ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「転職」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
@IT自分戦略研究所 − ITエキスパートのための成長支援メディア
質問!転職→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で転職関連の質問をチェック
MONOist転職 − モノづくりスペシャリストのための転職情報

就職人気から占う今後のIT業界:
2022年の転職市場、IT業界は採用再開の動き 「SIerなどで未経験者の採用枠も増加傾向」
2022年上半期の転職市場は転職者に追い風──。転職サービス「doda」を手掛けるパーソルキャリアが転職予測を発表。特にIT業界などではさまざまな領域で求人増が期待できるという。(2022/1/21)

そのまま働き続けた:
“上司ガチャ”に失敗した人は6割 嫌がられる上司の特徴は?
転職メディア「転職サイト比較plus」は、「上司ガチャに関するアンケート」を実施した。その結果、上司ガチャに失敗した(嫌な上司に当たった)経験がある人は約60%だった。(2022/1/21)

調査で判明:
女性の「転職求人倍率」コロナ前の104.1%まで回復 求人数が右肩上がりの職種は?
キャリアデザインセンター(東京都港区)が女性の転職市場を調査したところ、転職求人倍率は21年12月時点でコロナ前(19年)の104.1%にまで回復していることが分かった。(2022/1/19)

転職に対するイメージ:
「転職を検討している」54.2% 考え始めたタイミングは?
「Job総研」を運営するライボは、「2022年 転職意識調査」を実施した。その結果、転職を検討している人は……。(2022/1/17)

7200人に聞く:
転職活動でうまく回答できなかった質問 「退職理由」や「志望動機」を抑え1位となったのは?
転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパン(東京都新宿区)は、転職活動での「面接」についての調査結果を発表した。(2022/1/13)

転職した20代の半数が「転職しなければよかった」 どんなギャップが?
学情は3年以内に転職を経験している20代を対象に「転職の満足度」について調査を実施した。転職経験者の50.7%が「転職しなければよかったと感じることがある」と回答した。また、7割がギャップを感じたと答えている。どのようなギャップがあったのだろうか?(2022/1/11)

「この仕事に転職したい」「かわいすぎる」 雪でひよこを作る「雪ひよこ製造業」動画が楽しそうで和む
これがあれば雪の日が少しだけ待ち遠しくなるかも。(2022/1/10)

理想と現実のギャップも:
2022年の仕事始めは61.3%が「出社」 希望する働き方は?
キャリアや就職・転職に特化した研究や調査を行う機関「Job総研」を運営するライボが調査したところ、76.4%がオンラインによる働き方を希望していることが分かった。(2022/1/7)

20代のビジネスパーソンに聞く:
冬のボーナス「増えた」は15.7% 20代の7割が「賞与額で転職を検討」
20代専門の転職サイト「Re就活」を運営する学情が「冬の賞与」に関する調査を実施した。(2022/1/6)

満足度の高い「転職エージェント」 4年連続で1位を獲得したのは?
oricon MEは「転職エージェント」と「ハイクラス・ミドルクラス転職エージェント」の満足度調査を実施した。転職エージェントの満足度ランキング2位には、同率で「dodaエージェントサービス」「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」の4社がランクインした。4年連続で1位になったのは?(2022/1/6)

転職活動に疲れ、愛する猫をなでていると…… 慰める猫と思わず猫に転職したくなった飼い主に共感の声集まる
わかる(わかる)。(2022/1/4)

「転職先が良い意味で違っていた」39%、理由は?
NEXERは自社が運営するサイトにて「転職先で良い意味で想像と違ったこと」に関するアンケートを実施。その結果、「良い意味で想像と違ったことがある」人は39.0%いることが分かった。(2021/12/27)

10の予測:
デジタルマーケターの求人ニーズはなお高い ヘイズが2022年の転職市場におけるトレンドを発表
外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが2022年の転職市場における10の求人トレンドを発表。(2021/12/23)

