ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

「Yahoo!」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

プロダクトInsights:
飲食店の説明文をAIが自動生成、ヤフー検索結果で 8万店舗以上に対応
LINEヤフーは7月17日、生成AIが口コミを要約して文章化する新機能を追加した。同機能は「Yahoo!検索」で飲食店を検索した際に表示される。同機能の導入により新たに8万店舗以上の飲食店で説明文が表示されることになる。(2024/7/19)

Yahoo!検索、飲食店のクチコミをAIで要約・表示する機能
「Yahoo!検索」の飲食店名の検索結果に、その店のクチコミを生成AIが要約した説明文が表示される機能。(2024/7/18)

プロダクトInsights:
Yahoo!カーナビに生成AIを活用した音声案内機能を搭載 よりリアルな人の声を再現
LINEヤフーは7月16日、カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」において生成AIを活用した音声案内機能の提供を開始した。より人に近い音声となったことで、音声を聞き取りにくいユーザーにも聞き取りやすくなったり、聞き間違えなどによる判断・認識のしづらさ、使いづらさを軽減したりする効果がある。(2024/7/18)

Yahoo!検索、飲食店のクチコミを生成AIが要約 8万店舗以上が対象
Yahoo!検索で、飲食店名の検索結果に飲食店のクチコミを生成AIが要約した説明文を表示。一定数以上のクチコミが投稿されているなどの条件を満たす8万店舗以上で実施する。(2024/7/17)

「Yahoo!カーナビ」にオンデバイスの音声生成AI搭載 ルート案内、聞き取りやすく
カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」(iOS/Android)のルート案内に、オンデバイス音声生成AIを採用。(2024/7/17)

Yahoo!カーナビ、音声案内に音声生成AIを採用 自然な発話で聞き取りやすさが向上
カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」は、オンデバイス音声生成AIを搭載した音声案内を提供開始。声の抑揚や感情、発音の細かなニュアンスまで再現し、より人の発話に近い音声を提供して聞き間違えなどを軽減するという。(2024/7/16)

広告作成プロセスを効率化:
LINEヤフー、「LINE広告」「Yahoo!広告 ディスプレイ広告」に生成AIが広告文を提案する機能を無料で提供
生成AIが広告のタイトルや説明文を提案してくれるため、広告主は効率的な広告作成が可能になる。(2024/7/9)

LINEとYahoo!の広告に、生成AIで広告文を提案する機能
「LINE広告」と「Yahoo!広告 ディスプレイ広告」で、生成AIを使ってタイトルや説明文を提案する機能がスタート。(2024/7/9)

「Yahoo!検索」で「市区町村名 避難所」検索すると、開設中の避難所情報表示
「Yahoo!検索」で災害時に「市区町村名 避難所」「市区町村名 避難所開設」と検索すると、開設された避難所の一覧が表示される。(2024/7/8)

LINEヤフーの個人情報流出、再発防止策を評価 松本総務相「資本関係は目的ではない」
通信アプリLINE(ライン)を運営するLINEヤフーの個人情報流出問題を踏まえ、同社が7月1日に総務省へ提出した再発防止へ向けた報告書について、松本剛明総務相は5日の閣議後記者会見で、「評価できる」との考えを示した。(2024/7/5)

LINEヤフー、生成AIが観光のモデルコースを提案 最大5パターンを用意
LINEヤフーは7月4日、「観光AIモデルコース」機能の提供を開始した。同機能は、Yahoo!検索において「地名 観光」などで検索すると、生成AIが観光のモデルコースを提案するというもの。ユーザー調査の結果から実装に至ったという。(2024/7/5)

Yahoo! JAPANアプリに「アシスト」「フォロー」機能を追加 ユーザーに合わせた情報を提供
「Yahoo! JAPAN」アプリが「下部ナビゲーション」をリニューアルし、新たに「アシスト」「フォロー」の提供を開始。日常生活に必要な情報な興味関心のあるテーマの情報をまとめて確認できるようになる。(2024/7/3)

「株主優待になぜPayPayポイント?」「LINEヤフーとのシナジーは?」 ソフトバンク株主総会の質疑応答まとめ
ソフトバンクは6月20日、都内で第38回 定時株主総会を開催した。株主からの質問には、主に宮川潤一氏が回答した。AI関連の質問が集中し、孫正義氏を指名した質問もあった。(2024/6/21)

