ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CM」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Commercial Message

-こちらもご覧ください-
質問!CM→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でCM関連の質問をチェック

「めっちゃそっくり!」 “おじいちゃん先生”が上戸彩を描いたら…… “驚愕の完成度”の「明治おいしい牛乳」コラボ作品が話題
「明治おいしい牛乳」のCMを水彩画に。(2024/6/7)

土生瑞穂が櫻坂46卒業後初のCM出演 OL役でオフィスから“驚き”伝える
公式サイトでも視聴可能。(2024/6/5)

2歳息子、初めての言葉はまさかの…… 空気読みすぎな最高の一言へ「ちっちゃい煉獄さん」「お茶のCM出てほしい!」
本当においしかったんだね。(2024/6/5)

タイヤを転がし続けて16年!? マルゼンCMが令和にバズる CM誕生のきっかけや16年継続した理由を本人に聞いた
センターの兄ちゃん……社長になったんか!(2024/6/1)

普段と全然違う! あの、茶髪ロングヘアな別人風の姿に「本田翼ちゃんに似てない??」「気づかなかった!!」
マクドナルドの期間限定スイーツ「アジアンスイーツ」のテレビCMに出演したあのさん。(2024/5/28)

えなこ「みんなも見に行ってみてね」 池袋に私服姿で降臨&CM告知 「ちょいブレやのにめっちゃ可愛い」「池袋えなこいたんか」と反響
ピントはえなこさんから若干外れ気味。でもかわいい。(2024/5/27)

NEWS Weekly Top10:
言語の壁をぶっ壊すAI AppleのCM動画批判は「日本から英語で」始まった
iPad ProのCM動画が炎上した件について、筆者は当初、炎上が「日本から」起きていることに気付かなかった。批判のほとんどが流ちょうな英語だったからだ。それを可能にしていたのは、言語の壁をぶっ壊すAIの存在だ。(2024/5/20)

「大谷翔平の生え際こんな形だった」 なにかのCMみたいな“水も滴るいい男”ぶりに注目集まる
清涼感漂うこれからのシーズンっぽいイメージ。(2024/5/20)

Marketing Dive:
アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する動画で、クリエイティビティーを「押しつぶさない(#UnCrush)」と約束した。(2024/5/18)

壊れたギターをひく女性:
Apple「プレス破壊CM」を受けて? サムスン“カウンター”動画公開
Appleへの“当てつけ”か――Samsung Mobile USの公式X(旧:Twitter)アカウントは5月16日午前4時ごろ、プロモーション動画を投稿した。(2024/5/16)

マクドナルドの「プレミアムローストアイスコーヒー」4年ぶりリニューアル 豆の煎り分けや蒸らし工程を追加
松田龍平さんが出演するCMも放送します。(2024/5/16)

Appleの炎上CMにサムスンがアンサー動画 プレス機に座った女性が壊れたギターを奏でる Xで賛否に
プレス機で楽器や画材、ゲーム機、レンズなどを破壊していく描写で物議を醸したiPad ProのCM。炎上から1週間経った5月15日(現地時間)、韓国Samsung Electronicsがアンサー動画をX(旧Twitter)に投稿した。(2024/5/16)

小寺信良のIT大作戦:
世界的に炎上したAppleのCM「Crush!」は、なぜ日本から“クラッシュ”したのか
日本時間の5月7日に行なわれたAppleのスペシャルイベントでは、新しいiPad AirとiPad Proが発表された。加えて最新のM4チップやApple Pencil Pro、Final Cut Pro 2も発表され、大きな話題を呼んだ…とは言いがたい。(2024/5/16)

「Jリーグカレー」が31年ぶりに復活! 当時のCM再現に「初代まさおが父親役に」「まさおがこんなに立派になって」と反響
まさお、大きくなりすぎだよ!(2024/5/14)

メカ設計メルマガ 編集後記:
ぺしゃんこ動画から感じた「伝えることの難しさ」
あのCM、皆さんはどう感じましたか?(2024/5/14)

ポカリ新CMで「めっちゃかわいんだけど」と話題 池端杏慈が『ニコラ』を卒業、2年半で表紙も達成
2021年のオーディションで合格し、同誌の専属モデルを務めていた池端さん。(2024/5/8)

