ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

「Yahoo!」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ヤフー、副業求人サービス開始、まずはβ版 先行登録者は9万人超
ヤフーが副業人材の求人サービス「Yahoo!副業」の提供を開始。ヤフーやエキサイトなど9社の求人情報を業種や職種を問わず掲載する。まずはβ版として、企業やユーザーから手数料を取らない形で提供する。(2021/5/11)

IT企業や広告代理店など:
ヤフー、副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」の正式提供を開始
ヤフーは5月11日、副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」の正式提供を始めた。現時点での掲載企業は、一休、エキサイト、カウシェ、博報堂、hey、Baseconnect、メディカルノート、ヤフー、LayerX(50音順)。(2021/5/11)

PayPay、花王商品の購入で最大30%還元 6月1日〜6月30日
PayPayとヤフーは、花王商品の購入金額から最大30%をPayPayボーナスで付与するキャンペーンを開催。対象店舗は全国のウエルシア、スギ薬局、サンドラッグ、ツルハドラッグ、マツモトキヨシなどで、期間は6月1日〜6月30日。(2021/5/10)

Verizon、メディア部門をPEに50億ドルで売却 新企業名をYahooに
VerizonがYahoo!やAOL、Engadgetなどを擁するメディア部門をプライベートエクイティ(PE)のApolloに売却する。総額50億ドル。独立した部門はYahooという企業名になる。(2021/5/4)

「ヤフーはまだまだ成長できる」 売上高1.2兆のZHD、2桁成長に意欲
LINEとの経営統合を果たしたZホールディングス(ZHD)が、さらなる成長に意欲的だ。4月28日に行われた2021年3月期の決算発表では、「創業から25年経つ大きなヤフーだが、まだまだ成長できる」と川邊健太郎Co−CEOは意欲を見せた。(2021/4/28)

新型コロナワクチンの接種人数を都道府県別に表示 ヤフーが新サービス
ヤフーが同社のスマートフォンアプリなどで新型コロナワクチンを接種した人数を都道府県別に表示する新サービスを始めた。(2021/4/23)

プロ野球中継に“投げ銭”機能 ヤフーとパ・リーグ 「無観客でも気持ち伝わる」
ヤフーのパ・リーグ公式試合ライブ配信でコメント欄に有料の応援機能。ファンは球団を応援するコメントと一緒に“投げ銭”ができる。(2021/4/23)

「ヤフトピ」見出し、最大13.5→14.5文字に 20年ぶりに変更
ヤフーが、「Yahoo!ニュース トピックス」(ヤフトピ)の見出しの文字数を変更すると発表。これまでは原則、最大13.5文字だったが、段階的に14.5文字に変更する。(2021/4/14)

Yahoo! MAPに「新型コロナワクチンマップ」、接種会場や医療機関を確認できる
ヤフーの「Yahoo! MAP」アプリで、新型コロナワクチン接種会場・医療機関の確認やルート検索が行える「新型コロナワクチンマップ」機能を提供。東京23区の一部を含む約460市町村、約1700接種会場・医療機関が対象となる。(2021/4/6)

米国版「知恵袋」、「Yahoo Answers」が5月4日に終了へ
Yahoo.comのQ&Aサービス「Yahoo Answers」が5月4日に終了する。Yahoo.comはVerizon Mediaが運営しており、日本のヤフーとは無関係なので、Yahoo!知恵袋には影響しない。(2021/4/6)

新型コロナワクチン接種会場の表示に「Yahoo! MAP」が対応
ヤフーが新型コロナウイルスワクチンの接種会場を「Yahoo! MAP」(iOS/Android、無料)上に表示するサービスを始めた。アプリを起動させると、ワンタップで近隣の会場や医療機関を確認できる。(2021/4/5)

Amazon、楽天、ヤフーなどが国の規制対象に 出店者向けの相談窓口も設置
経済産業省はアマゾンジャパンや楽天グループ、ヤフーなどを規制対象に指定し、各ECサイトの出店者向けに相談窓口を設置したと発表した。2月に施行したデジタルプラットフォームに関する法律に基づく取り組み。(2021/4/1)

