ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Traffic Server」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Traffic Server」に関する情報が集まったページです。

Google、ページ高速化サービス「PageSpeed Service」を8月3日に終了へ
Googleが、2011年7月にWebオーナー向けに開始したページ高速化サービス「PageSpeed Service」を8月3日に終了する。利用しているページは、終了日までにDNSを変更しないとアクセスできなくなる。(2015/5/7)

Yahoo! JAPANのIPv6対応大作戦(1):
「トップページが見えません」を回避せよ
とうとうIPv4アドレス在庫が枯渇しましたが、Yahoo! JAPANではそれに先立つ2009年ごろから、IPv6対応に向けた準備を進めてきました。この連載では、サービスプロバイダとしての視点から、どういった対応を進めてきたかを紹介します。(編集部)(2011/9/22)

米Yahoo!、一般検索でのBing移行の本格スタートとSearchMonkeyの終了を発表
Yahoo!検索でのBing採用に伴い、開発者向けに提供してきたSearchMonkeyを終了し、BOSSを有料化する。(2010/8/18)

ASF、Yahoo!発の「Traffic Server」など6つをトップレベルプロジェクトに昇格
Apache Software Foundationは、Traffic ServerやMahout、HBaseなど6つのオープンソースプロジェクトをトップレベルプロジェクトに昇格した。(2010/5/10)

米Yahoo!、Hadoop実装に次ぐクラウド技術「Traffic Server」を公開
米Yahoo!は、2002年に買収したInktomiの技術を土台とするアプリケーションサーバ「Traffic Server」をオープンソースとして公開することを発表した。毎秒3万件以上の要求を処理し、データ伝送量は400テラバイトを実現しているという。(2009/11/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。