ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「転職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!転職→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で転職関連の質問をチェック
MONOist転職 − モノづくりスペシャリストのための転職情報

関連キーワード

最新テクノロジーの部外者でいたくない!:
PR:異業種出身の若手エンジニアが実感するトヨタコネクティッドのすごみ
ITエンジニアにとって、業務の中で最新テクノロジーに関われることは幸運であり、新たな技術の習得が可能なステージを求めて転職する例は一定数ある。今回インタビューした若手エンジニアのお二人もまさにそうしたケースといえる。トヨタコネクティッドへの転職を決めた理由や、現在の業務内容、その喜びや満足感を伺った。(2024/7/22)

「出戻り転職の経験あり」1割、きっかけは?
エン・ジャパンは、サイトのユーザーを対象に「出戻り転職」について調査を行った。一度退職した会社に出戻り転職したことはあるかという質問に、9%が「ある」と回答したことが分かった。(2024/7/19)

Computer Weekly日本語版+セレクション
「エンジニアがやる気をなくす」これだけの理由
ITエンジニアは開発現場で何に不満を抱き、やる気をなくしてしまうのか。調査で明らかになった開発現場における懸念や、エンジニアが転職を決意する理由とは。(2024/7/18)

20代の転職観、年収・給与は「最優先ではない」が最多 理由は?
就活情報サイトを運営する学情は、働く20代を対象に、「給与」に関する調査を実施。20代のビジネスパーソンは「昇給」や「給与」をどのように捉えているのか。(2024/7/12)

キャリアニュース:
30代のうちにやらずに後悔していること、「語学力習得」が最多で49%
「ミドルの転職」は「30代のうちにやっておいてよかったこと、やっておけばよかったこと」に関する調査結果を発表した。やらずに後悔していることは「語学力習得」が最多で、全体の49%を占めた。(2024/7/11)

「スタートアップで働く」とはどういうことか
エンジニアが「スタートアップに転職」してから後悔する“4つの理由”
大企業からスタートアップ企業への転職を検討するなら、それぞれの違いについて適切に理解すべきだ。「こんなはずじゃなかった」と後悔しがちな4つの理由とは。(2024/7/10)

採れない、育たない、続かない……データから読み解くインサイドセールスの深刻な課題
「転職者が相次いで人手が足りない」「せっかく人材を確保できても、戦力になるまでに時間がかかってしまう」……インサイドセールスでは、長年深刻な人手不足が続いています。今回の記事では、さまざまな企業が公表しているインサイドセールスに関する調査データを紹介しながら、この業種の抱える構造的な課題について触れていきます。(2024/7/4)

30歳前後の転職、最も重視するのは「給与アップ」 希望する年収帯は?
学情が調査結果を発表した。(2024/6/30)

ミドル世代1500人に聞いた:
30代のうちにやらず後悔したこと 「マネジメント」「資格取得」を超えた1位は?
40代以上のうち、8割が30代の頃にキャリア上で挑戦せずに後悔した経験がある――。そんな調査結果が、転職サイトを運営するエン・ジャパン(東京都新宿区)の調査で分かった。やらずに後悔したこととは。また、やっておいて良かった経験とは。(2024/6/28)

22〜59歳に調査:
「転職したい会社」ランキング 1位は5年連続でトヨタ、2位以下は?
dodaは、転職先として人気な企業のランキングを発表した。1位は5年連続で「トヨタ自動車」が獲得した。2位以下はどのような順位になったのか?(2024/6/19)

もし機関車トーマスが自転車屋さんに転職したら……? おもちゃの“トーマス”を再利用する光景に「これは天才」「目が死んでるよ…」
世知辛い……。(2024/6/15)

賞与にも評価にも納得感ナシ……:
夏のボーナス、理想は95万円 現実は……? 1300人に調査
約2人に1人が、賞与が少ないことが理由で転職を経験していると、マイナビ(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。そのような中、ビジネスパーソンの予想する夏の賞与額はいくらなのか。(2024/6/15)

