ニュース
» 2010年07月21日 14時10分 UPDATE

三菱電機がクラウドサービスを開始、国内データセンターで提供

三菱電機は高セキュリティが特徴というクラウド型サービスの「DIAXaaS」を立ち上げた。

[國谷武史,ITmedia]

 三菱電機は7月21日、アプリケーションやITリソースを提供するクラウド型サービスならびにシステム構築サービスを提供する「DIAXaaS(ダイアエクサース)」を発表した。医療や金融業界向けのシステムサービス事業で培った高セキュリティが特徴という。

 DIAXaaSは、複数のSaaS型サービス、IaaS(インフラサービス)の「Value Platform on Demand」、ITサービスインテグレーション「BizFLEX」、オンデマンド基盤構築ソリューション「Fine Platform Solutions」で構成される。

melco01.jpg DIAXaaSのサービス概要

 SaaS型サービスならびにValue Platform on Demandは、三菱電機情報ネットワーク(MIND)が運営する国内5カ所のデータセンターを通じて、三菱電機のグループ各社が提供する。既にWebセキュリティ診断およびOCRサービスを提供済み。2010年下期にグループ会社のジャパンネットによる電子署名サービスの「@Sign on Demand」を追加。Value Platform on DemandはMINDが9月に開始する予定で、料金は月額3万1500円から十数万円(プランによる)になる。

 BizFLEXは三菱電機インフォメーションシステムズが提供し、企業グループで使用するSaaS型業務システムの構築やコンサルティング、運用などを同社が手掛ける。Fine Platform Solutionsは三菱電機インフォメーションテクノロジーが提供するもので、クラウド連携に対応したシステムインフラの構築、外部システムと企業内システムとの基盤連携、統合ログ管理などのサービスを提供する。両サービスとも7月21日から提供を開始しており、価格は個別見積りとなる。

melco02.jpg 黒田健兒 常務執行役員インフォメーションシステム事業推進本部長

 会見した三菱電機の黒田健兒 常務執行役員インフォメーションシステム事業推進本部長は、「国内企業はクラウド利用においてセキュリティと信頼性を非常に重視しており、DIAXaaSはこれらの要件に対応している点が特徴だ」と話した。

 同氏によると、例えば医療分野では政府が推進する医療・健康情報サービスへの対応、金融業界では事業継続対策の強化、製造業界ではグローバル化に直面しているという。これらの業界の企業からは、通信内容の盗聴や第三者によるなりすまし、データの改ざんといったセキュリティリスクへの対応、また、データセンターサービスの信頼性に対して厳しい要求がある。

 このため、同社グループのデータセンターでは保険医療福祉情報安全管理適合性評価協会の認定を取得しているほか、ICカードとパスワードを利用した二要素認証、ユーザーの属性に基づいた「高度ID管理」などの独自のセキュリティ技術を導入しているという。また、認証を同社側ではなくユーザー企業側で行う仕組みを採用し、10万ユーザー規模でも運用に支障がないことを実証済みだとしている。

melco03.jpg DIAXaaSにおけるセキュリティ対策の一例

 黒田氏は、「原則としてデータセンターでは暗号化されたデータ以外は保有しないようにする。また、データセンターはユーザーが緊急時にすぐに駆けつけられる都市部にあり、海外のセンターでは提供することは考えていない」と述べた。

 事業計画では、現在約100億円規模の売り上げを2015年度に500億円(SaaS・IaaS関連で350億円、システム構築・支援で150億円)にする。将来的に業界別に特化したサービスメニューの展開も検討しているという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -