ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「給料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

日本の賃金UP、実現なるか?:
法人税を大幅控除! 賃上げ税制「3%」の意味と、岸田政権の真意
2022年度の税制改正大綱が昨年末に公表され、「賃上げ税制」が注目を集めている。従業員の賃金を一定以上増加させた場合、法人税が大幅に控除される。賃上げ税制で求められる対応と、推進する政府の目的とは?(2022/1/18)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
ティム・クック氏の給与明細 時価総額3兆ドル企業のCEOは平均的Apple社員の1447倍稼ぐ
巨大りんごと姫りんご? 「Apple to Apple」とは言えない格差がさらに拡大中。(2022/1/17)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
このままでは“一億総非正規”待遇に!? 郵政は「正社員の休みを減らし格差解消」
「非正規社員の賃金が上がる」と期待が寄せられた同一労働同一賃金。しかし日本郵政グループは、正社員と非正規社員の格差是正を求める訴訟の結果、「正社員の休みを減らし格差を解消する」という提案を出した。こうした事例から、日本企業にはびこる“経営者問題”の根深さが見えてくる。(2022/1/14)

いよいよ「週休3日」の波が来る?:
単なる賃金カットに終わるのか? パナソニック「週休3日」で広がる期待と懸念
パナソニックが選択的週休3日制の導入方針を発表し、大きな話題を呼んだ。これまで既に週休3日制を導入した企業もあり、働き手の多くが導入に賛成する一方で、「賃金カットで終わるのでは」などといった懸念も尽きないが……(2022/1/13)

マネフォ「副業税額診断」の提供開始 年収の入力のみで見込み納税額の確認が可能に
 マネーフォワードは1月7日、確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」において「副業税額診断」の提供を開始したと発表した。本業と副業の年収を入力するだけで、納税額を簡易的に確認することが可能となる。(2022/1/11)

Q&A 総務・人事の相談所:
定年再雇用者のモチベーションが低下! 給料一律はやめた方がいいのでしょうか?
定年再雇用者は全員定額で、一般的なプレイヤーの社員の8割程度の給与としていた企業。優秀な層のモチベーション低下につながっており、改善したいと考えている──こうした場合、どのような対応が望ましいのだろうか?(2022/1/6)

スピン経済の歩き方:
サラリーマンの給料がなかなか上がらない、納得の理由
サラリーマンの給料がなかなか上がらない。世界的に見ても低迷しているので、岸田政権は賃上げをしている企業に“アメ”を与える策を打ち出しているが、効果はあるのだろうか。筆者の窪田氏は「ない」と見ている。その理由は……。(2021/12/28)

平均年収は403万円:
平均年収ランキング 3位「MR」、2位「運用」、1位は?
2021年の全体平均年収は昨年から6万円減少し、403万円だった。(2021/12/27)

2019年の調査と比較:
フリーランスの年収は? 「300万円未満」が減少
アデコは「フリーランスの働き方」に関する調査を実施した。その結果、約8割が「フリーランスを継続したい」と考えていることが分かった。年収については……。(2021/12/27)

年収は:
都内の中小企業で働く人、年収はいくら?
中小企業で働く人たちは、どのくらいの給与を手にしているのか。都内に拠点を置く中小企業を調べたところ……。(2021/12/26)

「死ぬまでの楽しみが給料日しかない」 ハッピーセットの「人生ゲーム」が世知辛いと話題に
働く大人に刺さる人生ゲーム……。(2021/12/25)

新卒採用は増えそう:
初任給はどうなる? 23年卒の学生
リクルートワークス研究所の調査によると、2023年卒学生を対象にした新卒採用数が「増える」と答えた企業は10.9%。22年卒から一転して「増える」が「減る」を上回る結果となった。(2021/12/24)

夫の独立や転職に賛成? 反対? 「父親の職業」や「年収」が関係
 Parasol(東京都港区)の運営する未婚男女のマーケティング研究機関「恋愛婚活ラボ」は、女性側の「夫の独立や転職に関する意識調査」を実施した。その結果、「父親の職業」や「自身の年収」に相関がみられ、独立や転職に対する意見に差がでることが分かった。(2021/12/23)

dodaが発表:
2021年版「IT職種の平均年収ランキング」 最も増加した職種は?
パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」が、「IT職種の平均年収ランキング2021」を発表した。(2021/12/23)

