ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「正式リリース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「正式リリース」に関する情報が集まったページです。

CES 2022:
NVIDIAが「Omniverse」正式版を一般ユーザーに無料開放 GeForce RTXシリーズのハイエンドモデルも発表
米NVIDIAは1月4日(現地時間)、米ラスベガスで開催中のCES 2022の特別講演で3次元仮想空間再現ソフトウェア「NVIDIA Omniverse」を一般ユーザーに無料で提供すると発表した。また、GeForce RTXシリーズの新型GPUも発表した。(2022/1/5)

メカ設計ニュース:
立体的な資料が作れる、製造業向け3Dドキュメントツールの正式版リリース
Sceneは、製造業向けの3Dドキュメントツール「Scene」の正式版を発表した。既にある3D CADファイルを活用し、立体的で分かりやすい製造資料を簡単に作成できる。(2021/12/22)

スマホへ「かざす」だけ 営業・接客に必要な情報を提供する、デジタルIDカード「UNICA」正式版リリース
 分散型ID活用データプラットフォームの開発運用を行うcanow(東京都千代田区)は11月17日、デジタルIDカード「UNICA(ユニカ)」正式版をリリースしたと発表した。NFC技術により、スマホへ「かざす」だけで営業および接客に必要な情報が提供可能となる。(2021/11/18)

Microsoft、「Halo Infinite」のマルチプレイヤーβ提供開始
Microsoftはゲームコンソール「Xbox」の20周年を記念して、12月8日発売予定のゲーム「Halo Infinite」のマルチプレイヤー機能(ベータ版)の無料提供を開始した。Xbox Series X/S、Xbox One、Windows PCで利用可能。プレイ履歴は正式版に引き継がれる。(2021/11/16)

Microsoftが「.NET 6」正式リリース .NETとして最初の長期サポート版
米Microsoftが、同社のアプリケーションフレームワーク「.NET」の最新版となる「.NET 6」の正式リリースを発表した。「.NET Framework」と「.NET Core」フレームワークを「.NET」に統合してから初の長期サポート版(LTS版)の.NETとなる。(2021/11/9)

「Visual Studio 2022」正式リリース 実行中のアプリにコード変更が反映される「ホットリロード」など新機能
米Microsoftが、統合開発環境「Visual Studio」の最新版となる「Visual Studio 2022」の正式リリースを発表。64ビットアプリケーションとしてアーキテクチャから再構成された他、アプリケーションを実行中にコードを変更すると、その変更が実行中のアプリケーションに反映される「ホットリロード」が強化された。(2021/11/9)

アプリの修正がほぼ必要ない:
AWS、SQL Serverアプリを実行可能な「Babelfish for Aurora PostgreSQL」を正式リリース
AWSは「Amazon Aurora PostgreSQL互換エディション」の新機能「Babelfish for Aurora PostgreSQL」の一般提供を開始した。「Microsoft SQL Server」アプリケーションをほぼ変更なく、Aurora PostgreSQLで実行できる。(2021/11/2)

ピクシブ、3Dキャラを手軽に作れる無料ソフト「VRoid Studio」を正式リリース
作ったモデルは自由に利用可能。(2021/11/1)

3Dキャラを直感的に作れる「VRoid Studio」正式版がついに登場 無料で利用可
ピクシブが3Dキャラクター制作ソフト「VRoid Studio」正式版の提供を始めた。利用料は無料。初心者でも直感的に操作できるのが特徴。(2021/11/1)

折りたたみや大画面に最適化の「Android 12L」、来年公開へ
Googleは折りたたみ端末やタブレットの大画面に最適化する「Android 12L」を発表した。アプリを左右に並べてのマルチタスクやタスクバーなどが使える。正式版は来年初頭リリースの予定だ。(2021/10/28)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(159):
Windows Server 2022ベースの「Azure Stack HCIバージョン21H2」が正式リリース 何ができる? 新機能は?
Microsoftは2021年10月19日、Azure Stack HCIの新バージョンのGAリリースを発表しました。新バージョンは、Windows Server 2022と共通のOSビルドで構築されたAzure Stack HCIクラスター専用OSです。(2021/10/28)

「Android 12」、既存のPixelシリーズに配信開始
Googleは正式版モバイルOS「Android 12」を「Pixel 3」以降のPixelスマートフォンに配信開始した。Samsung Galaxy、OnePlus、Oppo、Realme、Tecno、Vivo、Xiaomiなどの一部機種にも年内に配信する。(2021/10/20)