夫の独立や転職に賛成? 反対? 「父親の職業」や「年収」が関係
 Parasol(東京都港区)の運営する未婚男女のマーケティング研究機関「恋愛婚活ラボ」は、女性側の「夫の独立や転職に関する意識調査」を実施した。その結果、「父親の職業」や「自身の年収」に相関がみられ、独立や転職に対する意見に差がでることが分かった。(2021/12/23)

dodaが発表:
2021年版「IT職種の平均年収ランキング」 最も増加した職種は?
パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」が、「IT職種の平均年収ランキング2021」を発表した。(2021/12/23)

キャリアニュース:
情シスの約4割が「転職を検討」、そのうち65%は実際に転職活動中
メタップスが、情報システム部門所属の会社員を対象にした「情シスの転職」に関する調査結果を発表した。現在転職を「考えている」のは37.7%で、そのうち65.5%が実際に「転職活動をしている」と回答した。(2021/12/23)

2100人に聞いた:
転職や異動を考える上で、働き方が「とても影響する」と答えた割合は?
ネオマーケティングは、全国の20〜79歳の男女に「地域別・働き方リサーチ 第二弾:エンゲージメント編」を実施した。転職・異動を考えるうえで「働き方」はとても影響すると答えた割合は、九州・沖縄が32.1%でトップだった。(2021/12/21)

ビズリーチ調べ:
年収1000万円以上の人が新しく挑戦したこと 3位は「資格取得」、2位と1位は?
転職サイトを運営するビズリーチ(東京都渋谷区)は、「ビズリーチ」会員を対象に、「職務経歴書の更新とキャリア観に関するアンケート」を実施した。年収1000万円以上の人が新たに挑戦したことは?(2021/12/17)

昨年から2万円減:
女性の平均年収は345万円 上位を占めた職種は?
パーソルキャリアの運営する転職サービス「doda(デューダ)」が「女性の平均年収ランキング2021」を発表した。(2021/12/16)

調査で判明:
女性に聞いた「事務職」のリアル 4位は「給与が低い」、トップ3は?
キャリアデザインセンターは、「女の転職type」会員を対象に「事務職」について調査を行った。事務職になってみたいという興味が「すごくある」と答えた割合は40.7%だった。(2021/12/16)

“手探りマネジメント”はもうやめる:
「部下を育てられない管理職」と「プロの管理職」 両者を分ける“4つのスキル”とは?
日本企業はなぜ、「部下を育てられない管理職」を生み出してしまうのか。「部下を育てられない管理職」と「プロの管理職」を分ける“4つのスキル”とは? 転職市場で求められる優秀な管理職の特徴について解説する。(2021/12/16)

「総務」から会社を変える:
「両利きのリスキリング」、総務が目指すべき2つの方向とは
耳にすることも増えた「リスキリング」。キャリアアップのため、転職のため、そして終生働き続けるために求められる、このリスキリングだが、こと総務においてはどのように考えるべきなのだろうか。(2021/12/10)

半数以上は転職を希望:
プロジェクトマネージャーの2割は年収1000万円以上、企業選びで重視することは?
アジャイルウェアが実施した「プロジェクトマネージャーの転職に関する調査」によると、プロジェクトマネージャーの半数以上は転職を考えていることが分かった。転職時に重視することは?(2021/12/9)

3日以内に転職した人も:
入社後1カ月以内に退職したワケ 「仕事内容」や「社風」を抑えた圧倒的1位は?
ビズヒッツは、入社後1カ月以内に転職した経験のある人に「転職理由に関する意識調査」を実施。入社後すぐに転職した理由1位は「人間関係の不満」(133人)だった。(2021/12/9)

PR:各社を悩ます再エネ業界の「人材問題」、最適な人材と出会う方法とは?
第6次エネルギー基本計画において、「最優先の原則」で取り組むこととなった再生可能エネルギー。いっそうの導入拡大が求められる再エネ業界だが、課題となりつつあるのが有能な人材の確保だ。再エネ業界の人材動向に詳しい、地球温暖化対策分野に特化した転職支援サービス(Beluga Career)を提供するLeaf Ring(リーフリング)に、人材視点で見る今後の再エネ業界の展望を聞いた。(2021/12/3)