実質的な「最低賃金割れ」も多発:
最低賃金はどこまで上がるか? 「安すぎる日本」の行方
2021年10月、最低値賃金が全国平均で28円アップして話題になった。政府はさらに引き上げていく方針を示している。反発する経営団体もあるが、日本の最低賃金はどこまで上がるだろうか? また、最低賃金を上げるのは何のためか? 人事コンサルタントが解説する。(2021/12/20)

姉を絶叫させた「弟の初任給の使い道」 イケメンすぎる買い物を描いた漫画に羨望あつまる
弟さん、かっこいい!(2021/12/18)

ビズリーチ調べ:
年収1000万円以上の人が新しく挑戦したこと 3位は「資格取得」、2位と1位は?
転職サイトを運営するビズリーチ(東京都渋谷区)は、「ビズリーチ」会員を対象に、「職務経歴書の更新とキャリア観に関するアンケート」を実施した。年収1000万円以上の人が新たに挑戦したことは?(2021/12/17)

PR:年収3000万超えも当たり前!? スマホ時代の縦読みマンガ「webtoon」について聞いてきた
スマホに最適化した縦読みマンガ「webtoon」。詳しく聞いてみるとかなりすごいことになっていました。(2021/12/17)

昨年から2万円減:
女性の平均年収は345万円 上位を占めた職種は?
パーソルキャリアの運営する転職サービス「doda(デューダ)」が「女性の平均年収ランキング2021」を発表した。(2021/12/16)

調査で判明:
女性に聞いた「事務職」のリアル 4位は「給与が低い」、トップ3は?
キャリアデザインセンターは、「女の転職type」会員を対象に「事務職」について調査を行った。事務職になってみたいという興味が「すごくある」と答えた割合は40.7%だった。(2021/12/16)

キャリアニュース:
「テレワークで給与減額」の場合、テレワーク希望者が約4分の1に
学情が「テレワークと給与」に関するアンケート調査の結果を発表した。テレワーク制度を「利用したい」と83.0%が回答したが、「給与が最大25%などの幅で減額される」という条件がついた場合は、テレワーク希望者が約4分の1になった。(2021/12/16)

来年はどうなる:
今年、仕事で起こった変化は? 2位「給料が増えた」、1位は?
PGF生命は「くらしの総決算2021」を発表した。今年1年の仕事で、起こった変化の1位は……。(2021/12/14)

NEC森田社長を直撃【後編】:
NEC森田社長に聞く「新卒年収1000万円施策」の効果 魅力的な職場を作ることこそマネジャーの仕事
NECは顔認証に代表されるように世界でも有数の認証技術を持っている。加えて月や火星探査などの宇宙開発など夢のある技術開発に長年注力してきた。今後の展望を森田隆之社長に聞いた。(2021/12/13)

Q&A 総務・人事の相談所:
来年度までに年功序列→実力主義へ制度変更したい! 社員の反発は回避できる?
来年度までに、年功序列から実力主義への移行を計画している企業。給与制度をはじめとする変更で社員からの反発も考えられるが、スムーズに移行するためにはどうしたらいいのか?(2021/12/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
40年以上続く「パートは低賃金でOK」 “女性の自立”を日本は認められるか
連合は、2022年春闘で「ジェンダー平等」に取り組むことを打ち出した。女性初の連合トップである芳野友子会長は賃金における「ガラスの天井」を取り払うことを目指すという。なぜこれまでずっと、男女の賃金格差は放置されてきたのだろうか?(2021/12/10)

