ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「給料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

高賃金化:
なぜ給与が上がらないのか? 残念な“ハリボテ経営者”に4つの特徴あり
日本の会社で給与がなかなか上がらない大きな原因は何か。「経営者」「幹部層」「社員」という3つの観点で見ると……。(2024/2/22)

正社員の6割が「金銭的な不安あり」 年収、理想と現実は?
マイナビが正社員を対象にした調査結果を発表した。理想と現実の年収や、現在の収入への満足度が明らかになった。(2024/2/21)

「管理職は残業代ナシOK」、実は誤解 法令の正しい意味を知る
【Q】課長に昇進した従業員から「残業手当も休日勤務手当も支払われなくなった結果、昇進前より手取り給与が少なくなった」とクレームがありました。他の企業でもよく聞く話ですし、問題はないですよね?(2024/2/21)

ITエンジニアが集まる世界の10大都市【後編】
ITエンジニアのキャリアと年収が伸びそうな「急成長の都市」はここだ
ITエンジニアの需要は世界中で高まり続けている。給与が上がるキャリア形成を考える場合、「どのような技術を身に付けるか」とともに「どの都市で働くか」も考慮したい。成長株の都市を紹介する。(2024/2/17)

フリーランス向け求人が増えている職種 3位「データサイエンティスト」、2位「Webディレクター」、1位は?
フリーランス向けの求人が増えている職種は何か。また、その職種の平均年収はいくらか。CAMELORSが調査結果を発表した。(2024/2/16)

Q&A 働き方のお悩み相談:
体育会系の営業職で成果出ず、転職の勇気もない どうしたらいいですか?
体育会系の営業職で目立った成果を出せず、転職にも一歩を踏み出しきれない。ワークライフバランスも重視したいが、お給料もしっかりとほしい……。働き方の専門家のアドバイスは?(2024/2/16)

今さら聞けない「春闘」とは 給料が上がる? 社労士が分かりやすく解説
2月に入って徐々に「春闘」という言葉を聞く機会が増えてくるかと思います。そもそも「春闘」とはどういうものなのでしょうか? 社会保険労務士が分かりやすく解説します。(2024/2/15)

データサイエンティストより年収が上がりやすいIT職種とは? dodaが平均年収レポートを公開
パーソルキャリアの転職サービス「doda」は「IT職種の転職前後の平均年収レポート」を発表した。調査によると、転職前後の平均年収増加幅ではデータサイエンティストを抜いてあるIT職種が1位となった。(2024/2/13)

「離職防止や採用力強化のために給与を見直す企業が増えた」:
転職で最も年収が増えたのは「セキュリティエンジニア」 パーソルキャリアが調査
パーソルキャリアは「IT職種の転職前後の平均年収レポート」を発表した。2023年1〜6月の期間に転職した人で、転職前後の平均年収増加幅が最も大きいポジションは「セキュリティエンジニア」だった。(2024/2/13)

ROLAND、史上初“2億超”の売上記録したNo.1ホストに「すげーな」 “札束の山”築いた給料に相手「俺が稼いだお金じゃないから」
サラリーマンの年収の10倍を1カ月で稼ぐナンバーワンホストの優士さん。(2024/2/11)

ITエンジニアが集まる世界の10大都市【前編】
「第二のシリコンバレー」はどこだ イケてる高額年収エンジニアが働く都市5選
ITエンジニアとしてのキャリア形成を考えた時、業務内容や給与だけでなく「どの都市で働くか」も重要なポイントになる可能性がある。世界中のITエンジニアが熱視線を送る、IT産業が活況な5都市を紹介する。(2024/2/10)

IT職種の7割が「年収アップ」 転職前後を調査
その他ポジション別の平均年収増加額、転職前のポジション別平均年収の変化なども調査した。(2024/2/9)

転職で年収が上がるIT職種 「データサイエンティスト」など上位に トップは? doda調査
転職によって年収が上がるIT職種は──パーソルキャリアがこんな調査結果を発表した。最も上がり幅が大きいのは?(2024/2/8)

Q&A 45歳からのIT転職:
ミドルの転職「年収が下がっても転職すべきケース」とは?
近年需要が高まるIT人材。ミドル層以上の転職に関する疑問を、Q&A形式で回答します。(2024/2/7)

60歳以上の転職者が希望する年収 2位は「500〜599万円」、1位は?
エン・ジャパンは、人材紹介サービスの転職コンサルタントを対象に「ミドルの就業継続意向」について調査を行った。60歳以上の転職希望者が希望する年収帯で最も比率が高かったのは「600〜699万円」だった。(2024/2/2)

増加する、60歳超えの労働者:
定年後の嘱託社員、最低賃金での雇用はアリなのか?
60歳の定年後に社員を再雇用する場合、給与はどれくらい支給すべきでしょうか? 6割程度が一般的と聞きましたが、最低賃金での雇用もアリなのでしょうか?(2024/2/2)

物流2024年問題、ドライバー職の求人件数増加 重要課題は「人材確保」
リクルートは「2024年問題」を抱える物流業界における求人件数と賃金の推移を発表した。2019年と比較するとドライバー職の求人件数は伸長しており、賃金も上昇傾向がみられた。(2024/2/1)