ヤフオク!が「値下げ交渉」機能を終了 7月1日に
ヤフーが「ヤフオク!」で、入札希望者が出品者に値引きを提案できる機能を終了すると発表。(2021/4/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本にとって“渡りに船”だったのか? LINE騒動はゴタゴタ中
LINEの個人情報が、中国からアクセスされているとして大騒動に。多くのユーザーは以前と同じように使っていると思うが、3月に合併したヤフー側はこの騒動をどのように受け止めているのだろうか。(2021/3/29)

オンラインとオフラインの垣根をなくす:
ヤフーとLINEが経営統合、川邊・出澤共同代表に聞く――ZホールディングスにあってGAFAにない優位性とは?
ヤフーを傘下に置くZホールディングスとLINEが経営統合して、新生Zホールディングスが誕生した。GAFAが日本でも大きな市場シェアを獲得していて、これに打ち勝つのは容易ではない。どのような施策を打つことで、ライバル企業に勝るネットサービス企業になろうとしているのか。共同最高経営責任者(Co-CEO)に就任した川邊健太郎氏と出澤剛氏にインタビューした。(2021/3/25)

本田雅一の時事想々:
「ahamo」のドコモ、経営統合のヤフーとLINE──“人口減少先進国・日本”で、勝機はあるのか
ヤフーとLINEが事業統合を進めている。その背景には“人口減少先進国”という、日本の負の側面を、近い将来、プラスに持っていきたい意図が見える。(2021/3/18)

ヤフー、新型コロナワクチンの接種時期や予約方法を検索結果に表示
ヤフーが「Yahoo!検索」の検索結果に、新型コロナワクチンの接種に関する情報を表示する取り組みを始めた。ユーザーが「自治体名+コロナワクチン」で検索すると、ワクチンの予約方法や接種できる時期などを表示する。(2021/3/16)

ヤフー ネット通販商品、最短当日受け取りへ
ヤマト運輸とヤフーは10日、ヤフーのネット通販(EC)サイトの購入者向けに5月から最短で注文当日の受け取りを可能にするサービスを始めると発表した。(2021/3/10)

ヤフー、4月からECサイトの配送料を全国一律に 打倒アマゾン・楽天へ、業界3位から巻き返し狙う
ヤフーとヤマト運輸は、ヤフーが運営するECサイトの配送料や配送方法を見直すことで、EC業界での競争力を強化する。現在「業界3番手」と自社サービスを認識するヤフー。先行するアマゾンジャパンや楽天に対し、巻き返しを狙う。(2021/3/10)

LINE、災害情報を配信するサービス開始 「Yahoo!防災速報」と連携
LINEが、メッセージアプリ「LINE」で災害情報を配信するサービス「防災速報」の提供を始めた。ヤフーと連携し、スマートフォンアプリ「Yahoo!防災速報」の避難情報、地震・津波情報、気象警報などを提供する。(2021/3/4)

「Yahoo!副業(ベータ版)」スタート 副業求人のマッチングサービス
ヤフーが副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」の登録受付を始めたと発表。求人情報は5月上旬以降に掲載する。(2021/3/3)

ヤフー、副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」開始
ヤフーは3月3日、副業人材を探す企業と副業をしたい人をマッチングするサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」の登録受付を開始したと発表した。5月上旬以降に企業の求人情報を配信する。(2021/3/3)

新生Zホールディングスの戦略:
ヤフーとLINEの経営統合でコマース・広告はどう変わるのか
新生Zホールディングスの戦略についてコマースと広告に関わるポイントをまとめました。(2021/3/2)

ヤフーとLINEの統合で何が変わるのか? 新生Zホールディングスが目指すもの
ヤフーを傘下に収めるZホールディングスとLINEが統合して新生Zホールディングスが3月1日に誕生した。新生Zホールディングスは、Yahoo! JAPANやLINEといった巨大サービスを抱え、国内総利用者数は3億超、国内サービス提供数は200超となる。中でもコマースやFintechを集中領域に掲げている。(2021/3/2)

ヤフーとLINE経営統合 総利用者のべ3億人 ペイペイ統合も検討開始
通信アプリやスマートフォン決済の総利用者数が延べ3億人超にのぼる国内最大級のIT企業として、令和5年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。(2021/3/2)

ヤフーとLINEが経営統合 “新生”Zホールディングス誕生 AIに積極投資、2023年度に売上2兆円目指す
Zホールディングス(ZHD)が傘下のヤフーとLINEが3月1日付で経営統合したと発表した。2社のサービスの国内総ユーザー数は3億人超、従業員数はグループ全体で約2万3000人となり、国内最大規模のWebサービス企業が誕生した。(2021/3/2)

Yahoo!ニュースとLINE NEWSは統合せず 川邊社長「混ぜるな危険」
3月1日付で経営統合したヤフーとLINEの親会社Zホールディングスの川邊健太郎社長は、2社のニュースサイト「Yahoo!ニュース」と「LINE NEWS」はサービスを統合せず、共存させる方針を明らかにした。(2021/3/1)

PayPay、LINE Payの国内事業を吸収へ 海外はLINE Payに統一
ヤフーの親会社Zホールディングスは3月1日、スマートフォン決済「PayPay」に「LINE Pay」を統合させる方針を示した。2つのサービスが統合されれば、国内で最大手となる見通し。(2021/3/1)

ヤフーとLINE 経営統合で何を統合? すみ分け?
3月1日に経営統合を完了したZホールディングスとLINE。会見では、Co-CEO(共同CEO)となる川邊健太郎氏と出澤剛氏が統合後の戦略を話した。(2021/3/1)

4月下旬以降にPayPay加盟店(ユーザー読み取り式)で「LINE Pay」が利用可能に コード決済事業のPayPayへの統合も検討開始
Zホールディングス(旧ヤフー)とLINEの経営統合に伴い、PayPayのユーザースキャン式加盟店においてLINE Payを利用できるようになる。日本国内では、2021年4月をめどに両社のコード決済事業をPayPayに統合する方向で検討に入った。(2021/3/1)

ヤフーとLINEの経営統合を記念した「超PayPay祭」開始 PayPay、Yahoo!、LINEでキャンペーン
ヤフーを子会社に持つZホールディングスとLINEが、3月1日に経営を統合。これを記念し、全国のPayPay加盟店とオンラインショップが対象の大規模キャンペーン「超PayPay祭」を3月28日まで開催する。(2021/3/1)

「Yahoo!乗換案内」で都営バスの接近情報を提供
ヤフーは、経路検索アプリ「Yahoo!乗換案内」において、都営バスの接近情報をルート検索結果画面に表示する機能の提供を始めた。(2021/2/26)

平井大臣、LINEとZホールディングスの統合に言及 「利用者目線のプラットフォームを」
平井卓也デジタル改革担当相がヤフーを傘下に持つZホールディングス(ZHD)とLINEの経営統合に言及。「利用者目線に立ったプラットフォームを目指してほしい」と述べた。(2021/2/26)

「ヤフオク!」と「PayPayフリマ」が置き配に対応 非対面の配送を強化
ヤフーが「ヤフオク!」「PayPayフリマ」が置き配に対応すると発表。対象はヤマト運輸と共同で提供している「ヤフネコ!パック」。(2021/2/25)

3つの意味を込めた:
ヤフーとLINEの経営統合で、持ち株会社「Aホールディングス」誕生
ヤフーとLINEの経営統合に向け、ソフトバンクがNAVERと共同出資する持ち株会社の商号を「Aホールディングス」にすると発表。傘下にはZホールディングス、さらにその下にヤフーとLINEの事業会社がぶら下がる。(2021/2/24)

LINEが「Aホールディングス」に商号変更 ヤフーとLINEの経営統合で
ソフトバンクとNAVER Corporationは、2月24日に開催されたLINEの臨時株主総会で、LINEの商号を「Aホールディングス(AHD)」に変更すると決定した。(2021/2/24)

PayPayフリマ、5〜30秒動画で商品紹介できる新機能
ヤフーが同社のフリマアプリ「PayPayフリマ」(iOS/Android、無料)に商品の説明動画を出品時に登録できる機能を搭載したと発表した。(2021/2/24)

PayPayフリマ、商品紹介を動画で行う「動画出品」機能
ヤフーが提供するフリマアプリ「PayPayフリマ」は2月24日、出品した商品を動画で紹介できる「動画出品」機能の提供を開始した。動画を使うことで、商品の詳細を簡単に伝えたり、細かな状態などを伝えたりできる。(2021/2/24)

石野純也のMobile Eye:
「LINEMO」の戦略を読み解く ヤフーとLINEの経営統合がサービス強化のカギに
ソフトバンクオンライン専用ブランドが「LINEMO」に決定した。料金も改定し、5分間の音声通話定額をオプションにすることで、最低料金を月額2480円に下げた。MVNOとして展開しているLINEモバイルを発展的に継承する形で、LINEとのサービス連携が最大の特徴になる。(2021/2/20)

ヤフー、全社員に5万円分のPayPay残高を支給 電子マネーによる手当の支払いを検証
ヤフーが同社の全社員にモバイル決済サービス「PayPay」の残高を5万円分付与すると発表。テレワーク環境の整備を支援する他、電子マネーによる給料支払いのモデルケース確立を目指す。(2021/2/18)

働く環境応援資金:
ヤフー 全社員を対象に在宅勤務手当5万円分をPayPayで支給
ヤフーは2月18日、心身の健康維持や自宅の労働環境整備を目的とした「働く環境応援資金」5万円分をキャッシュレス決済のPayPayで支給すると発表した。(2021/2/18)

AIで“不適切コメント”撃退に効果 ヤフーが検証結果を発表
ヤフーによると、「Yahoo!ニュース コメント」に不適切なコメントを繰り返し投稿するアカウントが、AIを活用した投稿時注意メッセージの掲出によって減少したという。その理由とは。(2021/2/17)

Yahoo! BEAUTYが「似ているヘアスタイル表示機能」を提供開始 独自AIで検索精度を大幅に改善
美容院に行く前に調べたくなる。(2021/2/16)

3月1日〜28日に「超PayPay祭」開催 最大30%還元や全額還元も
PayPayは、3月1日から3月28日まで大規模キャンペーン「超PayPay祭」を開催。オンライン加盟店を含む全国の対象店舗や、Yahoo! JAPANで提供しているサービスなどで行う。(2021/2/16)

似ているヘアカット写真を見つける画像認識AI 「Yahoo! BEAUTY」の新機能で活用
ヤフーがヘアスタイル検索サービス「Yahoo! BEAUTY」に独自開発の画像認識AIを活用した新機能を導入したと発表。ユーザーの好みにあった画像の表示精度がアップしたという。(2021/2/15)

安心・安全に動かせる仕組みをヤフーが構築:
PR:ついに実用段階へ、Kubernetes上でステートフルアプリを稼働させるには
実ビジネスを支える基盤としてKubernetesが企業に浸透する中、データを保持するステートフルアプリケーションも稼働させたいというニーズが高まっている。ヤフーではこれをコストや信頼性の観点でも安定的、効率的に動かす仕組みを構築したという。その中身とは。(2021/2/25)

PayPay証券スタート スマホ証券One Tap BUYが名称変更
スマホ証券One Tap BUYは、2月1日に称号をPayPay証券に変更した。ヤフーグループは傘下の金融事業のブランドを順次PayPayブランドに変更しており、その1社目となる。(2021/2/1)

社内リソースにこだわらない──開発2週間で公開したヤフー「混雑予想」誕生秘話
ヤフーが6月に公開した、建物ごとの混雑情報を地図上で視覚的に表示する「混雑予報」。この混雑予想機能は、開発開始からわずか2週間で公開までこぎつけたという。開発チームが混雑予報機能の開発秘話を明かした。(2021/1/30)

【特集】2021年、DXのビジョンは:
4900万人のデータを持つヤフー コロナ禍で起こった「分析ニーズの激変」は、組織向けデータ事業をどう成長させたか
ヤフーのデータソリューション事業を率いる谷口氏は、2020年のコロナ禍で消費や行動の場がオンライン化する一方、企業の「データへのニーズ」が大きく変わる様子を目の当たりにしたという。その中身とは何か。今後同社が目指すDX支援の在り方とともに聞いた。(2021/1/27)

ヤフー、無料で商品1つ提供するサービス マスクや米など ECサイト利用を促進
ECサイト「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」で買い物をするユーザーに、無料で商品を1つ提供するサービスをヤフーが始めた。(2021/1/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。