半数以上は転職を希望:
プロジェクトマネージャーの2割は年収1000万円以上、企業選びで重視することは?
アジャイルウェアが実施した「プロジェクトマネージャーの転職に関する調査」によると、プロジェクトマネージャーの半数以上は転職を考えていることが分かった。転職時に重視することは?(2021/12/9)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
株価低迷でも年収4500万円、好待遇維持するテンセントの狙い
テンセントが、従業員の4分の1に対して1人あたり116万円の株式報酬を付与すると発表した。またSNSへ流出した同社社員の収入明細によれば、税引き後の今年の年収は約4500万円だったという。今回はテンセントのほかアリババ、バイトダンス、シャオミファーウェイ、シャオミなどの報酬や福利厚生、労働の実態などを紹介する。(2021/12/9)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
「旧A社は給与が高いのに、旧B社は残業代すら出ない」を防ぐために M&Aの際、人事制度はどう統合すべきか
M&Aの中でも特に重要となる「人事制度統合」。アプローチを少しでも間違えると従業員のモチベーションダウンを招きやすく、慎重な対応が必要だ。(2021/12/2)

年収1000万以上が、マンションの賃貸・購入時に周辺に「あってほしい施設」 コンビニを抑えた1位は?
シンシアは、年収1000万以上で1年以内にマンション賃貸、もしくは5年以内にマンション購入を考えている東京・神奈川在住の経営者・役員に、「富裕層の物件周辺情報」に関する調査を行った。マンションの周辺情報としてチェックする項目3位は「病院」、2位は「コンビニ」という結果に。1位は?(2021/11/29)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
「人が欲しけりゃ給料上げて」問題
「やりがい」も大事ですけど「お給料」も大事ですよね……。(2021/11/29)

Q&A 総務・人事の相談所:
給与は“前職基準”、同じ能力でもバラバラ──穏便に統一できませんか?
従業員が増えているスタートアップ企業。社員は全員中途採用で、賃金は前職基準で決めており、たとえ能力が同じでも大幅に異なることも──社員が納得する新制度はどのように作るべきか? 人事コンサルタントが解説する。(2021/11/29)

報酬に関する市場調査 日系企業の部長年収は1362万円、課長は?
参加企業数は前年から126社増、863社と過去最多となった。(2021/11/27)

労働時間は:
転職をして「給与」は上がった? 厚労省が調査
会社を転職して、賃金が上がった人はどのくらいいるのだろうか。2019年10月から20年9月に転職した人に聞いた。(2021/11/19)

1600社に調査:
企業の48.6%が「賃上げを行う」、規模別では?
 2022年度税制改正により、賃上げを行う企業を対象に税制優遇の強化が検討されている。そこで、帝国データバンクは、賃上げに関する企業の見解についてアンケートを実施した。その結果、企業の半数近くは政府の支援策の程度にかかわらず賃金の引き上げを予定していることが分かった。(2021/11/19)

「500万円以上」との声も:
20代の転職理由「年収アップ」「やりがいのある仕事」が最多 希望する年収は?
20代専門の転職サイト「Re就活」を運営する学情が、20代の仕事観や転職意識についてアンケート調査を実施した(2021/11/18)

500人に聞いた:
年収が1000万円あったらお金をかけたいこと 2位は「旅行/レジャー」、1位は?
ビズヒッツは、働く男女に「年収1000万円あったらお金をかけたいことに関する意識調査」を実施した。年収が1000万円あったらお金をかけたいこと1位は「家の購入・リフォーム・ローン返済」だった。(2021/11/18)

“大退職時代”の人材維持・獲得策【後編】
給与を上げずに有能社員を引き留める“賢い報奨金”とは?
人材の維持・獲得の有力な手段となり得るのが、報奨金をはじめとする金銭的インセンティブだ。報奨金だけでも、さまざまな種類がある。主要な報奨金を紹介しよう。(2021/11/17)

50代社員の約4割は、給料が「低い」と回答 20〜40代からは「もらいすぎ」の意見も
フォー・ノーツは、全国の会社員に「50代社員に関する意識調査」を実施した。50代の社員の38.0%が、自身の給料は仕事の成果と比べて「低いと思う」と回答。一方20〜40代からは「もらいすぎ」という意見も見られた。(2021/11/16)

「日本のフリーランス人口は1577万人」:
オンラインで仕事を完結させるフリーランスは平均より年収が高い ランサーズが実態調査の結果を発表
ランサーズは「新・フリーランス実態調査 2021-2022年版」を発表した。ランサーズによると日本のフリーランス人口は1577万人で、経済規模は23.8兆円に達するという。(2021/11/16)

