ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Cocoa」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Cocoa」に関する情報が集まったページです。

菅首相、出馬断念で混迷する総裁選――通信業界に影響を与える次期総裁は誰か
菅義偉内閣総理大臣が、9月に行われる自民党総裁選挙への出馬を見送ることになった。これは事実上の退陣表明であり、次期総裁、つまり次期内閣総理大臣の人選に注目が集まっている。通信業界にとって、誰が首相になるのがいいのだろうか。(2021/9/10)

接触確認アプリ「COCOA」、高齢者・障害者にも使いやすく 22年3月までの達成目指す
厚生労働省が、新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」を高齢者や障害者にも使いやすいようにする方針を発表した。2022年3月までに達成を目指す。(2021/9/8)

vsCOVID-19:
建設業界がデジタル技術で新型コロナを克服するための道筋、IDC Japanの独自レポート調査から
新型コロナウイルス感染症の拡大により、建設業界でも事業環境が悪化し、いまだに脱出の糸口を見つけ出そうと模索する企業は少なくない。その一方、コロナ禍の副産物として、これまでなかなか浸透しなかったBIMや現場管理ツールなどといった業務効率化をもたらすDXが急速に普及しつつある。こうした国内の建築/建設業を取り巻く環境が様変わりするなかで、オートデスクと市場調査会社のIDC Japanは、コロナ禍で苦境に立たされた建設業が業績回復までに至る道筋を示したウェビナーを開催。IDC Japanの独自調査から浮かび上がってきたCOVID-19を克服するためのキーワードとオートデスクが提供するクラウドソリューションの有効性を説き、いかにしてネクストノーマルに備えるべきかを提言した。(2021/8/11)

「みんな五輪に夢中で今月の13日が金曜日だと気づいてないんだろうな…」 殺人鬼ジェイソンが不穏なつぶやきを開始
過去2回、ジェイソンは自粛を余儀なくされていました。(2021/8/4)

PR:AIで“自然な見守り”ができる トーンモバイル「Oneメッセンジャー」を使って分かったこと
SNSを利用したコミュニケーションは便利だが、子どもが使うと炎上したり犯罪に巻き込まれたりするリスクが付きまとう。そこで注目したいのが、トーンモバイルが提供している家族専用の「Oneメッセンジャー」だ。単にメッセージをやりとりできるだけでなく、AIが子どもの状態を見守り、「子どもが車に乗りました」「子どもが学校を出ました」など、AIからリアルタイムでメッセージが届き、新しい形の親子のコミュニケーションを実現している。(2021/6/24)

MVNOに聞く:
石田社長に聞くトーンモバイルの現状 新スマホ「TONE e21」の狙いから、値下げ競争の影響まで
トーンモバイルが4月の新スマホ「TONE e21」を発売した。スペックを向上させつつ、新機能の「Oneメッセンジャー」や「One Drop」に対応している。この新モデルを投入した狙いや、ここ数カ月の料金値下げ競争が同社に与えた影響を中心に、フリービットの石田宏樹社長に聞いた。(2021/6/22)

コロナ禍「日本のIT敗戦」の深層を考える
西田宗千佳さんが、コロナ禍に対する国の施策がなぜうまくいかなかったのかを解き明かす。(2021/5/26)

5G端末の普及には何が必要? CIAJとAppleの考え
総務省が「競争ルールの検証に関するワーキンググループ(WG)」の第18回会合を開催した。今回の会合では、MVNOや端末メーカーからのヒアリングが行われた。この記事では、国内の端末メーカーなどが加盟するCIAJ(情報通信ネットワーク産業協会)と、Apple Japanの主張を紹介する。(2021/5/24)

混乱を解消したい:
本格導入はいつ? JALが実証実験を進める3つの「デジタル健康証明書」
新型コロナの感染拡大を受けて、空港が大変なことになっている。日本から海外へ渡航する際、各国ごとに必要な手続きや入国後の制限が大きく異なり、航空会社にも利用者にも混乱が広がっているのだ。こうした騒ぎを解消するために……。(2021/5/19)

デジタル防災を始めよう:
突然のコロナ感染、その時あってよかったもの 非常持ち出し袋がホテル療養セットに
コロナ感染が判明し、ホテル療養することになった筆者が、便利だと感じたものたちを紹介しよう。(2021/5/15)