労働市場の今とミライ:
「初任給バブル」の裏にある各社の思惑 給料を上げられない企業はどうなる?
ここ数年、大卒の「初任給」が高騰している。各社、どういった狙いから賃上げに踏み切っているのか? また、賃上げする体力がない企業はどうなってしまうのか?(2024/2/1)

IT技術者の給与が最も高い国はスイス 日本の順位は?
ヒューマンリソシアは、世界のIT技術者の給与動向を調査し、「データで見る世界のITエンジニアレポートvol.10」として発表した。IT技術者の給与が世界で最も高いのは「スイス」(10万2839ドル)だった。(2024/1/31)

20代のライフイベントと収入事情 結婚しようと思える世帯年収は?
 半数以上の20代が、結婚しようと思える世帯年収額は600万円──。SMBCコンシューマーファイナンスがこんな調査結果を発表した。20代が結婚しようと思える世帯年収額は「年収400万円」の割合は29.1%、「年収500万円」だと45.2%、「年収600万円」で56.1%だった。「年収がどんなに多くてもしたいと思えない」は21.8%だった。(2024/1/31)

正社員「初年度の平均年収」はいくら?
マイナビは、2023年の「正社員の平均初年度年収推移レポート」と「正社員求人件数・応募数推移レポート」について総評を発表した。正社員の平均初年度年収は456.6万円で、2022年平均と比べ2.4万円増加した。(2024/1/30)

「やさしいせかい」目指したVTuber事務所、社長失踪で存続困難に 給与未払いの指摘も
VTuber事務所のusabit.は28日、企業として存続が困難な状況になったと報告した。給与の未払いなどを指摘する声も上がっている。(2024/1/29)

CIO Dive:
ITバブル到来か? 年収2000万円以上稼げるスキルを紹介
スキル格差によって、企業は優秀な技術系人材に高額な報酬を支払うようになり、2023年の技術系人材の平均年収は2万ドル(約300万円)上昇した。あるスキルを持っていれば2000万円以上の給与を支払われるケースもあるようだ。(2024/1/29)

VTuber事務所社長が給料未払いで失踪、消滅へ 所属ライバー「株主へ報告していた売上規模が虚偽」
所属ライバーは個人勢として活動を継続。(2024/1/28)

おばたのお兄さん、妻・山崎夕貴との交際は“給与明細&貯金額オープン”でアプローチ 等身大の告白に「衝撃的」「かっこよすぎ」
「真剣な気持ちがすごく伝わって来ました」という声も。(2024/1/26)

1400人に聞いた:
生成AI、高年収ほど利用? 「技術系」「コンサル」……よく使う職種1位は
生成AIを自身の業務で「使用している」とした人は2割ーー。そのような結果がエン・ジャパン(東京都新宿区)による調査で明らかとなった。生成AIをよく使用する業種とは。(2024/1/24)

あのネコ型配膳ロボの愛称が判明 「時給161円」でレンタルする“里親”募集中
ファミリーレストランなどでよく見かけるネコ型配膳ロボ「BellaBot」を3年間、特別価格でレンタルする「人手不足解消応援キャンペーン」がスタート。(2024/1/17)

スピン経済の歩き方:
「値下げで過去最高益」のイオンが、賃金を上げなければ非常にマズいワケ
「値下げ」は消費者にとって喜ばしい話のようだが、実は日本全体の視点で考えると、あまり喜ばしい話ともいえない。その理由は……。(2024/1/17)

働き方の見取り図:
有休取れず、賃金増えず……男性の育休取得アップの裏で、見逃される5つの視点
男性の育休取得率が上昇機運に乗っている。このまま男性の取得率が上昇すれば、育児を巡る課題は全て解決するのか。取得率の数値目標にばかり目を奪われていると、他の有効な選択肢を見落とす可能性があると筆者は指摘する。(2024/1/17)

希望の年収の決め方 「同程度とした」「低くした」「高くした」のうち最も多かったのは?
希望の年収や雇用形態などについて、雇用形態別、年齢別、男女別に回答をみた。(2024/1/15)

「管理部門・士業」の平均年収ランキング 2位「FAS・財務系コンサルタント」(945万円)、1位は?
 管理部門・士業の中で、どの職種が一番平均年収が高いのだろうか。MS-Japan(東京都千代田区)の公開した年収ランキングデータによると「公認会計士」が平均年収977万円で最も高いことが分かった。(2024/1/15)

新春トップインタビュー 〜ゲームチェンジャーを追う〜:
AIが仕事を「奪ってくれる」 給与も稼ぐ“社員の分身”を生んだオルツCEOの熱意
自分の分身が業務を代行してくれる――。そんな夢物語が現実のものとなりつつある。AI開発のオルツは社員全員の「デジタルクローン」を作製。クローンの働きに応じて社員本人に給与を支給する取り組みも始めた。AIクローン社員は、従来の仕事の在り方をどう変えるのか。(2024/1/12)

