ニュース
» 2010年05月10日 15時40分 UPDATE

ASF、Yahoo!発の「Traffic Server」など6つをトップレベルプロジェクトに昇格

Apache Software Foundationは、Traffic ServerやMahout、HBaseなど6つのオープンソースプロジェクトをトップレベルプロジェクトに昇格した。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 非営利団体Apache Software Foundation(ASF)は5月4日(現地時間)、「Apache Traffic Server」など、新たに6つのオープンソースプロジェクトをトップレベルプロジェクト(TLP)に承認したことを発表した。単一月では最多の昇格となる。

 新たにTLPとして認められたTraffic Serverは、米Yahoo!が2009年にオープンソース化したHTTP/1.1互換のキャッシュ機能付きプロキシサーバ。もともとはYahoo!が買収したInktomiの技術を土台としており、ASFではインキュベータプロジェクトとして開発が進められてきた。クラウドコンピューティングにおけるエッジサーバとして利用できることから注目されている。

 残りの5プロジェクトは、既存TLPのサブプロジェクトからの昇格となる。「Apache Lucene」から昇格したのは、1)「Apache Hadoop」などの技術上に実装できる機械学習アルゴリズム「Apache Mahout」、2)コンテンツ検出/分析用の軽量ツールキット「Apache Tika」、3)LuceneベースのWeb検索エンジン「Apache Nutch」。

 Apache Hadoopからは、1)データシリアライゼーション「Apache Avro」、2)Googleの「BigTable」をモデルとした分散データベース「Apache HBase」の2プロジェクトが昇格した。

 TLPはコミュニティーの成熟度が認められたプロジェクトが承認されるもので、ASFは2010年に入り、「Apache Cassandra」「Apache Subversion」などのプロジェクトをTLPにしている。ASFは現在、TLP、インキュベーション、サブプロジェクトなど合わせて合計143のプロジェクトを抱える。

関連キーワード

Apache | Traffic Server | Yahoo! | オープンソース


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -