ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CSO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CSO」に関する情報が集まったページです。

デジタルモノづくり:
信頼できるマスクを届けたい! 微生物専門家が挑む高性能マスク開発と評価試験
フレンドマイクローブ、名古屋大学、三井化学の3者は、2020年春のマスク不足とそれに乗じた粗悪品の流通を目の当たりにし、高機能3次元マスク「シータ」の共同開発に着手。そして現在、先の見えないコロナ禍において、マスクがファッション化して本来の機能を果たせていないのではないか? という危機感からインナーマスク「タートル」の開発も手掛ける。今回、一連のマスク開発に携わる名古屋大学 大学院教授/フレンドマイクローブ CSOの堀克敏氏に、マスク開発に至った経緯や性能評価に関する取り組みなどについて話を聞いた。(2021/5/13)

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE:
現場と経営のデータ循環を迅速に、Afterコロナで活躍する日立のデジタルツイン
日立製作所は2020年11月4〜6日、オンラインでプライベートイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE」を開催した。同イベントのエキスパートセッションでは、日立製作所 インダストリー事業統括本部 CSOを務める森田和信氏が、Afterコロナの製造業の課題や、それを解決し得る製造業向けのDXソリューション「トータルシームレスソリューション」などを紹介した。(2020/11/11)

CISOはCIO、CTOと何が違う? CISOの「DX推進に欠かせない役割」とは
日本ではまだまだなじみ深くはないCISO(最高セキュリティ責任者)というポジション。大手IT系企業以外で、こんなポジションを用意する必要が果たしてあるのでしょうか。実はDXを少しでも進める企業であればCISOを置くことが重要になります。CIOやCTO配下のセキュリティ担当者にはできないDX推進に欠かせない役割とはどんなものでしょうか。(2020/10/30)

ローム パワーデバイス事業統括 伊野和英氏:
25年にトップシェアへ、SiC市場をリードする“後発・ローム”
パワー半導体市場に後発として参入しながら、本格的な拡大が見込まれるSiC(炭化ケイ素)パワーデバイス市場において、先進的な研究開発を進めてきたローム。今回、同社取締役 上席執行役員CSO(最高戦略責任者)兼パワーデバイス事業統括の伊野和英氏に話を聞いた。(2020/8/26)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
WeWork最高戦略責任者に聞く「コロナ時代のオフィス」とは?
WeWork Japanは、今年7月に新たなプランWe Passportを導入した。契約したプライベートオフィスに加えて、WeWorkが国内で展開する全ての拠点の共用エリアを利用できる。導入の狙いとコロナ時代のオフィスの在り方を聞いた。(2020/7/31)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
WeWork日本法人がコロナ禍でも拡大路線を続ける理由
コワーキングスペース大手のWeWorkが、2018年2月の日本進出以来、拠点の拡大を続けている。WeWorkとソフトバンクの合弁会社WeWork Japanは、20年7月現在で東京、大阪、福岡など6都市で33拠点を展開。WeWork Japan最高戦略責任者の高橋正巳氏に、「新時代の働き方」に向けた戦略を聞いた。(2020/7/30)

ヤフーが「副業でヤフーの仕事をする人」募集 役割は「最高戦略責任者と議論するアドバイザー」など
例えば、CSO(最高戦略責任者)に対し、毎月5時間ほどリモートで提案や議論をして月収5万円。(2020/7/15)

Zoom、元Facebookのセキュリティ責任者をアドバイザーに指名し、CISO評議会を結成
新型コロナの影響でユーザーが急増し、多数の問題が浮上しているWeb会議サービスZoomが、元Facebookの最高セキュリティ責任者、アレックス・スタモス氏を外部アドバイザーに指名し、約束通りCISO評議会も立ち上げた。NTT DataのCISOも参加する。(2020/4/9)

Microsoft、MS Research所長のホロヴィッツ氏を初のCSO(最高科学責任者)に
Microsoftが同社としては初の最高科学責任者(CSO)にMicrosoft Research所長のエリック・ホロヴィッツ氏を指名した。同社でAI部門を率いてきたエリック・シャム上級副社長は今年初めに退職している。(2020/3/12)

製造業IoT:
デジタルツインでサプライチェーンをシームレスにつなぐ、商機は“際”にあり
「Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO」のセミナーに日立製作所 インダストリー事業統括本部 CSOの森田和信氏が登壇。『デジタルで「際」の課題を解決するトータルシームレスソリューション〜ロボティクスSIによる4Mデータ活用のさらなる高度化〜』をテーマに講演を行った。(2019/12/27)