情報共有ツール「notion」日本語対応 日本ユーザー急増で
情報共有ツール「notion」が日本語に対応。8月に日本の日間利用者数が前年同月比の約4倍まで増加したことを受けての対応という。まずはβ版として提供し、翻訳などを改善しつつ正式版のリリースを目指す。(2021/10/13)

古田雄介の週末アキバ速報:
Windows 11リリースの影響は「今のところそよ風」
Windows 11が正式リリースされた最初の週末を迎える。しかし、秋葉原の自作PCショップではあまり大きな動きは起きていない様子だ。(2021/10/9)

「画質改善+物体検知」も可能に:
超低消費電力のエッジAI、ASICで100TOPS/Wの実現も
エッジでのディープラーニング技術(エッジAI技術)を手掛けるLeapMindは2021年9月30日、超低消費電力のAI(人工知能)推論アクセラレーターIP(Intellectual Property)「Efficiera(エフィシエラ)バージョン2(Efficiera v2)」のβ版をリリースした。正式版は同年11月末に提供を開始する。(2021/10/7)

「Windows 11」正式リリース 「Windows 10」からのアップデートは段階的に
Microsoftは10月5日、「Window 11」を正式リリースした。同日から新OS搭載のPCを購入できる。アップデートが可能になった「Windows 10」端末では、設定の「更新プログラムのチェック」でアップデートオプションが表示される。(2021/10/5)

「Android 12」正式版リリース Pixel端末などにロールアウト
Googleは「Android 12」の正式版をリリースしたと発表した。まずは向こう数週間で「Pixel」シリーズで更新が可能になる。年内にはSamsung Galaxy、OnePlus、Oppo、Realme、Tecno、Vivo、Xiaomiの端末でも。(2021/10/5)

Windowsフロントライン:
正式リリース前のWindows 11事情まとめ
10月5日に一般リリースされるWindows 11だが、最低動作要件を満たさないPCはどうなるのか、今後どのくらいのペースで増加していくのか、現時点で見えていることをまとめた。(2021/10/4)

AmazonのMMORPG「New World」正式リリース 初日に同時接続数50万越えも、Steamでの評価は「賛否両論」
米Amazon.com傘下のゲームスタジオが、PC向けMMORPG「New World」を正式リリース。同時接続数は開始初日に50万を超えたが、配信プラットフォームでの評価は好評と不評が混在する「賛否両論」となっている。(2021/9/29)

AWS、「Amazon QuickSight Q」正式リリース 自然言語でデータベースに問い合わせ可能に
Amazon Web Servicesは、インメモリBIツールの「Amazon QuickSight」の新機能として、自然言語で問い合わせができる「Amazon QuickSight Q」を正式リリースしたと発表した。(2021/9/27)

Twitterの“投げ銭”機能「Tips」が正式リリースへ まずiOS版に提供、数週間後にAndroid版にも
送金にはCashAppなどのプラットフォームを使用。暗号通貨も使えます。(2021/9/24)

日本財団、AI使った手話学習ゲーム「手話タウン」を正式リリース Googleや関西学院大と協力
日本財団が、画像認識AIで手話を判別する「手話認識技術」を活用した、手話を学べるオンラインゲーム「手話タウン」を正式リリースした。ゲーム型の教材を提供することで、手話のさらなる普及促進を目指すとしている。(2021/9/22)

「Java 17」正式版がリリース M1 Macをサポート
Javaの新バージョン「Java 17」が正式にリリースされた。Java 17は、Java 11以来3年ぶりの長期サポート対象となるJavaのバージョン。(2021/9/15)

Android 12 beta 5(ファイナル)公開 正式版は「数週間中」
Googleが「Android 12」のbeta 5をリリースした。正式版は「数週間中」としている。(2021/9/9)

ロボアドバイザー「WealthNavi」、預かり資産5500億円突破
 ロボアドバイザー「WealthNavi」を提供するウェルスナビ(東京都渋谷区)は、2021年9月6日時点で預かり資産5500億円を突破したと発表した。16年7月の正式リリースから約5年1カ月での到達となる。(2021/9/8)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(153):
Windows Server 2022が正式リリース 企業のクラウド/サーバ利用環境はどう変わる?
Microsoftは2021年後半にリリース予定としていた次期LTSC版Windows Serverの「Windows Server 2022」の正式リリースを2021年9月1日(米国時間)に発表しました。製品の完成であるGA(Generally Available)リリースは8月18日(米国時間)であり、製品版のISOイメージや評価版、コンテナイメージもこの日から利用可能になっています。Microsoftは2021年6月からPreview評価版を提供を開始し、現在は完成版の評価版に差し替えられましたが、OSビルドはPreview評価版の「20234」から変更はないため、8月までの品質更新プログラムをインストールすることでGA環境になります(新しい評価版のISOイメージのOSビルドは20234.169)。(2021/9/2)