CFO Dive:
白熱するAI人材争奪戦 約5000万円の給与を支払う求人例も
AIスキルを持つ人材の雇用は多くの企業にとって優先事項だが、その大半は適切な候補者を見つけるのに苦労している。(2024/1/12)

労働市場の今とミライ:
定年後の再雇用、賃金50%減の「妥当性」は? ”異例の判断”が下った判例から考える
60歳の定年後、再雇用で賃金が下がるのはよく聞く話だ。再雇用社員の賃金が5〜7割下がるのが一般的だが、果たして妥当な設計なのか? ”異例の判断”が下った「名古屋自動車学校事件」の裁判例を基に考察する。(2024/1/10)

年収1000万円超の親は、子どものキャリアについてどう教育しているのか
年収1000万円超の親は、子どものキャリアについてどう教育しているのか。ビズリーチ(東京都渋谷区)が調査を実施した。(2024/1/7)

データに隠された真実:
「年収1500万円」の人が住んでいるのはどこ? 東京23区だけではありません
年収マップ、今度は「子どものいる核家族」のうち、世帯年収1500万円以上の割合を地図化してみました。(2024/1/3)

データに隠された真実:
「年収700万円」の人が住んでいるところ データを分析して分かってきた
「年収700万円」ファミリーは、どんなところに住んでいるのでしょうか。データを分析してみました。(2024/1/2)

「職務給」の社員は「異動したら給与が下がる」のか?
業務内容を給与にひも付ける「職務給」を導入する企業が増えていますが、まずは管理職層からという流れになっており、一般社員層はこれまで通り職能給のままという企業が少なくありません。一般社員層の職務給はどのような状況になっているのでしょうか。(2023/12/28)

平均年収の高い「プログラミング言語」 3位「Scala」、2位「TypeScript」、1位は?
 転職時、求人票上で平均年収が高かったプログラミング言語は何か。paizaの調査によると「Go言語」の平均年収が710.5万円と最も高いことが分かった。(2023/12/28)

満足度が高い仕事 3位「ITコンサルタント」、2位「財務」、1位は?
満足度が高い仕事は何か。パーソルキャリアが調査結果を発表した。2013年の調査開始以降、労働時間の満足度が高く、給与・待遇の満足度が低い傾向が続いている。(2023/12/26)

平均給与が最も高いプログラミング言語はKotlin:
日本在住の外国人ソフトウェア開発者、年収中央値は850万円 TokyoDev
TokyoDevは日本在住で外国籍のソフトウェア開発者を対象に年収、就労形態、仕事で使用しているプログラミング言語やフレームワーク、ツールなどを調査した「2023 TokyoDev Developer Survey」を発表した。(2023/12/25)

Go AbekawaのGo Global!番外編〜ネパールでのエンジニア育成:
ネパールの最高学府卒エンジニアは、給料の半分以上をふるさとに送金している
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回は番外編として、ネパールの人材育成事業に取り組んでいるリクルートスタッフィング情報サービスに登場していただく。世界的に人材不足が深刻化する中、エンジニア育成の場としてネパールを選んだ理由とは。(2023/12/28)

転職後に増えた年収 3位「100万〜149万」、2位「50〜99万」、1位は?
転職後、給料が上がった人はどのくらいいるのか。また、上がった人の年収はどの程度変化したのか。シナプルリンクが調査結果を発表した。(2023/12/20)

平均年収が高い業種 3位「医薬品メーカー」、2位「たばこメーカー」、1位は?
業種別や職種別で見た平均年収はいくらか。パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」が調査を実施した。(2023/12/19)

目指したい年収 3位「500万〜600万」、2位「300万〜400万」、1位は?
目指したい年収はいくらか。男女で差はあるのか。明治安田総合研究所が調査結果を発表した。(2023/12/18)

婚活男女に聞いた「結婚相手選び」で重視すること 「年齢」「年収」を抑えた1は?
婚活男女は「結婚相手選び」において、どのような点を重視しているのか。松井証券(東京都千代田区)が調査を実施した。(2023/12/16)

本当に効果的なスキルアップ施策【後編】
「従業員の給与」と「企業の業績」を上げるスキルアップ施策を、どうやって続ける?
社内のスキルギャップを埋めるために従業員のスキルアップを推進することは、企業にとってさまざまなメリットが期待できる。スキルアップ施策の成果を確認し、継続させるには、どうすればよいのか。(2023/12/16)

後藤祐樹、結婚記念日に“年収告白” 波瀾万丈な8年を振り返り「ボコボコにされて人生変わって」「妻には感謝の言葉しかない」
山あり谷ありな半生。(2023/12/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
今年の漢字は「税」だが“本当の増税ラッシュ”は来年から 企業が取るべき対策とは?
「税」が今年の漢字となったとはいえ、増税は2024年度からが本番となる。また、原則的には「税金」ではないものの、給与から直接天引きされる社会保険料の高騰も踏まえると、企業や一般家計はますます切り詰めた生活となる可能性がある。(2023/12/15)

CIO Dive:
年収1000万超えを目指すなら取っておきたい"5つのIT資格"
変化の激しいIT業界でどうすれば年収を上げられるのか。高収入ランキングトップ5の資格とは。(2023/12/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。