見えてくる日本行政のシステムへの向き合い方:
日本初の治療用アプリ開発陣が語る、「移り変わることが前提」な開発とは?
CureAppは2020年12月、開発した治療用アプリが日本で初めて保険収載され、同時に処方、販売を開始した。CureAppの開発陣に、治療用アプリの開発と、治療用アプリならではの事情について話を聞いた。(2021/5/18)

AirTagが示した「巨大メッシュネットワーク」の時代
Appleの探し物ネットワークはサードパーティーの類似製品・サービスとはスケールが大きく違う。西田宗千佳さんがその背景を解説。(2021/4/29)

アジャイル開発における品質管理(1):
技術的負債の放置、リリース直前に炎上――アジャイル開発で陥りがちな問題とその原因とは
少人数、短期間の開発を繰り返すアジャイル開発では、どのようにすれば品質を保つことができるのだろうか。本連載では、アジャイル開発における品質管理の手法を解説する。初回は、アジャイルテストの基本的な考え方と戦略について、2回に分けて解説する。前編となる今回はアジャイル開発において発生しがちな問題とその原因について。(2021/4/28)

オワコンの威力:
「ハンコ、押しただけだから」 責任を取らない組織の治療薬
意味不明な、加害者の子供の将来やら人権をタテに犯罪をもみ消そうとする学校や教育委員会。不祥事があっても責任を取らない日本の組織。公務員など組織が巨大になればなるほど、トラブルがあっても誰も責任を取らずに済むようで。(2021/4/25)

Android版「COCOA」がアップデート 再起動なしで陽性者との接触を確認可能に
厚生労働省の「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」が、Android版「1.2.3」を配信開始。陽性者との接触の有無を1日1回程度定期的に確認し、接触があった場合に通知を行うよう機能を改善した。(2021/4/22)

厚労省、Android版「COCOA」をアップデート 通知の不具合を解消、“1日1回再起動”が不要に
Android版の接触確認アプリ「COCOA」で新型コロナの陽性者との接触がユーザーに通知されない不具合が見つかった問題で、厚生労働省は不具合を解消した修正版をリリースした。厚労省はユーザーに最新版へのアップデートを呼び掛けている。(2021/4/21)

COCOA元請けのパーソルP&Tが1200万円自主返納 対応に疑問の声も
接触確認アプリ「COCOA」の不具合を巡り、アプリ開発の元請けであるパーソルプロセス&テクノロジー(パーソルP&T、東京都江東区)が受託金額の一部を自主返納すると発表。これに対し、Twitterでは疑問の声が上がっている。(2021/4/19)

厚労省、COCOA不具合の検証結果を公表 業者任せ、多重下請けなどの課題が浮き彫りに
接触確認アプリ「COCOA」で新型コロナの陽性者との接触がユーザーに通知されない不具合が見つかった問題で、厚生労働省が検証結果を公表した。アプリの保守管理を巡り「適切にテストが行われなかった」「業者任せにしていた」などの課題が浮き彫りになった。(2021/4/16)

大事なアイテムはiPhoneで探し、誰かが見つけてくれる未来が幕開け
Appleの「探す(Find My)」機能が、サードパーティー製デバイスの探索機能もサポートした。当初の対応製品はわずかだが、今後の展開に期待が持てそうだ。(2021/4/8)

「最大のバージョンアップ」を果たしたトーンモバイル 新スマホの武器は“やさしいAI”
ドリーム・トレイン・インターネットが3月31日、MVNOサービス「トーンモバイル」のアップデートを発表した。新機種の「TONE e21」には、AIを用いた子どもの管理機能やメッセンジャーアプリを搭載する。Googleアカウントなしで主要な機能を利用できるようにした。(2021/4/1)

COCOA、“多重下請け構造”解消へ 最新API対応も「重要なテーマ」
平井卓也デジタル改革大臣は接触確認アプリ「COCOA」の開発会社について、新たに公募した上で現在の多重下請け構造を解消したい考えを示した。米Appleと米Googleの共通規格である「暴露通知API」の最新版にCOCOAが対応していない件についても、新体制の下「非常に重要なテーマ」として対応を検討するとしている。(2021/3/16)

「自然の芸術」「神秘的」 北海道で発見された「氷の標本になった猫じゃらし」の写真が心洗われる美しさ
【画像】自然の芸術の極み。(2021/3/7)

開発費73億円で話題の“五輪アプリ”、機能は? 発注元の内閣IT室に聞く
7月に開幕予定の東京五輪に向け、政府が関係者向けに開発を進める健康管理アプリとその開発費がネットで注目を集めている。どんな機能を備えているのか、開発を担当する内閣官房IT総合戦略室にアプリの詳細を聞いた。(2021/2/25)

「iOSをバージョン14に更新してほしい」:
iOS版に不具合もアプリの修正では対処できず、新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」で通知を受け取れない
Android版にバグが見つかった新型コロナウイルス感染症対策の接触確認アプリ「COCOA」でiOS版にも不具合があった。iOS 13.5で発生する。アプリの修正では対処できず、厚生労働省はOSをiOS 14に更新するよう求めている。(2021/2/22)

COCOAの不具合、内閣官房内に検証チーム メンバーにCode for Japanの関代表ら
政府の接触確認アプリ「COCOA」で発生した不具合について、所管する厚生労働省が内閣官房IT総合戦略室(IT室)との検証チームを発足させると発表。メンバーにはエンジニアの民間団体コード・フォー・ジャパン(東京都文京区)の関治之代表などが名を連ねた。(2021/2/19)

「COCOA」アプリ、接触通知を受け取れない/初期化される不具合を修正
厚生労働省が2月18日、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の最新バージョンを配布した。Android端末で陽性登録者との接触についての通知を受け取れない問題を解消した。アプリが初期化される問題も解消した。(2021/2/19)

COCOA、修正版配布も課題残る 「Androidは1日1回アプリの再起動を」「iOSは最新の14に」
厚労省が接触確認アプリ「COCOA」の最新バージョンを配信。しかし、Android版では、正確に通知を受け取るためアプリを1日に1回程度再起動する必要があるなど、依然として課題は残っている。(2021/2/18)

iPhone版新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」、初期化問題を修正
デジタル改革担当相が「次のバージョンで解消」としていた不具合がフィックスされた。(2021/2/18)

iPhone版COCOAアプリに初期化されてしまう不具合、デジタル改革担当相認める
新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の不具合に関し、国会で質疑応答があった。(2021/2/18)

Q-pot.×声優・岡本信彦コラボ第3弾! ビスケット犬の「BISQUINU」がかわいいアクセ&スイーツがかわいすぎる
アクセサリー&カフェメニューをご紹介!本人の動画ノベルティも!(2021/2/16)

サイバーセキュリティ2029:
「セキュリティと利便性はトレードオフ」はウソ? 生体認証とゼロトラストセキュリティ
例えばClubhouseでは連絡先へのアクセスが求められますが、それでいいのでしょうか?(2021/2/16)

COCOA不具合の原因は「APIの使い方を誤った」 平井デジタル相、改善を約束 開発の下請け構造改善も
平井卓也デジタル改革担当相が政府の接触確認アプリ「COCOA」の不具合について、不具合発生の原因にアプリのAPI連携に問題があったことを説明した上で、今回の課題やデジタル庁を創設する意義などを改めて強調した。(2021/2/12)

COCOAの不具合検証、「正常に作動するようお手伝いしたい」 平井デジタル相
平井卓也デジタル改革担当相が政府の接触確認アプリ「COCOA」で発生した不具合について、検証に向けた技術的な支援を内閣官房IT総合戦略室(IT室)が担う可能性について言及した。(2021/2/12)

平井大臣、COCOAに苦言 「出来のいいアプリではなかった」「発注にも問題あった」
平井卓也デジタル改革担当相が政府の接触確認アプリ「COCOA」の障害に言及し、「あまり出来の良いアプリではなかった」と苦言を呈した。9月のデジタル庁創設後はアプリ開発時にGoogleやAppleなどともダイレクトに協議する考えも示した。(2021/2/10)

不具合はAndroid版のみで発生:
新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」に不具合 原因は「検証環境と異なる接触通知APIの出力」
新型コロナウイルス感染症対策として配布されている接触確認アプリ「COCOA」のAndroid版に不具合があった。陽性者と接触しても通知されない状態だった。(2021/2/5)

Android版「COCOA」に不具合 陽性者接触を通知せず 20年9月のアプリ更新が原因
厚生労働省は、政府の接触通知アプリ「COCOA」のAndroid版で、新型コロナウイルス陽性者と接触したユーザーへの通知が送られない不具合が見つかったと発表した。修正は2月中旬を予定している。(2021/2/4)