「機械学習はまだ主流じゃない」、企業のセキュリティ対策のトレンドとは? シスコが調査
シスコの「2019年版 最高セキュリティ責任者ベンチマーク調査」によると、社内で利用しているセキュリティ製品のベンダー統合と最適化、社内のネットワーク担当チームとセキュリティ担当チームの連携強化、セキュリティ啓発を目的としたトレーニングの実施などが重点的に実施されていることが分かった。(2019/4/23)

ニュージーランド乱射動画の拡散はなぜ止められないのか 元Facebook幹部が解説
ニュージーランドで50人を射殺した犯人がFacebookライブ動画で配信した犯行動画が、YouTubeやTwitterで拡散した。各社がこうしたコンテンツを完全にブロックできない問題について、元Facebookの最高セキュリティ責任者がツイートで解説した。(2019/3/17)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
優勝8回、総額1千万円超の賞金をゲットした起業家に「プレゼンの極意」を聞いてみた――Empath CSO 山崎はずむさん(後編)
メルカリのCIOを務める長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。なぜ、音声感情解析技術「Empath」は海外のピッチコンテストで注目されているのか、この仕事を始めるきっかけは何だったのかを同社共同創業者でCSOの山崎はずむさんに聞きました。(2019/2/27)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
海外ピッチコンテストを席巻! 「声で感情を丸裸にする」技術の使い道って?――Empath CSO 山崎はずむさん(前編)
メルカリのCIOを務める長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。今回のゲストは、音声感情解析技術で海外ピッチコンテストを席巻している「Empath」の共同創設者、山崎はずむさんです。(2019/2/15)

ロシアから米中間選挙を守るのは手遅れだ──元Facebookのセキュリティ責任者が警告
MicrosoftやFacebook、Twitterがロシアにつながるドメインやアカウントなどを停止・削除したと発表したことを受け、Facebookの元最高セキュリティ責任者が「これはロシアやその他の米国の敵が、米国の選挙介入は簡単だとまだ考えている証拠だ」と警告し、対策を提言した。(2018/8/23)

Black Hat 2017講演レポート
セキュリティ業界の未来に喝 Faceook幹部が語る
情報セキュリティが世界情勢を揺るがすようになった今日、セキュリティ業界は方向性を見直す時期に来た。Facebookの最高セキュリティ責任者(CSO)が業界の問題点や多様性について語った。(2017/8/2)

顧客の安全より知的財産の保護を優先?:
米Oracle、CSOのブログ投稿削除か――顧客による「リバースエンジニアリング」は、善意でも知的財産権侵害と主張する内容
2015年8月10日(米国時間)に、米Oracleのブログに同社のCSOが投稿した記事の内容が、Twitter上などで物議を醸している。(2015/8/12)

「AdobeはFlash終了を宣言すべき」とFacebookのセキュリティ責任者
Flashの脆弱性問題が連日報道される中、6月にFacebookの最高セキュリティ責任者(CSO)に就任したばかりのアレックス・スタモス氏が「Adobe SystemsはFlashの終了期日を決めて発表するべきだ」とツイートした。(2015/7/14)

製造マネジメント インタビュー:
“技術だけ”で革新を考える日本、幅広い視野に立つ世界
製造業のデジタル化が加速している。さまざまな変化が進む中、モノづくりはどう変化していくだろうか。さまざまなシステムでモノづくりを支えてきたフランスDassault Systemesのエグゼクティブ バイスプレジデントでCSOであるモニカ・メンギニ氏に話を聞いた。(2015/7/13)

最高セキュリティ責任者に聞く:
脅威から機密情報を守り抜くEMCの社内セキュリティ実践
最先端技術や重要な顧客などの情報を狙う脅威に日々どう対応すれば良いのか。EMC最高セキュリティ責任者のデーブ・マーティン氏は、情報の収集・分析・活用が重要だと説く。(2014/7/22)

100%の自己防衛は不可能と警告
元米陸軍大佐の“セキュリティブートキャンプ” サイバー防衛力を鍛えるには
米軍のサイバー防衛戦略は企業の情報保護対策にどう活用できるのか。元米陸軍大佐で、現在はセキュリティベンダーで最高セキュリティ責任者(CSO)を務める専門家に話を聞いた。(2014/7/22)

Microsoftが経営陣再編 Google批判広告のペン氏が最高戦略責任者に
サトヤ・ナデラCEOが就任後初めての本格的な経営陣の再編を発表した。Google批判広告シリーズで名を知られ、最近ではスーパーボウルのCMで高い評価を受けたマーク・ペン氏がCSOに就任し、マーケティングを共同で担当してきたタミ・レラー氏は同社を去る。(2014/3/4)

「AppleのエコシステムはSamsungより優れている」とSamsung最高戦略責任者
Samsung Electronicsの新CSO、ヤン・ソン氏がMIT Technology Reviewのインタビューで、家ではMac、iPhone、iPadを愛用しており、iCloudから離れられないと語った。(2012/12/14)

Ericsson Innovation Forum 2011:
Akamaiとの提携が快適なモバイルネットサービスを生み出す――Ericssonのギルストラップ氏
この2月に米Akamaiとの提携を発表したEricsson。この提携は、通信キャリアやコンテンツプロバイダー、ユーザーにどんなメリットをもたらすのか。同社CSOのギルストラップ氏に聞いた。(2011/5/25)

米政府、セキュリティ調整官に元MSのシュミット氏を任命
eBayやMicrosoftの最高セキュリティ責任者を務めたハワード・シュミット氏が「サイバーセキュリティ調整官」に任命された。(2009/12/24)

米Rapid7、脆弱性検証ツールの「Metasploit」を買収
Metasploitは今後もオープンソースプロジェクトとして運営し、創設者のHD・ムーア氏はRapid7の最高セキュリティ責任者に就任する。(2009/10/26)

10期連続赤字は免れるか?:
電子マネーパイオニアの苦境――ビットワレット「Edy」の今
FeliCa電子マネーのパイオニアとしてEdyを運営するビットワレットは、創業以来赤字経営から抜け出せずにいる。電子マネーの普及が進んでも黒字化が難しいのはなぜか? 同社CSO宮沢和正氏のインタビューを通して、ビットワレットの今とこれからを考える。(2009/9/25)

文化で考えるセキュリティ:
セキュリティ対策にふさわしい「漢字」とは?
セキュリティの国際会議「FIRST Kyoto 2009」では、元Skypeの最高セキュリティ責任者、クルト・サウアー氏がセキュリティ対策と日本文化のユニークな関係について考察を紹介している。(2009/7/11)

情マネ流マーフィーの法則(16):
羊頭狗肉のIT用語、誇大表示を告発する
CSO、アーキテクト、SaaS、クラウドコンピューティング……。IT用語は大部分が英語や英略語が基本になっているので、「見慣れているけれども、何なのかよく分からない言葉」というものが多いのではないだろうか。今回は、IT用語にまつわる法則を取り上げる。(2009/6/16)

SOA Adoption for DUMMIESを提供:
Software AGのミコ・マツムラ氏、「OracleのSun買収は業界垂直統合の流れの一環」
Software AGのバイスプレジデントで最高戦略責任者のミコ・マツムラ氏は、「OracleによるSun Microsystems買収について垂直統合という業界の流れに沿っている」と指摘する。(2009/4/23)

McAfeeのCSOいわく「人事考課が数値化できるのだからセキュリティリスクだって」
米McAfeeのCSO、マーティン・カーマイケル氏が来日し、CSOの果たすべき役割について述べた。(2007/6/18)

BI革命とは何か:
基幹システムの中心的存在へ――幅広い連携で主役交代狙う
6月7日、ビジネスオブジェクツ社の創設者で現在会長兼最高戦略責任者であるベルナルド・リオトー氏が来日し、会見をした。(2007/6/8)

Skypeは世界トップレベルの安全性だ――最高セキュリティ責任者が発言
Skypeの最高セキュリティ責任者がSkypeの企業導入で気になるセキュリティについて紹介した。IT管理者向けのセキュリティガイドも公開されている。(2007/4/6)

これからの課題は「情報の過剰状態との戦い」――sendmail開発者
sendmailの開発者で米SendmailのCSOを務めるエリック・オールマン氏が、インターネットと電子メールのこれまでの歩みとこれからについて語った。(2006/11/22)

Interview:
携帯電話ビジネスのプロは、なぜソフトバンクに移ったのか──ソフトバンクモバイル松本氏に聞く(前編)
クアルコムジャパンの会長や米Qualcommの上級副社長を務めた松本徹三氏が、ソフトバンクモバイルの執行役副社長 技術統轄兼最高戦略責任者(CSO)に就任した。この“大型移籍”の背景には、松本氏の「日本の通信業界を変えたい」という思いがあった(2006/10/6)

Qualcomm副社長の松本徹三氏、ボーダフォンの副社長に内定
ボーダフォンの執行役副社長に米Qualcommの上級副社長松本徹三氏が内定した。技術統括兼最高戦略責任者(CSO)を務める。(2006/8/22)

「仕事がなくなれば私の仕事は成功だ」――Oracle CSO
米OracleのCSO、マリー・アン・デイビッドソン氏が来日。四半期ごとの定期パッチリリースをはじめとするセキュリティ向上のための取り組みについて語った。(2005/4/19)

RSA Conference 2005
CSO――その役割と悩み
RSA Conference 2005の3日目には、OracleのCSO、メリー・アン・デビッドソン氏らが参加してCSOの役割について問うパネルディスカッションが行われた。(2005/2/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。