ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「給料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

産業動向:
「平均年間給与額は製造業よりも建設業が高い」、給与額の実態を分析
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年10月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、建設業での給与額の実態を年齢層別や職種別に分析している。(2021/10/21)

業務形態別、主要都市別でも調査:
20代男性「給料の前借り経験」 20代女性の約1.5倍に
「給料の前借り」に関する調査。20代男性会社員の8.0%が「前借り経験」があり、20代女性会社員の3.3%の約1.5倍に上ることが分かった。(2021/10/19)

米国で進む「同一労働同一賃金」【後編】
“賃金格差のない社会”実現のためにカリフォルニア州は何をするのか?
賃金格差解消のために、米国の一部の州は新しい法令を定めている。カリフォルニア州はどのような施策を実施するのか。(2021/10/14)

2年連続で減少:
民間の平均給与は433万円、コロナ禍で給料が上がった業種は?
国税庁が発表した「2020年分 民間給与実態統計調査結果」によると、ビジネスパーソンの平均給与額は433万円。業種別で見ると……。(2021/10/14)

石油価格上昇 インフレによるスタグフレーションの心配はない?
昨今、原油価格の高騰などから、景気後退とインフレ(物価上昇)が同時に起こるスタグフレーションを警戒する声が聞かれる。1970年代のオイルショックの際には、景気後退で給料が上がらないにもかかわらず物価が上昇し、生活者にとって極めて厳しい状況となった。(2021/10/13)

「300万円以下」は約5分の1:
2020年の年収、31.6%が「400万円以下」と回答 50代の不満率が高い結果に
ライボは、社会人男女を対象に「2021年 年収と貯金額調査」を実施した。2020年の年収を聞いたところ、回答者全体の31.6%が「年収400万円以下」と答えた。満足度は年代別で50代の不満率が最も高かい結果となった。その他、コロナ禍が貯金額に与えた影響も調査した。(2021/10/13)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(10):
需要増加中! インサイドセールス職の給与、瞬間価値と生涯価値
コロナ禍の後押しもあり、需要が増加しているインサイドセールス職。その給与は、フィールドセールスよりも低く設定されていることも少なくない。しかし、瞬間価値と生涯価値の両側面から考えると、新しい景色が見えてくる──。(2021/10/13)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】エネルギー価格上昇、平均時給の増加基調などインフレ懸念への警戒感が一層高まる
原油先物価格が大きく上昇、サプライチェーンの混乱や人手不足によるコスト増加が企業収益を一段と圧迫するとの思惑が広がりインフレ懸念が高まりました。サービス業の景況感を示す指標が予想を上回ったことは投資家心理の支えになりました(ISM、ミシガン)。10年債利回りは6月中旬以来の水準まで上昇。(2021/10/12)

「ITエンジニア年収実態調査2021」:
日本で「iOSエンジニアの年収が高い理由」とは initがITエンジニアの年収に関する調査結果を発表
initは「ITエンジニア年収実態調査2021」を発表した。iOSエンジニアが高い年収を得ている傾向があり、initは「iOSエンジニアはキャリアが浅くても稼ぎやすい職種だ」と分析する。(2021/10/12)

「テレワークと給与」に関する調査:
「月収25万円で出社勤務」と「月収18万円でテレワーク勤務」 新卒の84.9%が選んだのは?
学情は、2023年3月卒業、修了予定の大学生・大学院生を対象に「テレワークと給与」に関する調査を実施した。コロナ禍で浸透してきたテレワークだが、緊急事態宣言が解除されたことをきっかけに出社する人も増えてきている。23年新卒はどのように考えているのだろうか?(2021/10/11)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
日本の“低賃金・人軽視”の悪夢 ブラック企業は「辞めたくても辞められない」
コロナ禍で生活不安が高まり、ブラック企業を「辞めたくても辞められない」という人が増えている。ブラック企業には、従業員を低賃金で長時間働かせ、労働基準法を守らぬ企業も多い。「働く人にどう報いるか?」という点について、後れを取っている日本はこの先、どうなっていくのだろうか──。(2021/10/8)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
パナソニックの優秀人材流出、早期退職制度は人材の“焼畑農業”だ
パナソニックは10月1日、9月末で1000人以上の従業員が早期退職制度を利用して退職したことを発表した。“特別キャリアデザイン”というキレイな名称も、結局は対象の社員に「給与を下げるか、お金をもらって辞めるか」という選択を強いているものに過ぎない。この制度で、活躍が期待されていた優秀人材まで退職してしまったという寓話のような顛末となっていることも気がかりだ。(2021/10/8)