Yahoo!ブラウザーで画像から「クルマ検索」が可能に 約3000車種の詳細や価格が分かる
Androidアプリ「Yahoo!ブラウザー」の「カメラ検索」は、自動車の写真から車種や新車価格、車体寸法、年式を検索できる「クルマ検索」を提供開始。検索できる自動車は約3000車種で、順次拡大していく。(2024/6/19)

“Yahoo!ニュース民”の6割はマイナカードを持っていない? LINEヤフーがアンケート調査実施中
マイナンバーカード、利用したことはありますか?──LINEヤフーは、Yahoo!ニュース上でそう題したアンケート調査を始めた。18日午後6時30分時点では「マイナンバーカードを持っていない」が全体の64.5%(4568票)を占めている。(2024/6/18)

「責任取る時期では」LINEヤフー株主総会で厳しい声相次ぐ 情報流出問題対応は長期化
通信アプリ「LINE」を運営するLINEヤフーは6月18日、東京都内で定時株主総会を開いた。利用者などの情報が大量流出した問題について、株主からは出沢剛社長ら経営陣の進退を問う声も出るなど、厳しい意見が相次いだ。(2024/6/18)

「責任取る時期では」LINEヤフー株主総会で厳しい声相次ぐ 情報流出の対応は?
通信アプリ「LINE」を運営するLINEヤフーは18日、東京都内で定時株主総会を開いた。利用者などの情報が大量流出した問題について、株主からは出沢剛社長ら経営陣の進退を問う声も出るなど、厳しい意見が相次いだ。(2024/6/18)

「Chrome版LINE」がキーロギングしている? SNSで物議 LINEヤフーに真偽を聞いた
Xで「Chrome拡張版LINEがキーロギング(キーボードからの入力を記録)している」とする旨の投稿が話題に。LINEヤフーに真偽を聞いた。(2024/6/18)

「Yahoo!知恵袋」ID非公開機能を廃止 「マナー違反が圧倒的に多い」
「Yahoo!知恵袋」で、IDを公開せずに投稿したり、回答したりできる機能が廃止される。「ID非公開機能を利用した品質の低い投稿が多い」などが理由。(2024/6/14)

「LINE Pay」が国内でサービス終了に、2025年4月まで順次 残高はPayPayに移行可能
LINEヤフーとLINE Payが、日本国内にて決済サービス「LINE Pay」を2025年4月30日までに順次終了することを発表した。LINE Payを取り巻く環境の変化や経営資源の配分などを検討した結果、国内の送金・決済サービスは「PayPay」に一本化する。タイと台湾でのサービスは継続する。(2024/6/13)

LINE Pay、日本でのサービス終了へ 25年4月末に 「決済サービスはPayPayに一本化」
LINEヤフーは、決済サービス「LINE Pay」を2025年4月末で終了すると発表した。終了の理由は同社の決済領域のサービスを「PayPay」に一本化するためとしている。(2024/6/13)

「Yahoo!検索」に商品レビュー要約表示 生成AI活用
「Yahoo!検索」に、ユーザーが投稿した商品レビューを、生成AIが要約して表示する「レビューAI要約」機能を実装。(2024/6/6)

LINEヤフー「脱NAVER」へ高いハードル 大きなシステム依存度、韓国世論も影響
「LINEヤフー」の資本関係を巡ってはソフトバンクが、韓国NAVERとともに50%ずつ保有するLINEヤフー中間持ち株会社の株式を買い増す方向で議論されている。LINEヤフーもNAVERへの業務委託を終了すると表明したが、システム構築などの面でNAVERへの依存度は大きく、「脱NAVER」実現には高いハードルがある。(2024/6/4)

ChatGPTならぬ「MapGPT」とは? ハンドル握らず「音声指示」で自動運転は実現するか
近い将来の自動運転を見据えて、音声で指示を与えることでハンドルに触らなくても運転できる車を走らせようとしている「Mapbox (マップボックス)」。ヤフー出身の40代社長が「将来的には手放しで運転できるだけでなく、レストランの予約などあらゆる動作が音声でできる完全自動運転車にマップボックスのアプリを搭載し、新しい移動空間を提供したい」と熱く語った。(2024/6/4)

Yahoo!カーナビ、ルート上の雨雲の様子が分かる「雨雲レーダー」機能を追加
LINEヤフーは30日、カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」にて「雨雲レーダー」機能を提供開始した。(2024/5/31)

Yahoo!知恵袋、「AI回答機能」にClaude 3を追加 「2種類の生成AIによる回答がつく」
LINEヤフーは30日、知恵共有サービス「Yahoo!知恵袋」の「AI回答機能」に米Anthropicの大規模言語モデル「Claude 3」を追加すると発表した。(2024/5/30)

