ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Raspberry Pi」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Raspberry Pi」に関する情報が集まったページです。

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第37回):
ラズパイで「Windows 10 on ARM64」を動かす(事前準備編)
ラズパイにARMプロセッサ向けの「Windows 10 on ARM64」をインストールしてみた。(2021/2/23)

Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【前編】
Windows Virtual Desktopは「シンクライアント」で使うべき納得の理由
MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」の仮想デスクトップを使うクライアント端末として「シンクライアント」を選ぶメリットとは何なのか。代表的なベンダーと共に説明する。(2021/2/18)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第36回):
550円の「Raspberry Pi Pico」をいじり倒す
独自開発のチップ「RP2040」を搭載したマイコンボード「Raspberry Pi Pico」のファーストインプレッションをお届け。(2021/2/16)

Gartner Insights Pickup(194):
優れたデジタルリーダーの7つの特性
デジタルビジネストランスフォーメーションを成功に導くには、リーダー自らも変わらなければならない。成功するデジタルリーダーに顕著な7つの特性を踏まえ、目指すリーダー像を明確にしよう。(2021/2/12)

iOS音楽アプリプロデューサーがM1 Macを使ってみたら:
M1 Mac、演算パワーを生かしたい物理モデリング音源なら万全か?
M1 Macに有利と思われる物理モデリング音源を試してみた。(2021/2/10)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(6):
ラズパイでRFIDを活用したトレーサビリティーシステムを構築する(その1)
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第6回は、ラズパイとRFIDを活用したトレーサビリティーシステム構築のコンセプトについて解説します。(2021/2/10)

企業のChromebook導入が進む?
「ChromebookでWindowsアプリを使う」がソフトで実現 もうChromebookで十分?
GoogleとParallelsは、Chromebookの法人向けモデルでWindowsアプリケーションの利用を可能にする「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」を発表した。Chromebookの企業利用が広がるきっかけとなるのか。(2021/1/23)

550円の「Raspberry Pi Pico」登場 独自チップRP2040搭載
英国の非営利団体Raspberry Pi Foundationがマイコンボード「Raspberry Pi Pico」を発表。独自開発のチップ「RP2040」を搭載している。価格は4ドル。日本での発売日は未定だが、正規代理店のスイッチサイエンスなどで550円で販売予定。(2021/1/22)

組み込み開発ニュース:
「Raspberry Pi Pico」が発売、独自開発の40nmマイコン「RP2040」を搭載
英国Raspberry Pi財団は、スタンドアロンのマイコンボード「Raspberry Pi Pico(ラズパイピコ)」を開発したと発表した。Armの「Cortex-M0+」をデュアルコアで搭載する、同財団が独自に設計したマイコン「RP2040」を採用しており、価格は4米ドル。(2021/1/22)

Arm最新動向報告(12):
「SystemReady」でx86を全方位追撃するArm、高性能組み込み機器向けもカバー
Armが開催した年次イベント「Arm DevSummit 2020」の発表内容をピックアップする形で同社の最新動向について報告する本連載。今回は、「Cortex-A」ベースマシンのPC化を目指す「Project Cassini」と、それを具体化した「SystemReady」について紹介する。(2021/1/12)

中古PC活用:
【超番外編】ラズパイ+Chromium OSでリモデス&Google Meet端末をこしらえてみる
教育目的として開発された比較的安価なワンボードコンピュータ「Raspberry Pi」は性能が着々と向上し、用途によってはPCの代わりとしても利用可能なほどになっている。そこで、Raspberry Piに、Chromium OSをインストールして、Chromeリモートデスクトップクライアントにする方法を紹介しよう。(2021/1/8)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年)
Windows 10フリーズの対処法は? 「Windows 10X」と普通のWindowsの違いは?
「システム運用管理」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/12/31)

コロナ禍の失敗しないプレゼント選び【前編】
ラズパイ内蔵キーボードから“ビー玉PC”まで 技術オタク納得のITプレゼントは
コロナ禍のホリデーシーズンは例年とは違ったものになりそうだ。人との距離を保ちながらギークに楽しんで過ごしてもらうためのお薦めプレゼントを紹介する。(2020/12/30)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第35回):
Raspberry Pi 4をUSBメモリやSSDで起動する
ラズパイをUSBメモリやSSDで起動するための方法を紹介。(2020/12/28)