キャリアニュース:
就職活動中の20代の75%が「GX分野の仕事に興味がない」と回答
UZUZは、就職活動中の20代を対象とした「GX関連への就職、転職」に関する意識調査の結果を発表した。「GX」という言葉を約93%が「知らない」と回答し、約75%が「GX分野の仕事に興味がない」と答えた。(2024/6/13)

プレミアムコンテンツ:
転職で大事なのは「スキルだけ」の時代に “あれ”はもう誰も気にしていない?
IT人材の獲得競争が激化する中、企業が重視するのは「スキル」の高い人材の採用と定着だ。一方で“あるもの”の価値が、少なくとも採用時には失われつつあるという。採用市場で何が起きているのか。(2024/6/11)

「いなば食品に転職者情報を渡していない」──文春報道巡り、マイナビが声明 いなば食品も“事実誤認”認めて謝罪
いなば食品に対して、在籍社員の転職情報サイトへの登録状況を話した事実は一切ない──マイナビは、一部週刊誌が報じた内容を否定する声明を発表した。(2024/6/3)

「ゆるブラック」で働く若手社員の4割、「1年以内の転職を考えている」
人材サービスを展開するアデコは、20代と30代の会社員および公務員・団体職員1000人を対象に「ゆるブラック」に関する調査を実施した。その結果、現在の勤務先が「ゆるブラック」であると感じている人の約4割が、1年以内の転職を考えていることが分かった。 (2024/5/31)

ミドル人材の転職、8割超が「入社後に活躍」 反対に定着・活躍できないケースとは?
エン・ジャパンが調査結果を発表した。(2024/5/31)

ITエンジニアが「転職で苦労したこと」 2位「エージェントの選定」、1位は?
IT人材転職サービスを提供するウィルオブ・ワーク(東京都新宿区)は「ITエンジニアの転職活動」に関するアンケート調査を実施した。ITエンジニアが「転職で苦労したこと」の1位とは。(2024/5/28)

新卒1年目の5割超が入社1カ月で「転職検討中」、その理由は?
2024年度新卒1年目、入社1カ月で約5割が転職を検討中──そんな調査結果を、Webメディア事業を手掛けるラグザスが発表した。(2024/5/24)

キャリアニュース:
ゆるブラック企業で働いたことが「ある」と50%が回答、そのうち61%が離職
「女の転職type」が「ゆるブラック企業」についてのアンケート調査結果を発表した。ゆるブラック企業で働いたことが「ある」人は50.1%で、そのうち61.6%が、ゆるブラック企業を離職していた。(2024/5/23)

転職した人に聞いた「最も大きなきっかけ」 2位「職場の人間環境」、1位は?
NEXERが運営するキャリアバイブルが調査結果を発表した。(2024/5/21)

女性、育児退職の経験は? 育休取得のハードル
マイナビの運営する転職情報サイト「マイナビ転職」が、正社員800人を対象に「育休に対する男女の意識差と実態調査(2024)」を実施した。その結果、育児を理由に退職した経験がある女性は5人に1人、育休のハードルとして最も多くなっているのが「収入減少」であることが分かった。(2024/5/21)

ITエンジニア志望の学生529人が選ぶ、就職人気企業ランキング 2位「グーグル」を抑えた国内企業は? paiza調べ
ITエンジニア志望の学生が選ぶ、就職人気の高い企業はどこか。ITエンジニア向け転職支援サービスを提供するpaizaは、そんな調査結果を発表した。(2024/5/20)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
「君が欲しい」と言わせるIT部門の資格 年収アップ、転職のコツも解説
IT部門のキャリアパスで効果的に働く資格や、キャリアチェンジでお勧めの資格を紹介する。また、IT部門が効率良く年収アップするための評価制度の作り方、年収交渉のヒント、転職のコツについても解説する。(2024/5/20)

石野純也のMobile Eye:
異例ずくめのドコモ社長交代 若返りだけでない、前田義晃新社長の手腕に期待すること
NTTドコモは5月10日、代表取締役副社長を務める前田義晃氏を社長に昇格させる人事を発表した。前田氏は、2000年にリクルートからドコモに移籍した転職組で、iモード時代から、コンテンツやサービスなどの開発や運営に携わってきた。どちらかといえば、上位レイヤーのサービスを中心に活躍してきた人物で、ドコモの社長としては異例ともいえる抜てきだ。(2024/5/11)

