ニュース
» 2010年07月13日 08時04分 UPDATE

Microsoft、Windows 7およびWindows Server 2008 R2のSP1 βを公開

SP1の正式版は2011年前半にリリースする予定。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月12日(現地時間)、Windows 7およびWindows Server 2008 R2のService Pack(SP)1のβ版を公開したと発表した。正式版は2011年前半にリリースする予定という。SP1のβ版は、TechNetのサイトからダウンロードできる。

 同社が3月に発表したように、Windows 7のSP1は既にWindows Updateで配信されたアップデートなど、マイナーアップデートにとどまっている。

 Windows Server 2008 R2 SP1には、RemoteFXと「Dynamic Memory」という新しいデスクトップ仮想化機能が盛り込まれた。RemoteFXは、仮想環境でAeroやSilverlight、3Dアプリケーションなどのリッチメディアをリモートからローカル環境並みの性能で実行できるようにする技術。Dynamic Memoryは、物理ホスト上の全メモリをプールして、必要に応じて動的に仮想マシンに配分する。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -