ニュース
» 2010年06月01日 14時52分 UPDATE

Webデザイナーの立場は弱い? Web制作業界の給与事情

イーキャリアがWeb制作関連の職種に対して実施した調査によると、Webデザイナー職の平均年収が大幅に下がっており、人材の流動性も高い業界であることなどが分かった。

[西尾泰三,ITmedia]

 ソフトバンク・ヒューマンキャピタルは6月1日、同社が運営する転職サイト「イーキャリア」を通じて実施したインターネット関連業界の給与に関する調査結果を発表した。

 この調査で対象とした職種は、Webプロデューサー/プランナー、Webディレクター、WebデザイナーといったWeb制作関連の職種。

 調査結果によると、同職種の全体平均年収は463万円。職種別では、Webプロデューサー/プランナー職が575万円、Webディレクター職が503万円、Webデザイナー職が312万円だった。前回の調査と比較したものが以下の表で、すべての職種で前回調査よりも平均年収が下がった。Webデザイナー職の平均年収が大幅に下がっている理由として、同職の「役職なし」の割合が前回調査よりも14ポイント高い90.0%であることが要因の1つだとしている。

職種 今回調査 前回調査 増減
Webプロデューサー/プランナー 575万円 634万円 −9.3%
Webディレクター 503万円 519万円 −3.1%
Webデザイナー 312万円 401万円 −22.2%

 転職回数に関しては、全体平均で2.4回の転職を経験。1度も転職していないケースは全体の2割に満たず、比較的人材の流動性が高い業界であることが示された。Webプロデューサー/プランナーの前職は、3人に1人がプログラマーであることなども明らかになった。

 なお、今後習得したい技術について、Webプロデューサー/プランナー職は「Java」、Webディレクター職は「PHP」、Webデザイナー職は「Flash/Action Script」の人気が高いとしている。

関連キーワード

給料 | Webデザイン | 転職 | 人材


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