Android版「COCOA」で接触通知が届かない不具合 2020年9月下旬から
Android向けの接触確認アプリ(COCOA)にて、陽性登録者とアプリのユーザーが1m以内に15分以上接触したにもかかわらず、通知されない不具合が起きていたことが判明した。2020年9月28日のバージョンアップに伴って発生した。不具合の改修は2月中旬ごろを予定している。(2021/2/4)

接触確認アプリ「COCOA」のAndroid版、9月から機能していなかった 厚生労働省が謝罪、2月中旬の復旧目指す
えぇ……。(2021/2/3)

Apple製OS用プログラミング言語比較【後編】
「Objective-C」「Swift」はどちらを選ぶべきか? 2大Apple言語の比較ポイント
Apple製OS用アプリケーションの開発で使われるプログラミング言語は、従来中心だった「Objective-C」と、近年台頭している「Swift」の主に2つだ。どちらを選べばよいのか。長所・短所、選定時のポイントをまとめた。(2021/1/29)

医療機器ニュース:
リストバンドなどでも接触確認アプリが使える、Bluetoothの新しい仕様書
Bluetooth SIGは、新型コロナウイルス接触確認アプリケーションとして使用されているスマートフォン向け曝露通知システムを、リストバンドなどでも利用可能にする、新しいBluetoothのドラフト版仕様書を公開した。(2021/1/18)

Apple製OS用プログラミング言語比較【前編】
いまさら聞けない「Objective-C」の基礎 macOS向けレジェンド言語の利点は?
Apple製OS用アプリケーション開発で利用される主なプログラミング言語の一つが、オブジェクト指向プログラミング言語である「Objective-C」だ。その特徴を紹介しよう。(2021/1/15)

2020年のダウンロード数トップは「COCOA」 App Annieの「モバイル市場年鑑2021」から
App Annie Japanが「モバイル市場年鑑 2021」を発表。世界のモバイルアプリダウンロード数が過去最高となる約2180億件を記録し、2020年に日本で最もダウンロードされたアプリは「COCOA」だった。(2021/1/13)

Googleさん:
新型コロナウイルスに覆われた2020年をGoogleさんと振り返る
Appleと協力した新型コロナ曝露通知APIから「Pixel 5」まで、Googleの2020年を振り返ります。(2020/12/25)

コロナ接触確認をウェラブルデバイスで可能に Bluetooth SIG、仕様書の草案を公開
Bluetooth SIGが、新型コロナウイルス感染症の曝露通知システム(Exposure Notification Systems)をウェラブルデバイスにも利用できるようにする新しいBluetooth仕様のドラフト版を公開した。(2020/12/18)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
AIブームは完全終了? コロナ対策でDXは躍進 2020年のAI業界を振り返る
新型コロナで揺れた2020年。年明けこそ世の中は平穏でAIには注目も集まっていましたが、コロナ禍になってからはDXが表舞台に躍進し、AIは影を潜めるように。今年のAI業界をマスクド・アナライズさんが振り返ります。(2020/12/17)

海外医療技術トレンド(66):
米国病院は新型コロナの院内クラスター対策にDXを導入、働き方改革も進める
前回は米国規制当局のDX動向を取り上げたが、米国内の医療業界におけるDXの取り組みは最前線でも加速している。(2020/12/11)

「映画上映中、電源オフではなくマナーモードに」 コロナ対策「COCOA」稼働で
映画館の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインが12月1日に改定され、映画上映中は、携帯電話の電源をオフにするのではなく、マナーモードに設定するよう求めることになった。(2020/12/4)

映画館の感染防止ガイドラインが12月から改訂 上映中のスマホは電源オフではなく「マナーモードに設定」を周知へ
映画館側が講じるべき対策として提唱しています。(2020/12/3)

接触確認アプリ「COCOA」、2000万ダウンロード突破
厚生労働省が新型コロナウイルス感染症患者と接触した可能性を通知するスマートフォンアプリ「COCOA」のダウンロード数が2000万件に達したと発表した。(2020/11/17)

厚労省、接触確認アプリ「COCOA」利用中のiPhoneユーザーに確認呼びかけ 特定の条件でアプリの機能が無効に
9月17日以降に機種変更やデータの復元をしたユーザーは一度ご確認を。(2020/10/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。