米国で進む「同一労働同一賃金」【前編】
「賃金データの報告」義務化で新たに生じた「HR Tech」のニーズとは
「同一労働同一賃金」は米国企業にとって、人材を集める手段として考えられていた。だが同一労働同一賃金の法制化が一部の州で進みつつあることで、この考えは変わる可能性がある。どのように変化するのか。(2021/10/7)

「扶養から出るな」という夫も:
“パートは低賃金で当然”の日本で、なぜ「全従業員を正社員化」できた? イケア・ジャパン人事に聞く
いわゆる「同一労働同一賃金法」より約6年も前に、イケア・ジャパンはパートタイマーを含め全従業員を正社員雇用に切り替えた。なぜそのようなことができたのか。イケア・ジャパン人事にインタビュー。(2021/10/6)

成功する人の共通点:
年収1000万円以上の求人が多い業種 2位「コンサルティング」、1位は?
人材採用のエン・ジャパンは、転職コンサルタントを対象に「年収1000万円以上の転職」についてアンケート調査を実施。求人が増えている業界や業種が明らかとなった。(2021/10/1)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
立民「年収1000万円以下所得税ゼロ」 1番トクするのは高収入の独身ビジネスマン?
衆院選マニフェストの中でも目を引くのが、立憲民主党の掲げる「年収1000万円未満世帯の所得税免除措置」だ。立憲民主党の枝野代表は「経済を良くするには、分厚い中間層を取り戻し、あすの不安を小さくすることが大事」と発言しており、実現すれば家計の負担が減少すると巷でも歓迎する意見も散見される。(2021/10/1)

副業・兼業の留意点(3):
副業・兼業時の長時間労働 割増賃金はどちらの企業が払うのか、どう管理すべきなのか
副業・兼業をすると、労働時間は本業と合わせて長時間になります。このような場合、割増賃金の支払いは必要となるのか、どちらの会社が支払うのか、どのように管理すべきなのかといった問題が生じます。本記事では、その対応方法を説明します。(2021/9/30)

ナイツ塙、ブレイク前の給与明細公開 かなり寂しい“最高月収額”にがく然とする声 「芸能界は本当厳しい」「そんなに安価」
「みなおか」「めちゃイケ」「うたばん」の出演料も。(2021/9/26)

男女別でも調査:
給料日のプチぜいたくランキング6位は「スタバに行く」 トップ5は?
ビズヒッツは「給料日のプチぜいたくランキング」を発表した。「スタバに行く」が6位にランクインした。トップ5は? 男女別でもランキングを算出した。(2021/9/25)

収入別・年代別でも比較:
20年度の「家計の収支」 全体では約78万円増、世帯年収600万円以下ではマイナスに
日本生活協同組合連合会は、20年度の「家計・くらしの調査」を実施した。年収別・年代別に、年間収支平均や収入支出を比較。家計の収支は全体で約78万円プラスだったが、世帯年収600万円以下ではマイナスとなった。(2021/9/21)

最低賃金の引き上げに関する実態調査 66.2%が賃金の引き上げに「反対」
アルバイト・パート採用を行う企業を対象に実施した「最低賃金の引き上げに関する実態調査」。その結果、最低賃金の引き上げについて賛成か反対かを尋ねたところ「反対」が66.2%、「賛成」が33.8%だった。(2021/9/18)

マイナビ調べ:
学生が考える理想の「残業時間」「社会人1年目の年収」 現実とのギャップは?
2023年3月卒業見込みの全国の大学3年生、大学院1年生を対象にマイナビが調査を実施した。理想の残業時間と年収は?(2021/9/16)

ペイミー、YOLO JAPANと業務提携 外国籍従業員への給与即日払いサービスの提供開始
 給与即日払いサービス「Payme」を提供するペイミー(東京都渋谷区)は2021年9月より、外国人従業員向け福利厚生代行サービス「YOLO LIFE」を提供するYOLO JAPANと業務提携した。(2021/9/16)