業務用「ミニPC」とは【後編】
「ミニPC」を仕事用サーバとして使いたくなる用途とは?
外付けストレージの利用など設計における配慮を怠らず、用途を選べば、小規模拠点の業務用サーバとして「ミニPC」を使うことは可能だ。具体的にどのような使い方があるのだろうか。(2020/12/22)

Google、IoT向けOS「Android Things」から撤退 採用製品増えず
Android開発者をIoTに引き込む作戦は失敗に終わった。(2020/12/18)

投資金額は年間約200万円:
25年前の装置もラズパイでIoT化、京セミのDX
光半導体デバイスの専業メーカーである京都セミコンダクター(以下、京セミ)は2020年12月4日、同社の工場がある恵庭事業所(北海道恵庭市)と上砂川事業所(北海道空知郡)において、旧式の製造設備をIoT(モノのインターネット)化した「スマートFab」の運用を開始した。京セミは同年12月10日、東京本社で記者説明会を開催し、詳細を紹介した。(2020/12/18)

人工知能ニュース:
リアルタイムに学習できるエッジAIが進化、メモリがKBレベルのマイコンにも対応
エイシングは新たなエッジAIアルゴリズム「MST」を開発した。これまでに発表した「DBT」や「SARF」などと比べて使用するメモリを大幅に削減できるため、フラッシュメモリやSRAMの容量がKBレベルの小型マイコンにも実装できる。(2020/12/18)

スマート工場最前線:
25年以上前の旧式半導体製造装置をIoT化、「5年で約15億円」の効果を期待
京都セミコンダクターは2020年12月10日、半導体の薄膜形成に必要なプラズマCVD装置などをIoT化する「スマートFAB」の取り組みを同年12月4日から開始した。同装置は25年以上前から使用している機器で、IoT化によって稼働状況を監視することなどで延命化し、装置買い替えのコストなどを削減する。(2020/12/18)

独自マイコンの開発期間も短縮へ:
ルネサス、「IPユーティリティー」を提供開始
ルネサス エレクトロニクスは、ルネサス製IPを活用して、顧客が独自のマイコンなどを容易に開発することができるソリューション「IPユーティリティー」の提供を始めた。IP製品のライセンス事業を拡大するのが狙い。(2020/12/14)

業務用「ミニPC」とは【前編】
「ミニPC」は仕事用サーバに使えるのか? 超小型でも侮れない実力
幅10センチ余りの「ミニPC」は、特に設置スペースの狭い小規模拠点に適している。だが業務用サーバとして使えるのか。使えるとすれば、具体的にどのような用途に適するのか。(2020/12/14)

AWS re:Invent 2020:
ラズパイでもAWS互換のコンテナ環境を作れる「Amazon ECS Anywhere」発表 AWSがハイブリッド/マルチクラウド対応へ踏み出す
AWSが「Amazon ECS Anywhere」を発表。AWSで使われているクラウド基盤ソフトウェアをオンプレミスや他社のクラウドなどで実行できる。Raspberry Pi上でも実行可能。AWSがハイブリッド/マルチクラウド対応へ踏み出した。(2020/12/8)

CloseBox:
視点を変えても立体物がそこにあるように見える「Looking Glass Portrait」ディスプレイ、クラファン中(ただし、ホログラムではない)
ホログラムではない、立体視技術を使ったディスプレイがKickstarterに。(2020/12/4)

Raspberry Pi 4用の公式ケースに装着できる純正ファンが発売
KSYは、Raspberry Pi 4公式ケース用冷却ファンの取り扱いを開始した。(2020/12/1)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第34回):
ラズパイ一体型キーボード「Raspberry Pi 400」を分解してみた
かつての“マイコン”を思わせるラズパイ一体型キーボード「Raspberry Pi 400」を分解してみた。(2020/12/1)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第33回):
ラズパイ一体型キーボード「Raspberry Pi 400」の性能は? ベンチマークテストで従来モデルと比べた
かつての“マイコン”を思わせるラズパイ一体型キーボード「Raspberry Pi 400」でベンチマークテストを実施。その実力とは?(2020/11/28)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第32回):
ラズパイ一体型キーボード「Raspberry Pi 400」レビュー 特例制度のWeb申請で“技適なし”を回避した
かつての“マイコン”を思わせるラズパイ一体型キーボード「Raspberry Pi 400」のレビューのファーストインプレッションをお届け。海外製品を日本国内で使うために気を付けるべきポイントも紹介。(2020/11/27)

