/2)

HTML5のサポート強化や開発者の生産性を向上:
Oracle、「Java EE 7」を提供開始
Java EE 7では、HTML5のサポート強化や開発者の生産性向上、企業のニーズに対応した機能が取り入れられた。(2013/6/14)

Java Day Tokyo 2013まとめレポート(2):
WebSocket、組み込み、並列処理で進化するJava、そして最強のIDEはどれだ?
Java EEにおけるWebSocket、並列処理の過去・現在・未来、Raspberry Piとの連携、Eclipse、NetBeans、IntelliJ IDEAの中から最強のIDEを決める座談会、ミニ四駆の発表もあったLT大会などの模様をお届け。(2013/6/11)

Java Day Tokyo 2013まとめレポート(1):
Java SE 8、Java EE 7、JavaFX、Java Embeddedはどうなる?
OpenJDKで使えるJava 8の新機能、3Dの表現力が段違いで採用企業が増加しているJavaFX、センサデータを企業で活用するJava Embedded、HTML5、WebSockets、JSON、バッチ処理機能を備え、6月13日にリリース予定のJava EE 7、世界に広がるJava Communityなどの最新情報をお届け。(2013/5/24)

Java Day Tokyo 2013の見どころは?:
PR:Javaの最新動向を1日で! Java EE 7など、今知りたい全てがここに
日本オラクルが2013年5月14日に東京、秋葉原UDXで開催予定の「Java Day Tokyo 2013」。Java技術者の間で、このイベントが話題になっている。本記事では、日本オラクルのJavaエバンジェリストである寺田佳央氏と、Java Embeddedシニアセールスコンサルタントの笹沼満氏に、この注目イベントの見どころについて話を伺った。(2013/4/15)

JavaOne 2012まとめレポート:
JavaによるマルチOSスマホアプリ開発「Codename One」登場、Javaの父GoslingがTシャツを投げた!
AMDによるヘテロジニアスコンピューティング、Java EE 7でのWebSocket、JSON、NoSQL対応の最新情報や、HadoopのClouderaやTwitterも参加したコミュニティによるパネルディスカッション、Javaの父James Gosling氏のサプライズ登壇の模様などをお届けする(2012/10/31)

HTML5やWebSockets対応が進むJavaの今後〜JavaOne 2012基調講演まとめレポート
HTML5やWebSockets対応が進むJava EE 7、シェアを伸ばすJava 7、そしてJava 8とOpenJDK、JavaFXの最新情報をお伝えする(2012/10/12)

日本オラクル「WebLogic Server 12c Forum 2012」リポート
三菱東京UFJ銀行と楽天の事例に見る「Java EE 6」の利用価値と選択基準
エンタープライズシステムの標準技術として浸透する「Java EE 6」。三菱東京UFJ銀行と楽天の導入事例から、その本質的な価値と効果的な導入のポイントを探る。(2012/8/29)

レッドハット、「JBoss Enterprise Application Platform 6.0」を提供
レッドハットがアプリケーションサーバの最新版をリリース。Java EE6に完全準拠したほか、仮想環境やクラウド環境での用途に合わせて動作を高速化したという。(2012/8/1)

アプリケーションサーバ「WebLogic」の最新版を発表 日本オラクル
日本オラクルはJava EE 6やJava SE 7に対応したアプリケーションサーバ製品の最新版を提供開始する。(2012/1/26)

ホワイトペーパー:
Javaの進化を先取る、最新Webアプリケーションサーバの新機能とは
世界で1万9000社が採用するWebアプリケーションサーバ「WebSphere Application Server」がバージョンアップした。Java EE 6対応など先進の新機能を盛り込んだ定番Webアプリケーションサーバの新機能を見る。(2012/1/26)

富士通、Java EE 6に対応したアプリケーションサーバを発売
富士通は、Java EE 6やスマートフォンアプリ開発フレームワークをサポートしたアプリケーションサーバを発売した。(2011/12/20)