減らす理由は:
10月に「地域別最低賃金引き上げ」が実施、人件費はどうなる?
総合人材情報サービスのアイデムは、「令和3年度地域別最低賃金」の引き上げに伴い、取引企業243社にアンケートを実施、その結果を発表した。「最低賃金の引き上げに伴い、人件費の対応策として検討していること」を尋ねたところ……。(2021/9/15)

年功賃金・終身雇用の合理性と限界:
成果主義としてのジョブ型雇用転換への課題
近年、産業界を中心に年功賃金、終身雇用の限界に関するコメントが相次いでいる。その要因はというと……?(2021/9/9)

ペアローンの危険性:
マンション購入で「年収7倍」のレバレッジ、価格上昇が止まらない
東京のマンション価格上昇が止まらない。マンションデベロッパーの仕入れ担当に取材すると、開発用の事業用地は今も高騰を続けているとか。つまり、来年、市場で売り出される新築マンションは今よりも高くなるということだ。(2021/9/8)

20代前半と後半の転職意識の違いを調査 給料、やりがい、将来のどれが大事?
転職を考えている20代前半と、20代後半の会社員を対象にした「若手社員の転職意識」に関する調査。その結果、「転職を考えている理由」の1位は、20代前半と後半共に「給料が少ない」だった。(2021/9/3)

最も早く辞めた職場の退職理由 「賃金」や「仕事内容」を抑え1位となったのは?
総合求人サイト「イーアイデム」を運営するアイデムが、仕事探しに関する調査を実施した。(2021/9/3)

“いま”が分かるビジネス塾:
人助けランキングで日本は最下位! 「他人を信用しない」と「低賃金」の関係
人助けに関するランキングで、日本が世界最下位に。ネット上では「日本人は冷たい」「欧米による勝手なランキングだ」といった声が出ているが、筆者の加谷氏は「結果について過剰反応するより、冷静に受け止めてうまく活用したほうがよい」という。どういうことかというと……。(2021/9/1)

正社員の平均初年度年収は455.2万円 最も年収が高かった業種は?
マイナビは、「2021年7月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」を発表した。全国平均初年度年収は455.2万円だった。業種別の平均初年度年収や求人割合はどうだったのか。(2021/8/24)

資産形成と住まいに関する調査:
世帯年収1000万円以上の家庭 「老後・教育・住宅資金」として準備している金額はいくら?
GA technologiesは「資産形成と住まいの意識」についてアンケート調査を実施した。人生最大資金ともいわれる老後・教育・住宅資金。世帯年収1000万円以上の家庭が準備している金額はいくらだったのだろうか?(2021/8/21)

フリーランスの年収、「100万円以下」が最多 1000万円以上稼ぐのは?
全国のフリーランス400人のうち、年収は「100万円以下」が最多だったことがインターネット調査で判明した。(2021/8/21)

全国平均で28円引き上げ:
最低賃金引き上げが企業にもたらす影響は?
東京商工リサーチは、全国の企業9278社を対象に「最低賃金引き上げに関するアンケート」を実施した。(2021/8/20)

収入が高い言語は?:
最も愛されているWebフレームワークは「Svelte」――Stack Overflowの年次開発者調査結果
開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」が、2021年の年次開発者調査の結果を発表した。経験の浅い開発者の割合が増えていることやプログラミング言語ごとの年収、大規模開発者が好むWebフレームワークの種類などが分かった。(2021/8/17)

【お仕事楽しい】会社に行くときは「そこそこ頑張る」「平穏無事に1日を過ごす」モードの下に第3の「給料泥棒」モードがある
どうしてもやる気が出ない日、ある……!(2021/8/14)

行員数は4年連続で減少:
国内78銀行の平均年収は606万6000円 3年ぶりトップに返り咲いた銀行は?
東京商工リサーチは8月11日、国内78の銀行における2021年3月期の平均年間給与が606万6000円だったと発表した。(2021/8/13)

50〜60代のフリマアプリ利用調査 世帯年収500万〜1000万円の利用率が最多に
50〜60代対象のフリマアプリの利用調査。利用率の高い世帯年収、売る側と買う側での利用率の変化、年代別や性別、地域別での違いを調査した。(2021/8/10)