米国は出身大学で大きな差:
なぜ日本の初任給は一律なのか? 不自然な「職能給」
欧米系の企業はジョブに基づいた職務給を、日本企業は人を基準とした職能給を主に採用しているといわれている。しかし、人事コンサルタントの筆者は、日本の賃金制度は全く“職能”に基づいていないと考えている。日米の賃金制度の違いから、日本の賃金制度の本質について考える。(2021/11/11)

スピン経済の歩き方:
なぜ某カフェチェーンは時給を上げないのか 「安いニッポン」の根本的な原因
アルバイトの応募が少ない――。某カフェチェーンから、このような嘆きの声が聞こえてきた。人口減少の問題もあるだろうが、なぜバイトが集まらないのか。その理由は……。(2021/11/9)

4000人に調査:
「仕事を辞めたい!」と思った理由、「給与」を抑えた1位は?
スタッフサービス・ホールディングスは、働く世代を「Z世代」「ミレニアル世代」「就職氷河期世代」「バブル期世代」に分け、仕事にまつわる調査を実施した。その結果、「仕事を辞めたい」理由で1位に選ばれたのは……?(2021/11/3)

専門家のイロメガネ:
アメリカのスタバ時給1900円から考える「安い日本」
コーヒーチェーンを展開する米スターバックスが、米国で時間給社員の平均賃金を来夏に平均で17ドル、現在の為替レートで約1900円まで引き上げることが報じられた。日本でも高齢化によって人手不足は深刻な状況にあるが、賃金水準は30年前から横ばいだ。一方で、日本は食料の半分を、エネルギーの大半を輸入に頼っている。現在の傾向が続けば賃金は低く物価は高い状況、つまり「安い日本」から「貧乏な日本」になってしまう日も近い。(2021/10/31)

結婚願望がそもそも:
年収800万円以上の独身男性に聞く 「機会があれば結婚したい」人の割合は?
ITツール比較サイト「STRATE」を運営するSheepDogは、30〜49歳で年収800万円以上の未婚男性を対象に「高収入未婚男性の結婚に関するアンケート」を実施した。「機会があれば結婚したい」と答えた人は……。(2021/10/30)

「ニューノーマル」な出会いを提供:
「年収やスペックでフィルターをかけない」 マッチングアプリTinder Japanの女性トップを直撃
Tinder Japanのカントリーマネージャーに就任したチョウ・キョ氏を直撃。今後のビジネス展開について話を聞いた。(2021/10/30)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
賃金減少、日本の家計に世界的なインフレが直撃、「悪い円安」も追い討ち?
世界的なインフレの影響が、日本の家計に大きな打撃を与える可能性がある。需要によらない供給側の要因で起こる物価上昇は「コストプッシュインフレ」、通称「悪いインフレ」と呼ばれている。(2021/10/29)

経営陣をいかに説得したか:
“みんなそろって昇進”だったカゴメ ジョブ型に舵切りしたCHOが明かす「社内改革の鉄則」とは
社員間で人事評価に差が付かず「85%が同じ評価」、入社16年が経たないと課長になれない、若い人は優秀でも比較的給与が低い──2012年に入社した有沢正人氏は、「これはあかん」と改革に乗り出した。(2021/10/28)

20歳代の転職が最も多い:
67%が「前職よりも給与が上がった」 アデコが「未経験のエンジニア転職」に関する調査結果を発表
アデコは「未経験のエンジニア転職」に関する調査結果を発表した。異業種からエンジニアに転職した人の平均年齢は29.5歳で、「前職よりも給与が上がった」と回答した割合は67%だった。(2021/10/28)

5回以上の経験者は25.1%:
転職を決めた理由 「給与」や「やりがい」を抑え1位となったのは?
NEXERが運営する、転職や働き方に関する情報サイト「キャリアバイブル」が、全国の男女2256人にアンケートを実施した。(2021/10/26)

300人に調査:
若い専業主婦の25%が夫の給料を知らない 不満がある人の割合は?
20〜30代専業主婦の25%が夫の給料を知らない。ITツール比較サイトを運営するSheepDog(東京都品川区)が調査して分かった。不満がある人の割合は?(2021/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。