ニュース
» 2010年06月11日 16時28分 UPDATE

Adobe、「Flash Player 10.1」と「AIR 2」の正式版をリリース

Flash Player 10.1はCocoaアプリになり、AIR 2ではCSS3やHTML5の幾つかの機能をサポートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは6月10日(現地時間)、「Flash Player 10.1」と「Adobe AIR 2」の正式版をリリースしたと発表した。それぞれのWindows、Mac、Linux版が、Flash PlayerのサイトAIRのサイトからダウンロードできる。なお、両ソフトのAndroid向け正式版は6月中に公開する予定。

 Flash Player 10.1では、現在攻撃が多発している深刻な脆弱性に対処したほか、多数の新機能を追加した。CPUとメモリの消費量を減らし、性能と消費電力管理機能を強化。H.264のハードウェアアクセラレーション、マルチタッチ、Webブラウザのプライベートブラウジングモードに対応した。プライベートモードで閲覧したFlash関連のデータは、通常モードに切り替わる際に削除されるようになった。

 Adobeは現在、Flashをめぐって米Appleと対立しているが、Macに特化した機能も追加した。まず、Appleの「Cocoa」で構築した“完全な”Cocoaアプリになった。Cocoaのイベント、ユーザーインタフェース、Core Audio、Core Graphics、Core Foundationを利用している。また、全画面での動画再生を高速化するためにOpenGLのダブルバッファを、レンダリング性能を強化するためにCore Animationを採用した。

 AIR 2では、ランタイムの性能を改善し、CPUとメモリの消費量を削減した。既存のAIRアプリを稼働させた場合、メモリの消費量を最高で30%削減できるとしている。また、マルチタッチやネットワーク機能など多数のAPIを追加し、HTML、CSS3、HTML5のサポートを強化した。JavaScriptエンジンも更新し、前バージョンの2倍にクロックアップしたとしている。

 AIR 2のSDKは、デザインスイート「Creative Suite 5(CS5)」に含まれるほか、15日から無料でダウンロードできるようになる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