運行してるのに「運転見合わせ」――Yahoo!乗換案内アプリの運行状況“投票”での悪ふざけに「迷惑」「やめてほしい」
「駅着くまで騙されてた」「真実のみを伝えてほしいのに」など批判が。(2024/5/29)

本人に届け! 閉鎖したブログのイラストを探すYahoo!知恵袋の投稿に、作者が10年越しのレスポンス
返信は果たして届いたのか? 話を聞いてみました。(2024/5/19)

LINEの“スタンプ合成”が人気、1日に送信1200万回 履歴からの再利用も可能に
LINEヤフーは17日、「スタンプアレンジ機能」を使ったスタンプの送信回数が、全世界で1日あたり1200万回を超えたと発表した(13日時点)。アレンジしたスタンプを履歴から再利用する機能も使えるようになった。(2024/5/17)

ふぉーんなハナシ:
LINEで最大6個のスタンプを1度に送信できる意味は? 「スタンプアレンジ機能」の意義を広報に聞く
LINEヤフーが5月13日から、コミュニケーションアプリ「LINE」で、「スタンプアレンジ機能」を提供している。対象スタンプの大きさや角度、位置を自由に変更できることに加え、最大6個のスタンプを自由に組み合わせて送信できる。本機能の提供理由や利用する意義を広報に聞いた。(2024/5/14)

LINEの“スタンプ組み合わせ機能”が話題 自作スタンプも利用可能、ネットは大喜利に
LINEヤフーが5月8日にリリースしたLINEの新機能「スタンプアレンジ」が話題だ。ユーザー間では、さまざまなスタンプを自由に組み合わせ、その様子をXに投稿する遊びがはやっている。(2024/5/14)

「Google先生とYahoo!ちゃんの扱いの違いよ!」 西川貴教、検索結果ページの“違い”にツッコミ→「笑いが止まらない」「インパクトあり過ぎ」ファン驚き
フィギュアだったか……。(2024/5/13)

LINEスタンプを複数組み合わせられる「スタンプアレンジ機能」本格提供 2000万パッケージ以上が対象
LINEヤフーは、コミュニケーションアプリ「LINE」内で「スタンプアレンジ機能」を本格提供開始。対象のLINEスタンプを自由に組み合わせて1つのスタンプとして送信でき、約2000万パッケージ以上の対象スタンプで利用できる。(2024/5/13)

ソフトバンク、LINEヤフー株の追加取得で韓国ネイバーと協議 総務省「次回の報告をしっかり確認したい」
情報漏えいで揺れるLINEヤフーの資本関係について、ソフトバンクの宮川潤一氏(同社代表取締役社長執行役員 兼 CEO)は、5月9日の決算会見でLINEヤフーの株式取得を含めた協議を韓国NAVER側と行っていることを明かした。具体的な比率についてはまだ決まってないとしている。(2024/5/11)

LINEヤフー、韓国ネイバーとの委託関係を終了へ PayPayとLINEのアカウント連携も延期に
LINEヤフーがネイバーへの業務委託を撤廃することを決めた。これは2023年度通期および第4四半期決算会見で明かしたもので、LINEヤフーが進めていたLINEとPayPayのアカウント連携についても、社内のセキュリティガバナンス強化の優先を理由に、2024年度中としていた計画時期を見直す。(2024/5/9)

最大6個のLINEスタンプを組み合わせられる「スタンプアレンジ機能」先行体験を開始
LINEヤフーは、5月8日に「スタンプアレンジ機能」の先行体験を開始。対象のLINEスタンプの大きさや角度、位置を自由にアレンジでき、最大6個のスタンプを自由に組み合わせて1つのスタンプとして送信できる。(2024/5/8)

生成AIはネット広告をどう変える Google・Yahoo!は過去の覇者に成り下がるのか
インターネットが広告の在り方を大きく変えた。ネット広告の覇者だったGoogle・Yahoo!は、生成AI時代にどう姿を変えるのか。生成AIはネット広告をどう変えるか、考えてみよう。(2024/5/8)

「Yahoo!乗換案内」が累計6000万ダウンロード突破 検索数が増えた/多い駅ベスト10も発表
LINEヤフーの提供する乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」が累計6000万ダウンロードを突破。2022年に累計5000万ダウンロードを達成してから約2年で達成し、検索数の上昇率が高い駅なども公開している。(2024/5/2)