生成AIでCM制作、費用4割削減 沖縄の地銀が挑んだDXの一歩とは?
「このCMはAIを用いて作成しています」。沖縄県に拠点を置く沖縄海邦銀行が、生成AIを活用して企業CMを制作した。金融機関としては初めてだという。その狙いとは――。(2024/5/8)

「広告の女の子誰!?」「かわいいな」 ポカリの新CMに出演、ファッション誌で活躍する2人が注目集める
K-POPアーティストの撮影を数多く担当するフォトグラファーのソン・シヨンが撮影。(2024/5/3)

「さすが世界の大谷さん」 大谷翔平、新たにスポンサー契約でCM公開 「何社目や?」「すごいなぁ!」
インタビュー映像も同時公開されました。(2024/4/23)

仲里依紗&中尾明慶、夫婦でCM共演 4年ぶりの共演に「『一緒に楽しもうね』という感じ」
Uber Eatsの新CMで共演。(2024/4/15)

アース製薬の「モ番出口」、実はコラボではなくパロディだった 「8番出口」開発者が明らかに
洗口液「モンダミン」のWeb CM「#モ番出口」。実はコラボではなくバロディだったことが分かった。(2024/4/13)

「8番出口」パロディCM「モ番出口」公開 異変しかない
「8番出口」を「モンダミン」がパロディ。約30秒間に異変が次々訪れる。(2024/4/12)

「GTOリバイバル」で話題となった反町隆史、いつ結婚した? ドラマやCMでの夫婦共演も
「なんていい歳の重ね方なんだ」とネットも注目。(2024/4/10)

急成長がえげつない! 寺田心、学ラン姿の成長した姿を披露 「マッチ」新CMで共学に転生
すっかり心さんだ。(2024/4/10)

安住アナ、新人時代の姿に「めっちゃ若い」「懐かしい」の声 新生活を応援する「THE TIME,」新CMが話題
めちゃくちゃフレッシュな杉山真也アナウンサーの新人時代も。(2024/3/31)

カメラスマホの源流「LUMIX CM1」は10年後を予見した異端児だった 一方で“令和の後継機”も登場
昨今のスマートフォンはカメラ性能の進化が顕著だ。少し時代をさかのぼってみると、10年前に発売されたある機種のコンセプトが今のカメラスマホと何ら変わらないことに気付く。今回はそんな10年前のカメラスマホ「LUMIX CM1」を今のスマートフォンと照らし合わせながら振り返ってみよう。(2024/3/30)

日向坂46・正源司陽子&藤嶌果歩が「アイスボックス」CMでヒーローに ヨーコとカホがブレイクタイムをお届け
2人ともかわいい!(2024/3/25)

マクドナルドの新CM、関東版と関西版で大きな違いが…… 公式が明かした事実に「知らなかった」の声
イントネーションも関西弁寄りです。(2024/3/25)

三菱UFJ銀行、大谷翔平のCM削除 水原通訳報道とは「無関係」と説明 「アプリで銀行振込に挑戦!」など非公開で物議
特設サイトのWebCM5本のうち、2本が非公開になっている。(2024/3/22)

ふぉーんなハナシ:
ソフトバンクが「大阪府でいちばん快適につながる」広告 優良誤認との指摘に同社の考えは?
「大阪府でいちばん快適につながるSoftBank」──。ソフトバンクがこのような広告を打っている。主に関西圏で展開されている広告で、東京都内などではこの広告は見られない。YouTubeではCMが公開されており、上戸彩さんが「ソフトバンクは快適につながる」と話している。(2024/3/22)

大谷選手を起用した三菱UFJ銀行のWebCMが一部非公開に 「アプリで銀行振込に挑戦!」など
米ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手が出演していたWebCMを、三菱UFJ銀行が非公開にしていることが3月21日までに分かった。同行の大谷選手特設サイトには、5本のWebCMが掲載されているが、そのうちの2本が非公開となっている。(2024/3/21)

ADKマーケティング・ソリューションズがAJAと提携:
「ADK-PMP」においてCTV特化型動画広告「インクリー」の取り扱いを開始
ADK MSが持つテレビCMを中心としたプランニングの知見とAJAの有するインストリーム動画広告の知見を集結し、オンオフ統合プランニングの最適化を図る。(2024/3/20)

メカ設計メルマガ 編集後記:
あのCMもうご覧になりましたか? 製品の魅力は見た目や性能だけじゃない
学生たちのリアルな活動から製品の魅力が伝わってきます。(2024/3/19)

