ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Z

  • 関連の記事

「ZOTAC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ZOTAC」に関する情報が集まったページです。

ZOTACが小型ゲーミングPCを発表 ノートPC用のプロセッサとGPUを採用して手のひらサイズを実現
香港ZOTACが小型ゲーミングPC「ZBOX MAGNUS EN173080C」を発表した。ノートPC用のプロセッサとGPUを採用して、容積わずか2.65Lの本体にパーツを詰め込んだのが特徴だ。(2022/1/12)

古田雄介のアキバPick UP!:
じわじわと増える12GB版のGeForce RTX 2060搭載カードと年末のGPU事情
年末に向けて、GeForce RTX 2060カードの新製品が複数登場している。その一方で、ミドルレンジ上位のグラフィックスカードは品薄傾向にあり、かき入れ時に向けて多くのショップが動きを見守っている。(2021/12/27)

4K/144Hzで色鮮やかな画面! ASUSの32型「ROG Swift PG32UQ」は長く使える相棒になれるか試してみた
一度買うと、長く付き合う周辺機器の筆頭格が液晶ディスプレイだ。最近のキーワードであるHDMI 2.1/4K表示/高リフレッシュレート/HDR対応といったポイントを網羅している、ASUS JAPANの「ROG Swift PG32UQ」をチェックした。(2021/12/15)

フルHDゲーミングに手頃な選択肢 10月14日発売の「Radeon RX 6600」を先行レビュー
10月14日、AMDの新型GPU「Radeon RX 6600」を搭載するグラフィックスカードが発売される。既に登場している「Radeon RX 6600 XT」の下位モデルに相当するが、同様にフルHDのゲーミングに焦点を当てたことが特徴だ。ベンチマークテストを通して実力をチェックしていこう。(2021/10/13)

古田雄介のアキバPick UP!:
「今、ゲーミングPCを組むなら15万円」――1年前から変わった常識
ゲーミングPCを一式組み立てる予算の最低ラインが、ここ最近大きく上昇した。多くのショップは15万円を目安に挙げる。「1年前なら10万円と言っていましたが」とこぼしつつ。(2021/9/6)

古田雄介のアキバPick UP!:
「拡張性以外は何も我慢しなくていい」――Mini-ITXケース人気が上昇中
水冷キットや長くて巨大なグラフィックスカードを組み込めるMini-ITXケースが注目を集めているという。ハイスペックマシンを机の脇に置くスタイルが浸透中だ。(2021/8/23)

古田雄介の週末アキバ速報:
「今までとは別の人たちです」――Radeon RX 6600 XT搭載カード、品薄の理由
Radeon RX 6600 XT搭載グラフィックスカードが街全体で枯渇気味になっている。マイニング目的で人気との話もあるが、グラフィックスカードの購入制限を強める動きは起きていない。(2021/8/21)

フルHD時代のスタンダードに相応しい? 「Radeon RX 6600 XT」の実力をチェック!
間もなく、AMDの新型GPU「Radeon RX 6600 XT」を搭載するグラフィックスカードがリリースされる。その実力はいかほどのものか、ライバルのNVIDIA製GPUと比べてみよう。(2021/8/10)

古田雄介の週末アキバ速報:
LHR版がGeForce RTX 3000カードの価格を押し下げる
1カ月近く続くLHRタイプのRTX 3000シリーズ新製品ラッシュだが、LHR版を機に仕入れ値ベースで価格がはっきり下がっているという。グラフィックスカードの現状を探った。(2021/7/31)

古田雄介のアキバPick UP!:
アキバに見る小型自作PCのトレンド
JonsPlus製のMini-ITXケース「BO 100」と「i100 Pro」が注目を集めている。大容量のSFX電源も選択肢が増え、小型自作PCの幅が拡大中だ。(2021/7/19)

古田雄介の週末アキバ速報:
GeForce RTX 3080/3070周辺から徐々に安く――グラフィックスカード価格の今
五輪開催まで1週間を切ったが、電気街に祭典の風は吹いていない。PCパーツショップはどこも「だいたい(全く)変わらないですね」という。その中で少しずつ変化しているのが、高騰しきったグラフィックスカードの価格だ。(2021/7/17)

