ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「macOS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「macOS」に関する情報が集まったページです。

Apple、一般ユーザーも試せる「iOS 13」「iPadOS」「macOS Catalina」「tvOS 13」のパブリックベータ公開
Appleが、「iOS 13」「iPadOS」「macOS Catalina」「tvOS 13」のパブリックベータを公開した。一般ユーザーが対応端末にインストールできる。(2019/6/25)

macOS Catalina、日本語の予測変換機能を強化
Catalinaのインターナショナル機能に、日本語変換の強化が記載されている。(2019/6/19)

「安心」を土台にデジタル技術の未来を再構築:
WWDCで鮮明になった「Apple=安心ブランド」という戦略
tvOS、watchOS、iOS、macOSに加え、第5のOSとしてiPadOSも発表されたAppleの開発者イベント「WWDC 2019」。5つのOSに共通する開発姿勢を見ると、今、世界で起きている新しいデジタルの潮流とピタリと符合をしていることが鮮明になってきた。Appleの今だけでなく、世界のテクノロジー業界全体が迎えている変化についても見ていこう。(2019/6/19)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「Mac Pro」「Pro Display XDR」は驚きの出来栄え 次期macOS「Catalina」はより便利に
米Appleの開発者会議「WWDC 2019」で実際にチェックして分かった、新「Mac Pro」と「Pro Display XDR」の驚くべき仕上がり、そして次期macOS「Catalina」に搭載される注目の新機能をまとめてお伝えする。(2019/6/8)

WWDC 2019:
iOS 13とCatalinaで激変するファイルシステム その詳細が明らかに
iOS 13のUSBストレージサポート、macOS CatalinaのFirmlinks。その詳細を解説。(2019/6/7)

Macから消えるiTunes バックアップはFinderで
Appleは、macOS CatalinaのiTunesの今後について説明したサポートドキュメントを公開した。(2019/6/6)

WWDC 2019:
Xbox、PS4コントローラーは現行macOSでも利用できる
Xbox ワイヤレス コントローラーとDUALSHOCK 4は、iOSやtvOSだけでなく、旧macOSでも利用可能だ。(2019/6/6)

パブリックβは7月配信予定:
使い勝手を強化した「macOS Catalina」2019年秋に登場 iTunesアプリは3分割 iPadでマルチディスプレイも
macOSの新バージョンが2019年秋に登場する。iTunesアプリが3つのアプリに分割される他、iPadをサブディスプレイとして使う機能を始めとする使い勝手を強化する新機能が盛りだくさんだ。(2019/6/4)

WWDC 2019:
iPadアプリをmacOSアプリにする「Project Catalyst」でTwitter公式アプリも復活へ
AppleがWWDC 2019で、iPadOSアプリを簡単にmacOSに移植できるようにすると発表した。「Xcode 11」(β)でiPadとMacのアプリを共通のソースコードで開発できる。(2019/6/4)

macOS Catalina、今秋登場 iPadを液タブに使えるSidecar機能も
WWDC 2019で、macOS 10.15が発表された。(2019/6/4)

「ステータス」も重要な要素
Windowsよりも「Mac」を使いたくなる4つの理由
企業内のクライアントデバイスといえば「Windows」搭載PCが一般的だ。だがIT部門は、「macOS」を搭載した「Mac」を選択肢から排除すべきではない。企業でMacを使う4つの理由を見ていこう。(2019/5/26)

Chromium版「Edge」のmacOS向けプレビュー公開 デザインやショートカットをMacに最適化
Microsoftが次期Windows 10のアップデートで追加する予定のChromium版EdgeのmacOS版がCanary Channelでリリースされた。キーボードショートカットなどのUIやデザインがMacに最適化されている。(2019/5/21)

Apple、macOSやiOSのアップデートを公開 IntelのCPUに発覚した脆弱性の対策も
Appleは、IntelのCPUに発覚した「MDS」と呼ばれる脆弱性について、新たなセキュリティアップデートで対策を講じた。(2019/5/16)

令和、macOSに到着
macOS Mojave 10.14.5で「令和」をサポートされた。(2019/5/14)

3種類の「.NET」を1つに集約:
Microsoft、「.NET Core 3.0」の後継となる「.NET 5」を2020年にリリース
Microsoftは「.NET Core」「.NET Framework」「Xamarin/Mono」を1つに集約すると発表した。「.NET Core 3.0」の後継となる「.NET 5」は、Windows、Linux、macOS、iOS、Android、tvOS、watchOS、WebAssemblyなどに対応した開発が可能な単一のプラットフォームになる。(2019/5/9)

Apple Watchが単独ストアに? WWDC 2019の発表内容を予想
watchOS、iOS、macOSが強化される模様。(2019/5/7)

Appleティム・クックCEO、新元号「令和」お祝いツイート
iOSとmacOSの令和対応はまだだが、クックCEOは令和についてツイートした。(2019/5/1)

Facebook Messenger、高速化し、WindowsおよびmacOSアプリ登場へ
Facebookが年次開発者会議「F8 2019」でFacebook Messengerのデスクトップアプリやビデオチャットでのビデオ鑑賞機能、アプリの高速化などを発表した。(2019/5/1)

iPadがMacのタブレットに? 次期macOSで
macOS 10.15では、Macアプリ画面をiPadに表示できる「Sidecar」機能を搭載?(2019/4/18)

さよならShockwave Player――Adobe Systemsが複数製品のセキュリティアップデートを公開
Adobe Systemsは、Adobe Flash PlayerやAdobe Acrobat Readerなど複数製品のセキュリティアップデートを公開した。またAdobe Shockwave Playerのサポートは同日の2019年4月9日で終了する。既にmacOS版は2017年3月で提供を終了しており、今回のWindows版でAdobe Shockwave Playerの提供は全て終了する。(2019/4/10)

次期macOSでiTunesが解体される理由
次期macOSはiOSと同様に、Podcastアプリとミュージックアプリが単独化されるかもしれない。(2019/4/8)

ABIが安定化、新機能を多数提供:
AppleのOS向け開発言語「Swift 5」が登場
Appleの「iOS」や「macOS」「tvOS」「watchOS」で動作するアプリケーションの開発に向くオープンソースのプログラミング言語の最新版「Swift 5」が登場した。(2019/3/29)

Apple、macOSやWindows向けiCloudなどの脆弱性を修正
macOSやiOS、Windows向けiTunesおよびiCloudに共通するWebKitの脆弱性は、悪用されれば細工を施したWebコンテンツを使って任意のコードを実行される恐れがある。(2019/3/28)

CADニュース:
CorelCADの最新バージョン、作図設計機能を強化
コーレルは、CADソフトウェア「CorelCAD」の最新バージョン「CorelCAD 2019」を発売した。WindowsおよびmacOSに対応し、2D作図ツールと3D設計ツールを備え、テクニカルデザインに求められる細かい要素の作図ができる。(2019/3/20)

「Google Chrome 73」の安定版公開、macOSのダークモードに対応
GoogleがChromeの最新版バージョン73をWindows、Mac、Linux向けにリリースした。Mac版ではダークモードに対応。セキュリティ関連では「High」6件を含む60件の脆弱性を修正した。(2019/3/13)

AppleのmacOSカーネルに未解決の脆弱性、Google Project Zeroが情報公開
Google側が指定した90日の期限を過ぎても、Appleがパッチを提供しなかったとして、Project Zeroが脆弱性情報の公開に踏み切った。(2019/3/5)

macOSのプライバシー保護機能に開発者が問題指摘 Safariの閲覧履歴を見られる恐れ
macOSとiOSアプリを手掛ける開発者が、不正なアプリを使ってSafariの閲覧履歴を盗み見できてしまう問題を見つけたと伝えた。(2019/2/14)

FaceTimeセキュリティ修正、macOSも提供開始
Appleは、グループFaceTimeのセキュリティ問題を修正した「macOS Mojave 10.14.3 追加アップデート」を配布開始した。(2019/2/8)

「キーチェーン」の全パスワード盗まれる恐れ macOS Mojaveの未解決の脆弱性、研究者が報告
コンセプト実証用のアプリ「KeySteal」を使って、キーチェーンに登録された全パスワードを盗む様子を示した動画が公開された。(2019/2/7)

NAMM 2019:
フレディ・マーキュリーそっくり歌手がAIでますますそっくりに?
クリムゾンテクノロジーが音声AI変換技術「リアチェンvoice for macOS」を展示していた。(2019/1/28)

AppleのmacOS担当ベテランエンジニアがGoogleのFuchsiaチーム入り
Appleで14年間macOS関連に従事してきたベテランエンジニアのビル・スティーブンソン氏が、2月からGoogle入りし、「Fuchsiaという新しいOSを市場に投入する手助けをする」とLinkedInに投稿した。(2019/1/24)

iOS、macOSなどの脆弱性や不具合を修正 Appleがアップデート一挙公開
iOS、macOS、tvOS、watchOS、Safari、iCloud for Windowsのアップデートがそれぞれ公開された。(2019/1/23)