ホワイトペーパー:
帳票ツールとメールを連携させる方法
Java EE向け帳票ツール「Elixir Report」を利用して簡単な自動メール配信システムを作成してみることでElixir Reportの手軽さを紹介する。(2011/11/25)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(15):
Java EE 6/Tomcat 7/Gitに対応したEclipse 3.6
(2010/6/25)

グレープシティ、Java入力コンポーネントの新版を提供へ
グレープシティは、Java EEシステム向けの入力フォーム用コンポーネントの新版を3月24日に発売すると発表した。(2010/2/17)

Oracle、Eclipse向けの無償プラグイン最新版をリリース
Oracleは、Eclipse向けの無償プラグインを発表。Eclipseを利用してFusion Middleware向けのJava EEおよびWebサービスアプリケーションを構築できる。(2010/2/8)

米Sun、軽量、モジュラー化を進めた「Java EE 6」を公開
Java EE 5以来、3年ぶりのリリースとなるJava EE 6は軽量とモジュラー構成を特徴としており、生産性の改善を目指す。(2009/12/11)

現場にキく、Webシステムの問題解決ノウハウ(1):
Java EEサーバからレスポンス返らず。何から調べる?
本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部)(2009/11/26)

Java EE 5対応「JBoss AS 5.0」がリリース
米Red Hat参加のJBossは、オープンソースのJavaアプリケーションサーバをリリースした。Java EE 5に対応し、さまざまなJBossプロジェクトを統合している。(2008/12/8)

Sun、商用版「GlassFish Enterprise Server v3 Prelude」をリリース
Sunは2009年に登場予定のJava EE 6の機能を一部先行して実装した商用版Webアプリケーションサーバ「Sun GlassFish Enterprise Server v3 Prelude」を発表した。(2008/11/7)

ホワイトペーパー:
Java EEシステムのデータエントリを変える! 〜誤入力防止と操作性向上の鍵〜
Java EEシステムの入力インタフェースの開発手法を見直し、開発工数の削減、適正データによる安定したシステム運用、そしてエンドユーザーの操作性向上の鍵を探る(提供:グレープシティ)。(2008/11/4)

ホワイトペーパー:
Java EE性能チューニングは負荷テストとプロファイラの連携が正解
Java EEシステムの開発におけるパフォーマンステストは、テスト工数が増大する一方で短期開発が定着し、テスト期間の十分な確保は難しい。「負荷テストツール」と「プロファイラ」を連携利用すれば、工数削減と短期開発を両立できる(提供:グレープシティ)。(2008/10/17)

NEWS
レッドハットがJBoss Seamの最新版、SOAコンポーネント・Java EE6との連携を追加
Java EEアプリケーション開発のフレームワーク製品「JBoss Seam 2.0」を9月上旬より提供。SOAサービス統合基盤「JBoss Enterprise SOA Platform」に含まれる各種コンポーネントとの連携に対応した。(2008/8/27)

グレープシティが提供:
「InputMan」がJava EEに対応 入力ミスを自動で防止
指定した書式以外の文字や範囲外の日付や数値を入力すると、自動的に不正入力として検出する機能を備えた。(2008/8/19)

日本ユニシス、アプリケーション開発基盤にOSSフレームワークを追加
日本ユニシスは、アプリケーション開発基盤の「MIDMOST for Java EE」に、OSSフレームワーク「Maia」を追加した。(2008/4/15)

Oracle、最新開発ツールと新アーキテクチャをJavaOneでプレビュー
Oracleは、Javaアプリケーションサーバを含むミドルウェア製品群「Fusion Middleware」で実現する新機能について、Java EEを始めとするテーマで紹介した。(2007/5/14)