古田雄介のアキバPick UP!:
GeForce RTX 3070 Ti搭載カードが一斉に登場!
GeForce RTX 3080 Tiに続き、RTX 3070 Tiを搭載したモデルも一斉に登場し、グラフィックスカード売り場が再び賑やかになってきた。放出特価と思われたRyzen 9 3900Xを高コスパのまま再入荷する動きも見られた。(2021/6/14)

古田雄介の週末アキバ速報:
「行列の3割はゲーム目的の人」――GeForce RTX 3080 Ti搭載カードが登場!
NVIDIAの新しいハイエンドGPU「GeForce RTX 3080 Ti」を搭載したグラフィックスカードが一斉に店頭に並んだ。発売翌日の夕方にも在庫が見られた他、RTX 3070カードの在庫も多くのショップで確認できた。(2021/6/5)

12GBのグラフィックスメモリはゲーミングに有利? 「GeForce RTX 3060」の実力をチェック
現時点におけるGeForce RTX 30シリーズのエントリーモデルが発売される。既存の上位モデルよりもグラフィックスメモリ(VRAM)の容量が多いことが話題を呼んだが、その“増量”はゲーミングに有利に働くものなのだろうか。ベンチマークテストを通して確認してみよう。(2021/2/25)

VRニュース:
VR/MR、DCC向けに最適なワークステーション環境を発売
アスクは、VR/MR、DCC向けの推奨モデルとして、レノボ製ワークステーション「ThinkStation P620」と、「NVIDIA GeForce RTX 3090」を搭載するZOTAC製グラフィックスボードの組み込みモデルを発売した。(2021/2/25)

アスク、RTX 3080/3090を搭載したVR向けデスクトップWSの取り扱いを開始
アスクは、デル・テクノロジーズ製のタワー型WSをベースにGeForce RTX 3080/3090を標準搭載したクリエイター/VR向け推奨モデルを発売する。(2021/2/16)

ZOTAC、GeForce RTX 3070を搭載したミニデスクトップPC
ZOTACは、第10世代Core i7とGeForce RTX 3070を備えたミニデスクトップPC「MAGNUS ONE ECM73070C」を発売した。(2021/2/8)

古田雄介のアキバPick UP!:
2.5インチSSD、ロープロファイルカードなどトレンド外となったパーツたち
かつては主流を担ったり、ニッチながらも一定の需要があったりしたパーツも、日進月歩の自作市場ではいつの間にかトレンドの外に置かれることもある。最近は2.5インチSSDとロープロファイル対応のグラフィックスカードが、そうらしい。(2021/1/25)

古田雄介のアキバPick UP!:
RTX 3070搭載カードまで刺せるNUCベースの小型BTO対応PCが登場
年の瀬にさしかかり、ゲームやマルチメディアが楽しめる小型BTO対応PCが複数登場している。Intel NUCにRTX 3070カードを加えたり、7万円台でRyzen 5搭載モデルを即買いしたりすることも可能だ。(2020/12/27)

ZOTACが公式ショップで「ZOTAC GAMING」ブランドのアパレル製品を販売
ゾタック日本は、「ZOTAC GAMING」ブランドのアパレル製品を同社Web直販で発売した。(2020/11/30)

古田雄介の週末アキバ速報:
GeForce RTX 3080カードと入れ替わるようにRyzen 9 5950X/5900Xが枯渇
今週に入り、枯渇状態だったGeForce RTX 3080搭載グラフィックスカードを、店頭の棚に複数並べるショップが明らかに増えた。その一方で、Ryzen 5000シリーズの価格表には「売り切れ」の札が目立っている。(2020/11/14)

ZOTAC、第10世代Core+GeForce RTXを搭載した超小型デスクトップ「ZBOX E」
ゾタック日本は、第10世代CoreプロセッサとGeForceを標準搭載した超小型デスクトップPC「ZBOX E」シリーズ3製品を発売する。(2020/11/9)

古田雄介のアキバPick UP!:
20〜24万円でRTX 3090カードがデビュー! もRTX 3080と同じく枯渇気味
予定通り、NVIDIAのGeForce RTX 3090搭載カードが各社から登場した。RTX 3080同様に初回入荷分はおしなべて売り切れとなり、各ショップのハイエンドグラフィックスカード用の棚はブランク状態になっていた。(2020/9/28)