約200人に聞いた:
介護職から異職種への転職理由 「収入アップのため」を抑えて1位になったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、介護職から転職した経験のある191人を対象として、転職理由に関する意識調査を実施した。転職理由の1位になったのは?(2021/12/4)

202人に聞いた:
看護師が転職した理由 3位は「夜勤がツライ」、2位と1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、転職経験のある看護師202人を対象に「転職理由に関する意識調査」を実施した。転職理由の上位にきたのは?(2021/12/3)

400人強に聞いた:
工場勤務から他職種に転職した理由 2位は「体力的にツライ」、1位は?
ビズヒッツは、工場勤務から他職種に転職した経験のある人に「工場勤務から他職種に転職した理由に関する意識調査」を行った。転職の理由1位は「仕事内容への不満」だった。(2021/11/29)

約400人に聞いた:
「転職を考えたきっかけ」ランキング 3位「仕事内容の不満」、2位「収入の不満」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、転職を考えたことがある男女405人を対象に調査を実施した。その結果は?(2021/11/25)

20代の転職経験者の85.5%が「再度転職したい」 入社前に確認せず後悔したことは?
学情は、3年以内に転職を経験している20代に「今後の転職意向と転職を振り返り感じていること」について調査した。より希望に合致する企業があれば再度転職したいと答えた人は、85.5%に上った。なぜそのような回答が多いのか? 入社前に後悔したことを聞いたところ……(2021/11/24)

男性育休「義務化すべき」が42.6% 取得してよかった・困ったことは?
転職サービス「doda」を提供するパーソルキャリアが、学生以外の20〜55歳の男性を対象に「男性育休に関する意識調査」を実施した。(2021/11/22)

600人弱が回答:
20代に聞いたコロナ禍の転職・就職活動への影響 最も意識するようになったのは?
コロナ禍で学生の転職・就職活動に起きた変化とは? 学情が20代に調査した。社会人経験3年以上や、社会人経験3年以内で異なる結果となった。(2021/11/20)

就職面接での逆質問、7割以上が「したことがある」と回答 何を聞いた?
ビズヒッツは、就職・転職時に面接を受けたことがある人に「面接での逆質問に関する意識調査」を実施した。73.6%が、面接で逆質問をしたことがあることが分かった。何を聞いたのだろうか? また、逆質問をしなかった人にもその理由を尋ねた。(2021/11/19)

労働時間は:
転職をして「給与」は上がった? 厚労省が調査
会社を転職して、賃金が上がった人はどのくらいいるのだろうか。2019年10月から20年9月に転職した人に聞いた。(2021/11/19)

雑談は大切:
会話できない職場は「ストレス」64% 心理的安全性を感じられる職場の特徴は?
「職場でコミュニケーションが取れている」と回答したのは6割――転職サイト「エン転職」を運営するエン・ジャパンが、9〜10月に同サイトのユーザー8948人を対象に実施したアンケート調査で、こうした結果が判明した。(2021/11/19)

「500万円以上」との声も:
20代の転職理由「年収アップ」「やりがいのある仕事」が最多 希望する年収は?
20代専門の転職サイト「Re就活」を運営する学情が、20代の仕事観や転職意識についてアンケート調査を実施した(2021/11/18)

キャリアニュース:
仕事満足度ランキング2021を発表、満足度1位の職種は「構造設計」
転職サービス「doda」が「仕事満足度ランキング2021」を発表した。総合満足度が最も高かった職種は「構造設計」だった。指標では、テレワークなど自由な働き方が広がったことを受けて「労働時間」「職場環境」の満足度が高くなっていた。(2021/11/18)

2021年の忘年会、87.1%が「実施なし」 賛成・反対それぞれの理由は?
今年の勤務先での忘年会、実施なしが87.1%――。そんな結果が、就職・転職全般に関する各種調査を行うライボ(東京都渋谷区)の調査で明らかになった。(2021/11/17)

満足度も調査:
コロナ禍での転職、20代の6割は「ギャップを感じる」 どんな点に?
20代を対象に、コロナ禍での転職に関する調査を実施。6割が「ギャップを感じている」ことが分かった。どんな点が挙げられるのか? また、会社への満足度調査も実施した。(2021/11/17)