マネーフォワード、SaaS管理サービスに参入 新会社を立ち上げβ版提供
マネーフォワードが社内で導入しているSaaSを一元管理するサービス「マネーフォワード IT管理クラウド」を発表した。2月に設立した新会社、マネーフォワードが開発や運営を手掛ける。すでにβ版を提供しており、年内の正式リリースを目指す。(2021/8/27)

マネフォ、SaaS管理サービスに参入 大量のSaaSを一元管理
マネーフォワードは8月27日、SaaSの一元管理サービスに参入すると発表した。新会社「マネーフォワード i」を設立し、年内に正式版の提供を目指す。サービス名は「マネーフォワードIT管理クラウド」。100以上のSaaSと連携し、社内での利用状況を可視化する。(2021/8/27)

Windows Server 2022正式版のリリース、事実上開始 セキュアコアサーバ搭載、VPN不要のファイルアクセスなど
米Microsoftからの発表はまだないものの、Windows Server 2022正式版のリリースが事実上開始された。ライフサイクルのページに製品が登録され、2021年8月18日がサポート開始日となっているため、すでにサポートがスタートしている。(2021/8/25)

人工知能ニュース:
AIの“民主化”に向け「NVIDIA AI Enterprise」を正式リリース、VMwareに対応
NVIDIAが、企業のデータセンター上でNVIDIA製GPUを用いたAIの開発環境を容易に運用できるようにするソフトウェアスイート「NVIDIA AI Enterprise」を正式リリース。VMwareの仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」に対応することで実現した。(2021/8/25)

同業種平均との比較などの機能を追加した正式版:
サイバーセキュリティの実践状況をセルフチェックできる診断ツールをIPAが公開
IPAのセキュリティセンターは、「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」の正式版を公開した。β版に対して同業種平均との比較や対策が不十分な場合の参考情報の提示、回答のヒントといった機能を追加した。(2021/8/19)

デジタルデータを販売できるサービス「elu」、流通総額2500万円突破
 創作活動をする人向けのサービスなどを提供するアル(東京都渋谷区)は8月17日、イラストなどのデジタルデータを数量限定で販売できるサービス「elu」(エル)を正式リリースしたと発表した。また、β版リリースから約2カ月で流通総額2500万円を突破した。(2021/8/18)

山市良のうぃんどうず日記(212):
「Windows 11」の登場予告で、WindowsとWindows Server周辺は大混乱?
2021年6月後半、「Windows 11」の突然の発表により、WindowsとWindows Serverのこれからについて、Internet Explorerの今後について、誤解や混乱が生じているようです。ちょっと整理してみましょう。なお、本稿には開発中のビルドに関する情報が含まれます。正式リリース時は状況が変わっている可能性があることにご注意ください。つまり、“話半分”で聞いてください。(2021/8/4)

広告効果は1000万円? Twitterで商品キャッチコピーを募集する法人向けサービス 入賞者には賞金も
キャッチコピー制作を手掛けるコピーライターコピーライター(東京都渋谷区)が、企業や商品のキャッチコピーをTwitter上で募集するサービス「コピーワングランプリ」の正式版を法人向けに提供する。基本料金は20〜30万円(税別)。(2021/7/21)

ピクシブ、3Dキャラ作成ソフト「VRoid Studio」正式版を今夏公開 新キャラ3体のデータも無料配布
ピクシブが3Dキャラクター作成ソフト「VRoid Studio」の正式版リリースを21年夏に決定。背景には海外での需要の高まりが。6月29日からサンプルモデル3体を無料配布。(2021/6/29)

Windows 10 The Latest:
アプリのインストールや更新をコマンドでサクっと実行「winget」の使い方
Microsoftが開発していたパッケージマネジャー「winget」が正式リリースされた。wingetを使うことで、アプリやツールがコマンドで簡単にインストール可能になるため、スクリプトで同じ環境をすぐに再現できるようになる。wingetのインストールから簡単な使い方までを紹介しよう。(2021/6/11)

同じ本を読んだ人と出会えるマッチングサービス 男女同額で正式スタート
MISSION ROMANTICが、同じ本を読んだユーザーと出会えるマッチングサービス「Chapters書店」を正式リリース。ユーザーは同社が紹介する4冊の本から1つを選び、同じ本を選んだ人とマッチングできる。(2021/6/7)