「KOMORU」は“おひとりさまパーティション”として在宅ワークにピッタリだった
パナソニックから、在宅ワークを強力に支援してくれるユニークな製品が登場した。自ら組み立てて完成させる「KOMORU」を体験し、分かったことをお伝えしよう。(2020/11/26)

「Chromebook」のセキュリティ機能を学ぶ【後編】
「Powerwash」とは? 「Chromebook」を安心して使うセキュリティ機能
業務で「Chromebook」を利用する場合、IT管理者はそのセキュリティ機能を理解しておく必要がある。「Powerwash」をはじめ、Chromebookが持つ主なセキュリティ機能を紹介する。(2020/11/26)

組み込み開発ニュース:
ラズパイ4のスターターキットを発売、独自アルミケースなど込みで価格は9980円
アールエスコンポーネンツは、「Raspberry Pi 4スターターキット」の販売を開始した。シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi 4」を活用するために必要となるハードウェアを1つにまとめている。(2020/11/24)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第30回):
ラズパイの拡張ボード「Sense HAT」で温度や湿度、気圧を測定してみよう
気温や湿度、気圧の他、ジャイロスコープ、磁気センサー、加速度センサーを搭載しているラズパイ向け拡張ボード「HAT」で、温度や湿度、気圧を測定する方法を紹介します。(2020/11/21)

新連載「“PC”あるいは“Personal Computer”と呼ばれるもの、その変遷を辿る」:
“PC”の定義は何か まずはIBM PC登場以前のお話から
RISCの歴史、Apple Siliconの歩みを語ってきた大原雄介さんのコンピュータ歴史連載、次なるテーマはズバリ「PC」だ。(2020/11/20)

エッジコンピューティング:
JR東日本子会社がソラコムのAIカメラで、実店舗PoCを短期間で実現できた理由
ソラコムは2020年11月17〜19日にかけて、同社技術やデバイスを用いた開発手法などを紹介する技術カンファレンス「SORACOM TECHNOLOGY CAMP 2020」を開催中だ。本稿ではソラコムのAIカメラ「S+ Camera Basic」を用いて店内人数カウントソリューションのPoCを実施したユーザー事例紹介セッションを抜粋してお届けする。(2020/11/19)

簡単に試せるAI・機械学習:
画像認識の機械学習を、無料で誰でも簡単に作れる「Microsoft Lobe」
画像分類を行う機械学習モデルを「無料」で作成できるLobe。その機能と特徴を作業手順の流れで一通り解説。知識ゼロでもGUI操作で簡単に機械学習できるLobeを体感してみよう。(2020/11/18)

ラズパイで画像認識、1日30円〜のエッジAIが快進撃
3000円台で手に入るシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」の性能をフルに生かした、エッジAIプラットフォームを展開しているスタートアップ企業、Ideinを取材した。(2020/11/13)

「Chromebook」のセキュリティ機能を学ぶ【中編】
「Chromebook」を安全にする「確認付きブート」「自動更新」「サンドボックス」とは?
「Chromebook」はさまざまなセキュリティ機能を備える。その中から「確認付きブート」「自動更新」「サンドボックス」をざっくりと解説する。(2020/11/13)

「けしからん発想」が創造性を生む 天才プログラマー・登大遊氏が語る「シン・テレワークシステム」開発秘話
「SoftEther」の生みの親で“天才”と称される登大遊氏が、「CEATEC 2020 ONLINE」の講演に登壇。同氏が手掛けたシンクライアントVPN「シン・テレワークシステム」の開発秘話などを紹介した。こうしたサービスを次々に生み出せる背景には、若手時代に培った創造性があるという。(2020/11/6)

若者が語る低価格コンピュータの重要性
Raspberry Piが育んだ15歳の企業家の夢
Raspberry Piの誕生から8年。この低価格コンピュータを手にした子供たちの中から企業家が生まれ始めている。15歳の若者が語る取り組みと将来の夢、低価格コンピュータがもたらす可能性とは。(2020/11/6)