CIOの採用市場【後編】
IT系の転職で「年収が上がる」のはこんなリーダーだ
CIOをはじめとする上級技術職の収入は、IT市場の不調が続く中でも増加傾向にある。収入アップを実現した人にはどのような共通点があるのか。(2024/5/8)

プレミアムコンテンツ:
40代でも転職できる人が「絶対しないこと」は? エンジニア“サバイバル”読本
IT業界の未経験者が、エンジニアとして成功を収めるためには何をすればよいのか。年齢を重ねたエンジニアが、自分の経歴をセールスポイントにするには。エンジニアが“勝ち残る”ためのノウハウをまとめた。(2024/5/7)

キャリアニュース:
物流企画関連求人が2014年比で17.49倍に増加、異職種からの転職も7倍に
リクルートが「物流業界の生産性向上」に関する求人と転職の動向調査の結果を発表した。2014年を1とすると、2023年の「物流企画関連求人」の数はで17.49倍に増加し、「異職種からの転職者」は7.60倍に増加していた。(2024/5/2)

「転職エージェントの倒産」急増のワケは?【転職の今を知る記事3選】
人材不足の状況は年々深刻化しています。各社は社員のキャリア意識の変化を把握し、離職防止につなげようと試行錯誤しています。一方で、転職エージェントの倒産は増加しているという、一見すると不思議な事態も起きています。(2024/5/1)

キャリアニュース:
管理職への転職に関する調査、非管理職から管理職に転職した人は15.9%
Indeed Japanが「管理職への転職に関する調査」の結果を発表した。15.9%が非管理職から管理職に転職していた。また、管理職への転職者は、非管理職よりも転職後の仕事に満足している割合が高かった。(2024/4/25)

「コンサルティングや人材サービスの不足感が続く」:
12業種中7業種の求人数が増加 パーソルキャリアが2024年3月の転職求人倍率レポートを公開
パーソルキャリアは「doda転職求人倍率」を発表した。2024年3月の転職求人倍率をまとめたもの。「コンサルティング」や「人材サービス」の求人倍率は8倍超えており、不足感が続いている状況だ。(2024/4/22)

転職後の給与 管理職は30代で52万8000円アップ、非管理職は?
Indeed Japanは、直近5年以内に転職活動経験のある正社員を対象に「管理職への転職に関する調査」を実施した。管理職に転職した人と非管理職に転職した人では、年収面や仕事への満足度で差が生じたことが分かった。(2024/4/16)

4月入社の新入社員、2割がすでに「転職意向あり」 その理由は?
Hagakureの運営するWebマーケティングスクール「デジプロ」は、2024年4月入社の新入社員を対象に「転職とリスキリングに関する意識調査」を実施した。その結果、入社時点ですでに転職を考えている人が約2割いる一方、自身のスキルアップなどを目的とするリスキリングは、34%が「全くしていない」と回答したことが分かった。(2024/4/13)

20〜40代に聞いた:
パワハラ被害者の約4割が「転職した」 勤務先での解決はあきらめた
総合転職エージェントのワークポートが実施した調査によると、全国のビジネスパーソン661人のうち65.5%が「パワハラを受けたことがある」と回答した。被害内容で最も多いのは?(2024/4/13)

プルデンシャル生命保険で個人情報不正持ち出し 元社員が転職先で営業活動に利用
プルデンシャル生命保険が、元社員による個人情報の不正持ち出しがあったと発表した。横浜支社に在籍していた元社員が、個人情報の持ち出しをしない誓約書に署名していたにもかかわらず、データを印刷し、退職後も自宅に保管。一部を転職先企業での営業活動に利用していたという。(2024/4/11)

2024年問題:
「建設テック求人は2018年比7.80倍と急増」リクルートが建設業界のIT人材動向調査
リクルートは、建設業界のデジタル化に関する求人や転職の動向について調査した。調査結果によると、2023年の建設業界のデジタル化関連求人は、2018年比で5.52倍に達した。(2024/4/8)