古田雄介の週末アキバ速報:
GeForce RTX 3080搭載カード登場も、連休を待たずに“蒸発”
9月17日深夜にNVIDIAの次世代GPU「GeForce RTX 3080」を搭載したグラフィックスカードが販売解禁となった。深夜販売を実施した店舗では入荷数を数倍上回るユーザーが集まり、通常営業で販売を始めたショップでも開店と同時に売り切れ状態になっている。(2020/9/19)

ZOTAC、Ryzen 3を搭載した手のひら大サイズの小型PC「ZBOX MA621 nano」
ゾタック日本は、Ryzenプロセッサを搭載した超小型デスクトップPC「ZBOX MA621 nano」の販売を開始した。(2020/9/2)

ZOTAC、容積約2.65Lで第10世代Core i7搭載の超小型ワークステーションベアボーンキットを投入
ZOTACは8月20日、容積が約2.65Lとコンパクトボディーに、第10世代Core i7のCPUとQuadro RTX 3000のGPUを備えたワークステーションのベアボーンキット「ZBOX QCM7T3000」を発表した。(2020/8/21)

ZOTAC、VESAマウントにも対応するWindows 10 Pro搭載のミニPC
ゾタック日本は、薄型デザイン筐体を採用したミニデスクトップPC「ZBOX Cシリーズ edge CI341」を発表した。(2020/7/29)

ZOTAC、Core i7+RTX 2060 SUPERを搭載したクリエイター向けコンパクトデスクトップ 台数限定販売
ゾタック日本は、省スペース筐体を採用したクリエイター向けデスクトップPC「Inspire Studio SCF72060S」を発表した。(2020/7/22)

ZOTAC、RTX 2070を搭載したVR向けバックパック型PC最新モデル「VR GO 3.0」
ゾタック日本は、同社製のVR向けバックパック型PC「VR GO」の最新モデルを発表した。(2020/5/19)

ZOTAC、スマホより小さい超小型デザインのミニデスクトップPCを発売
ゾタック日本は、カード型の超コンパクト筐体を採用したデスクトップPC「ZBOX Pシリーズ PI225-GK」の販売を開始する。(2020/4/10)

古田雄介の週末アキバ速報:
GeForce GTX 1080搭載カードのバルク品が税込み2.8万円で掘り出される
流通の緊急時は、意外な掘り出し物が出回ることもある。今週末はZOTACの「GeForce GTX 1080 Blow」のバルク品がスポット入荷して話題を呼んでいる。(2020/3/7)

ZOTAC、手のひらサイズのWindows 10 Pro搭載ポケットPC
ゾタック日本は、手のひらサイズのコンパクト筐体を採用したミニPC「ZBOX Pシリーズ PI335-GK」を発売した。(2020/2/27)

ZOTAC、体積2.65Lで6コアCPUとRTX 2070搭載の超小型PC「MAGNUS EN72070V with Windows 10」を発売
アスクは12月26日、ZOTAC製のコンパクトPC「MAGNUS EN72070V with Windows 10」の取り扱いを発表、2020年1月下旬に販売を開始する。予想実売価格は35万円前後(税別)だ。(2019/12/26)

第3世代Ryzenの最上位モデル:
ついに発売! 16コア32スレッド「Ryzen 9 3950X」の使い所を考える
間もなくAMDからRyzen 9 3950Xが販売開始される。メインストリーム向けのソケットに対応する製品でありながら、16コアというこれまで上位プラットフォームでしか利用できなかったコア数を手に入れられる製品だ。第3世代Ryzen発表時から予告されていたが、ようやく発売される。メインストリーム向け初となる、16コアCPUのパフォーマンスを調べてみよう。(2019/11/29)

古田雄介のアキバPick UP!:
ダメ着にフロアマット――アキバで広がるPC周辺アイテムの世界
頭から手足まですっぽり包み込める防寒着「ダメ着」が複数のショップに入荷して話題になっている。ゲーマーの枠を越えた注目を集めている様子だ。(2019/11/25)

各社からGeForce GTX 1660 SUPER搭載グラフィックスカードが発表に
NVIDIA製最新ミドルレンジGPUのGeForce GTX 1660 SUPERを搭載したグラフィックスカードが各社から一斉に発表された。(2019/10/30)