定年再雇用の潮流:
「60歳以降、賃金減額」の判例を知る 長澤運輸事件から変わった「傾向」
定年再雇用時の賃金に関する裁判例は多数あります。中でも2018年の長澤運輸事件が、最高裁の考え方を知る上で重要な判例です。長澤運輸事件を中心に、判例を整理します。(2021/8/10)

ポストコロナの報酬戦略:
給与を社員本人が決める会社 なぜ“崩壊”しないのか?
報酬制度の在り方は、企業の競争力に影響を与えます。テレワーク時代にはこの傾向が一層強まるでしょう。では、どのような報酬制度を導入すれば、効果があるのでしょうか。(2021/8/10)

聞いたことがない:
沖縄の最低賃金に異変 使用者側が発効延期を要求、理由は?
沖縄県の最低賃金額を議論する沖縄地方最低賃金審議会の専門部会で、使用者側が最低賃金の発効日を現行の10月1日以降に延期するよう求めていることが分かった。(2021/8/6)

1000万円プレイヤーと平均年収層の「地方副業」の実態を調査 満足度は?
パーソルキャリアは、「地方副業」を行ったことがある1000万円プレイヤーと平均年収層を調査した。地方での副業を選んだ理由、どんな職種を選んだのか、やってよかったことは何かを聞いた。(2021/8/5)

ビジネスパーソンのストレス調査 最大の要因は「給与・賞与」、2年連続1位に
 チューリッヒ生命は全国1000人のビジネスパーソンを対象に、5回目となる「ストレスに関する調査」を実施した。(2021/8/5)

銀行発! 顧客体験価値の向上、DX促進に寄与:
PR:エンジニアファーストな「組込型金融サービス」時代到来
家計簿アプリやスマホ決済など、今、かつてないほど金融サービスが身近な存在になっているが、これらを裏で支えているのが「組込型金融サービス」だ。今まで時間と人を割いて行っていた、給与振込や振込取消などの業務を全て自動化できる“組込型金融”とは何なのか? 銀行APIのトップランナーであり、ネット銀行界の異端児・GMOあおぞらネット銀行に話を聞いた。(2021/8/5)

調査で分かった:
「手取り30万円」に満足している人は約半数 給料が増えたらお金をかけたいことは?
ビズヒッツは、手取り30万円の男女214人を対象に調査を実施。手取り30万円で満足しているか、また手取りが増えたらお金をかけたいことについて聞いた。(2021/8/3)

“賃金デフレ”ひどくする消費税増税…経済無策でこれ以上若者たちの足を引っ張るな
 東京五輪では日本の若い力の活躍でメダルラッシュ、新型コロナウイルス感染拡大の重苦しい空気を吹き飛ばす。そこで政策当局には若者に代わってもの申したい。経済無策で日本を明るくする若者たちの足をこれ以上引っ張るな、である。(2021/8/3)

「業務利用する言語」と「習得したい言語」に差:
年収800万円以上のエンジニアが習得したいプログラミング言語は「Rust」と「Go」 ファインディ
ファインディが実施した「エンジニアのキャリア動向」に関する調査によると、業務で利用している言語や技術は「JavaScript」「Python」「Ruby」が多く、業務で使用していないが、今後習得したい言語や技術では「Rust」「Go」などの人気が高かった。(2021/8/3)

年収800万円以上のエンジニアは「Rust」と「Go」に注目 転職サービスが1000人調査
ファインディのエンジニア約1000人への調査で、年収800万円以上のエンジニアが注目する言語は「Rust」と「Go」という結果が出た。(2021/8/2)

Q&A 総務・人事の相談所:
専門職は「管理職よりも楽に給与が上がる」と批判殺到──人事はどうしたらいいでしょうか?
管理職と同等の貢献度のある社員を処遇するために専門職コースを新設。しかし、運用を始めると「専門職の方が管理職よりも楽に給料が上がる」と不満の声が──こんな時、人事はどうしたらいいのだろうか?(2021/8/2)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。(2021/7/30)

受け身でいては幸せになれない:
SI系企業で働くエンジニアが年収を上げるためにすべきこと
複雑怪奇なIT“業界”を解説する本連載。今回のテーマも年収です。構造的に、人をリスクと捉え、育てる環境がないIT業界。では、その中でエンジニアはどうやってキャリアを切り開いていけばいいのでしょうか。(2021/7/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。