「今でもマクド」「マックって言うようになった」 マクドナルドの新生活CMで“マックかマクドか論争”盛り上がる
涙腺が……それはそれとしてマクドはマクドです。(2024/3/18)

全国2万4000パネルからデータ取得:
コネクテッドTVと地上波の広告接触を横断計測 スイッチメディアがサービス開始
スイッチメディアはCTV広告の接触データを個人単位で正確に計測し、地上波テレビCMとCTVの広告とのトータルリーチ、クロスリーチを計測したデータを提供する。(2024/3/14)

超ひらパー兄さんが枚方公園駅に特急を止める? 「ひらかたパーク」新CM
ひらパーの最寄駅「枚方公園駅」には基本的に準急と普通しか止まらないのですが……?(2024/3/14)

「カステラに書いてある『123』って何?」 世代と地域の差を物語る投稿が話題「あのCM知らない人もいるのか……」
カステラ1番、電話は……。(2024/3/11)

PR:関西のテレビCMでおなじみ「関西電気保安協会」が語学教室風ムービーを公開 電気について学べるのかと思いきや衝撃の展開に……!
今年もやっぱりぶっ飛んでる。(2024/3/11)

CMでおなじみの毎号マガジンを1年続けた結果…… 「すごいことになってしまった」現状報告に反響
すごく細かい作業……!(2024/3/8)

20年間で販売規模5分の1に:
明治「チェルシー」が販売終了 担当者「ファンには申し訳ない」
「♪ホラ、チェルシー もひとつ、チェルシー」のCMソングでおなじみ、明治のキャンディー「チェルシー」が3月にも販売を終了することが分かった。(2024/3/4)

会社の後輩を飲みに誘うのムズい……! 今どきの関係性を描いたあるあるCMに共感の嵐 「泣きそうになった」
ネルソンズの和田まんじゅうさんが、気を使いすぎる先輩を好演。(2024/3/2)

知らないと損!?業界最前線:
高齢者の聞こえをサポートする「ミライスピーカー」に2万円を切る新型が登場 低コスト化できた理由とは?
高齢者などのテレビの音が聞き取りにくい課題に対応するミライスピーカーに、新モデルの「ミライスピーカー・ミニ」が2月29日に登場した。曲面スピーカーの仕様・構造は従来品から変えずに、約3割の値下げを実現。値下げの背景や従来品との違い、今後の狙いをCTOとCMOに聞いた。(2024/2/29)

Marketing Dive:
バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと共にどのように話題のテクノロジーに傾倒したかを説明する。(2024/2/28)

事例:
サントリー「糖質ゼロビール」絶好調の裏で 「CM×店頭」連動させたマーケティング戦略とは
サントリーの「パーフェクトサントリービール」(PSB)というビール。同社のフラッグシップ商品だが、売れ行きの背景にはデータに基づく緻密なマーケティング戦略があった。(2024/2/27)

おなじみのお線香「青雲」がカプセルトイに! CMソングも流れる機能付き
バリエーションは全5種類。(2024/2/22)

「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
このままCMになりそうなかわいさ。(2024/2/21)

地域に合わせてブランドストーリーを語るために:
Netflix初のグローバル広告パートナーはExpedia 日本を皮切りにグローバルキャンペーンを展開
Expedia GroupがNetflixとのグローバル広告パートナーシップを発表。国ごとにローカライズされたCMを放映する。(2024/2/17)

エレコム、USB Type-C有線接続に対応したカナル型イヤフォン
エレコムは、USB Type-C接続に対応した有線型イヤフォン「EHP-DF12CM」シリーズを発売する。(2024/2/14)

ペン付きの堅実なスペックで実売6万9800円! 2in1モデル「ASUS Chromebook CM30 Detachable」を試す
ASUS JAPANから多数のChromebookが発売された。その中で一番コンパクトな2in1モデル「ASUS Chromebook CM30 Detachable」(CM3001DM2A)の実機をテストした。(2024/2/14)

ASUS、モバイルRyzenを搭載した2in1設計のChromebook Plus「CM34 Flip」など3製品
ASUS JAPANは、フリップ機構を備えた14型Chromebook Plus「ASUS Chromebook Plus CM34 Flip」(CM3401)など計3製品を発表した。(2024/2/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。