古田雄介のアキバPick UP!:
12万円のRyzenマザー「X570 AQUA」が発売前から話題に
9月28日に発売を予定しているASRockのウルトラハイエンドマザーボード「X570 AQUA」の予約受付が一部ショップで始まった。すぐさま反響があり、新製品並に目立っている。(2019/9/24)

古田雄介のアキバPick UP!:
GeForce RTX 2080 SUPER登場も、人気はRTX 2070 SUPER
新世代GeForce最上位の「GeForce RTX 2080 SUPER」搭載グラフィックスカードが予定通り7月23日に登場した。しかし、グラフィックスカード売り場で元気があるのはRTX 2070 SUPERカードだ。(2019/7/29)

ライバルの登場が待たれる!?:
GeForce RTX 2080 SUPERをテスト 「脱フルHD」を目指すゲーマーにはお勧め
7月22日、NVIDIAのGeForce RTX 2080 SUPERが販売開始された。RTX 20シリーズのリフレッシュといえる「SUPER」の第3弾は、SUPERの中では最上位に位置付けられる。実際のパフォーマンスはどうなのだろうか。(2019/7/24)

ついに解禁:
税込み価格は約9.6万円〜10.3万円――秋葉原で「GeForce RTX 2080 SUPER」夜間販売
NVIDIAの新型GPU「GeForce RTX 2080 SUPER」の販売が解禁され、東京・秋葉原の一部ショップで夜間販売が行われた。この記事では、夜間販売を行った店舗での販売価格を簡単にまとめる。(2019/7/24)

GeForce RTX 2080 SUPER採用グラフィックスカードが各社から
GeForce RTX 2080 SUPER搭載グラフィックスカード製品が各社から発売される。(2019/7/23)

GeForce RTX SUPERグラフィックスカード、各社から販売開始
NVIDIAがこのほど発表したGeForce RTX 2060/2070 SUPER搭載グラフィックスカード製品が各社から発売された。(2019/7/10)

新登場の「GeForce RTX SUPER」シリーズでNaviへの迎撃態勢は万全か
NVIDIAは7月2日、新GPUの「GeForce RTX SUPER」シリーズを発表した、早速、GeForce RTX 2070 SUPERおよびRTX 2060 SUPERのパフォーマンスを見ていこう。(2019/7/3)

エントリーグレードのTuring登場:
GeForce GTX 1650はライトゲーマー層に福音をもたらすのか
NVIDIAが、モバイル向けのGeForce GTX 1600シリーズと同時にアナウンスしたのが、デスクトップPC向けのGeForce GTX 1650だ。その性能はいかほどのものか、AMDのGPUと合わせてテストをしてみた。(2019/5/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
DDR4メモリにSSD、マザー系ブランドの“囲い込み”に賛否両論
ROGにTUF、AORUSにPHANTOM――最近はマザーボードベンダー系のブランド展開がジャンルを越えて目立つようになっている。また、AMDは創立50周年を記念したモデルを投入。注目の動きを見ていこう。(2019/4/29)

GeForce GTX 1650搭載グラフィックスカードが各社から発売
NVIDIAの最新ミドルレンジGPU「GeForce GTX 1650」を採用したグラフィックスカードが各社から発表されている。(2019/4/24)

ZOTAC、背中に背負ってVRを楽しめるバックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」
アスクは、ZOTAC製バックパック型PC「ZOTAC VR GO 2.0」の取り扱いを発表した。(2019/4/18)

ZOTAC、RTX 2070を搭載した小型ゲーミングPC「MEK MINI」
ゾタック日本は、省スペース設計のゲーミングデスクトップPC「MEK MINI」を発売する。(2019/4/16)

週末アキバ速報:
RTXがじわじわ値下がり中――税込み14万円のRTX 2080Tiに6万円切りのRTX 2070
今週末はGeForce RTX 2000ファミリーの中でも、2080Tiと2070カードの特価が目立つショップが多い。同GPU内でも人気に二極化が見られるという話も。(2019/4/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
GPUなしCore iシリーズが登場も「価格差がない! あるのは在庫だけ」の声
Core iシリーズの品薄が叫ばれる中、GPU機能なしの「Core i9-9900KF」「Core i7-9700KF」「Core i5-9600KF」がラインアップに加わった。多くのショップは性能ではなく価格に対して一言ある様子だった。それは……(2019/4/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。