古いPCの再利用も
仮想デスクトップには「ファットクライアント」より「シンクライアント」を選ぶべき理由
仮想デスクトップを利用する際は、クライアント端末の選択が重要だ。「シンクライアント」と「ファットクライアント」を選ぶ際、何を検討すればいいのか。(2020/11/5)

高性能CPU搭載でキーボードも一体化した「Raspberry Pi 400」 国内では2021年発売予定
英Raspberry Pi財団は、ワンボードPC「Raspberry Pi」シリーズの最新モデル「Raspberry Pi 400」の発表を行った。(2020/11/4)

キーボード型PC「Rasberry Pi 400」が登場 モニター出力もネット通信もこれ1台
パソコン黎明期のスタイルが今風に進化。(2020/11/3)

「Chromebook」のセキュリティ機能を学ぶ【前編】
いまさら聞けない「Chromebook」の基礎 “データを持たない”利点と欠点は
「Chromebook」は機能をそぎ落としてコスト効率を追求したノート型デバイスだ。ビジネスでChromebookを利用する上で、IT管理者が考慮すべき点は何か。まずはChromebookの基本的な仕組みを説明する。(2020/11/3)

ラズパイ一体型キーボード「Raspberry Pi 400」登場 国内では2021年以降に発売
Raspberry Pi Foundationが、マイクロコンピュータ「Raspberry Pi」をキーボードに組み込んだ「Raspberry Pi 400」を発表。価格は70ドルから。日本では2021年以降に発売予定。(2020/11/2)

スマート工場に潜むサイバーセキュリティリスク(4):
生産ラインを緊急停止に追い込む、IoTデバイスのライブラリ改ざん
スマート工場化が加速する一方で高まっているのがサイバー攻撃のリスクである。本連載ではトレンドマイクロがまとめた工場のスマート化に伴う新たなセキュリティリスクについての実証実験研究の結果を基に注意すべきセキュリティリスクを考察する。第4回となる今回は、工場への導入が増えているRaspberry PiやArduinoなどを活用したIoTデバイスの導入が進む中、ユーザーはどのような点に気を付けるべきかを解説する。(2020/10/26)

設定エディタや固定されたタブを改善:
「Visual Studio Code」の「September 2020」リリース(バージョン1.50)が公開
Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「September 2020」リリース(バージョン1.50)を公開した。設定エディタや固定されたタブ、デバッグ、拡張機能作成などの機能を強化した。(2020/10/30)

FAメルマガ 編集後記:
スマート工場化のカギは1万円台でできる「簡単自動化」
「安くて簡単」がギャップを越えるきっかけになると考えます。(2020/10/30)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
スマート化で“空洞化”を埋める、カシオ計算機が描くモノづくり力の復活
カシオ計算機では、モノづくり全工程の「スマート化構想」により、社内におけるモノづくり力の再強化に取り組む。なぜ「スマート化構想」を推進するのか。どのような取り組みを行っているのか。同プロジェクトを統括するカシオ計算機 執行役員で生産本部長の篠田豊可氏に話を聞いた。(2020/10/28)

製造業IoT:
日立がローカル5G実証環境を構築、エッジコンピューティング運用技術を重視
日立製作所は、中央研究所(東京都国分寺市)内にあるイノベーション創成を加速するための研究施設「協創の森」に、エッジコンピューティング運用技術を重視するローカル5G実証環境を構築したと発表した。(2020/10/26)

組み込み開発ニュース:
ラズパイ4が「Compute Module」に、価格は25ドルから
英国Raspberry Pi財団は、「Raspberry Pi 4 Model B(以下、ラズパイ4)」の組み込みモジュール版となる「Raspberry Pi Compute Module 4」を発表。Armの「Cortex-A72」を4コア搭載する「BCM2711」はそのままに、RAMやフラッシュストレージの容量、無線通信機能の有無などによって変わる32品種を用意した。価格は25〜90米ドル。(2020/10/20)

プラネックス、ラズパイ/Jetsonの遠隔操作を行えるP2Pサービス「Cloud Pi 2」
プラネックスコミュニケーションズは、シングルボードコンピュータの「Raspberry Pi」「Jetson Nano」の遠隔操作を実現できるP2Pサービスを発表した。(2020/10/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。