Apacheの戦士Geronimoが持つ実力:
最終回 Ruby on Geronimoを試す【後編】
J2EEアプリケーションサーバ「Apache Geronimo」の魅力に迫ってきた本連載もいよいよ今回で最終回となる。今回は、RoGの実現を通して、GBeanの原理をより深く理解してほしい。(2007/3/29)

Apacheの戦士Geronimoが持つ実力:
第1回 勇気を出してジェロニモとお近づきになってみる
J2EEアプリケーションサーバ「Apache Geronimo」が静かにブレイクの兆しを見せている。本連載では、このGeronimoの魅力に迫っていく。まず、Geronimoの導入ポイントと、Eclipse+Web Tools Platformを使った開発の流れを紹介しよう。(2007/3/22)

Sun、アプリケーションサーバ「GlassFish v2」のβ版を公開
Java EE 5アプリケーションサーバの「GlassFish」次期バージョンでは、WSITなどのエンタープライズ機能が強化された。(2007/3/21)

ホワイトペーパー:
オープンソースながらサポートも安心なJ2EEアプリケーションサーバ
オープンソース製品には優れた品質を持つものが多いが、難点はサポート体制だ。J2EEアプリケーションサーバの場合、堅牢さも要求される。現在、最も普及しているJ2EEアプリケーションサーバを紹介する。(2007/1/31)

1分ショートレビュー:
XAMPPはJ2EEの競合に育つか?
最近、「XAMPP」という言葉を目にする機会が多くなった。Apache、MySQL、PHP、Perlなどをワンパッケージで利用できるソフトウェアスタックだが、開発環境としては非常に便利である。(2006/12/1)

Sun、GPLライセンス採用を正式発表
Java SEとJava MEはGPLの下で公開され、Java EEはCDDLとのデュアルオープンソースライセンスになる。(2006/11/14)

ホワイトペーパー:
Javaアプリケーションに対する投資収益の最大化を実現
今日の企業は、Javaテクノロジーのパワー、移植性、および迅速な開発を活用するビジネスアプリケーションの構築を望んでいる。複雑なJ2EE アプリケーションの提供と管理を成功させるには、アプリケーションのライフサイクル全体を通してパフォーマンスを評価する必要がある。(2006/10/23)

ホワイトペーパー:
J2EEアプリケーションを監視しパフォーマンスを改善する
J2EEアプリケーションのパフォーマンスを低下させる原因は多数ある。日本コンピュウェアのVantageファミリーは、J2EEアプリケーションを監視し、パフォーマンスおよび品質を改善するのに役立つツール群だ。(2006/7/26)

サン、無料で利用可能な商用アプリケーション・サーバの日本語版を提供開始
サンは、Java EE 5に完全対応し、無料で利用可能なアプリケーション・サーバ「Sun Java System Application Server Platform Edition 9.0 日本語版」の提供を開始した。(2006/6/13)

Sun、Java EE 5を正式発表
年次カンファレンスJavaOneが米サンフランシスコで開幕。「過去6年で最も重要なアップデート」となるJava Platform, Enterprise Edition 5が正式発表された。(2006/5/17)

ホワイトペーパー:
操作性を向上した統合ERPパッケージ「ProActive E2」
カールのERPパッケージ「ProActive E2」は、J2EEに準拠し、UIに「Curl」を採用。リアルタイム経営、経営の「見える化」、コンプライアンスを実現する。(2006/3/28)

オラクル、EJB3.0を先取りしたWebアプリケーション実行・開発環境をリリース
日本オラクルは3月1日、Java EE 5に向けてEJB3.0をサポートしたWebアプリケーションサーバ「Oracle Application Server 10g Release 3」およびJ2EE統合開発環境「Oracle JDeveloper 10g Release 3」をリリースした。(2006/3/1)

米Symantec、VERITAS i3刷新のi3 7.5をリリース
J2EE、.NET Framework対応のアプリケーションパフォーマンス管理ソフト「Symantec i3 7.5」が日本語版で4月に出荷予定。(2006/2/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。