第3回 建設・測量 生産性向上展:
タダノ製クレーンの詳細な性能情報をネットで提供するAPI、「Revit」と連携可能
クレーンメーカーのタダノは、同社製クレーンの性能を演算する機能やジャッキ反力の情報、テレマティクスデータをインターネット経由でアプリなどに提供する「Lift API」の開発を進めている。Lift APIの正式リリースは2021年中を予定している。(2021/5/31)

Googleの“第三のOS”「Fuchsia」、初代「Nest Hub」へ
Googleが2016年から取り組んできた非LinuxベースのOS「Fuchsia」が正式リリースになった。2018年発売の初代「Nest Hub」へのロールアウトが開始されたと米メディアが報じ、Googleの担当幹部がこれを認めた。(2021/5/26)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(100):
「Windows 10 バージョン21H1」が正式リリース、Windows Updateによる機能更新プログラム配布をコントロールする2つの方法とは
Windows 10の最新バージョン「Windows 10 バージョン21H1(May 2021 Update)」がリリースされました。Windows Server Update Services(WSUS)などの配布管理ツールを導入していない中小企業を対象に、機能更新プログラムが意図せずインストールされてしまうことを防止する、現在のバージョンで利用可能な方法についてまとめます。WSUSを導入済みの場合については、別の機会に取り上げます。(2021/5/25)

ゲーマー向けWebブラウザ「Opera GX」にスマホ版 ジェスチャーショートカットやPC版との同期機能など
Opera Softwareが、PCゲーマー向けWebブラウザ「Opera GX」のスマートフォン版「Opera GX Mobile」の提供を開始。まずは公式サイトでβ版として公開し、数週間以内に正式版に移行する。(2021/5/21)

「doda」のデータ100万件を活用:
「評価は高いのに、マーケットより低給の社員」可視化で離職を防ぐ パーソル新サービス
パーソルキャリアとパーソル総合研究所は5月14日、自社とマーケットの報酬をグラフ化し比較する新サービス「サラリーズ」正式版の提供を発表した。業種、職種ごとに報酬レンジを可視化し、離職防止や組織の見直しにつなげるねらい。(2021/5/14)

有名ダンサーの3Dモーションが売買可能に 動画をAI解析して著作権管理も
マイクロエンタテインメントは世界トップダンサーの3Dダンスモーションを取引できるマーケットプレース「GESREC」の正式版を公開した。モーションをデジタル資産化して販売し、世界中の誰でも購入が可能となる。(2021/5/12)

Facebook、「記事を読まずにシェアしようとすると警告表示」のテスト開始
Facebookが、記事のリンクを開かずにその記事をシェアしようとすると、記事を読むよう勧めるテストを開始した。Twitterが昨年9月に正式版にしたものと同様の機能だ。(2021/5/11)

製品動向:
建築現場の効率化を図る現場管理アプリ「現場ポケット」正式版
アステックペイントは、建設業界用の現場管理アプリ「現場ポケット」の正式版を2020年2月にリリースした。誰でも使いやすいシンプルな設計で、現場管理を効率化を図る。(2021/4/30)

業務文書の処理時間や処理コストを大幅に低減:
Google、クラウドで動作するAIベースのドキュメント処理プラットフォーム「Document AI」を正式リリース
GoogleはAIと機械学習を利用した統合型ドキュメント処理コンソール「Document AI」プラットフォームと、これに基づく住宅ローンドキュメント処理の高速化ソリューション、大規模な調達関連データ収集処理の自動化ソリューションの一般提供をGoogle Cloudで開始した。(2021/4/23)

Google、「AppSheet Automation」正式リリース ノーコードで業務用bot、レシートの読み取りやメールの自動送信など
米Googleは、ノーコード開発ツールの「AppSheet Automation」を正式リリースした。(2021/4/20)

ノーコード開発プラットフォーム「AppSheet」の拡張機能:
請求書や領収書などの非構造化データを自動抽出 Googleが「AppSheet Automation」を正式リリース
Googleは、ノーコード開発プラットフォーム「AppSheet」の拡張機能「AppSheet Automation」の一般提供を開始した。請求書や領収書などの非構造化データを自動抽出できるため、IT業務の効率化に役立つという。(2021/4/16)

Corel、Apple M1に対応したMac仮想化ソフト「Parallels Desktop 16.5 for Mac」を正式リリース
Arm版Windowsの検証も反映したアップデート。(2021/4/15)

総務省、「携帯電話ポータルサイト(正式版)」を公開 料金プランの見直し手順など解説
総務省が携帯電話の料金プランなどに関する情報をまとめた「携帯電話ポータルサイト(正式版)」を公開。料金プランの見直し手順やMVNOの仕組みなどを解説することで、消費者のニーズに合ったプラン選択に役立てたい考え。(2021/4/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。