Yahoo!ショッピング、LYPプレミアム会員なら最大25.5%還元の「ヤフービッグボーナス」開催
Yahoo!ショッピングは、5月19日まで「ヤフービッグボーナス」を開催。5月18日と19日の最終2日間は各種特典を合わせると、LYPプレミアム会員なら最大25.5%のPayPayポイントが還元される。(2024/5/1)

「Yahoo!乗換案内プラス」提供開始 月額150円で広告非表示やより細かなルート検索が可能に
LINEヤフーは、有料オプション機能「Yahoo!乗換案内プラス」を提供開始。従来の検索条件に加え、さらに細かな設定項目を追加してルート検索が行える。このほか「こだま・ひかり検索」や「広告非表示」など4つの機能を利用できる。(2024/4/23)

公正取引委員会、Googleに行政処分 広告配信でLINEヤフーへの技術提供を7年にわたって制限
公正取引委員会はGoogleに対して独占禁止法に基づく行政処分を行ったと発表した。同社はLINEヤフーに対し広告配信にかかわる技術の提供を制限したことで独占禁止法違反の疑いがあったが、改善計画を提出し同委員会はこれを認定した。(2024/4/23)

Y!mobile、ヤフー店で「OPPO A79 5G」「Libero 5G IV」が一括1円のセール SIM特典増額も
4月24日からY!mobileヤフー店でビッグセール開催。「OPPO A79 5G」「Libero 5G IV」が一括1円になる他、SIM特典も増額して合計最大2万6000円相当のPayPayポイントをプレゼントする。(2024/4/22)

LINEヤフーに再び行政指導 ネイバーとの関係見直しなど具体策求める 「対応不十分だった」と松本総務相
松本剛明総務大臣は、LINEヤフーに対し2度目の行政指導を行うと発表した。「応急的な対策については実施済み」と評価したものの、韓国NAVERとのネットワーク分離や資本関係の見直しなどの対策が不十分として、より具体的な対策を7月1日までに報告するよう求めるという。(2024/4/16)

新SNSの技術とコミュニティーの未来を模索 「Bluesky」交流イベントの様子
新しいSNS「Bluesky」(ブルースカイ)のユーザーや開発者らによる交流イベント「Bluesky Meetup in Tokyo」(ブルースカイ ミートアップ イン トーキョー)が13日午後、東京・紀尾井町のLINEヤフー本社で開かれ、会場とオンラインで約200人が参加した。米ブルースカイ社の開発者、ジェロミー・ジョンソン氏が来日して登壇したほか、同社のジェイ・グレイバーCEOもオンラインで参加。来場者からの質問に答えたり、ゲストとパネルディスカッションを行ったりして議論を深めた。(2024/4/15)

Withingsのスマートウォッチ「ScanWatch Light」と体組成計「Body Segment」発売 SB C&Sから
SB C&Sは、Withingのハイブリッド型スマートウォッチ「ScanWatch Light」と体組成計「Body Segment」を発売した。トレテク!ソフトバンクセレクション、Yahoo!ショッピング、Amazon、楽天市場で取り扱う。(2024/4/10)

ヤフオクが手数料値上げ 一律10%に
LINEヤフーは4月8日、オークションサイト「Yahoo!オークション」について、出品者に課す手数料を値上げすると発表した。(2024/4/9)

「タケノコ」を見たらエアコン試運転 シャープとヤフーの斬新な提案
シャープは8日、ヤフー・データソリューションと共同で「たけのこを見たらエアコンの試運転をしてほしい」という提案を始めた。(2024/4/9)

トレンドキーワード群からユーザー像とその興味関心を調べる:
検索するユーザー像を生成AIが考察 LINEヤフー「DS.INSIGHT」の生成AI関連新機能第3弾
LINEヤフーがデータソリューションサービス「DS.INSIGHT Trend」に、生成AIを活用した「ユーザーごとの興味関心を調べる」機能を追加。検索トレンドのユーザー像と興味関心を考察することが可能となった。(2024/4/5)

ヤフー、台湾地震への「緊急支援募金」受付開始 寄付額はすでに6000万円近くに
 Yahoo!ネット募金は4月4日、台湾東部で3日に発生した地震への緊急災害支援募金の受け付けを開始した。募集期間は最長で10月4日まで。(2024/4/4)

Yahoo!カーナビ、マイカー登録車種の「横幅」に合った検索が可能に
LINEヤフーは、カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」へ「マイカー登録」を行った車種の横幅に適した「ルート検索」機能を提供開始。車幅の広い車には優先的に広い道、車幅の狭い車にはより近いルートを提案する。(2024/4/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。