転職せず「この会社にいて大丈夫」と思ってほしい──そんな企業が実はやっていること
IT人材の不足に対し、存の従業員のリスキリングで対応する企業が増えています。リスキリング施策に取り組んでいる企業は、どのような成果を実感しているのでしょうか。人材の再配置が可能になることのみならず、さまざまな成果があるようです。(2024/4/4)

「転職エージェントの倒産」が急増 人手不足なのに“4年で4倍”に、なぜ?
コロナ禍前の2019年と比べ、23年の転職エージェントの倒産数は4倍に跳ね上がりました。各社、人手不足を嘆いているのに、なぜなのでしょうか?(2024/4/4)

今どきの新入社員に点数をつけるなら? 自分が新入社員だった時との比較は
女性の転職サイト「女の転職type」を運営するキャリアデザインセンターは、新入社員についてのアンケートを実施した。新入社員を評価した点数の平均は70.4点だった。(2024/4/3)

就職・転職などに向けた資格取得、8割超が「役に立った」 月の勉強代はどれくらいかかった?
NEXERと宅建学院が、資格取得に関する調査結果を発表した。勉強法や予算などが明らかになった。(2024/4/3)

ITエンジニアは“たけのこ派”が多い──転職サイトが483人に調査 「Crackerはダメです」などの声
世界一“実務の役にたたない”調査レポート──エンジニア向けの転職サービス「Findy」を運営するファインディは、そう題した“エンジニアの嗜好”に関する調査結果を発表した。「きのこ派orたけのこ派」「イヌ派orネコ派」など好みを聞いた。(2024/4/2)

テレ東退社の福田典子アナ、転職先を明かす 新たな肩書きも発表 「エイプリルフールじゃないです」
「私は、COC、Chief Oral Communicatorという肩書きになりました」(2024/4/1)

ミドル世代の転職、年収が上がりやすい職種は? 転職コンサルタントに聞いた
エン・ジャパンが転職コンサルタントを対象に実施した「ミドル世代の転職」に関する調査結果を発表した。(2024/3/30)

特選プレミアムコンテンツガイド
40代でも転職できる人が「絶対しないこと」は? エンジニア“サバイバル”読本
IT業界の未経験者が、エンジニアとして成功を収めるためには何をすればよいのか。年齢を重ねたエンジニアが、自分の経歴をセールスポイントにするには。エンジニアが“勝ち残る”ためのノウハウをまとめた。(2024/3/30)

蔵出しブックレット
「年収1000万円」の高収入エンジニアになれる、お薦めのクラウド資格とは
就職や転職の成否を左右する可能性があるのが、資格の有無です。本ブックレットはクラウドエンジニアとして成功したい人にお薦めの、高収入を狙える資格を紹介します。(2024/3/29)

若手ビジネスパーソンの6割以上が転職を検討中 その理由とは?
20代から30代の若手ビジネスパーソンの6割以上が転職を考えていることが、エムエム総研(東京都新宿区)による調査で明らかとなった。その理由とは?(2024/3/27)

キャリアニュース:
2023年度の転職市場動向は「GX人材ニーズの多様化」「人材要件の詳細化」
リクルートは「2023年度 転職市場の動向」についての調査結果を発表した。GX人材へのニーズが多様化していること、求人の詳細化や明確化が人材採用に有効であることが分かった。(2024/3/22)

共通点は2つ:
40〜50代が満足している転職先は? ランキング「トップ30社」の傾向を分析した
40〜50代の転職者が増えているが、転職先のどこに満足しているのだろうか。データを見ると……。(2024/3/19)

Q&A 45歳からのIT転職:
40代ITエンジニア、「未経験業界」への転職はアリですか?
近年需要が高まるIT人材。ミドル層以上の転職に関する疑問を、Q&A形式で回答します。(2024/3/14)

転職の理由、約6割が「企業風土・カルチャーが要因」 ミスマッチを防止するには?
Uniposが調査結果を発表した。転職や就職における、企業風土の影響を調べた。(2024/3/14)

PR:転職エージェント ワークポート 職種に応じた専門の転職サポート、無料の転職相談


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。