出社した方がコミュニケーションは取りやすいが……:
約6割が「望まない出社を強制されたら転職を考える」 ALL CONNECTがコロナ収束後の出社に関する調査結果を発表
ALL CONNECTは、「出社頻度と社内コミュニケーション」に関する調査結果を発表した。それによるとテレワークを継続したい人は多く、「もし会社から出社を強制された場合には転職を考える」という人が過半数を占めた。(2021/11/17)

女性に聞いた「男性が育休を取るメリット」 5位は「日本の風潮を是正する」、トップ4は?
キャリアデザインセンターは、「女の転職type」の女性会員を対象に「男性の育休」についてアンケートを行った。男性が育休を取るメリットの1位は「子育ての喜び・大変さを知る」だった。(2021/11/9)

社会貢献したい:
「官公庁の仕事に興味がある」68.5% 仕事をしたい省庁1位は?
ビズリーチは、サイト会員を対象に「官公庁への転職意欲」に関するアンケートを実施。その結果、68.5%が「官公庁の仕事に興味がある」と回答した。最も興味がある省庁は……。(2021/11/9)

採用担当者が考えるWeb面接のデメリット 3位「通信トラブル」、2位「職場の雰囲気を伝えにくい」、1位は?
転職サイト「doda」を運営するパーソルキャリアは、8月〜9月に求職者、採用担当者を対象に実施したアンケートの調査結果を発表。採用面接は「Web面接」よりも「対面面接」を希望する求職者が多いことが分かった。(2021/10/29)

働きがいは:
中途社員の満足度が高い企業 2位「イッセイ ミヤケ」、1位は?
就職・転職サイト「OpenWork」を運営するオープンワークは、「新卒入社VS中途入社:それぞれの満足企業ランキング」を発表した。新卒入社、中途入社の満足度評価で差分が大きかった企業は……。(2021/10/28)

20歳代の転職が最も多い:
67%が「前職よりも給与が上がった」 アデコが「未経験のエンジニア転職」に関する調査結果を発表
アデコは「未経験のエンジニア転職」に関する調査結果を発表した。異業種からエンジニアに転職した人の平均年齢は29.5歳で、「前職よりも給与が上がった」と回答した割合は67%だった。(2021/10/28)

キャリアニュース:
正社員の平均副業月収は「約17万円」、東海が最も高く約23万円
転職サービス「doda」が「地域別・最新の副業実態調査」の結果を発表した。月平均の副業収入は「約17万円」だった。月平均の副業収入が多い上位2地域は「東海」「北海道」で、「株/FX」をしている人が多い地域の順位と一致していた。(2021/10/28)

5回以上の経験者は25.1%:
転職を決めた理由 「給与」や「やりがい」を抑え1位となったのは?
NEXERが運営する、転職や働き方に関する情報サイト「キャリアバイブル」が、全国の男女2256人にアンケートを実施した。(2021/10/26)

コロナ禍前と比較:
「読書の習慣がある」8割、よく読むジャンルは?
キャリアや就職・転職全般に関する研究や各種調査を行う機関「Job総研」を運営するライボは10月18日、「2021年 秋の読書実態調査」の結果を発表した。(2021/10/19)

9割が「週休3日制」に魅力的に感じる 一方、期待することは?
都市部に在住している会社員に「正社員の働き方と転職」の意識調査を実施。転職先を探す時、「週休3日」の選択肢は魅力的か聞いたところ、54.3%が「とてもそう思う」、39.9%「少しそう思う」と答えた。一方、週休3日が導入される場合に、期待していることも尋ねた。(2021/10/15)

キャリアニュース:
コロナ収束後に再転職したい人の65%が「現在と異なる職への転職」を希望
マイナビが「転職活動における行動特性調査2021年版」の結果を発表した。転職活動した人は前回調査より増加したが、転職できた人は減少していた。また、コロナ収束後に再転職したい人のうち、65%が「現在とは異なる職に転職したい」と回答した。(2021/10/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。