Apple、iOS 13、macOS 10.15の開発を本格化
MACお宝鑑定団へのアクセス記録から新バージョンが判明。(2019/1/4)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告 米国時間1月3日に公開
セキュリティアップデートは米国時間の2019年1月3日、WindowsとmacOS向けに公開予定。(2018/12/28)

Office 365、macOS MojaveのダークモードとiPhoneカメラ連携に対応
MicrosoftはmacOS Mojaveのダークモードに対応した「Office 365 for Mac Version 16.20.18120801」をリリースした。(2018/12/12)

Apple、iOSやmacOSの更新版リリース 多数の脆弱性を修正
「iOS 12.1.1」「macOS Mojave 10.14.2」の他、tvOS、Safari、Windows版iTunesとiCloudなどのセキュリティ情報を公開した。(2018/12/6)

「Visual Studio 2019」プレビュー公開
Microsoftは次期統合開発環境(IDE)「Visual Studio 2019」のプレビュー版を公開した。WindowsおよびmacOS版を専用サイトからダウンロードできる。(2018/12/5)

狙いは仮想通貨の投資家
macOSを標的とした新手のマルウェア「OSX.Dummy」、Slackで狙われる?
macOSとチャットプラットフォームを通じて仮想通貨の投資家を狙う新手のマルウェアが見つかった。この「OSX.Dummy」の仕組みと、ユーザーが攻撃を検出するための対策を紹介する。(2018/12/2)

「Microsoft Office」のアイコンデザイン、6年ぶりに刷新へ
Microsoftが6年ぶりに「Office」のアプリアイコンを変更する。数カ月中にすべてのプラットフォーム(Windows、macOS、iOS、Android)のアイコンが変わる見込みだ。(2018/11/30)

Microsoft Office、macOS Mojaveのダークモードに対応へ
Mac版「Microsoft Office」のInsider向けが「macOS Mojave」の」ダークモードに対応した。まずはWord、Excel、PowerPointからで、他のアプリも順次対応させていく計画。(2018/10/31)

Apple、「iOS 12.1」「macOS Mojave 10.14」などのセキュリティ情報を公開
他にも「watchOS 5.1」「tvOS 12.1」「Safari 12.0.1」「iTunes 12.9.1」「iCloud for Windows 7.8」のセキュリティ情報が公開されている。(2018/10/31)

デスクトップだけ管理すれば良い時代は終わった
Windows 10、macOS、iPhone 複数OS混在職場のアップデート戦略は?
IT部門はこれまでのデスクトップ管理の方法では、現在企業で使われているデバイスやOSなどを全て管理することはできない。時代に沿ったアプローチをするためのツールと戦略を紹介する。(2018/10/22)

Visual Studio Code TIPS:
VS Codeの自動更新を有効化/無効化するには
Windows/macOS版のVS Codeはデフォルトで自動更新が有効化されている。これを無効化して自動更新をやめる方法を説明する。(2018/10/5)

macOS MojaveでHigh Sierraインストーラーを入手するには
macOS Mojaveにアップグレードした後でmacOS High Sierraインストーラーを入手する方法がある。(2018/10/4)

macOS Mojaveに未解決の脆弱性、セキュリティ研究者が指摘
macOS Mojaveにユーザーの情報を流出させてしまう未解決の脆弱性が見つかったとして、セキュリティ研究者がデモ映像を公開した。(2018/9/25)

最新macOS「Mojave」提供開始
Appleは9月25日、最新macOS「Mojave」(モハベ)を正式リリースした。アピアランスを暗い色調に変えるダークモードをはじめ、数々の新機能を搭載。(2018/9/25)

macOS Mojaveの新機能と設定方法徹底解説
MACお宝鑑定団によるmacOS Mojave操作マニュアル。(2018/9/25)

次期macOS「Mojave」は日本時間で9月25日にリリース
Appleのスペシャルイベントで次期macOS「Mojave」のリリース日がアナウンスされた。(2018/9/13)

懐かしの「Windows 95」を再現するWindows、macOS、Linuxアプリ、GitHubに登場(非公式)
Microsoftが1995年8月24日にリリースした「Windows 95」をWindows、macOS、Linuxで再現するアプリを、Slackのエンジニアが開発し、GitHubで公開した。Windows 10にインストールしてみたところ、稼働した。(2018/8/24)

パラレルス、macOS Mojaveにも対応した「Parallels Desktop」最新版を発売
パラレルスは、Mac上でWindowsアプリケーションを動作可能にする「Parallels Desktop」の最新版を発表した。(2018/8/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。